« 索引(さ~ん) | トップページ | タイムマシンの作り方:その1 »

索引(A~こ)

------------- A -------------------
【5α-リダクターゼ】
体毛の生育を支配している「テストロゲン」という男性ホルモンは、毛乳頭にある「5α-リダクターゼ」という酵素と結びつくと、「デヒドロテストステロン」という強力な男性ホルモンに変化する。このデヒドロテストステロンが、毛母細胞で行われるたんぱく質の合成を邪魔し、毛髪が育たなくなりハゲになる。
マイタケで黒髪復活
【α-リノレン酸】
α-リノレン酸は、必須脂肪酸の一種で、細胞膜の原料になる重要な物質である。体内でEPAに変化し、血栓を防ぎ、血液の流れをサラサラにする働きがある。脳卒中、心臓病などの成人病を効果的に予防する。また、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患の症状を軽減する効果もある。
シソの優れた健康パワー
【αリポ酸】
αリポ酸は、別名チオクト酸とよばれる脂肪酸で、体を構成する60兆個の細胞すべてに存在し、糖からエネルギーを作り出す補酵素として働き、必要不可欠の物質である。糖は、細胞内でピルビン酸に変化する。ピルビン酸は、ミトコンドリアの中に運ばれ、αリポ酸によりアセチルCoAに変化する。アセチルCoAは、コエンザイムQ10の働きによってATPに作りかえられる。ATPは、エネルギーの源になる物質である。
αリポ酸とコエンザイムQ10でスーパー若返り
酵母のスーパー若返り成分リポ酸
αリポ酸で体脂肪燃焼ダイエット
ミトコンドリアの不思議
【ATP】
 ATP(アデノシン3リン酸)とは、エネルギーの源になる物質であり、ADPとPから合成される。コエンザイムQ10は、酵素で作られた電子を運んできて、その電子がADPとPを結合させATPが作られる。
ADP(アデノシン二リン酸)+ Pi(リン酸)→ ATP
コエンザイムQ10(CoQ10)で若返る
αリポ酸で体脂肪燃焼ダイエット
ミトコンドリアの不思議

------------- B -------------------
【β-カロテン】
 β-カロテンは、体内でビタミンAに転換されるのでプロビタミンAとも呼ばれている。抗酸化作用がビタミンCの1000倍ある。粘膜を強くする効果がある。にんじん、緑黄色野菜、のりに多く含まれている。
カビの恐怖
β-カロテン不足により肌荒れ・鳥目の人が増加
ビタミンACEで美肌と健康回復
韓国料理で美肌
鍋で風邪予防
【β-グルカン】
β-グルカンは、β-(1-1)Dグルカンからβ-(1-6)Dグルカン(1-5を省く)まであり、最も代表的なβ-Dグルカンは、木の主成分であるセルロースの「β-(1-4)Dグルカン」である。有用性が実証されているβ-Dグルカンは、「姫マツタケ」に含まれているβ-(1-3)、(1-6)Dグルカンのである。 この(1-3)(1-6)という数字は、あくまでも結合方式による分類であるので、同じβ-(1-3)、(1-6)Dグルカンであっても、何に含まれているβグルカンかによって、働きや作用は大きく違っている。
フコイダンの驚くべきパワー!
現代人は免疫力の低下で危険な状態!
ベータ1.3Dグルカンで免疫力強化
マイタケで黒髪復活
鍋で風邪予防
【B細胞】
 体内免疫細胞として、「マクロファージ」、「顆粒球」、「T細胞」、「B細胞」が存在する。先発部隊の「マクロファージ」と「顆粒球」は、病原体侵入から数分以内に集まって食べてしまう。先発部隊だけで対応できなくなった場合に、後発部隊の「B細胞」が、先発部隊よりもさらに強い攻撃力で病原体を排除する。細胞が病原体に冒されてしまった時は、「T細胞」が感染してしまった細胞と戦ってくれる。「発熱」や「せき」「リンパ腺の腫れ」などの症状は、この戦いが体内で激化している時に現れる。
現代人は免疫力の低下で危険な状態!
鍋で風邪予防
【BMAL1】
 体内リズムを調節するたんぱく質BMAL1というものがある。BMAL1が多い細胞ほど脂肪が溜まりやすい。BMAL1は脂肪を溜め込み細胞自体を太らせてしまう。夜遅く食べると太るのはBMAL1のリズムが関係している。通常、血液中のBMAL1は、昼間は少なくて、夜に多くなる。不規則な生活をしている人は、一日中BMAL1の量が多い。したがって、一日中脂肪がつきやすい状態になっている。体内リズムが狂っている人は、同じ量のカロリーを摂っても他の人より太ってしまう。
体内リズムの乱れが太る体質を作る

------------- C -------------------
【CoQ10】
コエンザイムQ10の項を参照。

------------- D -------------------
【DHA】
 脳を構成する脂肪成分の20%がDHAである。DHAは、脳細胞の細胞膜を作るために必要である。細胞膜は、脂肪を真ん中にはさんだ二重構造をしている。ここにDHAが多く含まれているのがベストな状態である。DHAは、他の脂肪より化学構造がゆるく、温度が低くても固まりにくい物質である。DHAが多く含まれていると、細胞膜が柔らかく保たれる。
急増中のアレルギー疾患
DHAで脳梗塞・心筋梗塞を予防
DHAで本当に頭がよくなる?
ビタミンACEで美肌と健康回復
DHAで脳が若返る
【DHEA】
 DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)は体内で作られるホルモンである。DHEAは、ストレスで傷ついた組織を修復する。また、性ホルモンの原料となり、女性ホルモン、男性ホルモンに変化する。DHEAは、肌の老化や筋肉の衰えを防ぐ若返りホルモンである。
 DHEAは、代謝を下げてしまう停滞ホルモンを減少させる働きがある。停滞ホルモンは、副腎で作られエネルギーを溜め込む働きをする。停滞ホルモンは、細胞内のエネルギー工場の働きを低下させてしまう。停滞ホルモンが増加すると、基礎代謝を低下させ、やせにくい体にしてしまう。
 DHEAは、細胞内のエネルギー工場の働きを活性化する働きをする。DHEAが増えると、脂肪が燃えやすい体になる。
 DHEAの産生量は、20代をピークに年齢とともに低下する。さらに、過食や運動不足によってもDHEAの産生量が低下する。
最新最強のダイエット食材

