« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

糖鎖の優れた抗ガン作用

 人間の身体には、本来ガンを防ぐ機能が備わっている。そこで重要な働きをしているのが糖鎖である。糖鎖の働きによりガン細胞を発見し、攻撃細胞に情報を伝達してガン細胞を撃退する。健康を維持するために糖鎖を正常な状態にすることが重要である。

糖鎖について
 糖質は、これまでエネルギー源としてしか考えられていなかった。ところが、近年の研究により糖質が生命維持に重要な働きをしていることが判ってきた。私たちの体を構成する細胞は、その表面を500~10万もの糖鎖で覆われている。糖鎖とは、8種類の糖質が鎖状につながった細胞の触覚のようなものである。
参考:世界の医学界が注目!糖鎖のパワー!

ガン細胞の異常な糖鎖
 糖鎖は先端が何本かに枝分かれしているのが普通であるが、細胞がガン化するとこの枝分かれが異常に増えていく。私たちの体内では、1日に数千個のガン細胞が発生しているが、免疫細胞の司令塔マクロファージが体内をパトロールし、それが持っている糖鎖によりガン細胞を感知し、攻撃細胞に情報を伝達してガン細胞を駆遂している。マクロファージの糖鎖が正常な状態になっていないと、ガン細胞を見逃してしまうことになる。

糖鎖の優れた抗ガン作用
 糖鎖を正常に保つために必要な8種類の糖質を総称して「糖鎖構造栄養素」という。糖鎖構造栄養素が体内に十分に補充されていれば、細胞は正しい糖鎖が形成される。糖鎖が正常であれば、マクロファージは、的確にガン細胞を発見し、情報伝達物質インターフェロンも活発に分泌するようになる。攻撃細胞のNK細胞やT細胞の糖鎖も正常であれば、インターフェロンにすばやく反応し、ガン細胞を確実に駆遂するようになる。
 糖鎖構造栄養素は、ガン治療効果を高める上でも有効である。化学療法や放射線療法を受けると、免疫機能が低下することになるが、糖鎖構造栄養素は、その免疫機能を回復させてくれる。また、化学療法や放射線療法は、活性酸素の発生を増大させるが、糖鎖構造栄養素は、強力な抗酸化物質グルタチオンが肝臓で産生されるのを促進してくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴマの驚異の若返り効果

 世界中の医学会がゴマに注目し、様々な健康効果が明らかになってきた。ゴマに含まれる抗酸化物質「ゴマリグナン」に驚くべき若返り効果があることが判った。

ゴマリグナン
ゴマリグナンとは、
・セサミン
・セサモール
・セサモリン
・セサモリノール
・セサミノール
・ピノレジノール
の6種類の抗酸化物質の集合体である。

老化の原因
 ミトコンドリアの中でエネルギーを作り出すときに酸素が使われるが、その副産物として活性酸素も作り出される。その活性酸素が細胞を傷つけ、老化の原因の一つとなっている。活性酸素が最も多く発生するのは肝臓であり、全体の約7割が発生している。肝臓内では体内物質のほぼ全ての合成・分解が行われており、そのときに活性酸素が発生している。本来肝臓には酵素SODという防衛手段が備えられており、活性酸素を除去し、肝臓を守っている。しかし、このSOD活性は加齢と共に減少し、肝臓の防衛能力が低下する。さらに、現代人は、タバコ、お酒、高脂肪食、ストレスなど活性酸素を増加させる要因が多く、肝機能は加速度的に低下する。肝臓は全身の細胞に栄養を配り、細胞から出た老廃物を回収して処理する。肝機能が低下すると身体に老廃物が溜まるために、疲労物質の蓄積による疲労感や肌荒れ、運動しても痩せない身体になり、全身の老化が進んでいくことになる。老化を引き起こす大きな要因は、肝機能低下である。

