« 若返りの3大補酵素により細胞内から老化防止 | トップページ | シソの優れた健康パワー »

ミトコンドリアの不思議

 人間の60兆個の細胞すべてに存在し、1つの細胞の中に数百個存在するミトコンドリアは、非常に小さな器官であるが、生命を維持するために必要なエネルギーを生み出す非常に重要な器官である。

生命エネルギーを生み出すミトコンドリア
ミトコンドリアは、糖や脂肪を原料にATP(アデノシン三リン酸)というエネルギーを作り出している。そのエネルギーにより、筋肉を動かしたり、体内の化学反応に必要な熱を生み出したり、細胞分裂により新しい細胞を生み出したりしている。ATPを作るときに重要な働きをしているのが、コエンザイムQ10、αリポ酸、L-カルニチンである。
・コエンザイムQ10は、ATPを作るために必要な酵素を運ぶ働きをしている。
・αリポ酸は、糖を分解してATPの元になるアセチルCoAを作る働きをしている。
・L-カルニチンは、ミトコンドリア内膜に存在し、血中の脂肪を取り込み、脂肪を分解し、ATPの元になるアセチルCoAを作る働きをしている。
 これらのコエンザイムQ10、αリポ酸、L-カルニチンは、年齢とともに減少していくので、ミトコンドリアが老化に関わっていると考えられている。

細胞を自滅させるミトコンドリア
 ミトコンドリアは、エネルギーを生み出して生命を維持させるとともに、アポトーシス(細胞の自滅)を引き起こす働きも持っている。DNAの中の遺伝子は、細胞分裂を繰り返していくうちに間違ってコピーされたり、活性酸素によって傷つけられたりして異常な細胞が増殖しガン細胞になることもある。ミトコンドリアは、アポトーシスにより異常な細胞を死滅させ、排除する機能を持っている。
 昆布などのヌルヌル成分に含まれるフコイダンには、ガン細胞のアポトーシスを促進させる効果があると考えられている。

母親のみから受け継ぐミトコンドリアDNA
 細胞核内の染色体にあるDNAは両親から遺伝子を受け継ぐが、ミトコンドリア内にあるDNAは母親のみから遺伝子を受け継ぐ。10代先祖をさかのぼると核内のDNAは1024人の遺伝子が掛け合わさったものとなるが、ミトコンドリアDNAは母親のみから受け継ぐので一人の女性に行き着く。したがって、ミトコンドリアDNAを調べると先祖のルーツを容易にたどることができる。さまざまな人のミトコンドリアDNAを調べたところ、アフリカの女性にすべての人のミトコンドリアDNAの共通点が見出されたので、アフリカの女性の先祖が全人類の祖先であると考えられている。この全人類の祖先は、ミトコンドリア・イブと呼ばれている。

|

« 若返りの3大補酵素により細胞内から老化防止 | トップページ | シソの優れた健康パワー »

コメント

初めまして、突然申し訳ありません。

2週間ほど前から「週刊!ブログランキング」の運用を行っております。
貴サイト様を拝見させて頂きまして大変興味深いブログだと感じました。
宜しければ当ランキングに参加登録して頂けませんでしょうか?
○ http://kutsulog.net/

更新情報の通知設定に対応してますのでPING送信して頂ければ、
記事タイトルや更新状況を表示し、カテゴリ毎に新着記事ヘッダーがご紹介されます。
ご参加されていない方もカテゴリ毎にブログチェックが出来る等、
ご紹介機会が単なるランキングと違い多くあるのが特徴です。

また、当サイトも、ご参加サイト様からのアクセスに頼るだけのランキングサイトでは無く、
SEO対策・メルマガ・雑誌広告など広範にサイトプロモーションを行い、独自のアクセス強化を図っていきます。

是非、ご登録を宜しくお願い致します。

投稿: 週刊!ブログランキング管理人 | 2005/05/01 06:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/3929080

この記事へのトラックバック一覧です: ミトコンドリアの不思議:

» 沖縄モズク由来フコイダン。その効き目は!? [サプリの世界.com]
フコイダンとは? フコイダンとは、硫酸化多糖成分の相称で、モズクやコンブ、ワカメ、ヒジキ、メカブなどの海藻類に含まれるヌルヌルを構成する主要成分の一つです 沖縄モズク由来フコイダンはスゴイ!フコイダンはアラメ、ホンダワラ、コンブ、モズクなど多くの海藻類に含まれている事がわかっています。 フコイダンの効き目は? ◇食物繊維がたっぷり 便通には即効性があります。1週間、食すれば宿便、老廃物、異物を体外に排出します。 ◇赤ちゃん肌のように 老廃物除去により、新陳代謝が活発... [続きを読む]

受信: 2005/05/15 07:14

» フコイダン [通販中毒]
1913年にスウェーデンのウブサラ大学の教授であったキリンは、褐藻類の昆布やヒバマタから硫酸基のついた粘質物を単離しフコイジンと名付けました。フコイダンとはこのフコイジンのことで、フコースをはじめ、ガラクトース、マンノース、キシロース、グルクロン酸、アルギン... [続きを読む]

受信: 2005/05/28 09:28

« 若返りの3大補酵素により細胞内から老化防止 | トップページ | シソの優れた健康パワー »