« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

レジスタントプロテインの驚異の効果

そばは、冷え性改善、記憶力アップ、スタミナアップ、コレステロール低下、肥満抑制などの効果がある。特に、そばに含まれるレジスタントプロテインは、大豆タンパク質より優れたダイエット効果がある。

そばの効果
1.冷え性改善
そばに含まれるルチンは、血管を強くし血流を非常によくするという効果があり、冷え性を改善する。
2.記憶力アップ
そばに含まれるそばポリフェノールには、ボケ防止、記憶力アップの効果がある。
3.スタミナアップ
そばは、他の穀物に比べて必須アミノ酸のバランスが非常に良い。これは、疲労回復や持久力向上に非常に良い。
4.コレステロール低下・肥満抑制
そばに含まれるレジスタントプロテインというタンパク質は、コレステロール低下作用、肥満抑制作用のいずれもが大豆タンパク質より優れている。

レジスタントプロテインとは
レジスタントプロテインは、消化されにくいタンパク質である。そばのタンパク質は消化の悪さが欠点とされてきたが、この消化の悪さがコレステロールの低下や健康に良いということが分かってきた。レジスタントプロテインは、腸の中をゆっくりと移動し、余分なコレステロールを吸着し、そのまま体外へ排出する。また、そばのレジスタントプロテインは、体内での脂肪合成を抑え、体脂肪を低下させる。

レジスタントプロテインの多いそば
そば粉の中心部分を抽出したものを1番粉、一番外側から抽出したものを3番粉、その間から抽出したものを2番粉という。100g中のレジスタントプロテインの量は、1番粉が2.0g、2番粉が3.4g、3番粉が5.0gと、3番粉に一番多く含まれている。

そばの見分け方
1.色が濃い
 色が濃いそばは、レジスタントプロテインが多い3番粉が入っいる。
2.歯切れが良い
 そば粉の多いそばは、歯切れが良い。一方、モチモチしているのは小麦粉が多いそばである。
3.成分表示でそば粉が先に書かれている
 成分表示は、成分の多い順番に書かれている。小麦粉よりそば粉が先に書かれていると、そば粉のほうが多いそばである。

レジスタントプロテインをパワーアップ
レジスタントプロテインの機能を高める栄養素は、食物繊維である。そばのタンパク質に食物繊維が加わることによって、レジスタントプロテインの効果をより高めることができる。そば粉に比べてそば殻には、食物繊維が6倍、ポリフェノールが7倍、ルチンが3倍多く含まれている。したがって、究極のそばは、そば殻入りのそばである。

         そば粉   そば殻
食物繊維     7.2%    43.5%
ポリフェノール  410mg   2900mg
ルチン       13mg    37mg

そば湯
そばをゆでたそば湯には、そばの栄養分が豊富に含まれている。ゆでた時の栄養の流出率は、タンパク質が30%、ルチンが10%、ビタミンB群が70%である。そば湯は、優れた栄養ドリンクである。ただし、家庭でそばをゆでたゆで汁には、それほど栄養は含まれていない。そば湯を家庭で簡単に作るには、そば粉大さじ2杯を水400mlによく溶かし、火にかけて温めるだけでよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アホエンの驚異のパワー

にんにくに含まれるアリシンは、疲労回復、風邪予防、美肌、殺菌作用、抗ウィルス作用、血圧低下、冷え性改善などすぐれた効果がある。そのアリシンが変化したアホエンは、コレステロール低下、ボケ予防、血液サラサラ、疲労・ストレス回復、ガン予防、記憶力アップ、免疫力強化など、さらに強力なパワーがある。ただし、通常のにんにくの食べ方では、アホエンはほとんど摂ることができない。

