« マイタケで黒髪復活 | トップページ | 成長ホルモンが数十倍に激増するマカ »

老化の最大の原因は成長ホルモン不足だった

成長ホルモンの分泌は、20代後半から急激に減少する。60歳以上の人に成長ホルモンを与え続けたところ、肌や筋肉の若返りや発毛や記憶力向上などの効果が現れたという。

急激に減る成長ホルモン
成長ホルモンは、成長期を過ぎると減りだし、20代後半から急激に減少し、40代では20代の半分以下、80代では20分の1にまで減少する。成長ホルモンは、脳の下部にある内分泌腺と脳下垂体から分泌され、骨や筋肉に働きかけて体の成長を調整している。内分泌腺は、60gほどしかない極めて小さな器官であり、分泌されるホルモンもごく少量である。ごく少量でありながら、体のさまざまな器官の働きを調整するという重要な役割を担っている。

成長ホルモンで若返り
61~80歳までの男性12人に成長ホルモンを6ヶ月間与え続けたところ、次のような驚くべき効果が現れた。
1.体脂肪が14%減り、筋肉量が8%増えた。
2.性的能力が向上した。
3.心臓、肝臓、脾臓、腎臓などの臓器が再び成長し始めた。
4.心臓が1回の収縮で送り出す血液量が増えた。
5.骨量が増えて、骨の強度が高まった。
6.肌が若返り、きめ細かくなり、シワが減った。
7.髪が生えた。
8.意欲が高まり、疲労感やうつ症状がなくなった。
9.記憶力がアップした。

成長ホルモンを増やす方法
1.筋力トレーニング
 筋力トレーニングを行うと、筋肉中に乳酸や一酸化窒素などの疲労物質が増えて脳を刺激し、脳下垂体からの成長ホルモンの分泌が強く促される。実験的に、乳酸などが筋肉から排出されにくいように特殊なベルトを巻いて5分間軽い運動を行ったところ、平常時の100倍の成長ホルモンが分泌されたという。これは、16歳時の分泌量に匹敵する。途中で休憩を入れると成長ホルモンはあまり分泌されない。ポイントとしては、最大筋力の半分程度の負荷で、ゆっくりとした動作で、続けて5分程度行うことである。これを手軽に行う方法としては、15秒スクワットが良い。
(1)両足を肩幅に開いて立つ。
(2)背筋を伸ばしたまま、5秒間かけて太ももと床が平行になるまでヒザを曲げていく。
(3)10秒間かけてゆっくり立ち上がる。
これを20回程度行う。

2.アルギニンを寝る前に摂る
 成長ホルモンの原料となるアミノ酸は、アルギニン、グリシン、リジン、トリプトファン、チロシン、グルタミンの6種類である。その中でも、成長ホルモンの分泌を強力に促すのは、アルギニンである。アルギニンは、成長ホルモンを抑制するホルモンであるソマトスタチンの働きを強力に抑え込むので、成長ホルモンの分泌を促進することができる。アルギニンを多く含む食材としては、大豆やナッツ類、鶏肉や牛肉やエビなどがある。その中でも、特に大豆を発酵させた納豆が良い。納豆には、成長ホルモンに必要なアミノ酸がすべて含まれており、しかも、納豆菌により、たんぱく質の大部分がアミノ酸や大豆ペプチドに分解されているので、吸収率が非常に良い。成長ホルモンは、就寝1時間後に最も多く分泌されるので、寝る1~2時間前に摂るのが良い。
(納豆が苦手な方は、「大豆ペプチドの作り方」で紹介した方法で摂ると良い)

|

« マイタケで黒髪復活 | トップページ | 成長ホルモンが数十倍に激増するマカ »

コメント

「オゾン発生器買わない方が」国民生活センター
 国民生活センターは27日、室内の除菌・脱臭効果をうたった家庭用オゾン発生器の中に、人体に影響を及ぼす高濃度のオゾンを排出するものがあると発表した。

