« 酸性体質の恐怖! | トップページ | ラッキョウパワー »

突然死を防ぐ塩の取り方

 塩の取り過ぎは、高血圧、動脈硬化を促進し、老化を早めてしまう。内臓の老化を早めて、胃潰瘍や胃ガンになったり、血管が老化して、高血圧で突然死を招いたりする。

ナトリウムの働き
1.細胞内圧のバランス
 ナトリウムは、細胞の内側と外側の圧力のバランスを取って、体を正常な状態に保つ働きをしている。ナトリウムが不足すると細胞の内圧が大きくなりすぎて細胞が破裂する。
2.神経伝達
 ナトリウムは、神経を通して情報を伝える助けをする。
3.栄養素のエスコート役
 アミノ酸やブドウ糖は、腸の中でナトリウムとくっつくことにより、はじめて吸収される。

塩を取り過ぎると血管がぼろぼろに
塩分の取り過ぎにより引き起こされる病気
1.高血圧
 塩分を取り過ぎると塩分濃度を下げようとして多くの水分を取る。水分を多く取ると血液量が多くなって血流量が多くなる。また、ナトリウムは、血管を縮めて硬くするため、血液が流れにくくなり血圧が上がる。血管が老化してもろくなり、脳内で破裂するということもある。
2.骨粗しょう症
3.胃潰瘍・胃ガン
4.心筋梗塞

塩分の摂取量
 日本人は、1日平均12gの塩分を取っている。厚生労働省は1日10g未満を推奨している。しかし、世界レベルでは6g未満に抑えるべきだとされている。
 減塩を意識して行えるのは20%、残りの80%は無意識に加工食品から取っている。したがって、減塩を0にしても6g未満に抑えるのは難しい。そこで塩を外に出すことが必要。どうすればよいか次に示す。

無理な減塩をせずに突然死を予防する方法
 アルギン酸カリウムを取って、余分なナトリウムを体の外に出すようにすればよい。アルギン酸カリウムは、体の中でアルギン酸とカリウムに分かれる。アルギン酸は食物繊維の一種で、腸の中で余分なナトリウムと結合し体外へ排泄される。カリウムは、血液の中で余分なナトリウムを排除する働きがある。
 コンブは、アルギン酸カリウムが多く含まれている。特に、コンブのドロドロした成分にアルギン酸カリウムが多く含まれている。コンブの中でも、ガゴメコンブが最もドロドロ成分を含んでおり、ドロドロ成分の80%近くがアルギン酸カリウムである。残りの20%は、フコイダンとラミナランで、血管内の血の塊を掃除して、血圧を下げる働きがある。血の塊を掃除して、血圧を下げる働きがある。ガゴメコンブはオボロコンブの原料で、オボロコンブは比較的手に入りやすい。

体に優しい塩
 体に優しい塩とは、ミネラルバランスがよい塩で、特にカリウムを多く含んだ塩は、その塩自体が余分なナトリウムを体から出す働きをする。カリウムを豊富に含んだ塩は、藻塩や自然海塩などがある。藻塩は、煮詰めた塩を海草に通過させて作った塩で、茶褐色の色をしている。自然海塩は、海水をそのまま濃縮して作った塩で、ミネラルが豊富に含まれている。

ポイント
塩を減らすには、体に良い塩で余分な塩を出す。
ガゴメコンブが血の塊を掃除して、血圧を下げる。
ガゴメコンブはオボロコンブとして手に入りやすい。

(2004年5月20日スパスパ人間学!)

|

« 酸性体質の恐怖! | トップページ | ラッキョウパワー »

コメント

ハニーの感想コーナー

皆さんは塩を選ぶ時に何を基準に選びますか?
スパスパ人間学を見て、体に良い塩は自然海塩か藻塩が良いと言っていました。主婦暦20年の私も自然海塩がよいというのは、良く知っていました。

漬物や、魚をしめるにも、精製塩や自然海塩では、味やしまりは断然違うので、私は自然海塩にしていてその中でも愛用の塩があったが、味だけでなく体の中の余分な塩分を外に出してくれる塩は、カリウムを多く含む塩が良いので、塩を買う時は、塩の袋の裏の成分表示を見て、カリウムの多いものを買うと良いと言っていましたが、私が愛用している塩はカリウムが少なかった。

そのカリウムの表示の見方もmg単位の表示とg単位の表示のものがあるので、見間違えやすい、という発見をした。523mgを見た後、27.6gという表示に少ないと思ったが、夫が、単位が違うから㎎に直すと27600㎎になるんだよ。と言われて、あっそうか。桁が2桁も多いから、断然多いのに、消費者がそれにすぐ気づかないから、メーカーもずいぶん損な表示をしているなあと思った。それは死海の塩だった。早速購入した。

表示を見て学んだ事は良い塩は成分物質が多い事。マグネシウムが多いのはカリウムが少なかったりして、成分を平等に取ろうとしたら、1種類の塩よりも、塩を2種類くらいブレンドして使ったらいいことがわかった。だから、高価な塩でもブレンドすれば少量で済むので安くて済む。

調べた末カリウムだけでなく、世界一ミネラルの多い塩が粉末状の自然塩が一番だと思った。ミネラルが少ないとやせにくい。我が家で買った死海の塩『塩の海』は「厚生労働大臣許可」がついていたし、『雪国』も『世界一ギネス認定」がついていた。よりよい塩にはこういうのがついているので,これも良い塩を選ぶこつだとわかった。

我が家は粉末状の自然塩の『雪国』120g630円(ちなみに250gのものは1050円くらい)で死海の塩『塩の海』これも600円代だった。高価な塩2種を少量と愛用の自然海塩をブレンドして使う事にした。味は割りと甘みがある。しばらく使って体にどう効果があるのか試してみたいと思う。

皆さんもう一度成分表を見比べて、塩を見直してみてはいかがですか。塩のブレンドはお勧めですよ。

投稿: ハニー | 2004/06/14 01:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/763374

この記事へのトラックバック一覧です: 突然死を防ぐ塩の取り方:

« 酸性体質の恐怖! | トップページ | ラッキョウパワー »