« 全く飲まず食わずで普通に生活する人々 | トップページ | カビによるアジュバント効果 »

人体透視能力を持つ少女

 ロシアのナターシャ・デムキナさん(18歳)は視力を切り替えることで体内を透視することができるという。彼女は、医者よりも正確に病気を言い当ててしまう。しかも、顕微鏡でしか捉えることができないものまで見ることができるという。多くの人が、彼女に診察してもらおうと押し寄せている。

10歳のときに目覚めた特殊能力
Natasha
 ナターシャの特殊能力は彼女が10歳の時に盲腸手術を経験した時に身に付いたものなのではないかと推測される。盲腸手術を終えたナターシャは全く体を動かす事ができず、帰宅すら困難であった為、不審に思った医師は超音波で体内を検査した。すると、彼女の腸内に脱脂綿が置き去りにされていた事が判明したという。その後ナターシャは再び手術を受け、何とか様態は回復した。それから一月後のこと、母親に向かって奇妙な事を言い出した。「お母さんの体の中に掃除機のチューブみたいなものが見えるわ。それと2つの豆と牛の心臓みたいなトマトもね。」
 掃除機のチューブは腸、豆は腎臓のことである。最初は全くの冗談だと取り合わなかった母親だが、あまりに頻繁に話すので心配になり小児科へ連れて行った。真剣に説明する母親の言葉を重く見た病院は、被験者を前に立たせて見えたものを書かせるという実験を行った。ナターシャは被験者の内臓を事細かに書き始めた。しかし、本当の奇跡はこの後起こった。超音波で検査しなければ分からない消化器系の疾患が描かれていたのだ。しかも検査の結果はナターシャの絵と一致していた。ナターシャの力が初めて証明された瞬間だった。始めはこの能力に戸惑ったというナターシャだが、今は神に与えられた役目だと思っていると話す。

顕微鏡でしか捉えられない病状を透視
 レリック・ロパエフ・エドワルドさんは、ナターシャのお陰で命拾いしたという。彼は医師から結核と診断されたのだが、治療を続けても悪化の一途をたどり、一向に良くならなかった。そんな時噂を聞いてナターシャのもとを訪ねた。ナターシャはレリックの肺を透視した。そして、結核ではないという診断を下した。しかし彼女にはその病気が何なのかわからず、絵に描いてレリックに見せた。
 レリックは、別の病院で診察を受け、結核ではなく「サルコイドーシス」であるとの診断を受けた。サルコイドーシスとは原因不明の多臓器疾患で、結核の症状に似た異常な細胞の塊が至る所にできる病気で、もし結核に使われる強い抗生物質を使用し続けていたら生命を脅かす危険もあったのだ。驚いたレリックは、医者にナターシャの描いた絵を見せたところ、それはサルコイドーシスの細胞組織に酷似していたという。ナターシャは顕微鏡でしか見ることのできない病原体を正確に描写していたのだ。

病巣からの信号をキャッチ
 彼女の能力は、単に人体を透視するだけではない。体を数秒間眺めるだけで、すぐに悪いところが分かってしまう。彼女は自分の能力について次のように語っている。
「2重の視野を持っているようなものなのかもしれないわ。それは自分で切り替える事が出来るの。例えば人の体の中を見ようと思ったらこっち、普通の時はこっちって言う風にね。体の組織全てが見えるの。見えたもの、体の中にある悪いものをどういう風に説明していいかは分からないけどね。体の中に悪いものがあると、そこから何か一定のパルスを感じるのよ。それと、この透視が出来るのは何故か昼間だけで夜は見る事が出来なくなるの。」

動物でも透視可能
 患者自身の外見的特徴や表情から病気を推測しているのではないかという疑いもあるため、動物を使って実験が行われた。実験には、7年前に右の後ろ足に手術を受けたサルーキー犬(7歳)が使われた。ナターシャは、じん帯の形が違うと右の後ろ足を指した。また、骨髄が破壊されているように見えると言った。実はこの犬は右後ろ足の骨髄の中にステンレスを入れていた。さらにナターシャはその手術はだいぶ以前に行われたものではないかと聞いた。骨髄の周辺に新しい組織が形成しているのが見えたという。