 オゾンは特有のにおい、強い酸化力を持つ気体。水や空気の浄化、有機物の除去など工業分野で利用される一方、空気中の濃度が0・1ppm程度で鼻やのどに刺激を感じ、5~10ppmで呼吸困難を起こす可能性があるとされる。日本産業衛生学会は労働者の作業環境基準を0・1ppmとしている。

 国民生活センターは今年5~8月、酸素を取り込んで吹き出し口からオゾンを排出する家庭用の発生器7銘柄を通信販売で購入。

 試験室で30分間運転したところ、3銘柄で、10分以内に室内のオゾン濃度が0・05ppmを超え、運転停止後には0・31~1・01ppmになった。排出口から10センチの場所では、2・2~10・2ppmに達した。

 全国の消費生活センターには2004年度から5年間で、「気分が悪くなった」などオゾン発生器の安全性に関する相談が計67件寄せられた。

 国民生活センター商品テスト部は「使用方法によっては、身体へ影響を与える。安全対策が施されていない現状では、購入しない方がよい」としている。

(2009年8月27日19時48分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090827-OYT1T00865.htm

家庭用オゾン発生器、一部製品で危険レベルの高濃度
2009年8月28日

 国民生活センターは8月27日、家庭用オゾン発生器の一部が、人体に影響を及ぼす高濃度のオゾンを排出することを確認したと発表した。7銘柄を対象に測定したところ、排出口付近のオゾン濃度が呼吸困難を引き起こすレベル(5.0―10.0ppm)に達するものがあった。

 4銘柄では、30分の使用で室内のオゾン濃度が、作業環境基準(日本産業衛生学会)と室内環境基準(日本空気清浄協会)の許容濃度である0.1ppmに達し、最大で1.0ppmを超えた。これら製品の排出口付近のオゾン濃度は2.2―10.2ppmだった。

 このほかに、240分以上の使用で室内のオゾン濃度が1.0ppm以上に上昇するものが1銘柄あった。この製品にはタイマー機能が搭載されていない。

 表示については、オゾンに関する注意事項をほとんど示していない製品や、鼻詰りに効果があるとして、直接高濃度のオゾンを吸い込む危険性のある使用方法を記載しているものがあった。

 オゾンは酸化力が強いため、高濃度のオゾンは身体への影響が大きい。しかし家庭用オゾン発生器のオゾン排出に関する規制や基準は現在設けられていない。同センターは、専門知識のない消費者が安全に使用することは難しく、購入は避けた方がよいと注意を呼びかけている。

 同センターのPIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)には、2004年度よりオゾン発生器に関する相談が410件寄せられていた。このうち67件は、安全性に関するものだった。

■関連情報
・国民生活センター
03-3443-6264
http://www.kokusen.go.jp/
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20090828/177207/


家庭用オゾン発生器でオゾンが高濃度となり、体調が悪化したなどの事例が相次ぐ

脱臭や除菌などに使われる家庭用オゾン発生器を使用した際、オゾンが高濃度となり、体調が悪化したなどの事例が相次いでいることがわかった。
国民生活センターは「(オゾンの)においが強くなってきたら、危険だと思っていただいた方がいい」と話した。
国民生活センターによると、家庭用オゾン発生器を室内で使用し、のどが痛くなったり、せき込んだりしたなどの安全性に関する相談が、5年間で67件寄せられたという。
オゾン発生器の一部の機種では、オゾン濃度が短時間で許容濃度を超え、人体に悪影響を及ぼす可能性があるという。
国民生活センターは、メーカー側などに安全な商品の開発を要望するとともに、消費者に対し、使用の際は換気するなど安全対策を行うよう呼びかけている。
(08/28 08:40
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00161823.html


高濃度オゾン、家庭用発生器から 呼吸困難起こすレベル2009年8月27日17時50分

 家庭用のオゾン発生器のうち、人体に影響を及ぼすほどの高濃度オゾンが排出される製品が確認されたと国民生活センターが27日発表した。同センターが計測した濃度の最高値は、日本産業衛生学会が定めた労働者向けの許容濃度の約100倍で、呼吸困難や昏睡(こんすい)を引き起こすレベルだった。