------------- E -------------------
【EPA】
 EPAは、肝機能をアップさせ、中性脂肪の排泄効果を促し血液をサラサラにしてくれる。青魚の油に多く含まれる。
現代人は免疫力の低下で危険な状態!
急増中のアレルギー疾患
DHAで脳梗塞・心筋梗塞を予防

------------- G -------------------
【γ-グルタミルペプチド】
 たまねぎに含まれており、破骨細胞の働きを抑え、骨粗しょう症予防に効果がある。
たまねぎで骨粗しょう症予防
【GST】
 人間の体にはもともと抗酸化力をもつ物質が備わっている。その一つがGST(グルタチオン-S-トランスフェラーゼ)である。GSTは、1つ1つの細胞の核から生まれるため、全身に存在している。GSTは、活性酸素をはじめとする毒素が現れると発生し、活性酸素や毒素を無毒化し尿や汗とともに体外へ排出される。
わさびの若返り効果

------------- I -------------------
【IgA抗体】
 IgA抗体は、粘液の中へ分泌されバリアーとして重要な役割を果たしている。花粉が鼻の中に入ると、まず粘液で捕まえられる。IgA抗体は、それが逃げないようにしっかりと包み込み、鼻の中にある繊毛で、症状を起こすことなく、体外へ運び出す。したがって、IgA抗体はたくさんあったほうが良い。
現代人は免疫力の低下で危険な状態!
アレルギーに関与するIgA抗体とIgE抗体の違い
来春のスギ花粉症、過去最大級の恐れ?!
鍋で風邪予防
【IgE抗体】
 IgE抗体はアレルギーやアトピーの主役をなす抗体で、IgE抗体にアレルゲンが結合することで、細胞内のヒスタミンやヘパリンなどの炎症を起こす物質を含む顆粒が外に放出されるため、皮膚炎や鼻炎などの症状が起こる。したがって、IgE抗体は少ないほうが良い。
急増中のアレルギー疾患
アレルギーに関与するIgA抗体とIgE抗体の違い
来春のスギ花粉症、過去最大級の恐れ?!

------------- L -------------------
【L-カルニチン】
 L-カルニチンは、体内で脂肪の代謝に関わる重要な物質である。L-カルニチンは、ミトコンドリア内膜に存在し、血中の脂肪を取り込んでいる。取り込んだ脂肪を分解し、ATPの元になるアセチルCoAを作る。L-カルニチンが多い場所は、全身の筋肉と心臓の心筋である。心臓が動くために必要なエネルギーの70%は脂肪から作られており、L-カルニチンが重要な働きをしている。L-カルニチンは、アミノ酸のリジン・メチオニンから体内で合成して作られているが、年齢とともに合成量が低下し、減少していく。
若返りの3大補酵素により細胞内から老化防止
ミトコンドリアの不思議

------------- N -------------------
【NK細胞】
 粘膜を突破したウィルスは、粘膜上皮という細胞に侵入する。ウィルスと戦う2番目の免疫細胞がNK細胞である。NK細胞は攻撃性が高く、ガン細胞にも立ち向かう。
鍋で風邪予防

------------- O -------------------
【O脚】
O脚は、骨盤のゆがみからなることもある。骨盤の位置を正常にすることによりO脚が改善される。
股関節ストレッチと腹横筋体操で腰痛解消

------------- S -------------------
【S-アリルシステイン】
S-アリルシステインは、ニンニクのスライスをアルコールの水溶液中に長期間にわたって浸し、熟成させた抽出液に多く含まれる。S-アリルシステインは水溶性である。S-アリルシステインは、アホエンより強力な抗酸化作用があるだけでなく、ガン予防、高血圧改善、アルツハイマー予防、動脈硬化予防、心臓疾患予防と様々な症状に有効性が確認されており、にんにく由来の有効成分の中でも、もっとも薬理効果が期待され世界中で治験・臨床が繰り返されている成分である。また、世の中で唯一、神経細胞の寿命を延ばし、樹状突起(シナプス)を伸ばすという他にはない特性を持つ物質である。
アホエンより強力なS-アリルシステイン

------------- T -------------------
【T細胞】
【B細胞】の項を参照。
現代人は免疫力の低下で危険な状態!
アレルギー性鼻炎に威力を発揮するぬか漬け
来春のスギ花粉症、過去最大級の恐れ?!
鍋で風邪予防
【TCA回路】
 細胞の中のミトコンドリアの中には「TCA回路」がある。TCA回路はKreb's回路またはクエン酸回路(Citric Acid Cycle)とも呼ばれ,9段階からなる環状の代謝経路である。糖を分解した最終産物であるピルビン酸は脱炭酸と補酵素A(CoA)との結合により,アセチル-CoAに変えられる。アセチル-CoAは、エネルギーとなるATPの原料となる物質である。アセチル-CoAは脂肪酸のβ-酸化やアミノ酸の代謝からも得られる。TCA回路では、クエン酸、ビタミンB1、ナイアシン、αリポ酸、L-カルニチン、マグネシウムなどが重要な働きをしている。
酸性体質の恐怖!
夏バテの原因と解消法
体臭・口臭を防ぎダイエットや髪やガンにも効くメカブ
ナイアシンで夏バテ解消
酵母のスーパー若返り成分リポ酸
【Th1細胞】
 免疫の司令塔の役割を果たしているのがヘルパーT細胞である。ヘルパーT細胞にはTh1とTh2という二種類の細胞がある。Th1はウィルスや細菌、Th2はそのほかの物質の処理を担当している。これらは互いに勢力争いをしている。アレルギーは、Th1の働きが低下し、Th2の働きが強すぎるときに引き起こされる。現代人は清潔になりすぎて、細菌に触れる機会が激減し、Th1は休眠状態となっている。そのためTh2の勢力が増し、アレルギーが発症する。
アレルギー性鼻炎に威力を発揮するぬか漬け
来春のスギ花粉症、過去最大級の恐れ?!
【Th2細胞】
【Th1細胞】の項参照。
急増中のアレルギー疾患
アレルギーに関与するIgA抗体とIgE抗体の違い
アレルギー性鼻炎に威力を発揮するぬか漬け
来春のスギ花粉症、過去最大級の恐れ?!