写真でも透視可能
 彼女は写真を見ることで透視することもあるという。さらに、その写真には患部が映っていなくても、パスポートの写真ほどの上半身が映っていればよいという。肝臓に問題がある人の写真を使って実験が行われた。その写真に患部は映っていなかった。透視を始めて数分後、彼女は「肝臓についてですが、右側が大きくなっています。」と話し始めた。さらに肝臓の右の部分の組織が一部変形しているところがあるという。後日CTスキャンで精密検査を受けたところ、脂肪肝の位置とほぼ一致した。

透視のメカニズム
 透視中の彼女の様子をサーモグラフィーで観察したところ、顔の温度が急激に上がることがはっきりと確認できた。透視中には、頭部の血流が増加し、特殊能力を発揮するためにより多くのエネルギーが使われていると思われる。
 すべての物質からは波動が出ている。彼女は、その波動を映像化して見ることができるのではないだろうか。正常な細胞から出る波動と異常な細胞から出る波動は異なっていると考えられる。彼女は、その異常な波動をとらえて、病巣をすぐに見つけることができると考えられる。写真でも透視できるのは、写真を通してその人と遠隔でつながり、その人の波動を見ることができるためではないだろうか。
 ナターシャは、持っている特殊能力を活かし、さらに多くの人を救うためにモスクワ大学医学部に進学して猛勉強中である。

(参考)
フジテレビ「奇跡体験!アンビリバボー」(2005/5/12)
世界が透けて見える - X線の眼を持つ少女
世界が透けて見える - X線の眼を持つ少女 (2)

|

« 全く飲まず食わずで普通に生活する人々 | トップページ | カビによるアジュバント効果 »

コメント

ナターシャの記事を見ての件ですが、私は、オーリングで毎日、人体の病気の透視をしています。名前だけで、本人がいなくてもどこに異常があるか?・・いたって簡単に的中させて喜ばれています。仕事は、気功治療を開業しています。
一日で最低4、5人は病気の透視をして、既に。千人以上の病気の透視を経験しています。
ナターシャの透視は本物であるのは明らかでしょう。

興味がありましたらご連絡をください。
                   こう庵

投稿: こう庵 | 2008/11/14 01:09

このような少女がいれば、病人を見つける事が可能であろう。

投稿: 心霊主義 | 2010/06/25 14:49

いいや、あり得ないね。
人間の目の構成上からみてX線が見える訳がないだろ。
海外の科学者達は皆、カルト教団とグルなんだよ。
きっとこれは日本人を騙すためでっち上げに決まってる。
例え外国人は騙せても、優秀な日本人は騙せはしない。

投稿: ゴメス | 2010/06/26 13:09

まったく下らない。
超能力などというものは元から存在しない。
この少女は将来、インチキ如何様師と呼ばれるであろう。

投稿: まもす | 2010/08/24 16:05

残念ながら、これは嘘である。
なぜなら、この少女の透視能力はジェームズ・ランディの「100万ドル超能力チャレンジ」で、インチキである事が暴かれているからである。

投稿: 心霊否定 | 2011/06/18 22:58

そのとおりです、心霊否定様。
このナターシャとか言う偽超能力者、ジェームズランディの出した予備テストにすら合格しなかったな。
「子どもだからインチキを行なうはずがない」という意見は、まったく説得力がない。
このわずかなイカサマ防止策をすると、ナタリアの自称超能力は突然消え失せてしまったのだ。
超能力が存在しないことは、ジェームズ・ランディによって完璧に解明されているのです。

「今日はまたひとつ超能力など存在しないことが証明されました。証明できない力を信じてはいけない。それは皆さんの人生さえ脅かすことになります。国家であれ個人であれ、イタズラに超能力を信じ込んでしまうのは極めて危険なことなのです。カルトです。このことを是非とも肝に銘じてほしい」と、ジェームズ・ランディはメッセージを残したのです。
よって超能力は100%存在しない。
科学をしっかりと学んだ人は超能力など信じません。

投稿: | 2011/10/12 19:56

よいことに使われている能力をあなたが身をもって体験もなしに否定していること自体が非科学的ではないですか?

科学・科学と言っている人ほど、科学の何をしっているのかわかりません。歴代の多くの科学者達が(有名でも無名でも)がる多くの歴代の有名な科学者たちが、
また、目に見えない(空気)聞こえない(ラジオ)、光るはずのないものから光(電球)を作ったりしてきた歴代の科学者を否定するのですか?


