« 皮脂テカ肌は死のシグナル | トップページ | 新科学関連記事リスト »

回転し続けるEMAモーター

エドウィン・V・グレイは、入力以上の出力が得られるEMAモーターを開発した。出力の一部を入力にフィードバックすることによりずっと回転し続ける。米国特許も取得している。

gray.jpg
エドウィン・V・グレイとENAモーター6号機
エドウィン・V・グレイは、1925年にワシントンで生まれた。 
ENAモーター1号機は1961年に作られ、試運転されたが、このときは始動と同時に壊れてしまった。改良された2号機も1時間半ほどで故障した。3号機は32日間も回転し続け、テストはほぼ成功をおさめた。しかし、大企業や投資家の反応は冷たく、グレイは自分で合資会社を1971年に設立した。市民からの出資を受け、1973年に4号機を完成させた。グレイは燃料のいらない無公害自動車を開発しようとしたが、圧力をかけるものが出てきた。自動車メーカーや石油会社が大打撃を受けると思われたためだろう。1975年に4号機は何物かに盗まれてしまった。1975年10月、圧力に耐え切れなくなったグレイは、EMAモーターのノウハウを公開した。その後、何らかの取引きがあったのか、グレイは実験工場付きの豪華豪邸に住むようになり、6号機は他のグループによって製作され、世界中に公開状が送られた。

Emamotor.gif
特許申請書のEMAモーター外観図
合衆国特許:3890548号
名称:パルスコンデンサー放電型電子エンジン
発明者:エドウィン・V・グレイ、カルフォルニア州ノースリッジ
受託:イヴグレイ・エンタープライズ(株)
出願:1973年11月3日
公告:1975年6月17日

emablock.gif
EMAモーター・ブロック図
スイッチを入れるとバッテリーから電流が流れ、双極パルスが発生し、トランスで昇圧後、ダイオードで整流、磁気装置(遅延コイル)を通過した後にバンク内のコンデンサーに充電する。ここで電流をモーターの固定子と回転子に振り分ける。プログラマーは、このとき回転子の動きに合わせてバンク内の適当なコンデンサーを選んで放電させ、スパークを起こす。一方、回転子や固定子からは余剰電流をバッテリーに還流させる。また、スパークが起こらない間も、安定放電回路を通って電流がバッテリーに戻るようになっている。

sremtr1.gif
EMAモーターの基本回路
交流を昇圧し、整流してコンデンサーに充電する。コンデンサーからギャップを通して固定コイルと反発コイルに接続されている。コイルの上に金属片を置くと、勢いよく飛び上がる。

sremtr2.gif
EMAモーター実験用回路図
基本回路を3つ組み合わせて、反発コイルを回転盤に取り付ける。回転盤は放電を飛ばしながら回転する。

sremtr3.gif
EMAモーター実験装置の外観図
EMAモーターは、発熱せず、逆に冷たくなっていくと報告されている。火花放電によって宇宙エネルギーが流入していると思われる。

参考記事:空間からエネルギーを取り出す方法

参考記事:テスラ・コイルとエネルギー増大送信機

参考記事:効率300%のハバードのコイル

参考記事:空間からエネルギーを取り出すモレイ・コンバータ

|

« 皮脂テカ肌は死のシグナル | トップページ | 新科学関連記事リスト »

コメント

何故この仕組みを今あらゆる所で使わないの私は使用したい。そうすると世界でずいぶん節約でき、餓える人もなく環境破壊もせずに、人も生きとし生けるものすべてがもっと在ろうとする事について意識を向けて生きていける。何故役に立つ道具があるのに有効に使えてないのかな。私に何が出来るだろう。

投稿: flex | 2007/05/19 21:13

実用化されないのは出力が低いから。なるほど、ダムぐらいに巨大な装置を作れば・・・あ、そうかそんなおっきな磁石ないか。ならば、逆手にとって啓蒙のためにおもちゃメーカーさん、これの仕組みを理解するためのおもちゃつくってみたら良いことあるかな?少なくとも私は買うと思うよ。

投稿: kato | 2008/05/07 17:14

実用化されないのではなくて、実用化できないから。EMAモータが宇宙エネルギを使用しているというのはまっかなウソで、その実態は交流電源によって駆動される極めて効率の悪い電気モータに過ぎないから。

投稿: | 2008/07/28 13:23

>実用化されないのではなくて、実用化できないから。EMAモータが宇宙エネルギを使用しているというのはまっかなウソで、その実態は交流電源によって駆動される極めて効率の悪い電気モータに過ぎないから。

そんなことも見抜けない科学先進国アメリカなわけ?