------------- U -------------------
【UCP】
UCP(Uncoupling Protein:脂肪燃焼たんぱく質)は、細胞内に存在し、脂肪を燃焼させて熱に変える。アドレナリンが分泌されると、全身にある脂肪がTCA回路でエネルギーとして使われるため、脂肪酸となって血液中に放出される。この脂肪酸の放出が、UCPを活動させるスイッチとなる。DHA、EPA、カフェイン、カプサイシンなどがUCPを活性化させる。
太りにくい体質を手に入れ冬太り解消

------------- あ -------------------
【アイソメトリックス】
 関節などの角度を一定にしたままの状態で筋肉を一定時間緊張させ,それを繰り返す筋力トレーニングである。
肩こりの原因と解消法
【亜鉛】
 亜鉛は体内における様々な化学反応を担う「酵素」の構成成分として不可欠な必須微量元素の一つ。亜鉛不足の代表的な症状としては、味覚障害・生殖機能の減退・肌荒れ・抜け毛等がある。精子にはかなりの量の亜鉛が存在しており、亜鉛が不足すると精子が十分に作られず、性欲低下・不妊・インポテンツの原因となる。また、頭髪の発育にも重要な働きをしている。
ハゲないための栄養補給
体臭・口臭を防ぎダイエットや髪やガンにも効くメカブ
【アガリクス】
 アガリクスについて研究が始まったのは、ブラジルの首都サンパウロ郊外の山中でアガリクスを常食していた人々が、昔から長寿で生活習慣病になる率が低いことに、アメリカの研究者が着目したのがきっかけである。その後成分分析が進められ、免疫賦活作用があることがわかり、ガンなどの生活習慣病に対する効果が期待されている。
フコイダンの驚くべきパワー!
ベータ1.3Dグルカンで免疫力強化
【アクチニジン】
 アクチニジンは、キウイフルーツ果実に含まれているタンパク質分解酵素(プロテアーゼ)である。
アレルギーに関与するIgA抗体とIgE抗体の違い
【アジュバント効果】
 アレルギーを引き起こし悪化させる作用のこと。
カビによるアジュバント効果
【アスタキサンチン】
 アスタキサンチンは、もともと「ヘマトコッカス」という海中の微細な藻に含まれている。それを食べたプランクトンや甲殻類や魚類などをサケが食べて、体内にアスタキサンチンが蓄えられる。アスタキサンチンは赤い色をしているため、サケの身は紅色になっている。アスタキサンチンの抗酸化力は非常に強力で、ビタミンEの500~1000倍、β-カロテンの40倍である。
強力な抗酸化力で体を守るアスタキサンチン
【アスパラギン酸】
 アスパラギン酸は非必須アミノ酸で、体内の老廃物の処理、肝機能の促進、疲労回復などの作用があり、皮膚に対しては、代謝を活性化させる作用がある。
体臭・口臭を防ぎダイエットや髪やガンにも効くメカブ
黒酢もろみの脅威のパワー
【アセチル-CoA】
【TCA回路】の項参照。
クエン酸で疲労回復、骨粗しょう症予防、高血圧予防
αリポ酸で体脂肪燃焼ダイエット
【アセチルコリン】
 神経伝達物質の一つにアセチルコリンがある。運動を担う筋肉と神経とのシナプスや自律神経のシナプスではこのアセチルコリンが伝達物質として使われている。
卵で風邪予防、脳力アップ、ガン予防
【アトピー性皮膚炎】
 アトピー性皮膚炎の患者数は、昭和59年に約2万人だったのが、平成11年には約5万人と急増している。特に、成人のアトピー性皮膚炎が急増している。現在、アトピー性皮膚炎は日本人の約2%に見られるが、その4分の1は成人である。食生活の変化やストレスが原因と考えられる。
フコイダンの驚くべきパワー!
急増中のアレルギー疾患
アレルギーに関与するIgA抗体とIgE抗体の違い
【アドレナリン】
 アドレナリン は、副腎髄質より分泌されるホルモンであり、また、神経節や脳神経系における神経伝達物質でもある。ストレス反応の中心的役割を果たし、血中に放出されると心拍数や血圧を上げ、瞳孔を開きブドウ糖の血中濃度を上げる作用などがある。
イライラすると老化が早まる
【アホエン】
 にんにくに含まれるアリシンが変化したアホエンは、コレステロール低下、ボケ予防、血液サラサラ、疲労・ストレス回復、ガン予防、記憶力アップ、免疫力強化などの効果が確認されている。
アホエンの驚異のパワー
【アポトーシス】
 アポトーシス は、多細胞生物の体を構成する細胞の死に方の一種で、個体をより良い状態に保つために積極的に引き起こされる、管理・調節された細胞の自殺のことである。
フコイダンの驚くべきパワー!
体臭・口臭を防ぎダイエットや髪やガンにも効くメカブ
ベータ1.3Dグルカンで免疫力強化
ミトコンドリアの不思議
【アミノ酸】
 アミノ酸は、広義には、アミノ基とカルボキシル基の両方の官能基を持つ有機化合物の総称である。狭義には、生体のタンパク質の構成ユニットとなる「α-アミノ酸」を指す。体内で合成できず、栄養分として摂取しなければならない必須アミノ酸として、次の8種類がある。トリプトファン、リシン(リジン)、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン。乳幼児期では、体内での合成量が十分でなく不足しやすいヒスチジン、アルギニン、システイン、チロシンは、準必須アミノ酸と呼ばれる。ヒスチジンは必須アミノ酸に分類して9種類とする場合もある。