超能力を否定する人たちは、その否定したいインチキ超能力者でさえあなたの目の前であったこともないのにただただ否定ですか?これじゃ食べもしないのにまずいと言うただの好き嫌いの激しい子供と一緒ですね。机上の空論です。

それから「心霊主義者さん、だれも日本をだますなんてかいてありませんよ。」
ゴメスさんもまもすさんもインチキ・インチキとただいうことに何の意味があるのか意味不明です?

心霊否定さん
別に心霊ではないですよ。心霊の意味も調べてください。
超能力という言葉と心霊を意味を一緒にならべて同じように解釈するかたが多いので、とにかく公の辞書や言葉を定義してあるウィキペディアなどで調べてみてください。ちゃんと調べて言葉にすることもあなたがたがいう科学ではないですか?

投稿: 科学とはなんですか? | 2012/11/16 02:00

>科学とはなんですか?
>よいことに使われている能力をあなたが身をもって体験もなしに否定していること自体が非科学的ではないですか?

おいてめぇコノヤロー。
じゃぁ聞くけどよぉってめぇこそ良い霊能者に会っていい体験をしたことあんのか?

あと、赤外線やX線は目に見えないとかいってる基地外糞馬鹿野郎共がたくさんいるけど、赤外線は高感度カメラを使えば見れるしX線はレントゲンを使えば見える。

>超能力を否定する人たちは、その否定したいインチキ超能力者でさえあなたの目の前であったこともないのにただただ否定ですか?これじゃ食べもしないのにまずいと言うただの好き嫌いの激しい子供と一緒ですね。
>机上の空論です。

なぁっそんなことはなぁ、論文や新聞、テレビのニュースを見れば分かるだろうがぁっ。
超能力をいつどこで誰が解明したのか?えぇっ
もし本当に超能力が本当に実在する能力ならエントロピーの法則に反するだろうがぁてめぇこのやろぉ。
超能力だとぉ、心霊だとぉっ、これが本当なら今までの科学者達は全員インチキの如何様師になっちまうだろてめぇ。
そんなことも分かんねぇのかよっおぉっ。

信じる信じない以前に、超能力は手品なんだよ。
まともな科学論文にも超能力なんか一言も載ってねぇんだよ、本当に載ってたら日本中で大センセーションを巻き起こすだけでなくノーベル賞ものだろ。
ちゃんと科学者の本を読んで考えろっつってんだよおいっ。
超能力者がインチキなのはテレビ番組でも明らかになってんだろぉ?
本物なら隠す必要ねぇじゃんかよっ。
答えは簡単、嘘だから堂々と披露できないんだよ。
テレビに出演する超能力者は能力を出す方法を教えてほしいと頼んでもまったく教える気はないだろっ。
もし俺が超能力者なら、テレビで堂々と見せてそれが嘘ではないことを証明するぞ。
科学者を否定するのなら一流の科学者「大槻義彦教授」の本やブログをちゃんと読んでから否定肯定しやがれ。

科学が高度になったこの時代に超能力とか心霊などのオカルトを信じてる糞基地外馬鹿がまだいることに驚いた。
じゃぁ聞くけどよぉっもし風船が1億個、空に飛んでそのうち風船が1個だけでも割れずに地上へ戻ってくると言えるなら、その根拠を教えてほしい。
けど、風船は標高8000mまでいくと割れてしまう。
風船は空に飛んだら地上へ戻ってくることはない。
もし戻ってくるのなら、これは物理法則に反するからだ。
アァンッ分かんねぇのかオイッ。
科学の基礎とか物理法則とか分かんねぇのかテメェコノヤロー。

投稿: 科学は正しい | 2012/11/26 20:10

科学は正しいさん
まず口が悪いよ。
ろくに調べもせずにただひたすら否定ですか?
卑怯ですよ

投稿: | 2013/10/15 00:12

独り事ですよ。一人言。
ちからの使い方を間違えると奪われるんじゃないかなぁ。
何の為に頭と身体があるのでしたっけね。
あと、捉え方は人それぞれ。否定は何も生みませぬ。
より多くの方が広い視野、感覚を持ってゆけることを
切に願います。

投稿: ちょっと未来ちゃん | 2013/10/28 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/4141316

この記事へのトラックバック一覧です: 人体透視能力を持つ少女:

« 全く飲まず食わずで普通に生活する人々 | トップページ | カビによるアジュバント効果 »