« 突然襲う強い眠気 | トップページ | 飲むと病気が治る奇跡の水 »

コレステロールの役割と減らすポイント

コレステロールは、体の中でどのような役割をしているのか、また脳梗塞や心筋梗塞に至る過程、コレステロールを減らすポイントを紹介する。

コレステロールの役割
1.コレステロールとリン脂質が原料となり細胞膜を作る。
2.ステロイドホルモンの原料となる。
3.胆汁の原料となる。

ステロイドホルモンは、副腎で作られ、血圧や体温を調整し、体のバランスを保つ。
胆汁は、肝臓で作られ、小腸で消化吸収を助ける。

コレステロールは、2割から3割は食物から取られるが、7割から8割は肝臓で糖分や脂肪を原料にして作られている。血液中のコレステロールが増えすぎると作る量を減らしてバランスを取っている。

肝臓からコレステロールを運ぶ働きをするLDLと、肝臓にコレステロールを回収する働きをするHDLというものがある。LDLは、悪玉コレステロールといわれているが、細胞へコレステロールを運ぶという大事な働きをしている。ただし、配りすぎることがあるため悪玉と呼ばれている。

肝臓は、血液中のコレステロールが多くなると作る量を減らそうとするが、食物から糖分や脂肪を取りすぎると、肝臓はそれを処理するためにコレステロールを作らざるを得なくなってしまう。血液中のコレステロールが増えすぎると高脂血症となる。

高脂血症の目安
総コレステロール値  220mg/dl以上
LDLコレステロール値  140mg/dl以上
HDLコレステロール値  40mg/dl未満

血液中にコレステロールが増えすぎると、血管の壁の中に入り込んでしまう。血管の壁の中にコレステロールが溜まると、これを取り除こうとして白血球の一種であるマクロファージがコレステロールを食べていく。コレステロールが多すぎると消化しきれなくなって、マクロファージは血管の壁の中で死んでしまって固いこぶになる。そして、血液の流れが悪くなって血栓ができやすくなる。

動脈硬化
高脂血症からすぐに動脈硬化になるというわけではない。
動脈硬化の危険因子は以下のとおりである。
1.男性45歳/女性55歳以上
2.高血圧
3.糖尿病
4.喫煙
5.肥満
6.家族歴(心筋梗塞、脳梗塞を起こした人が家族にいる)
危険因子の数が多い人は、総コレステロール値をより下げる必要がある。
危険因子の数             目標値
  0                  240mg/dl
  1~2                220mg/dl
  3~4                200mg/dl
過去に動脈硬化と診断された人  180mg/dl

コレステロールを減らすポイント

運動による効果
毎日2000歩しか歩かない人より1万歩以上歩いている人のほうが善玉コレステロールが多くなる。

食事療法
1.コレステロールの高い食品を控える
2.食事の総カロリーを減らす
3.肝臓で作る量を減らす(合成を減らす食品がある)
4.体外へ排出する(食物繊維を多くとる)

合成を減らす食品
青魚(さんま、いわし、あじ、さばなどDHA,EPAを多く含む魚)
大豆食品(豆腐、納豆、おから、味噌)

(NHK「生活ほっとモーニング」2002.9.13)

|

« 突然襲う強い眠気 | トップページ | 飲むと病気が治る奇跡の水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/670551

この記事へのトラックバック一覧です: コレステロールの役割と減らすポイント:

« 突然襲う強い眠気 | トップページ | 飲むと病気が治る奇跡の水 »