« クレソンで老化防止 | トップページ | 血管を若々しく保つパプリカ »

カルシウムとコラーゲンの良い関係

 骨の健康を保つにはカルシウムだけでは不十分。骨の成分でカルシウムに次いで多いのがコラーゲンです。骨を鉄筋コンクリートのビルに例えると、コラーゲンが鉄筋、カルシウムはセメントといったところです。どれだけセメントが強くても、鉄筋部分が弱くてはしっかりとしたビルになりません。骨の種類や部位によって違いはありますが、骨のカルシウムとコラーゲンの割合はおよそ2:1です。
 コラーゲンは、美しい肌やしなやかな血管を作るためにも重要な栄養素です。

カルシウムとマグネシウムのバランス
 カルシウムとマグネシウムの比率は、2:1が理想的です。体内のミネラルバランスが崩れ始めると、筋肉や神経の機能が低下し、全身に様々な悪影響があります。さらに体はなんとかバランスを保とうと、足りないミネラルを骨や筋肉から奪うようになります。

大豆イソフラボンの働き
 大豆イソフラボンは大豆の胚芽に多く含まれるフラボノイドの仲間で、女性ホルモンのエストロゲンと似た構造を持っています。カルシウムにとっても大切な働きをする、重要な成分です。

「カルコラーゲン」がお勧め
カルシウムとマグネシウムとコラーゲンを理想的なバランスで配合。
うるおいある美しさをサポートするイソフラボン、ビタミンK2、ビタミンD3も配合された健康・美容食品です。
ワダカルシウム製薬 『カルコラーゲン』【ワダカルシウム製薬の健康食品 [Wadacal Shop]】

|

« クレソンで老化防止 | トップページ | 血管を若々しく保つパプリカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/4319436

この記事へのトラックバック一覧です: カルシウムとコラーゲンの良い関係:

« クレソンで老化防止 | トップページ | 血管を若々しく保つパプリカ »