« 実稼動中のフリーエネルギー発電機M-Lコンバータ | トップページ | 納豆で若返り »

アレルギー性鼻炎に威力を発揮するぬか漬け

現代人は清潔になりすぎてヘルパーT細胞のバランスがくずれている。ぬか漬けの中の無害な細菌がヘルパーT細胞のバランスを改善し、アレルギーも改善する。

アレルギー性鼻炎
アレルギー性鼻炎は、免疫をつかさどるリンパ球が花粉、ハウスダストなどの異物を排除しようとして異常に反応するため発症する。免疫の司令塔の役割を果たしているのがヘルパーT細胞である。ヘルパーT細胞にはTh1とTh2という二種類の細胞がある。これらは互いに勢力争いをしている。アレルギーは、Th1の働きが低下し、Th2の働きが強すぎるときに引き起こされる。

ヘルパーT細胞のバランスの乱れ
ヘルパーT細胞のTh1はウィルスや細菌、Th2はそのほかの物質の処理を担当している。衛生状態の悪かった時代には、体内に頻繁に細菌が侵入し、Th1も活発に働いていた。現代人は清潔になりすぎて、細菌に触れる機会が激減し、Th1は休眠状態となっている。そのためTh2の勢力が増し、アレルギーが発症する。

ヘルパーT細胞のバランス改善
ヘルパーT細胞のバランスを改善する最も手軽な方法は、ぬか漬けである。ぬか床には、乳酸菌など多くの細菌が住み着きバランスを取っている。ぬか漬けを食べることにより、Th1細胞が活性化し、Th1とTh2のバランスが改善される。ヘルパーT細胞のバランスが改善されることにより、アレルギーも改善する。
ぬか漬け(タクアンなど)を毎日4~5切れずつ食べるようにするとよい。

|

« 実稼動中のフリーエネルギー発電機M-Lコンバータ | トップページ | 納豆で若返り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/1115739

この記事へのトラックバック一覧です: アレルギー性鼻炎に威力を発揮するぬか漬け:

« 実稼動中のフリーエネルギー発電機M-Lコンバータ | トップページ | 納豆で若返り »