« 太陽系第10惑星発見!! | トップページ | 固まらない寒天に抗ガン作用の可能性 »

ほうれん草で目の視力低下予防

ほうれん草に豊富に含まれるルテインは、紫外線などで発生する活性酸素を減らし、水晶体が傷つくのを防いでくれる。ほうれん草の摂取によって白内障のリスクが約35%低下することが分かった。ルテインの1日の摂取量の目安は6mgである。

ルテインの含有量(100g中)
ほうれん草  10.2mg
ブロッコリー  1.9mg
レタス     1.8mg
グリーンピース 1.7mg
芽キャベツ   1.3mg

【美しく・健康な目のために♪●1日3粒で目に必要なルテインをしっかり摂取できちゃいます!●目の疲れを取るアントシアニンもたっぷり配合!!】

【ルテイン&アントシアニン】8月上旬より順次出荷予定となっております♪【★Growup★コスメから雑貨まで人気アイテムが満載!】

|

« 太陽系第10惑星発見!! | トップページ | 固まらない寒天に抗ガン作用の可能性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/5320931

この記事へのトラックバック一覧です: ほうれん草で目の視力低下予防:

» 子供の視力 [子供の視力@子供の視力を守ろう!]
子供の視力生まれたばかりの赤ちゃんの眼球の構造は、大きさが少し小さい以外、ほぼ成人と同じ程度に完成してるそうです。でも網膜から脳へ信号を伝えて映像にする仕組みが育っていない為、視力はまだ、非常にわずかです。その網膜から脳へ信号を伝えて映像にする仕組みは、実際に物を見て網膜から脳の神経に刺激が加わることで成長するんだそうです。ですから、乳幼児の頃に、目からの刺激を与えてあげる事は、視力を正常に発達させる為にとても重要なんですね。 実際、視力の発育するスピードは、生後間もない時期...... [続きを読む]

受信: 2007/07/04 16:50

« 太陽系第10惑星発見!! | トップページ | 固まらない寒天に抗ガン作用の可能性 »