ゴマリグナンの働き
 老化を防止するには抗酸化物質を食べ物から摂取することが必要である。しかし、抗酸化物質にはそれぞれ役割がある。
水溶性抗酸化物質として、
・カテキン
・アントシアニン
・ビタミンC
がある。脂溶性抗酸化物質として、
ビタミンE
βカロテン
ゴマリグナン
がある。水溶性抗酸化物質は、血管内の活性酸素を除去する働きをするが、細胞膜が脂質でできているので細胞内に入りにくい。脂溶性抗酸化物質のビタミンEとβカロテンは、血管内の活性酸素を除去し、さらに細胞内に入り込むことができるが、血管内でほとんど使われてしまって細胞内に到達したときは、かなり弱体化している。ところが、ゴマリグナンは血管内では姿を変えていて活性酸素は攻撃せず、無傷のまま肝臓の細胞内に入ることができる。ゴマリグナンは肝臓内で100%の力を発揮する。つまり、ゴマリグナンは肝臓内で直接働く唯一の抗酸化物質である。

ゴマの効果
・肝機能改善
 ゴマリグナンにより肝臓内の活性酸素が除去されて肝機能が改善される。
・美肌効果
 ゴマを摂ることにより肝機能がアップし、全身の老廃物が回収されて新陳代謝が促進されるため、美肌効果が現れる。3週間ゴマを摂り続けたところ、肌水分年齢が90歳から24歳に、肌油分年齢が90歳から24歳に、肌弾力年齢が90歳から50歳に大幅に改善された人がいる。
・ダイエット効果
 3週間、大さじ1~2杯のゴマを摂り続けたところ、体重が4.1kg減った人や体脂肪率が1.8%減少した人など、ダイエット効果が得られた。
 ゴマリグナンには、肝臓で脂肪の分解を促進し、脂肪を燃焼しやすくする働きがある。消化吸収された脂肪酸は肝臓に運ばれて、β酸化酵素により分解され、ミトコンドリアに取り込まれて燃焼しエネルギーとなる。ところが、β酸化酵素も加齢と共に量が低下し、脂肪酸がミトコンドリアに入りにくくなり、血液中に脂肪があふれ、高脂血症や高コレステロール血症になり、肝臓の細胞の外側に溜まれば脂肪肝になる。歳を取ると痩せにくくなるのは、β酸化酵素の減少が原因の一つである。ゴマリグナンは、β酸化酵素と同じ働きをするため、脂肪が燃えやすくなる。

効果的なゴマの摂り方
 ゴマには、黒、白、金の三種類あるが、ゴマリグナンの量に大きな違いはない。生ゴマは、ゴマの表皮が硬く消化が悪いためほとんど吸収されない。炒りゴマは、ゴマリグナンの一部が変化し、生ゴマに比べて約12倍抗酸化力がアップする。すりゴマは、すって表皮を細かく壊すことで消化が良くなる。炒っただけのゴマに比べて、炒ってすったゴマは、約3倍ゴマリグナンの消化吸収が良くなる。ゴマをペースト状になるまですり、調味料に混ぜて使うと、さらに消化吸収が良くなる。
 炒ってすったゴマやペースト状ゴマを毎日大さじ1~2さじ摂ることをお勧めする。炒るときは、200度くらいの高温で5秒くらい4~5粒跳ねたらOKである。

(2005年8月21日 あるある大事典Ⅱ)

【【胡麻粥】ゴマのゴマリグナン・セサミンパワー!胡麻と寒天で食物繊維たっぷりダイエット!】

胡麻と寒天で食物繊維たっぷりダイエット!セサミン・ビタミンEでアンチエイジング【胡麻粥】【ビューティリタ】


となりまちショッピングモール Store-mix.com

| | コメント (1) | トラックバック (2)

世界の医学界が注目!糖鎖のパワー!

 ガン、アレルギー、リウマチ、肝炎、心筋梗塞、脳卒中、高血圧、糖尿病、骨粗しょう症、肥満など200種類以上の病気を感知し対処するように機能する糖鎖の驚くべきパワーに世界の医学界が注目を集めている。

