« 成長ホルモンが数十倍に激増するマカ | トップページ | 有害金属が体脂肪を燃え難くしていた »

クエン酸で疲労回復、骨粗しょう症予防、高血圧予防

レモンや酢に含まれるクエン酸は、筋肉疲労に効果がある。また、骨粗しょう症予防や高血圧予防にも効果がある。

クエン酸で疲労回復
炭水化物は糖に分解された後、さらにアセチルCoAという物質に変化する。運動すると糖はアセチルCoAだけでなく乳酸にも変化する。アセチルCoAは、ある物質と結合してクエン酸に変化する。クエン酸は、エネルギーを放出しながら分解していく。エネルギーを出し終わったクエン酸の残骸は、再びアセチルCoAと結合してクエン酸に戻る。これをクエン酸サイクルという。
運動を続けるとアセチルCoAが足りなくなって、クエン酸サイクルが途切れてしまう。これが、エネルギーが出せなくなって疲労した状態である。クエン酸を摂ることにより、クエン酸サイクルが復活してエネルギーを出せるようになる。

乳酸は疲労物質ではなかった
疲労すると筋肉に乳酸が溜まるので乳酸は疲労物質と考えられていたが、最近の研究により疲労物質ではないことが判明した。運動を続けて30分まではどんどん筋肉に乳酸が蓄積していくが、さらに運動を続けると乳酸の量は減っていき、2時間後には運動前の状態まで減少する。乳酸が疲労物質であれば増え続けるはずであるが、そうではない。運動を続けると乳酸はアセチルCoAに変化し、クエン酸の残骸と結合してクエン酸になる。つまり、乳酸は疲労物質ではなく、エネルギーの元になっていたのである。

クエン酸で骨粗しょう症予防
カルシウムは体内に吸収されにくい物質である。クエン酸は、カルシウムと結合しやすいため、カルシウムとクエン酸を一緒に摂ると、カルシウムの吸収率が高くなり、骨粗しょう症予防に効果がある。

クエン酸で高血圧予防
塩味と酸味の味覚は近いところにあるので、料理にレモン汁などのクエン酸を加えることにより、塩分を減らすことができる。それにより、高血圧を予防することができる。

(2004年10月13日 ためしてガッテン)

|

« 成長ホルモンが数十倍に激増するマカ | トップページ | 有害金属が体脂肪を燃え難くしていた »

コメント

薬局で販売しているクエン酸ですが、市販カルシウム剤と同時に摂取する場合それぞれどの程度摂取すれば
高血圧予防や骨粗鬆症予防にいいのでしょうか?
年齢は60代後半の男性の場合です
どうかお教えください。

投稿: Po | 2011/06/24 04:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/1674745

この記事へのトラックバック一覧です: クエン酸で疲労回復、骨粗しょう症予防、高血圧予防:

« 成長ホルモンが数十倍に激増するマカ | トップページ | 有害金属が体脂肪を燃え難くしていた »