« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

ナイアシンで夏バテ解消

細胞の中のミトコンドリアでTCA回路という化学変化を起こし、糖質をエネルギーに変えている。このときに重要な働きをするのがビタミンB1である。ところが、ビタミンB1だけでなくナイアシンも必要不可欠であることが分かってきた。

ナイアシンの重要な働き
ナイアシンは、ビタミンB3の別名であり、ビタミンB1と同様に重要な働きをしている。
1.エネルギー作り
ブドウ糖はそのままではミトコンドリアの中に入ることができない。ミトコンドリアの中に入れるようにしてくれるのがビタミンB1とナイアシンである。また、エネルギーを作り出すTCA回路でもビタミンB1とナイアシンの両方が必要である。また、ナイアシンは、疲労物質である乳酸に働きかけ、エネルギー源に変化させミトコンドリアの中へ送り込む働きをする。
2.脂肪をためない
ナイアシンがないと、ブドウ糖をミトコンドリアに取り込めないため、中性脂肪として蓄積される。ナイアシンにより、中性脂肪の蓄積を抑えることができる。

夏はナイアシン不足になりやすい
ビタミンB1とナイアシンは水溶性ビタミンのため、汗とともに体外へ排出される。また、ビールを飲むと利尿作用のため、多くのビタミンB1とナイアシンが尿とともに体外へ排出される。さらに、アルコールを分解するときにナイアシンが大量に使われてしまう。

ナイアシン不足で精神不安定に
ナイアシンが不足すると、トリプトファンが様々な変化を経てナイアシンとなる。トリプトファン60mgから1mgのナイアシンができる。トリプトファンが大量に使われると、神経伝達物質セロトニンの原料となるトリプトファンが不足する。そうすると、軽いうつ状態や慢性的な疲労感が生じてくる。

ナイアシンを多く含む食材(100g中)
ブリ    9.5mg
サバ   10.4mg
アジ    5.4mg
カツオ  18.0mg
タラコ   49.5mg
明太子  19.9mg

(2004年8月29日 あるある大事典Ⅱ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にがりの効果的な摂り方

にがりは、ダイエット、美肌、糖尿病、便秘、むくみ、頭痛、ガン、ハゲなどに効果があるといわれているが、摂り方によってはまったく効果がないばかりか、摂りすぎによって命の危険さえもある。

にがりのダイエット効果
にがりは、海水から塩を精製した残り汁であり、ミネラルが豊富で特にマグネシウムの含有量が多い。マグネシウムが体に入ると、代謝が高まり、エネルギー消費量が増え、体の余分な脂肪を燃やしてくれる。

にがりの効果を阻害するもの
にがりを水に入れてそのまま飲んでもほとんど効果がない。マグネシウムは、そのままでは腸でほとんど吸収されない。また、肉類やお菓子、加工食品に含まれるリンは、マグネシウムの吸収を阻害する。

にがりの効果的な摂り方
現代の食生活において、リンを摂らないというのは不可能なので、過剰に摂ったリンを体の外に出すようにすればよい。クエン酸は、過剰なリンを体の外に出し、マグネシウムの吸収を助ける働きをする。にがりとクエン酸を一緒に摂ることにより、にがりの効果を最大限に引き出してくれる。クエン酸を含む食材としてレモン、酢、もろみ酢、梅干などがある。特に、もろみ酢はアミノ酸も含まれているため、脂肪を燃やす効果をさらに高めてくれる。

摂取量に注意
にがりの1日の摂取量は、100mlあたり6000mg含まれているもので15~20滴程度である。大量に摂取すると急性マグネシウム中毒によるショック死の危険性がある。実際に、ペットボトルに入っていたにがりを100ml誤って飲み、心肺停止を起こし救命救急センターへ搬送されたケースもある。

にがりの美肌効果
にがりに含まれるマグネシウムは、皮膚の保湿成分セラミドの合成を高める働きがある。皮膚の角質層にあるセラミドは、水分を捕らえて逃がさない働きがあり、肌にうるおいを与える。また、にがりに含まれるマグネシウムは、紫外線により皮膚内で活性酸素が作られるのを抑える働きがある。活性酸素は、肌のしみやしわの原因となっている。
にがりローションの作り方は、200ccの水(精製水がよい)に、にがり小さじ1杯を混ぜるだけでよい。お茶に含まれるカテキンにも活性酸素を抑える働きがあるので、お茶の煮出し汁を混ぜてもよい。にがりローションを1日に2回肌につけるようにするとよい。

(2004年8月26日 スパスパ人間学!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノアの箱舟は2つ存在する?