>合衆国特許:3890548号
>名称:パルスコンデンサー放電型電子エンジン
>発明者:エドウィン・V・グレイ、カルフォルニア州ノースリッジ
>受託:イヴグレイ・エンタープライズ(株)
>出願:1973年11月3日
>公告:1975年6月17日

この特許の意味は?

投稿: | 2009/09/28 16:56

おもしろい本を見つけました。
「エネルギーの作り方」
http://www.mag2market.com/file/3307

投稿: 通行人 | 2010/02/13 12:42

知らない人のために行っておくと、アメリカの特許は出願すればほぼ確実に通ります。日本のような厳しい審査はありません。

投稿: | 2010/06/29 21:27

出力が低かろうといくらでも応用はできるしお金にもなる.技術公開もされてることだし,逆に言えば本当なら企業・個人問わず誰もが使おうとするだろう,というのが感想.造ろうとするなら仕組みのアイデアが先にあるはずで,それを理論的に解析していないというのもおかしい.本当ならその実験結果だけでノーベル物理学賞モノ,つまり1億円ゲット.

6号機の話はどうなったんだろう.たとえビジネスじゃなくてもこういうネタが好きな雑誌や団体はいくらでもあるだろうから,本当だと思うなら作ってみたらよいのにね.

投稿: | 2011/02/10 14:14

アインシュタインが定義しようとした宇宙エネルギーとはダークマターと違い真空エネルギーの事で真空状態になる時に失ったエネルギーが真空状態に貯蓄されるのではないかという理論です(まだ未解明)
宇宙はほとんど真空ですからその力は膨大ですがこのモーターとは関係無いです
仮に宇宙エネルギーを取り出す事ができてもエネルギー保存の法則があるからには今有るエネルギーを倍にする事はできません
もともと有った物に気が付いただけです
とにかくエネルギーは違うエネルギーに変換できても2倍になったりしません
常に等倍か変換ロスを考えると減少します
この変換や採掘に掛かるロスを超えるエネルギーを取り出す事ができれば実用化可能です
出来ないから今の有り様です

投稿: | 2011/04/18 04:17

上記の説明はややこしいので簡単に言うと電気を流すだけで抵抗が発生し熱に変換されロスします
超伝導ならロス無しですが超伝導状態にするにはマイナス40度を維持する必要が有るので冷却にエネルギーをロスします
こんな感じで何かするだけでエネルギーを損失します
二酸化炭素削減に大量の二酸化炭素を出しながら木を植えるような物です
植えるよりも切らない方に気を付けましょう
作るのに大量のエネルギーが必要ならロスが大き過ぎて結果マイナスです
ですから少ない電力で回るモーターや少ない変換ロスで発電できる発電機や蓄電池の開発が現実的です
それも構造が単純な物に限られます
複雑だと物理的な製造エネルギー損失と動かした時の駆動ロスを生みます

投稿: | 2011/04/18 04:49

この話で一番不可解なのは出資者が怒ってないことじゃなかったっけ?

投稿: | 2011/05/31 17:25

5年にわたってコメントが入っていることに感動。
いろいろなフリーエネルギーの話を聞きますが、ここの書き込みは、とっても参考になりました。

投稿: ichiboy | 2011/06/14 13:51

磁気冷凍

http://www.wdc-jp.com/msj/member/m_mag_phy/a_3.html
磁気を用いた冷却、即ち磁気冷凍の技術も熱過程は全く同じ。
磁化が無秩序な状態(常磁性)に外部から磁場を印加して磁化の方向をそろえると(秩序状態)、系の磁気エントロピーが低下することはすぐわかります。

①温度を一定として磁性体を磁化。

②熱の出入りを遮断したまま外部磁場を取り去る、いわゆる断熱消磁の操作。

③熱交換ですが、磁性体は外部から熱を取り入れることで磁化が揺らぎ始め、エントロピー増加と温度上昇が起こって元の状態に戻ります。

http://www.wdc-jp.com/msj/image/mag_phy2/air_conditioner_glaph.gif

投稿: 磁気冷凍 | 2011/07/14 05:55

この回路図を見て作れる方いませんか?もしくは作った方いますか?