ハゲないための栄養補給
体臭・口臭を防ぎダイエットや髪やガンにも効くメカブ
アミノ酸よりすごい!大豆ペプチドで肌と体が若返り頭も良くなる
黒酢もろみの脅威のパワー
老化の最大の原因は成長ホルモン不足だった
【アラニン】
 アラニンは、必須アミノ酸のひとつである。グリシンについで2番目に小さなアミノ酸。 ほとんどすべての蛋白質に普遍的に見られる。
体臭・口臭を防ぎダイエットや髪やガンにも効くメカブ
【アリイン】
 ネギに含まれるアリインは、糖分の燃焼を促進し、体力をアップしてくれる。アリインは分解しやすく、ネギを包丁で切ると成分が変わってしまう。
ネギによる様々な健康効果
【アリシン】
 ネギを細かく切ると、アリインが酵素と結びつき、アリシンに変化する。アリシンは、においが強く、殺菌効果がある。また、ビタミンB1の吸収をアップして、疲労回復やダイエットの効果がある。アリシンは揮発性があり、発生してもすぐに揮発してしまう。
夏バテの原因と解消法
アホエンの驚異のパワー
ネギによる様々な健康効果
【アリチナミン】
 ニンニクやネギなどの匂い成分アリシンとビタミンB1が結びつくことでアリチナミンという物質に変化し、小腸での吸収量がビタミンB1単体で摂るより増加する。
夏バテの原因と解消法
【アルカリイオン水】
 アルカリイオン水は、水を電気分解することにより作られる。
陽極:水→水素イオン+酸素+水  酸性水
陰極:水→水酸化イオン+水素+水 アルカリイオン水
様々な病気の元凶とされる活性酸素を除去する効果が期待されている。
飲むと病気が治る奇跡の水
【アルカリ性食品】
 果物には、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが含まれている。これらのミネラルは、水に溶けるとアルカリ性を示す。そのため、アルカリ性食品と呼ばれている。アルカリ性食品には、大豆、海藻、野菜、果物、きのこ類などがある。
果物は酸性なのになぜアルカリ性食品?
【アルツハイマー】
 アルツハイマー型痴呆は、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする痴呆性疾患の一種である。日本では、痴呆性疾患のうちでも脳血管性痴呆とともに、最も多いタイプである。病理学的には脳組織の萎縮、大脳皮質の老人斑の出現がみられる。
アホエンより強力なS-アリルシステイン
卵で風邪予防、脳力アップ、ガン予防
【アルギニン】
 アルギニン は、アミノ酸のひとつ。非必須アミノ酸ではあるが、成長期には摂取が必要。マクロファージの原材料となり、その数を増加させる。また、成長ホルモンを抑制するホルモンであるソマトスタチンの働きを強力に抑え込むので、成長ホルモンの分泌を促進することができる。
現代人は免疫力の低下で危険な状態!
成長ホルモンが数十倍に激増するマカ
老化の最大の原因は成長ホルモン不足だった
恐怖の超悪玉コレステロール!!
美容と健康に優れたアミノ酸食材「高野豆腐」
【アルギン酸】
 アルギン酸は昆布やワカメ、ヒジキ、モズクなどのヌルヌルしたぬめり成分のことで、褐藻類に特有な天然多糖類である。アルギン酸には、そこに含まれるカリウムの働きで体内の塩分を吸着して血圧を下げるほか、血中コレステロールの低下作用、血糖値の上昇抑制作用、ダイエット効果、便秘効果、大腸がんの予防、動脈硬化の予防、胆石の予防などの作用がある。
突然死を防ぐ塩の取り方
体臭・口臭を防ぎダイエットや髪やガンにも効くメカブ
【アレルギー】
 免疫反応はふつうは外来の異物(抗原)を排除するためにはたらく生体にとって不可欠な生理機能だが、ときどき特定の抗原に対して生体にとって望ましくない免疫反応がおこることがある。このような不都合な免疫反応をアレルギーという。
フコイダンの驚くべきパワー!
急増中のアレルギー疾患
アレルギーに関与するIgA抗体とIgE抗体の違い
牛乳には危険がいっぱい-驚愕の新事実
アレルギー性鼻炎に威力を発揮するぬか漬け
急増中の大腸ガン、便秘の人要注意
来春のスギ花粉症、過去最大級の恐れ?!
若い世代を蝕む小腸の免疫機能低下
腸内環境改善でアレルギー・カゼ・ガンなどを予防
【アレルゲン】
 アレルギーを引き起こす環境由来抗原をアレルゲンと呼ぶ。
アレルギーに関与するIgA抗体とIgE抗体の違い
【アンセリン】
 魚には、筋肉疲労の原因である水素イオンや乳酸の発生を抑えるたんぱく質の一種である「アンセリン」が含まれている。マウス実験などの結果、アンセリンを食べたマウスは、食べないマウスより運動能力を長く維持できることが確認されている。
魚を食べて肩こり解消!
【アントシアニン】
 アントシアニンは、抗酸化物質として知られるポリフェノールの一種である。植物界において広く存在するアントシアン(果実や花の赤、青、紫を示す水溶性色素の総称)の一種で、高等植物では普遍的な物質であり、花や果実の色の表現に役立っている。たんぱく質、脂質、炭水化物のバランスを取るのにアントシアニンが有効である。アントシアニンは、炭水化物を摂り過ぎた場合には、炭水化物を取り去ってくれ、脂質を摂り過ぎた場合には、脂質を取り去ってくれる。
太りにくい体質を手に入れ冬太り解消