旧約聖書でアララト山に漂着されたと記されているノアの箱舟は、アララト山北東斜面の氷河の割れ目、すなわちクレバスの底で発見された箱舟と、アララト山南30km地点で発見された箱舟地形がある。箱舟地形は、科学的な調査が行われ、明らかに木製の人工物であることが確認されている。

人工衛星で撮影された箱舟地形
1948年5月、トルコ北部を襲った大きな地震によって現れたという。

noaeisei.gif

箱舟地形の近くで発見された錨石
8本の十字が刻まれているが、ビサンチン風であることから西暦300年頃の誰かが、ノアの箱舟の錨と認めて刻んだものと思われる。

noaikari.jpg

肋材
肋材が一定の間隔で並んでいる。

noatikei2.jpg

甲板支持材
船首から船尾までの間のものが地震によって割れたので、深い部分のサンプルを採取することができた。船の長さは約150mで聖書の記述と一致する。

noakouzou.jpg

断面走査レーダーによる調査
断面走査レーダーにより箱舟の内部構造が明らかになった。

noascan.jpg

ノアの箱舟訪問者センター
箱舟地形は「ノアの箱舟」であるとトルコ政府により宣言され、訪問者センターが建てられた。

noavisitor.jpg

サンプルの科学的調査
採取した甲板材のサンプルを科学的に調査したところ、外側は1.88%の炭素を含んでいた。内側は、化石化した4.95%の炭素を含んでいた。これは、生物であったことを示すのに十分な量である。また、多くの鉄も含まれていた。
甲板材には年輪がなかった。これは、ノアの大洪水前は一年中温暖な気候であったことを示している。

noadeck.jpg


リベットの発見
ノアの箱舟の南側で、ワッシャー付きのリベットを発見した。
材木の部分は1.9%の炭素を含み、リベットとワッシャーの部分は0.1%の炭素を含んでいた。リベットの部分にチタンも含まれていた。チタンは強度が高く、軽量で腐食しにくい。それ以外に鉄、アルミニウム、マンガン、バナジウム、クロムも含まれていた。これらは、今日チタン合金に加える物質である。数千年前にチタン合金が作られていたというのは驚きである。

noarivet.jpg

(ワイアット考古学研究のホームページより)
http://www.wyattmuseum.com/noahs-ark-04.htm

アララト山北東斜面の箱舟は何だったのか
箱舟地形が本物の「ノアの箱舟」だとすると、アララト山北東斜面のクレバスの底で発見された箱舟は何だったのだろうか。ノアの時代にも巨大な船は建造されていたと思われる。世界中の砂漠や山や地下から巨大な船の残骸が発見されている。アララト山北東斜面の箱舟もその中の一つと思われる。ノアは、海から遠く離れた陸地に巨大な船を造ったので、人々から笑われたのである。また、ノアの箱舟は、巨大な波が来ても沈まないような構造になっていた。そのような構造になっていないその他の船は大洪水に耐えることができず、中の人々は死に絶え、船だけが漂着したと思われる。

(参考記事:ノアの箱舟は実在する)

| | コメント (11) | トラックバック (1)

股関節ストレッチと腹横筋体操で腰痛解消

股関節が柔らかい人は腰痛にならない。股関節ストレッチと腹横筋体操で腰痛を解消することができる。

腰痛の原因
1.腰周りの筋肉疲労による筋肉痛
腰の筋肉の使いすぎによる腰痛は、疲労物質が筋肉に溜まることによって起きる筋肉痛であるため、マッサージや休息により解消することができる。
2.腰椎のゆがみによるプチヘルニア
正常な腰椎は、なだらかに湾曲している。これが反り過ぎていたり真っ直ぐになっていたりすると背骨間をつないでいる椎間板が変形し、プチヘルニアになる。さらにひどくなると椎間板がつぶれて本当の椎間板ヘルニアになる。プチヘルニアになると、変形した椎間板が神経を圧迫するため痛みを感じ、これが腰痛となる。
3.腹圧の低下による腰への負担
腹圧が高いと上半身の重みを吸収し、腰への負担を軽くしてくれる。腹圧が弱いと上半身の重みがそのまま腰にかかり、腰への負担が大きくなり腰椎にダメージを与える。