投稿: たつお | 2011/07/29 09:21

おもしろいですね。

日本にも飯島さんという方が、フリーエネルギーモーターを作って科学的に証明されているものがあるのですが、それと理論は同じだと思います。(一般財団法人テネモス参照)

この理論は、呼吸です。
今のモーターは、ずっと吐くばかりで吸うことをしていない放出型で、呼吸していないのです。
吸うことつまり呼吸をさせてあげれば最初は、少し電力を使いますが、ほとんどエネルギーがいらないモーターは作ることが可能なのです。資金もほとんど要りません。
ですが、今の科学者は、エネルギー保存の法則が崩れるのを恐れているので、ぜんぜん表に出ないだけなのです。
今こそエネルギーの保存の法則を、根本から変える必要があると思います。

この理論だと、UFOのように静止したり、手で掴めそうなくらいゆっくりな速度で飛ぶ大型ラジコン機が出来上がっている。

あっ、このモーターは、複雑な構造じゃないですよ・・・。(今このモーターで車を作って大会に出たいので勉強中)

投稿: | 2011/09/23 18:37

これ入力された電力に周囲の熱を電気に変換して合成して出力してるだけじゃないのか
まぁもしそんなことが当時の技術でできたところで効率は最低でしょう

投稿: | 2011/10/30 17:41

井出氏の超効率インバータも同じでしょうなぁ…
モーター? の巻線付近が少し冷える現象と聞きますが冷却装置として使うにも超低効率になりそうです。
現存の技術のほうが冷却効率は遥かにいいかと…

0点エネルギーを取り出せたところで地球のサイズでガソリン1ガロン分だそうなのでとてもじゃないが無理…


投稿: ST | 2012/05/04 19:59

みなさんの知ったかぶりには驚くばかりだ。既存の電磁気学の範囲でもよく知られているのは、負性抵抗(ーR)の抵抗器があれば、ジュール熱の式、P=VI=RI^2から、エネルギーが取り出せることは昔からよく知られた事実に過ぎない。教科書にも載っている。ただ、大きな電流に対する負性抵抗器がこれまで存在しないから利用できなかった。実際に使用されているのは、トンネルダイオードや真空管の場合で、増幅器は負性抵抗領域を利用しているのだ。ところが、ギャップ放電やグロー放電やアーク放電の場合には、極めて大きな電圧と電流下でも負性抵抗を示す場合があるのである。したがって、この場合には環境からエネルギーを吸い取ることが可能なのである。熱を吸い取り冷却するのはそのためである。この種の永久発電機は、テスラコイルやエマモーターや井出治のデゴイチインバーターなどすべてにおいてギャップ放電スイッチが仕込まれているのはそのためである。みなさんもっと電磁気学やファラデーやマックスウェルのオリジナル論文を読んで、物理学や電磁気学の根本から勉強しなさい。また2000年から欧州においてはテスタ波と呼ばれたスカラー波のリバイバルがさかんとなり、テスラ熱が再燃しているのだ。マックスウェル電磁気学も小電磁場、遠距離の場合だけで成立する一種の近似にすぎなかったことが証明されつつある。導体の近辺、しかも強電磁場や極低周波の場合には、マックスウェル方程式は修正が必要なのではないかということを今研究中なのである。その場合は、電場は磁場のように回転電場、すなわち、渦電場が存在できるようにする必要があるというものである。実際、テスラコイルの放電現象には、球状アンテナ間で放電がトルネードのように渦が回転している場合が存在する。こういう場合の電磁場はこれまでのものとは異なる可能性が高いのだ。こういう最新の研究論文もGoogle scholarなどでチェックし、勉強されたし。

投稿: ブルーイービー | 2012/05/04 22:57

確かに負性抵抗はトンネルDi、トンネルレーザーで実現している。
もしブルーイービーさんの論が正しいならトンネルレーザーの直並列作動+ソーラーセルの高能率化で実用的な電圧と電流を取り出せ、また吸熱効果で冷却せずに動作可能となる。

しかし…
問題はやはりコストでしょうね、磁気で共振現象を作るのもカギならレーザーとセルに加えて磁気材料のコストが問題。
レーザーとセルは同じ系統の材料が最も適しているのでは?
大容量化へのネックになるのはやはり磁性体かと思います…

投稿: ST | 2012/05/05 06:42

エマモーターですかこんな物が有ったのですね,面白いです,今遣ってる研究のMHVと考が似てますが,違う点は放電は使用しません,同じ所は空間からエネルギーを取り出す所ですかね,同期さすのが難しいのはエマモーターでも同じですかね.

