« 腹横筋を鍛えて腰痛予防・ダイエット・便秘解消 | トップページ | ミトコンドリアの不思議 »

若返りの3大補酵素により細胞内から老化防止

 年齢とともに減少していく若返りの3大補酵素(コエンザイムQ10、αリポ酸、L-カルニチン)を補うことにより、若いときと同じように細胞が活性化され、若々しさを取り戻すことができる。

老化による影響
1.皮膚の新陳代謝が低下し、艶がなくなる
2.細胞の機能が低下し、疲れやすくなったり、視力や聴力などが低下する
3.やせにくく太りやすい

若返りの3大サプリメント
コエンザイムQ10:細胞のエネルギーを生み出すための補酵素
αリポ酸:糖を分解しエネルギーの原料に変える補酵素
L-カルニチン:脂肪を分解しエネルギーの原料に変える補酵素

生命活動に必要なエネルギーを生み出すミトコンドリア
 呼吸したり体温維持したり運動したりする生命活動に必要なエネルギーは、全身60兆個の細胞すべてに存在するミトコンドリアで作られている。ミトコンドリアでは糖や脂肪を原料にATPというエネルギーが作られている。
 コエンザイムQ10は、ATPを作るために必要な酵素を運ぶ働きをしている。コエンザイムQ10は、20代をピークに歳とともに減少していく。歳を取るとATPが十分に作られないため、筋肉や臓器の働きが鈍くなっていく。
 αリポ酸は、糖を分解してATPの元になるアセチルCoAを作る働きをする。αリポ酸も年齢とともに減少していく物質である。歳を取ると糖を十分に分解できなくなるため、やせにくく太りやすい体になる。
 L-カルニチンは、体内で脂肪の代謝に関わる重要な物質である。L-カルニチンは、ミトコンドリア内膜に存在し、血中の脂肪を取り込んでいる。取り込んだ脂肪を分解し、ATPの元になるアセチルCoAを作る。L-カルニチンが多い場所は、全身の筋肉と心臓の心筋である。心臓が動くために必要なエネルギーの70%は脂肪から作られており、L-カルニチンが重要な働きをしている。L-カルニチンは、アミノ酸のリジン・メチオニンから体内で合成して作られているが、年齢とともに合成量が低下し、減少していく。L-カルニチンは肉類に多く含まれ、特にラム肉に豊富に含まれている。しかし、加齢で減ったL-カルニチンをラム肉で補うには1日に500g摂る必要があり、食事から摂取するのは難しい。L-カルニチンの摂取量の目安は、1日に300mg~500mgである。

αリポ酸、CoQ10、L-カルニチンをミックスしたサプリが遂に登場!
他社製品とは配合量が違います!
この【CoQ10 100+αリポ酸100+L-カルニチン1000】は、コエンザイムQ10を100mg、αリポ酸を100mg、L-カルニチン1000mg(いずれも8粒/日)も配合した保健機能食品(栄養機能食品)です。



|

« 腹横筋を鍛えて腰痛予防・ダイエット・便秘解消 | トップページ | ミトコンドリアの不思議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/3845339

この記事へのトラックバック一覧です: 若返りの3大補酵素により細胞内から老化防止:

« 腹横筋を鍛えて腰痛予防・ダイエット・便秘解消 | トップページ | ミトコンドリアの不思議 »