« クエン酸で疲労回復、骨粗しょう症予防、高血圧予防 | トップページ | ウコンで美肌効果とダイエット »

有害金属が体脂肪を燃え難くしていた

体脂肪に有害金属が溜まっていると体脂肪が燃えにくくなり、痩せにくい体質になる。有害金属を排出して体脂肪を燃えやすくしよう。

脂肪に有害金属が含まれると燃えにくい
有害金属とは、水銀、鉛、砒素、カドミウム、ベリリウムなどである。一方、必須ミネラルは、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、クロム、モリブデン、マンガン、鉄、銅、亜鉛、リン、セレニウムなどである。ラードにマグネシウムを加えたものと水銀を加えたものを熱すると、マグネシウムを加えたラードのほうが早く燃え、水銀を加えたほうは燃えにくい。

痩せている人はミネラルバランスがよい
有害金属は、食べ物の中に必ず含まれているので、まったく摂らないというのは不可能である。したがって、いかに効率よく、有害金属を排出するかということが大切である。痩せている人は、有害金属が少なく、ミネラルバランスもよい。

効果的に有害金属を排出するには
1.汗をかく
 汗には、汗腺から出る汗と、皮脂腺から出る汗がある。有害金属を排出するには、皮脂腺から出る汗をかくことが必要である。有害金属は、水に溶けにくく油に溶けやすい性質があるため、皮脂と一緒に排出される。辛いものを食べて出る汗は、主に汗腺から出る汗なので、有害金属の排出効果は低い。運動をして汗をかくことが有害金属を効果的に排出することになる。さらに効果が高いのが、遠赤外線サウナである。遠赤外線は、体の奥から温めるため、皮脂腺が刺激されて有害金属が効果的に排出される。
2.プチ断食を行う
 体脂肪は、飢餓を乗り越えるため人間が本能的に体に溜め込むものである。したがって、断食によって飢餓状態を作ることにより、すぐに脂肪分解が始まる。そのときに有害金属が血液中に放出される。しかし、有害金属は、脂肪とくっついてなかなか離れず、すぐに別の体脂肪に紛れ込んでしまう。そこで、断食でポイントになる栄養素が、ビタミン・ミネラル、食物繊維である。ミネラルは、有害金属から脂肪を引き剥がし、有害金属と合体する。食物繊維は、合体した金属を包み込み、尿や便と一緒に体外へ排出する。

プチ断食のやり方
三日間、食事の代わりに、ビタミン・ミネラル、食物繊維の豊富な特製ジュースを朝、昼、晩に飲む。

特製ジュースの作り方
ニンジン 1/4(50g)     (非水溶性の食物繊維が豊富)
リンゴ  1/4(50g)     (水溶性の食物繊維が豊富)
にがり  小さじ半分(2.5cc) (マグネシウムを中心にミネラルが豊富)
水    100cc
レモン  少々

(2004年5月13日 スパスパ人間学!)

|

« クエン酸で疲労回復、骨粗しょう症予防、高血圧予防 | トップページ | ウコンで美肌効果とダイエット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/1699603

この記事へのトラックバック一覧です: 有害金属が体脂肪を燃え難くしていた:

« クエン酸で疲労回復、骨粗しょう症予防、高血圧予防 | トップページ | ウコンで美肌効果とダイエット »