« レンコンで花粉症対策 | トップページ | 韓国料理で美肌 »

αリポ酸で体脂肪燃焼ダイエット

年を取るとダイエットしてもやせにくくなる。それは、αリポ酸が年とともに減少していくことが関係している。

αリポ酸とは
 αリポ酸は、別名チオクト酸とよばれる脂肪酸で、体を構成する60兆個の細胞すべてに存在し、その働きを活性化させる物質である。コエンザイムQ10とよく似ている物質である。αリポ酸は、細胞内のミトコンドリアの中に、コエンザイムQ10とともに存在する。生きていくためのエネルギーは、ミトコンドリアで作られている。αリポ酸は、糖からエネルギーを作り出す補酵素として働き、必要不可欠の物質である。
 糖は、細胞内でピルビン酸に変化する。ピルビン酸は、ミトコンドリアの中に運ばれ、αリポ酸によりアセチルCoAに変化する。アセチルCoAは、クエン酸回路に入り、コエンザイムQ10の働きによってATPに作りかえられる。ATPは、エネルギーの源になる物質である。αリポ酸の働きがあって、はじめて、コエンザイムQ10が有効に働くのである。

中年太りの原因
 体内でエネルギーとして使われなかった糖は、中性脂肪に変化し、脂肪細胞に蓄えられていく。αリポ酸は、糖をエネルギーに使われやすい形に分解する働きを持つ。これは、60兆個の細胞すべてで行われている。若いときは、αリポ酸が糖をどんどん分解してくれるので太りにくかった。ところが、αリポ酸は、30歳くらいから急激に減少していく。分解されずに余った糖が中性脂肪に変化し、脂肪細胞に蓄えられて中年太りになると考えられる。
 一度減ってしまったαリポ酸は、体内で増やすことは不可能で、外から補うしかない。αリポ酸が少ないと、ピルビン酸がアセチルCoAに変化できず、クエン酸回路に入ることができないため、中性脂肪として蓄えられる。

αリポ酸が含まれる食材
 ホウレン草やレバーにαリポ酸が多く含まれている。しかし、αリポ酸の1日の摂取量は、100mgが目安とされており、ホウレン草やレバーから100mg摂取するためには、600kg摂る必要がある。食材から十分なαリポ酸を摂ることは不可能なので、サプリメントから摂るしかない。

αリポ酸が脂肪を減らすステップ
1.血液中の中性脂肪の減少
 血液中の中性脂肪の減少は、αリポ酸を摂るとすぐに効果が現れる。
2.内臓の体脂肪の消費
 内臓脂肪の減少は、αリポ酸を摂り続けて数日で効果が現れ始める。内臓脂肪が多い男性は、1週間で3kgも体重が減り、ウエストが細くなった人もいる。
3.皮下の体脂肪の消費
 皮下脂肪の減少は、αリポ酸を摂り続けて1ヶ月くらいで効果が現れ始める。内臓脂肪より皮下脂肪のほうが多い女性は、効果が現れるのに少し時間がかかる。

お勧め商品

|

« レンコンで花粉症対策 | トップページ | 韓国料理で美肌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/3028957

この記事へのトラックバック一覧です: αリポ酸で体脂肪燃焼ダイエット:

» アルファリポ酸の紹介 [美容・健康のためのブログ]
 アルファリポ酸の紹介をします。アルファリポ酸というサプリメントはダイエット、中年太り対策によいということです。ここで紹介するアルファリポ酸にはアメリカのサプリ... [続きを読む]

受信: 2005/02/22 08:09

» αリポ酸 [Shop AML]
αリポ酸 Shop AML ( http://jjjjjj.dip.jp/app/S/aml_Index.html ) [続きを読む]

受信: 2005/03/02 18:11

» 正確な体脂肪率測定「ファットメジャー」の本当の値段 [実はもう少し安く買える商品たち29000]
上半身や下半身だけの 体脂肪率を測定することができます ■どこのショップで買っても9800円(税込)です、多分。  (ためしにgoogleなどで調べてみてく... [続きを読む]

受信: 2005/03/07 10:53

» αリポ酸 入荷情報 [楽天・amazon何するものぞ 我々にはstore-mixがある]
現在一ヶ月待ちの状態が続いているαリポ酸関連商品ですが、一部3月18日発送の商品が入荷されています。... [続きを読む]

受信: 2005/03/12 13:01

» コレステロール・中性脂肪分解 [teku.jp[美容・健康・ダイエット]]
中性脂肪 とは人間の体内に存在する脂質(脂肪)のことです。エネルギーを体内に貯蓄するための形態であり、私たちの 皮下脂肪 は、そのほとんどが 中性脂肪 です。 中性脂肪 は体温を一定に保ったり、外部からの衝撃から内臓を守るクッションの役割を果たしたり、身体を動かすエネルギー源として働きますが、一方で、現代のような豊かな生活環境の中では、過度な蓄積となり、肥満 の要因にもなっています。 ダイエット を行うにはこの 中性脂肪 が邪魔なのですが、筋肉はそのまま 中性脂肪 を燃やす事はできません。 ... [続きを読む]

受信: 2005/11/03 21:30

« レンコンで花粉症対策 | トップページ | 韓国料理で美肌 »