« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

来春のスギ花粉症、過去最大級の恐れ?!

今年は、記録的な空梅雨と猛暑で、スギの花芽が大量につき、11月中旬から飛び始めており、花粉症を訴える患者が出始めている。来春のスギ花粉の飛散量は、過去最大級になる可能性があり、今まで花粉症でなかった人も発症する恐れがある。

花粉症のメカニズム
 まず、鼻から入った花粉は鼻の中の粘液に捉えられる。粘液の中にはIgA抗体が含まれており、IgA抗体が花粉を包み込み、鼻の中の絨毛で体外へ運び出す。IgA抗体の量が少ないと粘膜のバリアが破られ、花粉が体内に侵入する。花粉が体内に入ると、マクロファージなどの免疫細胞が反応し、免疫機能の司令塔であるTh2細胞も活性化し、IgE抗体が過剰に分泌される。IgE抗体にアレルゲンである花粉が結合することにより、細胞内のヒスタミンやヘパリンなどの炎症を起こす物質を含む顆粒が外に放出されるため、鼻の粘膜が炎症を起こし、くしゃみや鼻水などの症状を引き起こす。
 花粉症は、IgE抗体がある量を超えると発症する。したがって、花粉症は誰でも発症する可能性があり、今までなんともなかった人でも、突然、発症することもある。

花粉症の予防
1.IgA抗体を増やす
 IgA抗体やIgE抗体の量は、腸内環境が大きく影響している。通常、腸内では、免疫細胞が集ったパイエル板という部分で、到達した物質を何でも取り込み、マクロファージが有害物質かどうかを判定している。もし、それが有害物質と判定されると、これを近づけないために粘膜にバリアが張られる。このバリアがIgA抗体である。
 IgA抗体を増やすには、フコイダンを含むコンブやモズクなどや多糖体を含むアロエなどがよい。アロエ、フコイダンなどに含まれる多糖体が、パイエル板に取り込まれると、糖同士が固く結合しているために、分解されないままでいる。 そのため、マクロファージはこれを異物と判断し、IgA抗体が分泌される。IgA抗体が血液に入って全身へ流れ、鼻の粘膜も強化される。
2.IgE抗体を減らす
 IgE抗体を減らすには、腸内へ流れ込む異種たんぱく質を減らせばよい。異種タンパク質が分解されないまま腸内に吸収されると、Th2細胞は外敵が進入してきたと判断し、IgE抗体を過剰に働かせる。活性化したTh2細胞は、鼻の粘膜でも異種タンパク質である花粉などに過敏に反応し、鼻炎や花粉症を引き起こす。
 たんぱく質分解酵素を肉と一緒に摂ることもよい。タンパク質分解酵素としては、キウイに含まれる「アクチニジン」やパパイアに含まれる「プロテアーゼ」などがある。これら酵素の体内での活性を調べてみるとキウイはパパイアの15倍もの活性を示し、キウイのほうがより優れている。
 ヨーグルトやキムチなどの乳酸菌を摂ったり、乳酸菌の餌となるオリゴ糖を摂って、腸内の悪玉菌を減らすことも重要である。悪玉菌が増えると、腸内の粘膜を傷つけボロボロの穴だらけにし、異種タンパク質が腸内に進入しやすくしてしまう。キムチ特有の乳酸菌「ラクトバチルス」は、胃酸で死滅しがちな乳酸菌の中で、もっとも腸に良く届く、優れた乳酸菌である。
 コンニャクに含まれる「グルコマンナン」もIgE抗体を減らす働きがある。週3回、100gずつよく噛んで食べるとよい。
3.Th1細胞を活性化させる
 ヘルパーT細胞のTh1細胞はウィルスや細菌、Th2細胞はそのほかの物質の処理を担当している。衛生状態の悪かった時代には、体内に頻繁に細菌が侵入し、Th1細胞も活発に働いていた。現代人は清潔になりすぎて、細菌に触れる機会が激減し、Th1細胞は休眠状態となっている。そのためTh2細胞の勢力が増し、アレルギーが発症する。
 ヘルパーT細胞のバランスを改善する最も手軽な方法は、ぬか漬けである。ぬか床には、乳酸菌など多くの細菌が住み着きバランスを取っている。ぬか漬けを食べることにより、Th1細胞が活性化し、Th1細胞とTh2細胞のバランスが改善される。ぬか漬け(タクアンなど)を毎日4~5切れずつ食べるようにするとよい。
4.鼻の粘膜を強化する
 鼻の粘膜を強化するには、ビタミンA,C,Eを一緒に摂るとよい。ビタミンAは、皮膚や粘膜の潤いを保つ働きをする。ビタミンCは、皮膚や粘膜の弾力性を保つコラーゲンを作る働きをする。ビタミンEは、血管を広げて皮膚や粘膜の新陳代謝を高める働きをする。ビタミンAは、摂り過ぎると頭痛や吐き気など体に害があるので注意が必要である。体の中でビタミンAに変化するβカロテンとして摂ると必要な分だけがビタミンAに変化するので、摂り過ぎても害はない。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2029年、小惑星が地球に衝突?!