------------- い -------------------
【胃潰瘍】
 胃潰瘍は、胃から分泌される胃酸と、胃酸から胃壁を守る粘液の分泌とのバランスが崩れ、胃酸によって胃壁に穴が空き、痛みを感じたり、場合によっては出血を起こす病気である。重度の胃潰瘍の場合は、胃壁の穴が胃の外側にまでつながる場合もある。
突然死を防ぐ塩の取り方
フコイダンの驚くべきパワー!
胃潰瘍にハチミツが効果的
【胃ガン】
 胃ガンは中国、日本、韓国などアジアや南米に患者が多く、合衆国を初め他の諸国ではそれほど顕著ではない。胃に発生するガンは早期に発見された場合は外科的にあるいは内視鏡的に完全に切除が可能であり、完全に切除されたときの再発率は非常に低い。
突然死を防ぐ塩の取り方
【イソチオシアネート】
 クレソンの辛み成分であるイソチオシアネートは、人体が本来持っている活性酸素を除去する抗酸化酵素を活性化する働きがある。
クレソンで老化防止
わさびの若返り効果
【イソフラボン】
 イソフラボンは、フラボノイドの一種。狭義のイソフラボンは生物では検出されない。生物ではフラバノンの異性化反応によって5,7,3'-トリヒドロキシフラボンが作られ、配糖体となったりして存在している。大豆などのマメ科の植物に多く含まれている。体内で女性ホルモンと似たような働きをする。
豆乳で美しくヤセてコレステロール減少
大豆を超えた黒豆の血液サラサラ効果とダイエット効果
ハゲ・薄毛でお悩みの方に朗報
【イソロイシン】
 イソロイシンは、必須アミノ酸の一つである。アミノ酸のバリンとイソロイシンは、血管を広げて血液を通りやすくする血行促進作用がある。さらに、神経の働きを助けたり、肝臓や筋肉に働きかけて、持久力の向上や集中力の維持などの効果もある。
黒酢もろみの脅威のパワー
【イチョウ葉エキス】
 イチョウ葉エキスに含まれるフラボノイドとテルペン類は、血液をサラサラにし、記憶や学習能力を固める効果がある。また、アレルギーにも効果がある。
血液サラサラ効果と記憶・学習能力を高めるイチョウ葉エキス

------------- う -------------------
【ウコン】
 ウコンには、紫ウコン、秋ウコン、春ウコンがある。秋ウコンは、有効成分のクルクミンが一番多く含まれている。カレーに含まれる香辛料「ターメリック」は、秋ウコンから摂られたものである。ウコンは、二日酔いを防止したり、肌の老化を防いで肌を美しくしたり、コレステロールや中性脂肪を減らして肥満を防止する効果がある。
ウコンで美肌効果とダイエット
ウコンで健康と美貌

------------- え -------------------
【エルゴチオネイン】
 エルゴチオネインは、ビタミンEの7000倍の抗酸化作用がある。エルゴチオネインは、アミノ酸の一種で鶏レバーや小麦胚芽などに含まれているが、シイタケには小麦胚芽の約40倍、鶏レバーの約15倍のエルゴチオネインが含まれている。 エルゴチオネインは、調理で加熱しても壊れない抗酸化物質であり、煮たり焼いたりしても抗酸化作用は変わらない。
シイタケで美肌と健康

------------- お -------------------
【オキサロ酢酸】
 オキサロ酢酸は、ピルビン酸からピルビン酸カルボキシラーゼの働きにより生成される。オキサロ酢酸は、運動時に、脂肪酸のβ-酸化で生成されるアセチル-CoAと結合し、クエン酸となる。オキサロ酢酸や、リンゴ酸は、TCA回路の代謝を促進し、脂肪酸の分解(β-酸化)を促進する。
体臭・口臭を防ぎダイエットや髪やガンにも効くメカブ
【オボムチン】
 卵白に含まれるオボムチンに、ガン細胞の血管新生機能を阻害する働きがある。オボムチンがガン細胞に作用すると、ガン細胞は血液を取り込めず消滅する。
卵で風邪予防、脳力アップ、ガン予防
【オリゴ糖】
 オリゴ糖は、ブドウ糖や果糖などの単糖が数個結合したもので、フラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖などがあります。腸内でビフィズス菌が好んで食べ増加する。ビフィズス菌が増えると腸内環境が良くなり、便秘や下痢が改善される。
豆乳で美しくヤセてコレステロール減少
【オレウロペイン】
オレウロペインとはオリーブの葉に含まれているポリフェノールの一種である有効成分である。オレウロペインは、抗酸化物質として体内で働いたり、一種の抗生物質のような働きをしたりする。オレウロペインは抗生物質では入り込めない細胞内にまで到達して細胞内にいるウィルスの生存に必要なアミノ酸合成を妨げたりしてウィルスを殺す。
コラーゲンが不足すると肌と血管がボロボロに!
【オレキシン細胞】
 オレキシンは、食欲や睡眠の制御に関連する神経伝達物質である。オレキシン細胞は、オレキシンを作り出す細胞である。
突然襲う強い眠気