投稿: MHV | 2012/06/06 03:02

エアモーターですか,私の研究のMHVとほぼ同じ結論に達してるのですね,結論から言うと空間からエネルギーを採取しようとする考えですが,只永久機関では有りませんが,出力はエマモーターが400%ならMHVはそれ以上出ると思ってます,発想は地球は太陽を回り太陽系は銀河の中心を回り銀河は宇宙の中心を回ってるのでしょう,ではそのエネルギーはどこから取ってるのですかね,地球一つ取っても自転して公転したらエネルギー不滅の法則が100%なら地球は公転,自転の副産物の熱エネルギーでどうして灼熱地獄に成らないのかな,惑星,星雲が公転したら熱エネルギーが放出するならどうして宇宙空間が冷えてるのですか,エネルギー不滅の法則の信奉者はではどうして地球を救うのですか,宇宙の法則を全て把握して批判してるのなら判りますが,貴方達は批判するだけの言うだけ番長ではないですか,地球を救う何か手立て在るのですか,現在科学の能書き寄りも,今は可能性に賭けるべきだと思うけど.

投稿: MHV | 2012/06/17 10:46

EMAモーター開発への出資者ハッケンバーガー(ハリウッドボウルの社長)が装置を受取ったが、しばらくして回転が止まった。中を調べたところ、電池が入っていた。電池が切れたのだ。ハッケンバーガーは発明者グレイを告訴し、グレイは詐欺罪で逮捕された。以上は当時のアメリカの新聞に記事として掲載された。
日本の井出治氏は、かつてEMAモーターを売ろうとして展示会を開催したが、参加者から突っ込まれてたので、装置を持って退散したと聞いています。

投稿: COLT | 2012/06/24 01:38

ブルーイービー氏の前半の負性抵抗領域云々の説明は支離滅裂で勘違いも甚だしい。
知ったか以前の内容。

投稿: df | 2012/11/21 19:05

MHV様
すみません、MHVとは何でしょうか?? 検索しても出てきませんでした。

投稿: はてな | 2013/08/23 13:26

ここでもフリエネ、叩かれてるのか…

投稿: ゼロトニック | 2014/04/22 19:00

連コメで悪いがなぜフリーエネルギー装置が世間に認められないか?
それは現代化学の法則と手品の存在だと思います。
マジックはあらゆる不可能と思える現象を見せかけで再現できます。
本物のフリーエネルギー装置を作り万人の前で装置の作動を公開してもマジックの存在で「それはマジックだ」と言われてしまうのかもしれません…そして現代化学の法則により「フリーエネルギー装置など永久機関の概念でそんなものできるはずがないだろ!」と決めつけられてしまう…
この悪循環がある限りもしもフリーエネルギー装置が存在しても日の目を見ることは当分来ないでしょう…

投稿: ゼロトニック | 2014/04/22 19:17

 初めまして。川澄です。
 コメントの日付で新しいものがあると言うことは今でも受け付けているのでしょうか?
 EMAモータなる物が存在する・・・というのを知ったのは高校1年生の時です。
 翌年の2年に進学した際に勉強になればと思い、 特許公報を取り寄せて読んでみました。

 いつもなら工作をするのですが、今回はずっと足踏み状態のままですね。

 同じ物を忠実に工作するのはさすがに無理なので、ミニチュアモデルを作るつもりで材料だけ買ってきてそのまま放置してあります。

 僕が個人的に考えている仮説(?)が正しければ間違いでは無い。・・・と思うのだけどまだ手つかずの状態で放置中です。

投稿: 川澄 | 2014/05/11 13:59

フリーエネルギーたるものは存在しません。
こんなものはオカルトです。
これが本当にあったらエントロピー崩壊の法則に反する現象です。
絶対にあり得ません。
地球の科学はもはや、全宇宙をほとんど解明しているといっても過言ではない。

投稿: オカルト否定人 | 2014/05/22 00:18

この種のモーターの起源は、マイケル・ファラデーが発見した、磁気単極誘導が最初と言われています。そして、そこからNマシンが登場しました。よく見かける動画はNマシンの実験でしょう。

投稿: 熊谷 | 2014/05/28 02:06

マックスウエルは多種多様な膨大な実験において一つの共通点を見出した。それは如何なる可能性と誤差を加味して計算された予想値に対して実験値の方が常に極僅かであるが大きく検知されているという事実にそれを前提としてその誤差を納得させる電磁気方程式に組み込むよう試みた。その方法手段は代入式であったがため彼の晩年のほとんどを費やしたといわれております。そして彼は四元方程式(統一場方程式)を完成させて発表。がしかしその方程式は複雑であり実質的には最後の項はほとんど場合意味が無い様である事をヘビーサイトともう一人の科学者の研究で除外される事になり省略されました。その功績により二人の科学者はノーベル賞をもらったそうです。その後テスラは四元方程式を発表しましたがつい最近数学者ウイタッカーがかれの方程式を証明しましたがアインシュタインの数式ですら理解証明できる人はほとんどいない。それより重力項が付加された数式は権威者ですら理解できていない。テスラはハッキリとエーテルの構成およびそのエーテル(重力場、子、波)の生成法までも提言しています。最近ノーベル賞をもらった南部さんの「対象性の崩れ」によってエーテルが実証されたはずですが、権威者達はそれに気付いていないのか?空間(真空=場)自体が物質と反物質(対象性)のついでその性格性質を消しあって観測できない状態。今の物理学では観測できない事実において無でありますが実はより寧ろ密度の高いエネルギー場。それだけに度のようにそこからエネルギーを磁石、コイル、放電等(同調、共鳴作用)を通して取り出すかでしょう。無から有が生まれる。無とは今の科学知識技術によって観測(証明)された、言い換えれば観測できない故の事でしかない。

投稿: ガリバー | 2014/11/02 17:56

オカルト否定人ねぇ・・・今科学者が研究を進めているのは
現代科学でも分からない事があるからだと思うんだが。
現に自分達の体の作りだって全ては分かっていない訳だしさ。

投稿: ただの知りたがり | 2015/06/18 01:12

キモい大槻カルトは「大槻様の凄さを教えたらみんなが大槻様を信じる!」なんてことを本気で考えてるのかな?
オカルト否定人などという奴もそんな考えを持った、キモい大槻カルトの一人だろう

投稿: | 2015/06/18 18:13

もっと詳しい回路図あれば作るのになあ

投稿: | 2015/06/20 18:55

日本人研究者が、回転駆動力増幅装置を発明し、この装置は、ほぼ永久機関としての機能を持つようです。この装置を自動車に搭載して走行実験も成功しています。世界各国に特許出願しており、大手銀行との取引もあるようです。

投稿: テイタラク | 2015/09/18 00:14

>地球の科学はもはや、全宇宙をほとんど解明しているといっても過言ではない。

嘘をつけ ほとんど解っていない

投稿: fuku | 2015/09/21 16:10

吸熱作用、放電を利用しているところから負性抵抗を用いた方法のようです。
放電を利用したLRC回路の中には、エネルギーが沸く現象があります。
理由ははっきりしませんが、これから研究が進むと良い分野かも知れません。

投稿: | 2015/12/13 20:00

科学者が物理法則を守りたかっている?
とんでもない、世の中で科学者ほど物理法則が塗り替えられる瞬間を心待ちにしている人間はいない。そしてそれが自らの手によるものだとしたらどんなに素晴らしいだろうとも思っているよ、まさしくノーベル賞ものだからね。
だからこそ、偽物や勘違いには不寛容なんだよ、徹底的に検証して理論の破綻や間違いがないか調べ上げる!そのフリーエネルギーってやつが本物なら科学者達がどんなに調べて検証しても揺るぎ無い現実を突き付けてくれるだろう。
オカルティストは信じやすく、科学者は疑り深い。

投稿: JJK | 2016/05/18 22:24

わからん

投稿: | 2016/09/02 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/713612

この記事へのトラックバック一覧です: 回転し続けるEMAモーター:

« 皮脂テカ肌は死のシグナル | トップページ | 新科学関連記事リスト »