今年6月に発見された「2004MN4」という小惑星が、2029年4月13日に地球に衝突する確率は300分の1だと、NASAジェット推進研究所のイエオマンス部長が12月23日に述べた。小惑星は今年6月に米アリゾナ州で観測者が初めて見つけ、12月18日にオーストラリアで再び観測された。地球より小さい円を描いて太陽の周りを323日かけて回り、その間に2回、地球の軌道を横切る。大きさは約400メートル程度で、衝突の際のエネルギーは広島型原爆の約10万倍にあたる1600メガトンほどと推定される。平野部に衝突すれば大都市と周辺部を壊滅させ、海に落ちても大津波を引き起こす恐れがあるという。衝突の危険度によって小惑星を「0」~「10」の11段階で格付けするトリノ・スケールで、暫定評価ながら初めて「2」に格付けされた。 同スケールでは、「世界的な惨事が確実」となる場合が「10」と評価され、2は「衝突の恐れは低いが、関心を持って観測する必要がある」という段階を表す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弱った肝臓を復活させる方法

肝臓は、お酒を飲まない人でも弱っている場合がある。肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、悪くなってもほとんど症状が現れないが、肝臓が悪化したときに現れる症状として三つのタイプがある。

肝臓を弱らせる行動
1.食後、すぐ仕事に取り掛かる
 食後、すぐに活動すると、肝臓への酸素供給が不足するため、エネルギー不足の状態で働き続け、肝臓は疲労して弱ってしまう。
2.寝る3時間前に食事を摂る
 寝る前に食事を摂ると、本来、夜中に休む肝臓が働かされ、疲労して弱ってしまう。
3.栄養ドリンクをたくさん飲む
 栄養ドリンクは糖分が多く、糖の分解には大量のエネルギーが必要なため、肝臓は疲労し弱ってしまう。
4.フルーツが大好きでよく食べる
 フルーツも糖分が多く、糖の分解に大量のエネルギーを消費し、肝臓は弱ってしまう。
5.夜更かしが多い
 夜更かしをすると、夜中に肝臓を十分休ませることができず、肝臓が弱ってしまう。

肝臓悪化Aタイプ
1.お腹にぜい肉がついてきた
2.ここ半年で体重が増えた
上記の症状が現れた人は、肝臓の分解機能が低下しているかもしれない。分解しきれない栄養が細胞内に脂肪として溜まり、お腹にぜい肉がつく。お腹にある細胞は、栄養を脂肪として溜め込みやすいので、お腹にぜい肉がつきやすい。肝臓の機能低下が太る原因となる。分解できない栄養が増えると、肝臓にもあふれ出し、脂肪となって溜め込まれてしまう。それが続くと脂肪肝となってしまう。これを放っておくと、肝臓が固まりだし、命にかかわる肝硬変になってしまう。

肝臓悪化Bタイプ
1.かぜをひくことが多くなった
2.かぜをひくと長引くようになった
上記の症状が現れた人は、肝臓の免疫機能が低下しているかもしれない。病原体が進入すると、白血球、NK細胞などが病原体と戦う。処理し切れなかった病原体は、肝臓へ向かう。肝臓は、病原体退治の最後の砦である。肝臓には、クッパー細胞というものがいて、病原体を退治してくれる。肝臓が弱っていると、病原体を退治しきれず、病原体が肝臓を通過し、体の中を巡る。その結果、免疫力が低下し、かぜをひきやすく、長引いてしまう。