アホエンの効果
1.記憶力アップ
 アホエンは、脳を若返らせ記憶力がアップする。
2.血液・血管をきれいにする
 アホエンは、コレステロールや尿酸を減らして、血液をきれいにする。痛風の原因となる尿酸が減るので、痛風の予防にもなる。また、動脈硬化を引き起こす活性酸素を減らして、動脈硬化を防いでくれる。
3.ガン予防
 アホエンは、ガンの発生を抑える働きがある。
そのほかに、現在研究中の効果として、血栓防止、肝臓保護作用、強心作用、脳卒中予防、抗炎症作用、抗菌作用、HIV感染予防、ぜんそく予防などの効果があるといわれている。

アホエンとは
1.生のにんにくには含まれていない
 にんにくに含まれるアリシンを加熱するとアホエンに変化する。
2.無臭
 アホエンは無臭である。
3.熱に弱い
 アホエンは、100度以上で壊れる。
4.脂溶性
 アホエンは脂溶性なので、油と一緒に調理するとよい。ただし、市販のガーリックオイルは高温で処理されているので、アホエンはほとんど含まれていない。

アホエンオイルの作り方
1.にんにく2片を細かく刻む。
2.植物油(オリーブオイル、コメ油など)100ccを耐熱グラスに入れて水を張ったなべで湯煎する。
3.油が温まったら刻んだにんにくを入れて火を止める。
4.さめるまで待つ。余熱でアホエンに変化する。
5.残ったにんにくをこす。

アホエンオイルの使い方
1.1日に小さじ1杯程度を摂る。
2.料理の仕上げにかける。100度以上で壊れるので、調理中に入れない。
3.保存は冷暗所で1ヶ月。

参考記事
アホエンより強力なS-アリルシステイン

お勧め商品

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ビタミンACEで美肌と健康回復

ビタミンA,C,Eを所要量の3倍以上を一緒に摂ると優れた抗酸化力を発揮して肌が若返り、様々な病気を予防する効果がある。

ビタミンA
皮膚や粘膜の潤いを保つ働きをする。レバー、アンキモ、味付けノリに多く含まれる。人参やほうれん草などの緑黄色野菜に含まれるβカロテンも体の中でビタミンAに変化する。1日の所要量は、成人女性で0.54mg(人参約1/2個)。
βカロテンの量(100g中)
モロヘイヤ   10mg
人参      9.1mg
パセリ     7.4mg
春菊      4.5mg
ほうれん草   4.1mg

ビタミンC
肌のはりを保つコラーゲンを作る働きをする。レモン、イチゴ、ゴーヤ、ブロッコリーなどに多く含まれる。1日の所要量は、100mg(ブロッコリー約1/3個)。
ビタミンCの量(100g中)
アセロラ   1700mg
赤ピーマン   170mg
ブロッコリー  120mg
レモン     100mg
柿       70mg

ビタミンE
血管を広げて肌の新陳代謝を高める働きをする。大豆、ピーナッツ、パセリ、かぼちゃなどに多く含まれる。1日の所要量は、8mg(かぼちゃ約1/5個)。
ビタミンEの量(100g中)
小麦胚芽   32.6mg
落花生    10.8mg
大豆      7.2mg
モロヘイヤ   6.6mg
西洋かぼちゃ  5.1mg

肌を美しくするために必要な量
厚生労働省が定めた1日の所要量は、健康を維持するために最低限必要な量である。肌を美しくするためには所要量の3倍以上の量をとる必要がある。ただし、ビタミンAは、摂り過ぎると頭痛や吐き気など体に害があるので注意が必要である。体の中でビタミンAに変化するβカロテンとして摂ると必要な分だけがビタミンAに変化するので、摂り過ぎても害はない。

