« ハゲないための栄養補給 | トップページ | 現代人は免疫力の低下で危険な状態! »

「プール熱」異常発生の兆候!

「プール熱」という感染症に異変が起きている。
プール熱は、ウイルスで引き起こされる結膜炎と高熱を伴う病気で、夏場のプールを介して感染が広がるケースが多かった。ところがプールに入る機会が少ないはずの昨秋以来、例年の2~3倍もの患者が確認されている。原因はウイルスの変異で、寒くても強くなったことなどが考えられるが、正確な理由は不明のまま。
 1週間ほどの潜伏期間を経て、39度前後の高熱や目の充血、のどの炎症などが3~5日ほど続く。ウイルスの種類によっては、脳炎、肝炎など深刻な症状になることもある。
 予防としては、
1.プール前後のシャワーや洗眼の徹底
2.タオル共有の禁止
3.食前や排便後の手洗い

pool.gif
プール熱の発生状況(国立感染症研究所調査)

(2004年6月15日 朝日新聞)

|

« ハゲないための栄養補給 | トップページ | 現代人は免疫力の低下で危険な状態! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/776803

この記事へのトラックバック一覧です: 「プール熱」異常発生の兆候!:

« ハゲないための栄養補給 | トップページ | 現代人は免疫力の低下で危険な状態! »