肝臓悪化Cタイプ
1.5日以上の便秘が月2回はある
2.おならがよく出るようになった
上記の症状が現れた人は、胆汁生産機能が低下しているかもしれない。肝臓で作られた胆汁は、腸で分泌され、脂肪を分解してくれる。肝臓が弱ると胆汁の生産量が低下し、脂肪が分解されず、大腸に脂肪が増える。その脂肪を餌にして悪玉菌が繁殖し、悪玉菌が出す有毒ガスが溜まって、おならが出やすくなったり、腸のぜん動運動が低下し、便秘がひどくなる。

Aタイプの改善法
肝臓の分解能力を高めるには、アラニンというアミノ酸の摂取が有効である。アラニンは、肝臓の分解酵素のエネルギー源となる。アラニンにより、分解酵素が活性化し、分解能力が高まる。アラニンは、シジミに多く含まれている。シジミよりアラニンが豊富に含まれている食材としてホタテがある。ホタテ2個で、シジミ汁10杯分のアラニンが摂れる。干してもアラニンの量は変わらないので、干し貝柱でもよい。干し貝柱を1日に2個食べるとよい。

Bタイプの改善法
β-D-グルカンは、クッパー細胞を活性化させ、免疫力の低下を防いでくれる。β-D-グルカンは、キノコに多く含まれている。β-D-グルカンの含有量は、キノコの中でもアガリクスに多く含まれている。さらに、ヤマブシタケには、アガリクスの1.5倍多くβ-D-グルカンが含まれていることが分かった。ヤマブシタケは、最近、スーパーで簡単に手に入るようになった。β-D-グルカンは、熱に強いので、どんな料理法でもよい。

Cタイプの改善法
胆汁を生産するためには、タウリンを摂取することが有効である。タウリンは、胆汁の原料となり、肝臓で他の栄養素と合成され、胆汁が作られる。タウリンが多く含まれている食材は、海のカキである。1日のタウリンの摂取量は520mgで、カキ11個に相当する。さらに手軽な食材として、モンゴウイカがある。モンゴウイカのゲソ3本で1日の摂取量を摂ることができる。スーパーで、ボイルして売られているゲソの多くは、モンゴウイカである。タウリンは、イカの胴体よりゲソに多く含まれている。タウリンは、熱に弱いので、刺し身、酢の物、酢味噌あえなどで食べるとよい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ココアで健康美人に!

ココアは、ココアのポリフェノールの作用により、老化防止、血液サラサラ、動脈硬化の抑制などの効果がある。さらに、便秘解消、体臭抑制、集中力・記憶力アップ、冷え性・むくみ解消、美肌効果などもある。

ココアで便秘解消
最近、大腸ガンが急増している。便秘は、大腸ガンを引き起こす要因を作ることになる。また、便秘は、肌荒れの原因にもなっている。ココアに含まれる食物繊維「リグニン」は、便秘の解消に非常に効果を発揮する。リグニンは、ポリフェノールがたくさん集まってできているものなので、ポリフェノールの働きも合わせ持ち、腸内の悪玉菌をやっつけて、腸内の善玉菌が増加する。リグニンは、トマト、バナナ、リンゴなどにも含まれているが、ココアは、リグニンの量が圧倒的に多い。

ココアで体臭抑制
ココアに体臭抑制効果がある。ココアのリグニンが、体臭の原因を体の中から取り除いてくれる。体臭は、腸内で発生したニオイ成分が、呼気や汗などによって体外へ放出されたものである。リグニンは、ニオイ成分を吸着し、便と一緒に排泄してくれる。

ココアで集中力・記憶力アップ
ココアは、集中力、記憶力をアップする。ココアの香りがドーパミンを分泌し、前頭葉を刺激する。飲んでから30分程度で効果が現れる。

ココアで虫歯抑制
ココアは、虫歯になりにくくする。虫歯の原因となる細菌の活動を抑制する働きがある。

ココアで冷え性・むくみ・美肌効果
ココアは、冷え性、むくみ、美肌に効果がある。
毛細血管の血流不足は、様々な体調不良の原因となる。冷え性やむくみも、毛細血管の血流不足が原因である。さらに、微小脳梗塞を引き起こす原因にもなる。
ココアに含まれる「テオブロミン」は、毛細血管の血流を促し、体の不調を改善する作用がある。テオブロミンは、血液をサラサラにする効果もあるが、さらに、末梢の血管を拡張する効果があり、毛細血管の血流を良くしてくれる。そのため、冷え性やむくみも解消される。また、栄養が末梢細胞まで行き届き、肌細胞が生まれ変わって、美肌効果がある。テオブロミンは、カカオ特有の成分であり、他の食材には含まれていない。

