« ミトコンドリアの不思議 | トップページ | 超常現象を解明する鍵「ハチソン効果」 »

シソの優れた健康パワー

 シソは、ガン抑制効果、アレルギー改善効果、ダイエット効果、若返り効果などがあり、注目を集めている。

シソの香気成分
 シソの香気成分(ペリルアルデヒド)は、殺菌・防腐作用があり、葉を刻むことによりさらに効果が高まる。ほかに食欲増進、整腸、解毒作用などもある。

シソのロズマリン酸
 シソに含まれるロズマリン酸は、糖の消化を阻害する作用があり、血糖値を下げ、血液をサラサラにする効果がある。炭水化物は、麦芽糖に分解され、さらに分解酵素マルターゼによりブドウ糖に分解される。ロズマリン酸は、マルターゼの働きを抑える効果がある。麦芽糖は体内に吸収されないため、糖の摂取量が抑えられ、ダイエット効果もある。
 以前話題になったクミスクチン茶には、シソの10倍のロズマリン酸が含まれている。

シソ油のα-リノレン酸
 シソ油にはα-リノレン酸が含まれている。α-リノレン酸は、必須脂肪酸の一種で、細胞膜の原料になる重要な物質である。細胞膜は、必要なものを取り込み、不要なものを排出する機能を持っている。その機能が低下すると、有害物質が細胞内に侵入し細胞を傷つけ、生体そのものの機能が落ちて老化が進みやすくなる。老化が一番現れやすいのが肌であり、肌の細胞の水分が不足気味になり、乾燥肌になる。
 α-リノレン酸は、体内でEPAに変化し、血栓を防ぎ、血液の流れをサラサラにする働きがある。脳卒中、心臓病などの成人病を効果的に予防する。また、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患の症状を軽減する効果もある。
 α-リノレン酸の必要摂取量は4gであるが、日本人の平均摂取量は1.3gであり不足している。シソ油を毎日小さじ1杯摂ると良い。α-リノレン酸は酸化しやすいため、加熱調理には向いていない。そのまま野菜サラダなどにかけて食べたほうが良い。

|

« ミトコンドリアの不思議 | トップページ | 超常現象を解明する鍵「ハチソン効果」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/3961094

この記事へのトラックバック一覧です: シソの優れた健康パワー:

« ミトコンドリアの不思議 | トップページ | 超常現象を解明する鍵「ハチソン効果」 »