« 弱った肝臓を復活させる方法 | トップページ | 来春のスギ花粉症、過去最大級の恐れ?! »

2029年、小惑星が地球に衝突?!

今年6月に発見された「2004MN4」という小惑星が、2029年4月13日に地球に衝突する確率は300分の1だと、NASAジェット推進研究所のイエオマンス部長が12月23日に述べた。小惑星は今年6月に米アリゾナ州で観測者が初めて見つけ、12月18日にオーストラリアで再び観測された。地球より小さい円を描いて太陽の周りを323日かけて回り、その間に2回、地球の軌道を横切る。大きさは約400メートル程度で、衝突の際のエネルギーは広島型原爆の約10万倍にあたる1600メガトンほどと推定される。平野部に衝突すれば大都市と周辺部を壊滅させ、海に落ちても大津波を引き起こす恐れがあるという。衝突の危険度によって小惑星を「0」~「10」の11段階で格付けするトリノ・スケールで、暫定評価ながら初めて「2」に格付けされた。 同スケールでは、「世界的な惨事が確実」となる場合が「10」と評価され、2は「衝突の恐れは低いが、関心を持って観測する必要がある」という段階を表す。

|

« 弱った肝臓を復活させる方法 | トップページ | 来春のスギ花粉症、過去最大級の恐れ?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2029年、小惑星が地球に衝突?!:

« 弱った肝臓を復活させる方法 | トップページ | 来春のスギ花粉症、過去最大級の恐れ?! »