ココアで傷の治りを促進
ココアは、皮膚の細胞を活性化し、傷の治りを早くする効果がある。

ココアの効果的な飲み方
1.ココアにオリゴ糖を加える
ココアにオリゴ糖を加えると、リグニンの整腸作用と、オリゴ糖の善玉菌を増加させる作用の相乗効果で、腸の機能を高めてくれる。
2.ココアを夜飲む
肌細胞は、眠っている間に生まれ変わる。ココアを夕食後に飲むと、テオブロミンの血管拡張作用で栄養が末梢細胞まで行き届き、どんどん新しい肌細胞が生まれて、つやつやの肌になる。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

太りにくい体質を手に入れ冬太り解消

太りやすい人は、燃えにくい体脂肪になっている。体脂肪を燃えやすくし、体脂肪を燃やしてくれる食材を摂ることにより、冬太りを解消しよう。

1.やせる体質を手に入れる
太りやすい人は、太りにくい人に比べて、有害ミネラル(ベリリウム、水銀、ヒ素、鉛、カドミウム)が多く溜まっている。体脂肪に有害ミネラルがくっついていると燃えにくい体脂肪になる。有害ミネラルは、色々な食材に含まれているので、食べないわけにはいかない。したがって、太りにくい体質に変えるには、有害ミネラルの排出が鍵である。
有害ミネラルの簡単な解毒の方法は、汗をかくことである。汗は有害ミネラルを排出する有効な手段である。汗には体に溜まった有害ミネラルを排出しやすい汗と排出しにくい汗がある。汗には、汗腺から出る汗と皮脂腺から出る汗がある。汗腺から出る汗は、体温を下げるための汗で主に水分である。皮脂腺から出る汗は、肌を乾燥から防ぐ保湿成分である油が含まれている。有害ミネラルは、油に溶ける性質があり、皮脂と一緒に排出される。
有害ミネラルの解毒には皮脂腺から出る汗をかく必要がある。皮脂腺から出る汗をかくには、体内から暖める必要がある。その方法として、ジョギングや遠赤外線サウナが有効である。
手軽に皮脂腺の汗をかく方法として半身浴がお勧めである。まず、にがりを2~3滴加えたコップ一杯の水で水分補給をしてから、2分間43~44度の熱めのお風呂に入る。お湯の量は、へその上、手のひら一つ分くらいまで入れる。その後、水を足して、40度前後のぬるめのお風呂に20分間入る。皮脂腺が開き、汗がたっぷり出てくる。

2.やせるカロリーを摂る
やせるためには、摂取カロリーの量を減らすだけではダメである。太りやすいカロリーと太りにくいカロリーがある。たんぱく質、脂質、炭水化物のバランスが重要である。炭水化物を多く摂ると、脂肪に再合成されて体の中に蓄積されて太る。脂質を多く摂ると、外から見えにくいところに脂肪が溜まり、血液もドロドロの状態となる。
たんぱく質、脂質、炭水化物のバランスを取るためには、アントシアニンが有効である。アントシアニンは、炭水化物を摂り過ぎた場合には、炭水化物を取り去ってくれ、脂質を摂り過ぎた場合には、脂質を取り去ってくれる。アントシアニンを効果的に摂るには、黒豆の煮汁を飲むのがよい。

3.今ついている脂肪を燃やす
人間の体脂肪と性質が似ている肉の油は体脂肪として溜まりやすく、魚の油は体に溜まらず、体外へ排出される。さらに、魚を食べると脂肪を分解し、熱として放散される。魚の油は、UCP(脂肪燃焼たんぱく質)を活性化し、UCPが体脂肪を燃焼させて熱に変える。
長期間、発酵・熟成した酢も脂肪燃焼アミノ酸が豊富に含まれているので、ダイエット効果がある。脂肪燃焼アミノ酸がUCPの働きを助け、脂肪燃焼が促進される。黒酢もろみは、黒酢のアミノ酸が50倍に濃縮されているので効果的である。
(黒酢もろみの脅威のパワー参照)

黒豆の煮汁の作り方(三日分)
1.黒豆200gと水600mlをなべに入れて一晩(6時間以上)つけておく。
2.火にかけて一煮立ちさせたらすぐに火を消す。(アントシアニンは熱に弱い)
3.ざるでこして煮汁のできあがり。
冷蔵庫に保存し、三日以内に飲む。アントシアニンの効果は長く持続するので、朝100ml飲むだけでよい。