------------- か -------------------
【カカオポリフェノール】
カカオポリフェノールには、以下のような健康効果が確認されている。
・動脈硬化の予防
・ピロリ菌を抑制
・血管が拡張され血圧を下げる
以下のような4つのダイエット効果もある。
1.過食を抑える
2.空腹感を抑える
3.基礎代謝を上げる
チョコレートでやせる?
【開列酸素】
 小腸の粘膜から分泌される「開裂酸素」はβ-カロテンだけに作用する酸素で、その働きによって、β-カロテンの半分はビタミンAに変化する。
β-カロテン不足により肌荒れ・鳥目の人が増加
【カゼイン】
 カゼインは、牛乳に含まれる乳タンパク質の約80%を占める。牛乳を飲んでアレルギー症状を起こす人の多くは、α-カゼインが原因(抗原)であると言われている。
肺に入ったカビが感染症を起こす!
【肩こり】
肩こりの原因と解消法
3分で肩コリ解消、タイプ別解消法
【活性酸素】
 体に取り込まれた酸素は、糖分や脂肪を燃やしてエネルギーを発生させる。燃えた酸素の残り2%が強い酸化作用のある活性酸素となる。過剰な活性酸素は細胞を傷つけ、体に悪影響を与える。活性酸素が原因の病気としては、糖尿病、脳卒中、動脈硬化、心筋梗塞など200種類にも及ぶ。遺伝子DNAを傷つけガンの原因にもなっている。
コエンザイムQ10(CoQ10)で若返る
飲むと病気が治る奇跡の水
β-カロテン不足により肌荒れ・鳥目の人が増加
強力な抗酸化力で体を守るアスタキサンチン
にがりの効果的な摂り方
アホエンの驚異のパワー
【活性水素】
水の中に単独で存在する水素原子である活性水素が存在すると、活性酸素が細胞と結びつく前に活性水素と結びついて水になり、活性酸素を除去する。
飲むと病気が治る奇跡の水
【カテキン】
 カテキンは、緑茶や紅茶に含まれる苦味や渋み成分でポリフェノールの仲間。抗菌・消臭作用がよく知られているが、近年ダイエット作用が注目されている。
現代人は免疫力の低下で危険な状態!
急増中のアレルギー疾患
【カビ過敏症】
 花粉の季節でもなく、風邪もひいていないのに、「くしゃみ」、「鼻水」、「せき」、「発熱」などの症状が出る場合はカビ過敏症の可能性がある。
カビの恐怖
【花粉症】
 現在、日本人の約20%が花粉症だといわれている。花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻みずなどのアレルギー症状を起こす病気である。季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれている。
カビの恐怖
フコイダンの驚くべきパワー!
急増中のアレルギー疾患
アレルギーに関与するIgA抗体とIgE抗体の違い
アレルギー性鼻炎に威力を発揮するぬか漬け
来春のスギ花粉症、過去最大級の恐れ?!
若い世代を蝕む小腸の免疫機能低下
レンコンで花粉症対策
【カプサイシン】
 そのとうがらしの辛味の主成分がカプサイシンである。カプサイシンは体脂肪の燃焼、新陳代謝の活性、便秘の解消、発ガン抑制などさまざまな研究報告がなされている。
現代人は免疫力の低下で危険な状態!
韓国料理で美肌
ハゲ・薄毛でお悩みの方に朗報
【ガラクタン】
 サトイモのぬめり成分に含まれるガラクタンは、脳の神経細胞の材料になる。ガラクタンが、脳の神経細胞を作り、脳を元気に働きやすくする。
脳にいい食材「サトイモ」
【カラザ】
 卵の中に白いひものような「カラザ」というものがある。カラザの中には「シアル酸」が含まれており、シアル酸はインフルエンザの薬の原料になる。
卵で風邪予防、脳力アップ、ガン予防
【顆粒球】
 顆粒球は細菌感染などの生物学的侵襲のみならず、火傷など様々な生体侵襲の結果誘導される初期免疫応答としての炎症反応に深く関わる白血球であり、生体防御に不可欠である。
現代人は免疫力の低下で危険な状態!
【カリウム】
 カリウムを摂ると細胞からナトリウムと水分を追い出してくれる。その結果、血管の壁が薄くなり血圧が下がる。
酸性体質の恐怖!
リンゴで高血圧予防
【カルシウム】
 カルシウムはミネラルの中でも最も多く体内に含まれている栄養素で、体重の1.5~2.0%を占めるといわれている。カルシウムのその大部分、99%はリン酸カルシウムや炭酸カルシウムの形で骨や歯などの硬組織に含まれていて、残りの1%が血液や体液中に含まれている。カルシウムは、コラーゲン、マグネシウム、リンと共に骨組織に沈着して、丈夫な歯や骨を形成する。一日に骨を出入りするカルシウムの量は成人で500mgともいわれ、1年で20%もの骨が新しいものへと入れ替わる。さらに2,3年ですべてが新しく生まれ変わるといわれる。 カルシウムは脳で、その神経の働きを正常に維持して、記憶力を正常に保ち、刺激に対する神経の感受性を静める働きがある。カルシウムは心臓や筋肉の収縮作用を維持する働きもある。
酸性体質の恐怖!
突然死を防ぐ塩の取り方
牛乳には危険がいっぱい-驚愕の新事実
足がつりやすい人は突然死の可能性大!
体臭・口臭を防ぎダイエットや髪やガンにも効くメカブ
【肝炎】
 肝炎とは肝臓に起こる炎症である。肝炎は主な原因としてウイルス、アルコール、薬物によって引き起こされる。この他に自己免疫や胆道疾患による肝炎もある。肝炎の中で最も多いのは、ウイルスによる肝炎である。
「プール熱」異常発生の兆候!
ベータ1.3Dグルカンで免疫力強化
ゴマの驚異の若返り効果
【寒天】
 寒天の原料は、天草やオゴノリという海藻類である。それを加熱して溶かし、不純物を取り除いて固めたものがトコロテンで、トコロテンを乾燥させたものが寒天である。
寒天の驚異のパワー!!血糖値・コレステロール値・血圧・体重・体脂肪率に効果
固まらない寒天に抗ガン作用の可能性>
【ガン】
 ガン細胞は、健康な人でも絶えず身体の中で発生しているが、免疫システムがそれを除去している。ガン細胞は、発ガン物質や活性酸素によってDNAが傷つけられることにより発生する。ガン予防は、免疫の活性化と活性酸素の除去が重要である。
飲むと病気が治る奇跡の水
ガンにならない食べ方
フコイダンの驚くべきパワー!
牛乳には危険がいっぱい-驚愕の新事実
体臭・口臭を防ぎダイエットや髪やガンにも効くメカブ
急増中の大腸ガン、便秘の人要注意
強力な抗酸化力で体を守るアスタキサンチン
ベータ1.3Dグルカンで免疫力強化
アホエンの驚異のパワー
アホエンより強力なS-アリルシステイン
【眼球視力】
 視力には眼球視力と脳内視力があり、眼球視力とはレンズで情報を投影したときの解像力、脳内視力とは情報を脳で認識する能力のことである。
1日10分の訓練で視力が回復する
【ガングリオシド】
 ガングリオシドは、成長期までは体内で盛んに合成されている物質であるが、成長期を過ぎると体内で合成されにくくなる。ガングリオシドは、脳の神経細胞のネットワークを広げて情報伝達をスムーズにする働きがある。ガングリオシドの量が減ると、情報伝達が滞り、記憶力も低下する。
バナナとサツマイモで脳力アップ


------------- き -------------------
【共役リノール酸】
共役リノール酸は、脂肪の代謝だけを促進し、筋肉を落とさずダイエットできると注目を浴びている。共役リノール酸は、体脂肪の燃焼を促進するほか、ガンの予防や進行、動脈硬化(血管の老化)の抑制にも役立つので、腎病、心筋梗塞、網膜症などの、糖尿病の合併症にも効果がある。
急増中の怖い糖尿病

------------- く -------------------
【クエン酸】
 クエン酸は、梅やレモンなどに多く含まれている有機酸の一種でこれらの果実の酸味主成分である。食酢には酢酸のほか、クエン酸、リンゴ酸、コハク酸等が含まれている。酢酸は体内に入るとクエン酸に変化する。
酸性体質の恐怖!
足がつりやすい人は突然死の可能性大!
体臭・口臭を防ぎダイエットや髪やガンにも効くメカブ
黒酢もろみの脅威のパワー
クエン酸で疲労回復、骨粗しょう症予防、高血圧予防
【クミスクチン茶】
 沖縄で採れるクミスクチンには、ロズマリン酸というポリフェノールの一種が含まれている。ロズマリン酸は体内での糖類の消化・吸収を抑える。また、ロズマリン酸は脂肪の吸着を防ぐ働きがある。シソの葉にもロズマリン酸が含まれているが、クミスクチンの約1/10の量である。
皮脂テカ肌は死のシグナル
【グリシニン】
 グリシニンは大豆のタンパク質の50%近くを占める成分。タンパク質としての質もよく、低カロリー、低コレステロールのタンパク源として注目されている。グリシニンは、コレステロールの排泄を促し、血中濃度を下げたり、インスリンの血中濃度や中性脂肪の血中濃度を下げる働きがある。
恐怖の超悪玉コレステロール!!
【クルクミン】
 ウコンに含まれるクルクミンは、アルコール分解酵素の働きを助け、アルコールの分解を促進する。肝臓の解毒機能を高める働きもある。また、体内に吸収されるとテトラヒドロクルクミンという強力な抗酸化物質に変化し、活性酸素をやっつけて肌の老化を防止する。ウコンと一緒にイースト菌や乳酸菌を摂ると、より効率よくテトラヒドロクルクミンに変化させることができる。クルクミンは、レシチンと一緒に摂ると乳化作用が起こり、小腸から吸収されやすくなる。
ウコンで美肌効果とダイエット
ウコンで健康と美貌
【グルタチオン】
 グルタチオンは、3つのアミノ酸が結合したペプチドで、人の細胞内に存在する抗酸化物質である。グルタチオンは、体内で生産され、活性酸素の除去、細胞内の毒素の掃除などを行う。また、新しい細胞を作るのに必要なDNAの原料になる。細胞内のグルタチオンが増えると、新陳代謝がアップする。
グルタチオンで新陳代謝をアップして10才若返り
【グルタミン】
 グルタミン酸は、アミノ酸の一種である。グルタミン酸は、運動時の疲労回復を促進する働きがある。
黒酢もろみの脅威のパワー
【クロシン】
 サフランに含まれる色素成分「クロシン」は、海馬に働きかけて記憶力をアップさせる効果がある。
サフランで記憶力アップ
【クロロゲン酸】
 クロロゲン酸は、ポリフェノールの一種で活性酸素を除去する働きもあり、コーヒー、バジル、ヨモギ、フキノトウ、ナスなどに多く含まれている。
ガンにならない食べ方
イライラすると老化が早まる

------------- け -------------------
【血栓】
 血液には血液を固まらせる仕組み(凝固系)と血液を溶かす仕組み(線溶系)が備わっている。この2つの仕組みは微妙なバランスを保っている。凝固系は止血だけでなく、血管内皮細胞保護や血管修復など血管を正常に保つ機能も持っている。血液が固まる仕組みは非常に複雑で、多数の凝固因子が次から次へと連鎖反応を起こし、最終的にフィブリンという物質を作り出す。生体では血液を凝固させる仕組みとともに、凝固した血液を溶かす仕組みが作用している。体の中ではプラスミンという物質が作られ、血液が凝固しないよう監視している。この仕組みを線溶系という。
納豆で若返り
アホエンの驚異のパワー
突然死の恐怖!
【結膜炎】
 結膜が炎症を起こし、充血・目やに・涙・かゆみ・腫れなどが起こる病気。結膜炎の原因には、細菌、ウイルス、アレルギ-、異物の混入、紫外線などの刺激、クラミジア(新生児の産道感染。潜伏期間は5~12日。両眼性で眼脂は粘液膿性。) などがある。
「プール熱」異常発生の兆候!
【ケトン体】
 朝食を抜いたりダイエットしたときに糖分が不足し、脳のエネルギーを優先させようとして糖が使われ、筋肉の臨時エネルギーとして「ケトン体」がつくられる。「ケトン体」は筋肉にとって、効率の悪いエネルギーのため、筋肉が動きにくく、だるさを感じてしまう。
酸性体質の恐怖!
【ゲルマニウム】
 ゲルマニウムはイオンと結合しやすい性質があり、酸素イオンと結びついて全身に酸素を運んでくれる。また、血液が酸性に傾いていると水素イオンが多くなるが、ゲルマニウムが水素イオンと結びついて中和してくれる。また、アルカリ性に傾いていると、ゲルマニウムが水酸化イオンと結びついて中和してくれる。つまり、ゲルマニウムには血液浄化作用があるといえる。また、血管壁に付着したコレステロールにゲルマニウムの浸透圧が作用して、コレステロールの重合体を流動性のあるアルコール化合物に分解し、血管壁から取り除き、腎臓を通して体外に排泄してくれる。
トマトジュースで血液サラサラに
肺に入ったカビが感染症を起こす!