ビタミンACEの効果的な摂り方
ビタミンA,C,Eを一緒にとると優れた抗酸化力を発揮して、肌や体内の酸化を防いでくれる。ビタミンAは、暴れる活性酸素を捕まえる働きをする。捕まえられた活性酸素をビタミンEが攻撃する。ビタミンCは、攻撃によって抗酸化力が低下したビタミンEを助ける働きをする。
肌を美しくするには、ビタミンA,C,Eを食事から一緒にとることが大切である。コラーゲンを合成するミネラルが一緒に摂れ相乗効果を発揮する。ビタミンAのもとになるβカロテンだけとると皮膚が黄色くなるので、ビタミンC,Eも一緒にとることが大事である。
また、ビタミンA,Eは脂溶性ビタミンなので、油と一緒に摂らないと吸収されにくい。したがって、食事と一緒に摂ることが大切である。
また、ビタミンCは体内に蓄積されないので、どんどん失われていき、4時間くらいでなくなってしまう。したがって、ビタミンCは、こまめに補給する必要がある。
生の人参は、アスコルビン酸酸化酵素がビタミンCを壊してしまうので、ジュースにする場合は熱を加えてから入れたほうがよい。

ヒッポファエオイルで肌が若返る
ヒッポファエの実には、ビタミンACEが豊富に含まれている。ビタミンA(βカロテン)はモロヘイヤの5倍、ビタミンCは赤ピーマンの2倍、ビタミンEは小麦胚芽の6倍含まれている。ヒッポファエの実から抽出されたヒッポファエオイルは、肌を外側から若返らせてくれる。

ビタミンACEで風邪予防
鼻やのどの粘膜を強くするので、風邪のウィルスが入ってくるのを防いでくれる。さらに、体の免疫力を高めて、風邪をひきにくい体にしてくれる。

ビタミンACEで頭が良くなる
ビタミンACEをDHAと一緒に摂ると良い。DHAはとても酸化されやすい成分なので、ビタミンACEは、DHAの酸化を防いでその効果を高めてくれる。したがって、DHAの働きが活発になり、頭が良くなる。

ビタミンACEで心筋梗塞を予防
ビタミンACEは、血液中の悪玉コレステロールを退治して血栓ができにくい体にしてくれる。

ビタミンACEで精神安定
ビタミンACEは、ストレスが溜まるのを防いで、精神を安定させる働きがある。また、末梢の血液循環を良くして、更年期障害などの症状をやわらげてくれる。

ビタミンACEジュースの作り方
・モロヘイヤ70gまたは人参130g
・赤ピーマン1/2個
・小麦胚芽20g
・アセロラジュース200cc
・ハチミツ少々
をミキサーにかけるだけ。これを朝と夜に1杯ずつ飲むと良い。

(2004年11月11日 スパスパ人間学!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚式や忘年会に芸能人出演依頼

結婚式や忘年会に芸能人を呼んで盛り上げてみたらどうでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ●● 芸能人出演依頼! ●●
     披露宴余興や二次会、忘年会やパーティーを
盛り上げる芸能人の出演依頼受付中。
詳しくはこちら
Click Here!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気功催眠セミナー開催

気功催眠セミナーに参加できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
催┃眠┃術┃セ┃ミ┃ナ┃-┃開┃催┃!┃ 川上たけし先生の
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛  気功催眠セミナー概要~
◇催眠術のかけ方講義・催眠術かけ方指導◇
◇催眠術に実際にかかってみる・催眠術を体験してみる◇
◇テレビでお馴染み 川上たけし先生が直接指導!◇
 詳細はこちら
Click Here!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酵母のスーパー若返り成分リポ酸

疲れやすい体は運動不足だけではなかった。食事の改善により若さを保ち疲れにくい体を作る事ができる。それが、酵母に含まれる強力な抗酸化力を持つリポ酸である。

リポ酸の効果
1.TCAサイクルを活性化し代謝を良くし若さを維持
 TCA回路は細胞の中のエネルギーを作り出すところであり、リポ酸によりエネルギーがどんどん作られ、疲れにくい体を維持する。
2.非常に強力な抗酸化力
 リポ酸は、ビタミンCやビタミンEの400倍の抗酸化力を持つ。

リポ酸を効率よくとる方法
リポ酸を多く含む食材は、味噌や酒かすである。味噌汁に酒かすを入れるだけで、さらに多くのリポ酸をとることができる。リポ酸を効率よく摂るコツとしては、軽く加熱する事である。加熱することにより、酵母が壊れて、リポ酸がしみだしてきて、より多くのリポ酸を摂ることができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »