« 胃潰瘍にハチミツが効果的 | トップページ | 奇跡の水!!マイナス水素イオンの固体化を実現 »

3分で肩コリ解消、タイプ別解消法

 肩コリには三つのタイプがある。タイプによって原因が異なるため、タイプによって解消法も異なる。3分で肩コリが解消するタイプ別解消法を紹介する。

1.背中から肩コリタイプ
 背中からくる肩コリの主な原因は、肩甲骨を動かさないことである。2人に1人がこのタイプである。現代人の生活は腕を上に挙げたり後ろに回したりする機会がほとんどないため、肩甲骨周辺の筋肉がこりやすい。肩甲骨を動かさないと、その周辺の筋肉の血行が悪化し、筋肉が硬くなり動きが悪くなる。その影響により、背中から肩にかけての僧帽筋に広がり肩コリとなる。
2.腕から肩コリタイプ
 子供を抱っこしたり長時間のパソコン作業など、腕を硬直させたままの姿勢を続けると、前腕の疲れを上腕でカバーし、上腕の疲れを肩がカバーし、そして肩甲骨がカバーして肩周辺の筋肉に負担がかかり、肩コリになる。5人に1人がこのタイプである。
3.首から肩コリタイプ
 正常な首の骨は、弓なりにカーブすることで約5kgの頭を支えている。首から肩コリタイプの人は、首の骨が真っ直ぐに伸びている。原因の一つは猫背である。猫背の人は首が前に傾くため、頭の重みがすべて首にかかってしまう。その結果、弓なりにカーブしていた首の骨が徐々に真っ直ぐになってしまう。それと同時に首周辺の筋肉が圧迫され血流が悪化する。首だけでは頭の重みを支えきれなくなり、肩に負担がかかり肩コリになる。また、高すぎる枕で寝ることも首の骨が真っ直ぐになる可能性が高くなる。首から肩コリタイプは、ゆがんだ身体が根本原因であるため、最も肩コリ解消が困難なタイプである。

背中から肩コリタイプの解消法
 背中から肩コリタイプは、肩甲骨を意識的に動かし、肩甲骨周辺の筋肉のコリをほぐすことが重要である。肩周辺の血行が良くなり、肩コリが解消する。

1.腕を高く挙げる運動
 腕を左右交互に斜め上に高く挙げる運動を1分間行う。肩甲骨上部にある筋肉の血行改善に有効である。
katakori1

2.肩を回す運動
 腕を身体の前で回しながら肩も一緒に回す運動を1分間行う。僧帽筋全体と肩甲骨の間にある筋肉をほぐす。
katakori2

3.胸を反らす運動
 両手と片足を前に出し足を戻しながら両手を後ろに引き胸を反らす運動を1分間行う。胸を反らしたときに左右の肩甲骨がなるべく接近するように行う。肩甲骨の間の筋肉と僧帽筋下部の筋肉をほぐす。
katakori3

腕から肩コリタイプの解消法
 腕から肩コリタイプは腕をひねるのがポイントである。腕をひねることで腕の筋肉が伸びて血流が改善される。

1.深呼吸運動
 手の甲を前で合わせ深呼吸をしながら後ろにひねって広げる動きを4回行う。
katakori4

2.腕回し運動
 大きく腕を回す運動を外回し内回しを4回ずつ計8回行う。
katakori5

3.上体ひねり運動
 両腕を2回ずつ左右に振って身体をひねり、大きく斜め上に振る運動を左右1回ずつ行う。肩の力を抜いた状態で行う。
katakori6

4.深呼吸運動
 1と同じ運動をもう一度行う。
katakori4

5.肩上下運動
 肩を軽く8回上下させる。
katakori7
1~5を3回繰り返すと3分間で終了する。

首から肩コリタイプ
 首から肩コリタイプは、首を曲げたり伸ばしたりすることがポイントである。これらの運動により縮こまっていた筋肉が伸ばされ、硬くなった筋肉が柔らかくなる。また、首の骨の可動域が広がり、本来の弓なりの形に戻りやすくなる。

1.頭水平運動
 頭の上で手を合わせ首を水平左右に4往復させる。
katakori8

2.頭前後運動
 胸の前で手を合わせ首を前後に4往復させる。
katakori9

3.頭回転運動
 そのままの姿勢で首を後ろからゆっくり回転させ、左右2回転ずつ行う。
katakoria
1~3を5回繰り返すと3分間で終了する。

(2005年05月29日 発掘!あるある大事典II)

|

« 胃潰瘍にハチミツが効果的 | トップページ | 奇跡の水!!マイナス水素イオンの固体化を実現 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/4475368

この記事へのトラックバック一覧です: 3分で肩コリ解消、タイプ別解消法:

« 胃潰瘍にハチミツが効果的 | トップページ | 奇跡の水!!マイナス水素イオンの固体化を実現 »