------------- こ -------------------
【好酸球】
 好酸球は白血球の一種である。酸性の染色液でよく染まる顆粒を細胞内に、たくさん持っているため好酸球という。好酸球は骨髄で作られ、血液の流れにのって、体全体に廻る。喘息では、この血液中の好酸球が血管から抜け出て、気管支にたどりつき炎症を起こす。
急増中のアレルギー疾患
【高血圧】
 高血圧は「本態性(一次性)高血圧」と「二次性高血圧」に分けられる。本態性高血圧は、原因不明で血圧が高くなるもので、二次性高血圧は遺伝、食塩の取りすぎなど、環境や食生活に密接に関係している。
突然死を防ぐ塩の取り方
フコイダンの驚くべきパワー!
リンゴで高血圧予防
大豆を超えた黒豆の血液サラサラ効果とダイエット効果
血液サラサラ度を簡単にチェックする方法
クエン酸で疲労回復、骨粗しょう症予防、高血圧予防
アホエンより強力なS-アリルシステイン
突然死の恐怖!
【抗酸化物質】
 体内で発生する活性酸素は、様々な病気の原因となっている。抗酸化物質は、その活性酸素を除去する働きがある。
コエンザイムQ10(CoQ10)で若返る
β-カロテン不足により肌荒れ・鳥目の人が増加
強力な抗酸化力で体を守るアスタキサンチン
パンの耳に重要な栄養素発見!
ビタミンACEで美肌と健康回復
グルタチオンで新陳代謝をアップして10才若返り
【高脂血症】
 高脂血症とは、血液中の脂質(脂肪)、特にコレステロールと中性脂肪が増えた状態のことをいう。
コレステロールの役割と減らすポイント
フコイダンの驚くべきパワー!
アホエンの驚異のパワー
【酵母】
 酵母は糖を分解しアルコールと炭酸ガスを生成する微生物である。
急増中の大腸ガン、便秘の人要注意
酵母のスーパー若返り成分リポ酸
【コエンザイムQ10】
 人間の身体には60兆の細胞があり、そのすべての細胞にコエンザイムQ10が存在する。細胞の中のミトコンドリアというところで、コエンザイムQ10はATPの生産にかかわっている。ATPとは、エネルギーの源になる物質であり、ADPとPから合成される。コエンザイムQ10は、酵素で作られた電子を運んできて、その電子がADPとPを結合させATPが作られる。
コエンザイムQ10(CoQ10)で若返る
αリポ酸とコエンザイムQ10でスーパー若返り
グルタチオンで新陳代謝をアップして10才若返り
αリポ酸で体脂肪燃焼ダイエット
ミトコンドリアの不思議
世界の医学界が注目!糖鎖のパワー!
【骨粗しょう症】
 骨粗しょう症(骨粗鬆症)とは、骨がスカスカになり骨折しやすくなる病気である。しかも、骨全体が弱まって骨折してしまうため、折れてしまった骨が元に戻るまでに時間がかかるようになる。
突然死を防ぐ塩の取り方
クエン酸で疲労回復、骨粗しょう症予防、高血圧予防
たまねぎで骨粗しょう症予防
【ゴマリグナン】
 ゴマリグナンとは、ゴマに含まれる成分であり、セサミン、セサモール、セサモリン、セサモリノール、セサミノール、ピノレジノールの6種類の抗酸化物質の集合体である。
ゴマの驚異の若返り効果
【コラーゲン】
 たんばく質には、大きく分類すると 非コラーゲンたんばく質と、コラーゲンの二種類がある。新陳代謝を促進させるのに、より大切な働きをするのがコラーゲンである。細胞をとりまくコラーゲンこそが、細胞そのものの新陳代謝を活発にし、老化を防ぐ鍵を握っていることが明らかになった。
コラーゲンが不足すると肌と血管がボロボロに!
カルシウムとコラーゲンの良い関係
【コリン】
 卵黄に含まれる「コリン」は、脳で記憶や学習に深いかかわりを持つ神経伝達物質アセチルコリンの原料になる。卵は全ての食品の中で、最もコリンの含有率が高い。卵のコリンは、最近ではアルツハイマー病の治療薬として期待されている。
卵で風邪予防、脳力アップ、ガン予防
【コレステロール】
 コレステロールの役割は、細胞膜の原料、ステロイドホルモンの原料、胆汁の原料となり、身体になくてはならないものである。しかし、血液中にコレステロールが増えすぎると、血管の壁の中に入り込んでしまい、これを取り除こうとして白血球の一種であるマクロファージがコレステロールを食べていく。コレステロールが多すぎると消化しきれなくなって、マクロファージは血管の壁の中で死んでしまって固いこぶになる。そして、血液の流れが悪くなって血栓ができやすくなる。
コレステロールの役割と減らすポイント
ラッキョウパワー
トマトジュースで血液サラサラに
フコイダンの驚くべきパワー!
牛乳には危険がいっぱい-驚愕の新事実
DHAで脳梗塞・心筋梗塞を予防
体臭・口臭を防ぎダイエットや髪やガンにも効くメカブ
豆乳で美しくヤセてコレステロール減少
急増中の大腸ガン、便秘の人要注意
ウコンで美肌効果とダイエット
レジスタントプロテインの驚異の効果
卵で風邪予防、脳力アップ、ガン予防
恐怖の超悪玉コレステロール!!
オレンジの皮でダイエット

|

« 索引(さ~ん) | トップページ | タイムマシンの作り方:その1 »

コメント

アルカリイオン水は胃酸過多に有効としてその製造器が厚生省から承認されたものです。
それ以外の人がのんだら有害ですよ。
アルカリイオン水=電解還元水整水器メーカーの注意書きには「乳幼児に飲用させてはいけない」「体が弱っている人や持病がある人は飲用しないこと」などと書かれています。そんな水が体にいいものであるわけがないですよね。
人間の胃酸はPH2というものすごく強い酸です。骨をもタンパク質をも溶かすという硫酸なみの強酸です。胃潰瘍なんかでは1日で胃に穴が開きますよね。胃酸を強いアルカリで薄めたら、人間の体は変調をきたすのは当然のようです。
財界展望って雑誌が水の連載をやっているけど、アルカリイオン水の欺瞞なんかもとりあげていましたよ。http://www.zaiten.co.jp/mag/0606/index.html    
「活性水素」とか存在しない物質を宣伝するメーカーの摘発もはじまりました。
http://www.jftc.go.jp/pressrelease/05.december/05122604.pdf
アルカリイオン水の悪徳商売にはご注意!
http://atom11.phys.ocha.ac.jp/wwatch/intro.html

投稿: あや | 2006/06/10 05:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/2520402

この記事へのトラックバック一覧です: 索引(A~こ):

« 索引(さ~ん) | トップページ | タイムマシンの作り方:その1 »