 オゾンには強力な殺菌力や脱臭作用があるが、濃度や量によっては人体に悪影響がある。同センターは消費者の相談などをもとに7製品を選び、室内で30分間運転させるテストをした。

 結果によると、最も高濃度となった製品では室内の濃度が許容基準の約10倍になった。停止後、基準値に戻るまでに約3時間かかった。また、排出口付近では最高で基準の約100倍を超える濃度を計測した。室内と排出口の濃度でともに基準をクリアしたのは1製品だった。

 国内では家庭用には濃度の規制や安全性の基準はない。鼻づまりに効果があるとして直接ホースでオゾンを吸い込むよう使用法が記された製品もある。

 全国の消費生活センターには、オゾン発生器に関する相談が過去5年間に計410件寄せられており、センターは「専門知識のない消費者が安全に使用することは難しく、購入は避けた方がいい」と注意を呼びかけている。
http://www.asahi.com/national/update/0827/TKY200908270246.html


家庭用オゾン発生器安全性テスト結果公開。国民生活センター2009年08月31日
2009年8月27日 「商品テスト結果 家庭用オゾン発生器の安全性」公開

国民生活センターは、「家庭用オゾン発生器の安全性」に関する商品テスト結果を発表した。

「家庭用オゾン発生器の安全性」の商品テストでは、2004年からの5年間で、オゾン発生器の安全性に関する相談が410件寄せられたことを受けて、一部ペットショップでも販売されている商品を含め、家庭用オゾン発生器7銘柄の安全性についてテスト。使用時に周囲のオゾンが高濃度にならないかや、使用上の注意、オゾン発生量の表示が適切であるかなどについて調査した。

調査の結果、空気中と水中の両方で使用することができる4銘柄は、排出口付近で高濃度のオゾンを検出。30分間以上の連続使用によって、室内環境基準や労働環境における許容濃度を越え、基準値を下回るまで5分から3時間を要した。

また空気中でのみ使用できる3銘柄については、商品によって室内のオゾン濃度に大きな差があることが判明。高濃度になる商品がある一方、オゾン濃度にほとんど変化が見られない商品もあった。

そして水中での使用の場合、水が少量であると、水中に通したオゾンが水に溶けることなく空気中に放散され、室内のオゾン濃度が上昇。特に浴室内で使用すると、短時間でオゾン濃度が上がった。

表示に関しては、オゾンに関する注意書きがほとんどない商品や、高濃度のオゾンを吸い込む危険な使用法に関する表記がある商品も判明。オゾンの発生に関する表示は、発生量や濃度が記載され、単位が統一されていなかった。
http://news01.net/news/2009/08/20090831115356.php


家庭用オゾン発生器の安全性
 オゾンは強力な酸化力を持ち、殺菌、脱臭等の作用があるため、業務用では、浄水場をはじめ、幅広い分野で利用されているが、最近では「室内等の除菌、脱臭」「生成したオゾン水による食品の添加物や農薬の除去」等、様々な効果をうたった家庭用オゾン発生器も販売されている。

 PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)には、2004年度からの約5年間に、オゾン発生器に関する相談が410件寄せられている。このうち、「利用したら気分が悪くなった」「オゾンガスが体によくないとの情報があり不安」など、安全性に関するものが67件みられた。

 オゾンは酸化力が強いため、高濃度のオゾンに曝露されると身体への影響も大きいが、家庭用のオゾン発生器から排出されるオゾンに関する規制や基準はなく、高濃度のオゾンが大量に発生している場合には、身体への悪影響も懸念される。
[2009年8月27日:公表]
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20090827_1.html

投稿: マイタケで黒髪復活 | 2009/09/01 07:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/1639093

この記事へのトラックバック一覧です: 老化の最大の原因は成長ホルモン不足だった:

« マイタケで黒髪復活 | トップページ | 成長ホルモンが数十倍に激増するマカ »