股関節が硬いと腰椎がゆがむ
股関節は、骨盤と足の骨をつなぐ関節である。股関節の柔らかさは、骨盤や背骨と足の骨をつなぐ筋肉により決まる。股関節の前後のどちらかの筋肉が硬く縮んでいると骨盤が片方に引っ張られるため、腰椎がゆがむ。さらにO脚にもつながる。
1.真っ直ぐ腰
前屈をして、手の指先が床下まで届かない人は、股関節の後ろ側の筋肉が硬く縮んでいるため、骨盤を後ろ側へ引っ張り、真っ直ぐ腰になる。
2.反り過ぎ腰
うつぶせの状態で他の人に片足を持ち上げてもらって、角度が30度より上にあがらない人は、股関節の前側の筋肉が硬く縮んでいるため、骨盤を前側へ引っ張り、反り過ぎ腰になる。下っ腹肥満の人もお腹の脂肪の重みで骨盤が前側へ引っ張られるため、反り過ぎ腰になる。

股関節ストレッチで腰痛解消
1.両手をついて左足を片ひざ立てて右足を後ろに伸ばしひざをつける(よういドンの姿勢)。胸を反らし体重を前にかけ20秒そのままの姿勢を保つ(右足の太ももの前の筋肉が伸びる)。
kokanst1.jpg
2.右足を前に投げ出して座り、背筋を曲げずに前に体重をかけて20秒そのままの姿勢を保つ(右足の太ももの後ろの筋肉が伸びる)。
kokanst2.jpg
3.左ひざをついて右足を横に伸ばし、ひざの上に手を当て体重を右にかけて20秒そのままの姿勢を保つ(右足の太ももの内側の筋肉が伸びる)。
kokanst3.jpg
足を替えて1~3を行う。
この1セット2分間のストレッチを1日に2回行う。

腹横筋を鍛えて腰痛解消
腹横筋を鍛えることにより腹圧が高まり、腹圧が上半身の重みを吸収し、腰への負担が軽くなり腰痛が解消される。
1.仰向けに寝てひざを立てる。
2.両手を前に伸ばし右腕を上にして両腕をクロスして手のひらを合わせる。
3.鼻からゆっくり息を吸って口からゆっくり息を吐きながらお腹全体をへこませながら腕を右側、脚を左側へ倒していく。
4.鼻からゆっくり息を吸いながら元の状態に戻していく。
これを5回行う。
次に左腕を上にして両腕をクロスして逆方向へ倒す動作を5回行う。
この一連の動作を1日に3セット行うとよい。
この体操はイスに座った状態でも行うことができる。
fukuou1.jpg
fukuou2.jpg


O脚と下腹ポッコリも改善
股関節ストレッチを行うと骨盤の位置が正しい状態になるためO脚が改善する。また、腹横筋体操を行うと内臓を支える筋肉も強化されるため、垂れ気味だった内臓が上にあがり下腹ポッコリも改善する。

(2003年7月3日 スパスパ人間学、2003年9月7日 あるある大事典)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ベータ1.3Dグルカンで免疫力強化

ベータ1.3Dグルカンは、免疫細胞を直接刺激して活性を飛躍的に高めることができる。ガンやウィルス性肝炎や糖尿病などの難治性疾患を克服する方法として注目を集めている。

ベータ1.3Dグルカン
ベータ1.3Dグルカンは、パンの酵母から抽出した多糖体である。ベータ1.3Dグルカンが免疫強化に効果を発揮するためには、含有量と高純度と超微粒子であることが重要である。パンにもベータ1.3Dグルカンは含まれているが、きわめて微量のため免疫力を強化するまでには至らない。アガリクスやメシマコブなどのキノコ類にもベータ1.3Dグルカンと同様な働きを持つベータ1.6Dグルカンが含まれているが、やはり免疫力を強化するには含有量が足りない。純度は、食物繊維等を除いた炭水化物総量に占める割合が85%以上とされている。粒子の大きさは、小腸壁を通して吸収されるさめには5ミクロン以下が目安とされている。

免疫力強化
免疫細胞の中で重要な役割を持っているのは、免疫部隊の司令塔であるマクロファージである。体の中を24時間パトロールし、異物を捕食していく。ベータ1.3Dグルカンは、マクロファージを直接刺激し、ウイルスや細菌などの病原体に対抗する白血球を増やしたり、外敵を殺すための免疫応答物質(サイトカイン)を産生し、免疫力を強化する。

抗ガン剤の効果を高める
マウスによる実験で、抗ガン剤のモノクロナール抗体とベータ1.3Dグルカンを投与したところ、モノクロナール抗体のみ、またはベータ1.3Dグルカンのみの場合よりもガンに対する効果があることが明らかになった。また、抗ガン剤の副作用を軽減することも確認されている。ベータ1.3Dグルカンは、ガン細胞のアポトーシス(細胞が自殺すること)を促進することも確認されている。
大腸ガンが肝臓にも転移し医師からも見放された人が、ベータ1.3Dグルカンを飲み続けたところ、三ヵ月後には肝臓ガンが消え、さらに二ヵ月後には大腸ガンも消えたという人がいる。

糖尿病の改善に有効
細胞に糖を取り込む働きをするインスリンの働きを阻害する過酸化脂質などの有害物質をマクロファージが捕食してくれる。ベータ1.3Dグルカンは、マクロファージを活性化するので、インスリンの働きも回復する。
ベータ1.3Dグルカンを飲み続けたところ、わずか20日で300あった血糖値が半分以下になった人がいる。

ウィルス性肝炎に有効
マウスによる実験で、ベータ1.3Dグルカンを投与すると、肝臓壊死を防ぎ、免疫細胞の捕食活動を活性化し、生存率を高める効果があることが確認されている。
慢性肝炎と診断された人が、ベータ1.3Dグルカンを飲み続けたところ、一ヵ月後にはGOT,GPTが基準値以下に下がり、その後もそのまま安定し、半年後に医師から肝炎が完治したと診断されている。

ベータ1.3Dグルカンはこちら
Click Here!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強力な抗酸化力で体を守るアスタキサンチン

魚のサケなどに多く含まれるアスタキサンチンは強力な抗酸化力があり、あらゆる病気の源である活性酸素を除去し体を守ってくれる。

アスタキサンチン
アスタキサンチンは、もともと「ヘマトコッカス」という海中の微細な藻に含まれている。それを食べたプランクトンや甲殻類や魚類などをサケが食べて、体内にアスタキサンチンが蓄えられる。アスタキサンチンは赤い色をしているため、サケの身は紅色になっている。アスタキサンチンの抗酸化力は非常に強力で、ビタミンEの500~1000倍、β-カロテンの40倍である。1日に最低2~3mg、できれば4~6mg摂るのが望ましい。

アスタキサンチンを多く含む食材(100g当り)
サケ   1.7~2.6mg
イクラ  0.8~1.0mg
甘エビ  0.8~1.0mg
カニコ  2.0~3.0mg

アスタキサンチンで脳梗塞や心筋梗塞を予防
動脈硬化は、悪玉コレステロール(LDL)が活性酸素によって酸化されることにより促進される。動脈硬化により血管が詰まりやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞になる。アスタキサンチンの強力な抗酸化力でLDLの酸化を防ぎ、動脈硬化を防ぐことができる。

アスタキサンチンでガンを予防
アスタキサンチンは、ガンの発生や転移を抑える効果があることが、多くの動物実験で明らかにされている。ガン細胞の発生には、活性酸素が深くかかわっている。その活性酸素を除去することによりガンの発生や転移を抑えることができる。

脳まで届くアスタキサンチン
脳には、有害な物質を入れないための「血液脳関門」という防御システムがある。抗酸化物質のうち血液脳関門を通ることができるのは、アスタキサンチンだけである。脳の酸化を防ぎ、痴呆などを予防・改善する物質として注目されている。

視力を回復するアスタキサンチン
目の網膜にも「血液網膜関門」という防御システムがあるが、アスタキサンチンは通り抜けることができる。アスタキサンチンは、眼精疲労や白内障を抑制する効果がある。
紫外線などが作る活性酸素や老化の影響で目の網膜の機能が衰えると、明るさや暗さに順応しにくくなる。そのため、夕方になると目がショボショボしたり、視界がかすんだりしてくる。アスタキサンチンは、目の網膜にも届くため、網膜の活性酸素を除去し視力を回復する効果がある。
アスタキサンチンは、視力を調節する毛様体筋にも作用し、目の調節力を改善する効果もある。

糖尿病に効果のあるアスタキサンチン
糖尿病は、膵臓から出るインスリン(細胞に糖を取り込むホルモン)の量や作用が不足する病気である。活性酸素は、膵臓にダメージを与えインスリンの出方や効き方を悪くする。アスタキサンチンは、強力な抗酸化力により膵臓のダメージを抑え、糖尿病の発症・悪化を防いでくれる。
糖尿病が進行すると「糖尿病性腎症」を併発する。腎臓の機能が衰え、ひどくなると、人工的に血液をろ過する「透析療法」を定期的に受けなければならなくなる。アスタキサンチンは、糖尿病性腎症にも効果があることが確認されている。

日焼けやシミに効果があるアスタキサンチン
アスタキサンチンは、紫外線がつくる活性酸素を除去し、メラニン色素の生成を抑制してくれる。メラニン色素の生成を抑えてくれるので、シミを消す効果もあり、美肌作りに効果がある。

アスタキサンチンはこちら
Click Here!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

急増中の大腸ガン、便秘の人要注意

日本で急速に増えているガンが大腸ガンである。便秘の人は特に大腸ガンになりやすいので要注意である。

大腸ガン
大腸ガンによる死亡者数は、男性では肺ガン、胃ガン、肝臓ガンに次いで四位、女性では胃ガンに次いで二位である。近い将来、胃ガンを抜いて一位になるのではないかと予測されている。大腸ガンが急増している要因としては、食生活の欧米化である。動物性脂肪の摂取が増え、食物繊維の摂取が減ったことが大腸ガンの増加につながっている。それ以外に、アルコール、喫煙、肥満や運動不足、食品添加物なども影響している。
動物性脂肪を多くとると、脂肪の消化吸収のために胆嚢から多量の胆汁酸が分泌される。この胆汁酸が腸内で腐敗し、発ガン物質になると考えられている。日本人は、欧米人に比べて腸が長いので、発ガン物質が腸に留まる時間が長くなり、大腸ガンになる可能性が高くなる。便秘の人は特に危険である。

生きた酵母飲料で便秘解消
死んだ酵母(ビール酵母食品など)にもグルタチオンなどの抗酸化物質が含まれており、ある程度効果はあるが、生きた酵母飲料は免疫能力を高めるという点で非常に優れている。生きた酵母飲料を飲むことにより腸内環境を整え、便秘の解消だけでなく様々な改善効果が期待できる。たとえば、大腸ガン、胃ガン、アレルギー、膠原病、糖尿病、痛風、高脂血症などが改善される。
1.体内細菌のバランス改善
腸内の善玉菌を増やし腸内腐敗の改善と整腸作用による便秘の解消と大腸ガンの予防、ピロリ菌の感染予防や除菌による胃ガンの予防など。
2.免疫異常の改善
感染症やガンなどの免疫不全の改善、アレルギーの改善、膠原病などの自己免疫疾患の予防や改善など。
3.血液の状態を整える効果
貧血・多血症の改善、血糖値・尿酸値・コレステロール値の正常化、発ガン物質の元となる血中アンモニアの低下など。

生きた天然酵母飲料はこちら
Click Here!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

納豆で若返り

納豆には、若返り成分ポリアミンや血栓を溶かすナットウキナーゼや骨を強くするビタミンK2などが含まれており、血管や骨を若々しくしてくれる。

全世界死因ワースト3(60歳以上)
1.心筋梗塞
2.脳梗塞
3.慢性閉塞性肺疾患
全世界の50%の人が血管の病気で亡くなっている。
血管の若さを保つことができれば、私たちはもっと長生きすることができる。

若返り成分ポリアミン
納豆に含まれる若返り成分「ポリアミン」は、すべての生き物が持っているもので、新しい細胞を作るときに必要な物質であり、成長期には特に必要なものである。体内には老化因子があり、老化因子が血管を傷つけると動脈硬化を引き起こす。ポリアミンは、老化因子を抑え血管の若さを保つ。ポリアミンは、体内でも作られるが、年齢が高くなると減っていく。

体内のポリアミンを増やす方法
1.ポリアミンが多く含まれる食品を継続して食べる
 納豆のポリアミンの含有量は、他の食品に比べて非常に多い。
2.腸内の善玉菌を増やしてポリアミンを作ってもらう
 乳酸菌やビフィズス菌は、胃酸に弱いため腸まで届きにくい。納豆菌は、非常に胃酸に強いため100%腸まで届く。納豆菌は、腸の中の悪玉菌をやっつけてくれる。その結果、善玉菌が増えて、善玉菌がどんどんポリアミンを作ってくれる。

血栓を溶かすナットウキナーゼ
納豆菌が作る「ナットウキナーゼ」は、血栓を溶かす働きがある。血液をサラサラにし、血液の流れを良くしてくれる。血栓を溶かす働きがある天然の物質は、ナットウキナーゼだけである。

骨を強くするビタミンK2
カルシウムを骨に結合させるために納豆に含まれるビタミンK2が必要である。骨は、約3ヶ月で新陳代謝し、古い骨が新しい骨に入れ替わる。年を取ると新しい骨作りが間に合わず、骨がスカスカになっていく。ビタミンK2は、新しい骨作りを促進し、骨が強くなる。ビタミンK2は、味噌やチーズなどの発酵食品にも含まれているが、納豆に比べると非常に少ない。

(2004年8月5日 スパスパ人間学)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アレルギー性鼻炎に威力を発揮するぬか漬け

現代人は清潔になりすぎてヘルパーT細胞のバランスがくずれている。ぬか漬けの中の無害な細菌がヘルパーT細胞のバランスを改善し、アレルギーも改善する。

アレルギー性鼻炎
アレルギー性鼻炎は、免疫をつかさどるリンパ球が花粉、ハウスダストなどの異物を排除しようとして異常に反応するため発症する。免疫の司令塔の役割を果たしているのがヘルパーT細胞である。ヘルパーT細胞にはTh1とTh2という二種類の細胞がある。これらは互いに勢力争いをしている。アレルギーは、Th1の働きが低下し、Th2の働きが強すぎるときに引き起こされる。

ヘルパーT細胞のバランスの乱れ
ヘルパーT細胞のTh1はウィルスや細菌、Th2はそのほかの物質の処理を担当している。衛生状態の悪かった時代には、体内に頻繁に細菌が侵入し、Th1も活発に働いていた。現代人は清潔になりすぎて、細菌に触れる機会が激減し、Th1は休眠状態となっている。そのためTh2の勢力が増し、アレルギーが発症する。

ヘルパーT細胞のバランス改善
ヘルパーT細胞のバランスを改善する最も手軽な方法は、ぬか漬けである。ぬか床には、乳酸菌など多くの細菌が住み着きバランスを取っている。ぬか漬けを食べることにより、Th1細胞が活性化し、Th1とTh2のバランスが改善される。ヘルパーT細胞のバランスが改善されることにより、アレルギーも改善する。
ぬか漬け(タクアンなど)を毎日4~5切れずつ食べるようにするとよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実稼動中のフリーエネルギー発電機M-Lコンバータ

スイスのリンデンで開発されたM-Lコンバータは実際に稼動しており、入力エネルギーなしに3~4kWの出力が得られている。

ウィムズハースト発電機
1933年イギリスのウィムズ・ハーストは静電誘導を利用した高電圧発電機を発明した。これは、誘電体と金属を組み合わせた二枚の円盤を向かい合わせて互いに逆方向に回転することにより高電圧を発生させる装置である。

M-Lコンバータ
スイスのリンデンというところにメタニアという宗教団体の自治共同体があり200人くらいが集団生活している。ポール・バウマンらは、ウィムズハースト発電機と特殊なソリッドステート部を組み合わせてM-Lコンバータを開発した。このソリッドステート部が重要な部分であり、永久磁石にコイル巻いた共振回路とライデン瓶を組み合わせたものである。出力の一部がフィードバックされ、入力エネルギーなしで、220V 13Aの出力が得られている。

(「フリーエネルギーの挑戦」横山信雄/加藤整弘監修 たま出版)

フリーエネルギーの挑戦
理論と技術の全面公開

著者:
出版社:たま出版
本体価格:1,359円

(「ここまで来た!宇宙エネルギー最前線」深野一幸著、成星出版)

ここまで来た!宇宙エネルギー最前線
著者:深野一幸
出版社:成星出版
本体価格:1,500円

MLconpic.JPG

MLconblk.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »