« フコイダンの驚くべきパワー! | トップページ | 反重力装置「リフター」浮上する »

現代人を襲う視力低下

 現代人は、様々な原因により視力低下を起こしている。その原因と対策について紹介する。

若年老眼
 老眼は、通常45歳くらいから現れる症状であるが、最近、30代で老眼になる人が増えている。その原因は、目の使いすぎと運動不足である。同じところを見続けていると、目のレンズを調節する毛様体筋が硬くなり、レンズの調節がスムーズにできなくなる。また、運動不足により血の巡りが悪くなると、毛様体筋への血液循環が低下して動きが鈍くなり、近いところに焦点を合わせられなくなる。
 対策としては、同じところを見続けないでときどき目を休めることと、目の周りを温めて血行を良くすることである。

夕方近視
 夕方になると視力が低下するのは、疲れ目である。現代人は、パソコンや携帯電話でメールをする時間が長くなっており、目が疲れやすい。また、メールするときの目のまばたきの回数が少なくなっている。意識してまばたきをするようにすると、目の緊張をほぐし、目が疲れにくくなる。
 目が疲れたときは、目の周りを温かいタオルで温めると良い。目の周りを温めると、ドライアイの最大の原因であるマイボーム腺のつまりが解消され、涙の層が回復する。また、血液の循環を良くし、目の周りの筋肉の緊張をほぐしてくれる。
 上目使いは、目に力が入り、目が疲れやすい。パソコンのモニタは、目線より10度下になるようにする。

コンタクトレンズによる目の障害
 コンタクトレンズを付けたままうたた寝すると角膜に傷がつく。通常は、コンタクトレンズと角膜の間に涙の層ができて、角膜を保護してくれるが、うたた寝をすると、涙の層がなくなり、コンタクトレンズが角膜にくっつき角膜を傷つけてしまう。これを点状表層角膜症という。通常は、2日程度で傷は治るが、続けていると更に悪化させ、失明することもある。
 コンタクトレンズには、目に見えない薄い蛋白質の幕が付着している。これをしっかり洗浄しないと、角膜を傷つけ、角膜が白くにごったりして病気になる可能性がある。

|

« フコイダンの驚くべきパワー! | トップページ | 反重力装置「リフター」浮上する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/835829

この記事へのトラックバック一覧です: 現代人を襲う視力低下:

« フコイダンの驚くべきパワー! | トップページ | 反重力装置「リフター」浮上する »