お勧め商品

| | コメント (0) | トラックバック (5)

ウコンで健康と美貌

疲れ、便秘、むくみ、内臓脂肪、肌荒れなどのトラブルは体内に毒素が原因である。ウコンで体内毒素を除去し、健康で美しくなり、様々な病気を予防できる。

ウコンについて
ウコンには、紫ウコン、秋ウコン、春ウコンがある。秋ウコンは、有効成分のクルクミンが一番多く含まれている。カレーに含まれる香辛料「ターメリック」は、秋ウコンから摂られたものである。

現代人は体内毒素で肝臓が小さくなり危険な状態に
疲れ、便秘、むくみ、内臓脂肪、肌荒れなどのトラブルは体内に毒素が溜まると起きる症状である。
油料理、アルコール、甘い物、食べ過ぎは、体内毒素を溜める元になる。特に食べ過ぎはよくない。たくさん食べた後の血液は、ドロドロ状態になっている。また、油料理は、調理してから時間が経つほど油が酸化し過酸化脂質となり、体を傷つける毒素となる。アルコールは、肝臓に負担をかけ、毒素の除去が十分にできなくなる。甘い物の摂り過ぎは、血液中に糖分が増え、あふれた糖分は中性脂肪に変化して血液をドロドロにする。
体内毒素が多い状態が続くと、肝臓の大きさがだんだん小さくなっていく。本来は、60~70才頃から小さくなるが、最近は若い人でも肝臓が小さくなり始めている人がいる。肝臓は、毒素を分解してくれる所であるが、肝臓が小さくなると分解力が低下し、ますます毒素が溜まりやすくなってしまう。

ウコンで体内毒素を除去
ウコンの成分「クルクミン」を毒素の原因と一緒に摂ると、肝臓の解毒機能を高めるので、毒素を早く処理してくれる。その効果は、摂取後20分ほどで現れ、血液中の毒素が除去され、サラサラの血液になる。

ウコンの効果
1.風邪予防
ウコンは、殺菌や抗菌作用がある。ウコンは、食中毒予防や風邪予防の手段として役立つ。コップ一杯の水にウコン粉小さじ1を入れてうがいすることにより、風邪予防に非常に効果がある。殺菌作用はお茶のカテキンよりも高い。
2.冷え性解消
ウコンを溶かしたお湯で足湯をすることにより、足の毛細血管の拡張作用と、揮発性の成分を吸い込むことによって、体全体の血液の流れが促進され、体全体が温まる。
3.ウコンで美肌効果
肌を老化させる原因の一つは紫外線などによる活性酸素である。ウコンにに含まれるクルクミンは、それ自身が抗酸化作用を持っているが、体内に吸収されるとテトラヒドロクルクミンという強力な抗酸化物質に変化し、活性酸素をやっつけて肌の老化を防止する。ウコンと一緒にイースト菌や乳酸菌を摂ると、より効率よくテトラヒドロクルクミンに変化させることができる。
4.ウコンでダイエット
ウコンを摂取すると胆汁の分泌が活発になる。胆汁は、コレステロールが原料となっている。したがって、胆汁の分泌量が増えると、その分、体内のコレステロールが消費され、コレステロールや中性脂肪を減らすことができる。
5.ウコンで花粉症予防
ホットミルクにターメリックを入れて飲むと、アレルギー性鼻炎や花粉症を予防することができる。
6.ウコンでガン・アルツハイマーの予防
ターメリックの最新の研究では、ガンやアルツハイマーの予防効果も確認されている。

ウコンの効果的な摂り方
ウコンの摂り過ぎは禁物。肝臓に負担をかけることがある。1日の有効摂取量は3~5g(大さじ3/5)である。
ウコンに含まれるクルクミンは脂溶性なので、油と一緒に使い、加熱することでクルクミンの吸収が良くなる。
カレーは煮込んだほうがおいしいと言われるが、ウコンの有効成分が壊れないように30分以内で調理する。
大豆レシチンも肝臓に良い成分であり、肝臓に溜まった脂肪を取り、毒素で傷ついた膜の修復に効果がある。ウコンのクルクミンと大豆レシチンの相乗効果で肝臓の機能をアップし、体内の毒素を効果的に除去することができる。カレーの隠し味として豆乳を入れてみると味もまろやかになり、効果抜群である。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »