« 急増中のアレルギー疾患 | トップページ | 食材選びのコツ »

アレルギーに関与するIgA抗体とIgE抗体の違い

 アレルギーや花粉症・鼻炎などに関与する抗体としてIgA抗体とIgE抗体がある。これらはどのような違いがあるのだろうか。また、アレルギーを抑えるためにはどうすればよいだろうか。

IgA抗体
 体内の、気道や腸管などは異物が入らないよう粘膜のバリアーで守られている。IgA抗体は、粘液の中へ分泌されバリアーとして重要な役割を果たしている。花粉が鼻の中に入ると、まず粘液で捕まえられる。IgA抗体は、それが逃げないようにしっかりと包み込み、鼻の中にある繊毛で、症状を起こすことなく、体外へ運び出す。したがって、IgA抗体はたくさんあったほうが良い。
 母乳、特に初乳には、IgA抗体が多く含まれている。新生児は、IgA抗体をほとんど持っていない。生後7-8ヶ月頃から盛んに分泌されるようになり、3~4才くらいまでは増加し続ける。このことから、赤ちゃんは、母乳で育てたほうが良いといえる。また、離乳食は生後7-8ヶ月頃から与えたほうが良い。特に、IgA抗体があまり分泌されていない時期に、卵、牛乳、大豆などのアレルゲンを与えると、アレルギーを発症させる危険性がある。

IgE抗体
 IgE抗体はアレルギーやアトピーの主役をなす抗体で、IgE抗体にアレルゲンが結合することで、細胞内のヒスタミンやヘパリンなどの炎症を起こす物質を含む顆粒が外に放出されるため、皮膚炎や鼻炎などの症状が起こる。したがって、IgE抗体は少ないほうが良い。
 粘膜のバリアーが破られ、花粉が体内に入ると、マクロファージなどの免疫細胞が反応し、免疫機能の司令塔であるTh2細胞も活性化し、IgE抗体が過剰に働くことになる。そして、くしゃみや鼻水などの症状を引き起こす。

アレルギーを抑えるには
 アレルギーを抑えるには、IgA抗体を増やし、IgE抗体を減らすようにすればよい。そのためには、腸内環境が大きく影響する。通常、腸内では、免疫細胞が集ったパイエル板という部分で、到達した物質を何でも取り込み、マクロファージが有害物質かどうかを判定している。もし、それが有害物質ということに判定されると、これを近づけないために粘膜にバリアーが張られる。このバリアーがIgA抗体である。
 アロエ、フコイダンなどに含まれる多糖体が、パイエル板に取り込まれると、糖同士が固く結合しているために、分解されないままでいる。 そのため、マクロファージはこれを異物と判断し、IgA抗体が分泌される。IgA抗体が血液に入って全身へ流れ、鼻の粘膜も強化される。
 IgE抗体を減らすには、腸内へ流れ込む異種たんぱく質を減らせばよい。異種タンパク質が分解されないまま腸内に吸収されると、Th2細胞は外敵が進入してきたと判断し、IgE抗体を過剰に働かせる。活性化したTh2細胞は、鼻の粘膜でも異種タンパク質である花粉などに過敏に反応し、鼻炎や花粉症を引き起こす。
 たんぱく質分解酵素を肉と一緒に摂ることもよい。タンパク質分解酵素としては、キウイに含まれる「アクチニジン」やパパイアに含まれる「プロテアーゼ」などがある。これら酵素の体内での活性を調べてみるとキウイはパパイアの15倍もの活性を示し、キウイのほうがより優れていることが分かる。
 ヨーグルトやキムチなどの乳酸菌を摂ったり、乳酸菌の餌となるオリゴ糖を摂って、腸内の悪玉菌を減らすことも重要である。悪玉菌が増えると、腸内の粘膜を傷つけボロボロの穴だらけにし、異種タンパク質が腸内に進入しやすくしてしまう。

ポイント
1.アロエ・フコイダン(IgA抗体を増やす)
2.キウイ・パパイア(異種タンパク質を分解しIgE抗体を減らす)
3.ヨーグルト・キムチ(腸内悪玉菌を減らしIgE抗体を減らす)

|

« 急増中のアレルギー疾患 | トップページ | 食材選びのコツ »

コメント

とても分かりやすかったです。
今管理栄養士になる勉強を独学でしているのでとっても助かりました。参考書を開いて何度も読みますが、理由づけしないと中々覚えられないんですが、抗体の種類の区別がつきました!
ありがとうございました。

投稿: | 2012/12/07 13:48

アメリカの多国籍企業、モンサント社の牛成長ホルモンは、牛乳やチーズなど乳製品に入っています。私は2年前までチーズを取っていたけれど、青汁ケールに切り替え、チーズをやめました。牛乳は下すので以前からとっていません。すると、顔や首、背中の赤いアレルギー湿疹が消えてきています。もともと、Jane Plantというイギリスの女性が乳がん克服したと知っていたのですが、ラットの卵巣が腫れている映像を見たので、モンサントの牛成長ホルモンが原因だと思っています。さらに、遺伝子組み換え大豆や小麦も危険なので、国産にしています。

投稿: MasakoGrenville | 2015/10/19 22:16

この牛成長ホルモンは、注射された雌牛の右の卵巣が腫れていたとイギリスの科学者が言っていました。

投稿: MasakoGrenville | 2015/10/19 22:24

IgA紫斑病で困っています
IgA抗体を減らす方法を教えてください

投稿: | 2017/01/22 06:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/883371

この記事へのトラックバック一覧です: アレルギーに関与するIgA抗体とIgE抗体の違い:

» 【期間限定 無料サンプル進呈中】0円 [畑の真ん中]
アトピーで悩んでいる人多いいですよね。医者へ行くとステロイドのお薬を必ずもらうけどもっとひどい状態に・・・自分もアトピーでけっこう悩んで、医者通いしていたけれど... [続きを読む]

受信: 2004/09/01 18:40

» アレルギー [セレブまがい]
アレルギー持ちなのれす。 十数年来のアトピーと、4年前から結膜炎も追加されたよ。 特に結膜炎は年明けから3月の間に起きんだよねぇ んで、Ige抗体検査... [続きを読む]

受信: 2005/02/15 22:09

« 急増中のアレルギー疾患 | トップページ | 食材選びのコツ »