« タイムトラベル記事リスト | トップページ | 月はなぜ裏側を見せないのか? »

3~8倍の出力が得られるWINコンバータ

WINコンバータは、アメリカのウィンゲート・ランバートソンが開発した発電機である。入力の3~8倍の出力が得られていると報告している。

wincon.jpg
WINは、World Into Newtrinoの頭文字を取ったもので、空間から取り入れているエネルギー源は、宇宙に充満しているニュートリノであると考えている。ニュートリノは非常に小さな素粒子で、地球でも簡単に通り抜けてしまうため、検出は難しい。
wincon.gif
この装置は、集積ボールで宇宙エネルギーを取り込み、ダムと呼んでいる部分にエネルギーを蓄積する。ダムは、誘電体、金属、半導体をサンドイッチした構造になっている。

火花放電によって、宇宙エネルギーと共振させていると思われる。

参考記事:空間からエネルギーを取り出す方法

|

« タイムトラベル記事リスト | トップページ | 月はなぜ裏側を見せないのか? »

コメント

ようやく、お奨めできる装置が、完成した。
シンプル、コンパクト、2倍。

→ アイコイル超発電.pdf
http://watanabe-japan-miroku.jimdo.com/

投稿: テスラ3世 | 2018/12/19 10:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3~8倍の出力が得られるWINコンバータ:

« タイムトラベル記事リスト | トップページ | 月はなぜ裏側を見せないのか? »