糖鎖とは
 細胞から毛のように伸びている糖の鎖を糖鎖という。糖鎖は、8種類の糖が色々な並び方をしており、細胞によってそれぞれ異なる。その並び方を認識して、相手とつながったり、相手を攻撃するように働いたりする。糖鎖の働きによって、細胞と細胞の結合が決められている。細菌やウィルスにも糖鎖があり、その糖鎖が人間の細胞の糖鎖を感知して、のどの部分で悪さをしたり、お腹の部分で悪さをしたりする。
 人間の体内には、細菌やウィルスの糖鎖を感知する監視細胞があり、監視細胞が感知すると、その情報を攻撃細胞に伝達し、攻撃細胞が細菌やウィルスを攻撃してやっつける。この糖鎖の働きが正常に働いていないと細菌やウィルスに侵され、様々な病気を引き起こす。
 年を取ると糖鎖が切れやすくなる。赤血球は糖鎖が切れると壊れてしまう。したがって、糖鎖を切れにくくすることも大事である。
 糖鎖が正常に働かなくなると、免疫力などが弱くなるだけでなく、免疫異常を引き起こし、特にアレルギー症状が強くなる。

tousa

糖鎖を作る
 糖鎖を作るには、糖質とCoQ10(コエンザイムQ10)が必要である。
 糖には200種類あるが、糖鎖はその中の8種類で作られている。食べ物から摂ることができる糖としてグルコース、マンノース、フコース、ガラクトース、キシロースの5種類がある。後の3種類は体の中で合成して作られる。
・グルコース(ブドウ糖)   穀類
・マンノース        コンニャク
・フコース         モズク
・ガラクトース       ヨーグルト
・キシロース        メープルシロップ
コンニャクは消化されにくいので良く噛んで食べたり、粉コンニャクを使ったりするとよい。モズクに含まれるフコースも吸収されにくい物質であるが、納豆と一緒に食べると納豆菌の働きにより吸収されやすくなる。ヨーグルトとメープルシロップは混ぜて食べるとよい。
 糖質を糖鎖の材料になりやすくさせるには、その食品を1週間に1~2回以上定期的に摂ることが大切である。グルコース以外の糖は、吸収されにくい物質であるが、それを吸収できるように働くのが腸の中の菌である。定期的によることにより、腸の中の環境が整えられて吸収されやすくなる。
 糖鎖を作るときに、補酵素であるCoQ10が必要である。CoQ10は、エネルギーを作り出すときに使われるが、CoQ10が不足すると糖鎖を作るほうに手が回らなくなる。したがって、CoQ10は多めに摂る必要がある。
 食品から摂ることが難しいN-アセチルグルコサミン、N-アセチルガラクトサミン、N-アセチルノイラミン酸の3種類の糖は体内で合成されるが、そのときにCoQ10が必要である。CoQ10の一日に必要な摂取量は60~100mgであり、食物からだけでは不十分である。サプリメントで補うしかない。サプリメントは、CoQ10が脂溶性なので、食後に摂ったほうが吸収率が高くなる。また、ビタミンE、EPA、DHAといっしょに摂ると吸収率が良くなる。

食品100g中のCoQ10量
イワシ   6.5mg
サバ    4.5mg
豚     4.1mg
牛     3.2mg
ピーナッツ 2.8mg

糖鎖の働きを良くする
 糖鎖の働きを良くするには、レクチンとビタミンA,C,Eが必要である。
 インゲン豆に多く含まれるレクチンは、糖鎖の働きを高め、免疫グロブリンを作って肺ガンや肺炎を防ぐ効果も高いことが判った。インゲン豆の中でも金時豆は、レクチンの量が多く、また、ポリフェノールの一種であるアントシアニンも含まれており効果を高めてくれる。レクチンは水溶性なので、汁物にして食べるのが良い。
 糖鎖を正常な働きにするには、抗酸化物質であるビタミンA,C,Eを摂ることが大事である。ビタミンA,C,Eを豊富に含む食材としてかぼちゃがある。

(2005年5月13日 おもいっきりテレビ)

【ビタミンEやEPA、DHAも配合された『カラダナビ CoQ10』】

カラダナビコエンザイムQ10【★☆★ケンコージョイ★☆★】

となりまちショッピングモール Store-mix.com

| | コメント (1) | トラックバック (0)

死亡要因トップの生活習慣病

 日本人の死亡要因の6割を占める生活習慣病、しかも増加傾向にあり若年化も進んでいる。また、闘病生活で苦しむことも多い。生活習慣病を予防して楽しい人生を送りましょう。

日本人の死亡要因
 1998年の統計によると、日本人の死亡要因の上位3位は、ガン、心筋梗塞などの心臓病、脳梗塞などの脳卒中で、全体の60%を占めている。
 ガンは遺伝子に多段階におきた変化が集積された結果発生する慢性疾患で、生活習慣関連病として考えられている。遺伝子の変異を促す要因として「喫煙が30%」「食生活が35%」「感染症が10%」関与していると考えられている。また、活性酸素により遺伝子が傷つけられてガン化することもある。
 心筋梗塞や脳梗塞は、カロリーの摂り過ぎや高脂肪食により血液がドロドロの状態になり、血栓ができて、心臓の血管や脳の血管が詰まることにより引き起こされる。

shibou


生活習慣病の予防
 生活習慣病を予防するには、禁煙、食生活の改善、適度な運動、ストレスの発散をすることが必要である。
 サプリメントとしては、S-アリルシステインがお勧めである。S-アリルシステインは、アホエンより強力な抗酸化作用があるだけでなく、ガン予防、高血圧改善、アルツハイマー予防、動脈硬化予防、心臓疾患予防と様々な症状に有効性が確認されている。

参考記事
アホエンより強力なS-アリルシステイン
アホエンの驚異のパワー

【にんにく最強の有効成分!高濃度含有 【熟成乾燥にんにく(粉末)】】

熟成乾燥にんにく(粉末)【にんにく卵黄専門店・にんにく玉本舗】

となりまちショッピングモール Store-mix.com

| | コメント (0) | トラックバック (2)

固まらない寒天に抗ガン作用の可能性

 寒天は、糖尿病、高コレステロール、肥満、高血圧の改善や予防に効果があることが分かってきた。また、「固まらない寒天」には、ガンを抑制する可能性もあることが分かってきた。

「固まらない寒天」とは
 寒天は、酸の強いレモン汁などと一緒に煮ると、冷めても固まらなくなる。これは、本来固める性質のある食物繊維の網目構造が酸によって分解され、短く切れてしまうことにより起こる。この成分は、食物繊維の働きを失って、腸から体内へ吸収されるようになる。この成分をガン細胞に加えたところ、細胞の核がバラバラに壊れて、ガンが抑制されることが分かった。現時点では試験管レベルであるが、将来的にはガン抑制効果が認められる可能性がある。
固まらない寒天によりガン細胞の核がバラバラになった様子
kantengn

「固まらない寒天」の作り方
材料
・水    2カップ
・粉寒天  4g
・レモン汁 大さじ2
・砂糖   大さじ2
作り方
1.アルミ以外の鍋にすべての材料を入れ、ひと混ぜしてから火をつける。
2.沸騰するまで木ベラで混ぜ続け、沸騰したら火を弱火にして3分間加熱する。
3.粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
冷蔵庫で約1週間保存できる。3分間加熱するのがポイントである。短すぎると固まってしまう。

サラダなどにトッピング
 野菜サラダやフルーツサラダなどにかけて食べるとさわやかな味になりおいしい。
イカ、きゅうり、パプリカにドレッシングと固まらない寒天をかけた例
kantensd

寒天入りジュース
 固まらない寒天をジュースなどに混ぜて飲むと手軽に寒天を摂ることができる。
固まらない寒天1/3、野菜ジュース1/3、豆乳1/3を混ぜたドリンク
kantenjc

関連記事
寒天の驚異のパワー!!血糖値・コレステロール値・血圧・体重・体脂肪率に効果

業務用粉寒天

業務用粉寒天 500g2袋セット:1341600x2【夢展望】

となりまちショッピングモール Store-mix.com

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ほうれん草で目の視力低下予防

ほうれん草に豊富に含まれるルテインは、紫外線などで発生する活性酸素を減らし、水晶体が傷つくのを防いでくれる。ほうれん草の摂取によって白内障のリスクが約35%低下することが分かった。ルテインの1日の摂取量の目安は6mgである。

ルテインの含有量(100g中)
ほうれん草  10.2mg
ブロッコリー  1.9mg
レタス     1.8mg
グリーンピース 1.7mg
芽キャベツ   1.3mg

【美しく・健康な目のために♪●1日3粒で目に必要なルテインをしっかり摂取できちゃいます!●目の疲れを取るアントシアニンもたっぷり配合!!】

【ルテイン&アントシアニン】8月上旬より順次出荷予定となっております♪【★Growup★コスメから雑貨まで人気アイテムが満載!】

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »