« 汗腺が退化し夏バテしやすい人が急増中 | トップページ | 太陽系第10惑星発見!! »

急増中の怖い糖尿病

 日本の糖尿病患者740万人、予備軍も含めると1620万人といわれ約6人に1人の割合、しかも急増している。糖尿病の一番の原因は肥満であるが、日本人は小太り程度でも糖尿病になりやすく、国民病ともいえる。

怖い糖尿病の合併症
 糖尿病は、放っておくとさまざまな合併症を引き起こし、失明したり、人工透析が必要になったり、脳梗塞や心筋梗塞により死に至ることもある非常に怖い病気である。糖尿病の三大合併症といわれているものが、網膜症、腎症、神経障害である。
網膜症
 網膜の細い血管がもろくなって眼底出血を起こす病気で、進行すると失明する。日本では成人の失明原因の第一位が糖尿病性網膜症で、年間3000人以上が失明している。
腎症
 腎臓で糸球体という部分の細い血管が硬くなり、血液の濾過機能が弱まる病気である。血糖値の高い状態が続くと腎臓の働きが悪くなり、透析が必要となる。糖尿病では腎不全で年間およそ6400人が新たに人工透析を受けている。
神経障害
 手足がしびれたりマヒしたり、尿の出方が弱くなったりいろいろな神経障害を引き起こす。
動脈硬化性疾患
 血糖値が高くなると血液がベトベトの状態になり、血管も硬くなり詰まりやすくなる。心筋梗塞は正常者に比べて約2倍、脳梗塞は正常者に比べて約3倍なりやすい。
感染症
 糖尿病になると体の抵抗力が落ちて、風邪、肺炎、膀胱炎、皮膚の化膿など感染症にかかりやすくなる。

糖尿病の予防
 糖尿病の原因は、肥満、食べ過ぎ、運動不足、ストレスであり、それらを解消することが糖尿病の予防となる。
 ダイエットによる肥満解消と血糖値を下げる効果のある食材としてゴーヤ(にがうり)がある。
 ゴーヤに含まれる成分であるポリペプタイドPが、インスリンと似た効果を持っている。糖尿病の治療薬は血糖値を下げすぎて低血糖になってしまうこともあるが、ゴーヤにはその心配がないことが近年わかってきている。
 また、ゴーヤに含まれる共役リノール酸は、脂肪の代謝だけを促進し、筋肉を落とさずダイエットできると注目を浴びている。共役リノール酸は、体脂肪の燃焼を促進するほか、ガンの予防や進行、動脈硬化(血管の老化)の抑制にも役立つので、腎病、心筋梗塞、網膜症などの、糖尿病の合併症にも効果がある。

ゴーヤの有効成分を効果的に摂ることができる発酵ゴーヤー茶

発酵ゴーヤー茶 30包セット【アイデア100選会】

L-カルニチンと共役リノール酸(ゴーヤー種子)のベストコンビが体脂肪を燃やし、ガルシニア・キトサンで無駄な脂肪が体につくのをガッチリガード

ハリー【悩み★ケア TAMAKO倶楽部】

|

« 汗腺が退化し夏バテしやすい人が急増中 | トップページ | 太陽系第10惑星発見!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/5001034

この記事へのトラックバック一覧です: 急増中の怖い糖尿病:

» 脳梗塞、糖尿病を救うミミズの酵素 [貴方の身体は病んでいる]
脳梗塞、糖尿病を救うミミズの酵素 価格: 1,365円 販売元: 楽天ブックス ... [続きを読む]

受信: 2007/08/31 16:54

« 汗腺が退化し夏バテしやすい人が急増中 | トップページ | 太陽系第10惑星発見!! »