« 脳梗塞は夏が危ない! | トップページ | 1日10分の視力回復訓練法の結果報告 »

肺に入ったカビが感染症を起こす!

 梅雨の時期、カビが繁殖し空気中に漂っている。肺に入ったカビ・細菌・ウイルスが感染症・風邪・肺炎を引き起こす。これらをやっつけるには、肺の免疫力を高めるしかない。

肺の免疫力を高めるには
1.カゼイン
 牛乳に含まれるカゼインが、ウイルスをやっつける抗体を作る力を高める。
2.テオブロミン
 ココア(カカオ)に含まれるテオブロミンに咳を止める効果がある。気管支拡張作用もあり、喘息にもよい。
テオブロミンは鎮静作用もあり、寝ている間に免疫力を高めてくれるので、寝る前に牛乳ココアをコップ1杯飲むとよい。

心肺機能を高めるには
 肺に入った酸素を全身に送り届けるには、酸素を取り込みやすい血液にする必要がある。血液が酸素を取り込みやすい状態にしてくれるミネラルとしてゲルマニウムがある。ゲルマニウムは、トマトジュースに含まれている。朝食前にトマトジュースを飲むとよい。
 心臓・肺を力強く働かせるミネラルとしてカルシウムとマグネシウムがある。これらを同時に含む食品として、干しえびがある。週3回1日50gずつ食べるとよい。

(2004年6月18日「おもいっきりテレビ」日本テレビ)
関連記事:カビの恐怖

|

« 脳梗塞は夏が危ない! | トップページ | 1日10分の視力回復訓練法の結果報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/795686

この記事へのトラックバック一覧です: 肺に入ったカビが感染症を起こす!:

« 脳梗塞は夏が危ない! | トップページ | 1日10分の視力回復訓練法の結果報告 »