« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

腸内環境改善でアレルギー・カゼ・ガンなどを予防

 アレルギーやカゼをひきやすい、便秘や下痢で腹痛になりやすいなどの症状はありませんか。現代人は、食生活やストレスの影響で腸内環境が悪化し、免疫力が低下してアレルギーやカゼ、感染症、ガンなどに侵されやすくなっている。

第二の脳「腸」の働き
 腸は、腸内に入ってきたものを、体に必要なものか、体に害を及ぼすものかを自ら判断し、必要な栄養成分は吸収し、有害なものは無毒化するように働きかけ、間に合わない場合は下痢を起こして体外へ排出するように働いている。このような働きを自らの判断で行っているので、腸は第二の脳と呼ばれている。
 腸は、免疫機能の司令塔でもある。リンパ球の60%が集まっており、有害な細菌やウィルスを排除し、全身の免疫力を活性化している。小腸にあるパイエル板で侵入物質を監視し、リンパ節で有害物質かどうかを判断し、有害物質であった場合、全身のリンパ球へ侵入物質の情報を伝え、体全体を警戒態勢にする。

腸の機能を低下させる要因
 偏食や不規則な生活を繰り返していると腸の機能が低下し、リンパ節の判断能力が低下する。また、腸内の悪玉菌が増えると、腸内の粘膜を傷つけボロボロの穴だらけにし、有害物質が侵入しやすくなる。それが、全身のIgE抗体を増やす結果となり、皮膚炎、鼻炎、花粉症などのアレルギーを引き起こす。
 健康な人でも1日に数千個のガン細胞が発生しているが、免疫機能が正常であれば、ガン細胞を発見して除去してくれる。ところが、免疫機能が低下していると、常に発生している微小ガン細胞を見逃す結果となり、大きなガンに成長することにもなりうる。

腸内環境を改善する方法
1.発酵食品を摂る
 善玉菌を多く含むヨーグルト、納豆、キムチなどの発酵食品を摂ることにより腸内環境を改善できる。ただし、菌が生きて腸まで届くことが重要である。このような菌や菌を含む食品を「プロバイオティクス」という。代表的なものとしてビフィズス菌がある。また、乳酸菌を摂ることもビフィズス菌を増やすことにつながる。
 効果的な摂り方として、ビフィズス菌は胃酸に弱いため、胃酸の少ない食後に摂るのが良い。また、菌にはいろいろな種類があるため、同じ種類のものを最低一週間以上続けて摂取したほうが良い。
2.食物繊維を摂る
 食物繊維は、善玉菌の餌になるほか、悪玉菌を吸着し排泄してくれる。食物繊維を含む食材としては、めかぶ、オクラ、ヒジキ、干し柿、ゴボウ、リンゴ、アボガドなどがある。特に干し柿は、食物繊維の王様で、干し柿の小2個でゴボウ1本分の食物繊維を含んでいる。また、海藻から作られる寒天は、約80%が食物繊維であり、食物繊維が豊富である。
3.オリゴ糖を摂る
 オリゴ糖は、ビフィズス菌の餌になるので、発酵食品と一緒に摂ると効果的である。オリゴ糖を多く含む食品としては、きな粉、ごぼう、たまねぎ、ハチミツなどがある。
4.多糖体を含む食品を摂る
 昆布やメカブやアロエなどに含まれる多糖体は、粘膜のバリアとなるIgA抗体を活性化する働きがある。腸内の粘膜や肺や鼻の粘膜も強化されるため、花粉症やぜんそくなどのアレルギーも改善される。さらに、多糖体の一種であるフコイダンは、ガン細胞を自滅させる働きもある。
5.ストレスを溜めない
 ストレスは、小腸を中心として腸管の機能に重大な影響を与えている。小腸は、自律神経を含む末梢神経の50%が集まっている。したがって、小腸はストレスの影響を非常に受けやすい。したがって、良い音楽を聴いたり、お風呂につかったり、散歩したりしてストレスを溜めないようにすることが大切である。

参考記事
若い世代を蝕む小腸の免疫機能低下
アレルギーに関与するIgA抗体とIgE抗体の違い
フコイダンの驚くべきパワー!

【納豆菌で腸内環境改善】

納豆キナーゼ ナトフェミン【納豆キナーゼ のナビオ】

【フコイダン、ミネラル、アルギン酸、セルロースが豊富なガニアシ】

ガニアシ【風神さんのカイゲン健康食品オンラインショップ】

| | コメント (0) | トラックバック (1)

血液サラサラ効果と記憶・学習能力を高めるイチョウ葉エキス

 中国ではイチョウの葉や実は、ぜんそくや気管支炎の漢方薬として使われていた。ヨーロッパでは、めまい、耳鳴り、頭痛、記憶力低下などの脳機能障害に対する医薬品「テボニン」がイチョウ葉エキスから開発された。アメリカでは、脳機能障害や頭の良くなる健康補助食品として普及した。

イチョウ葉エキスのフラボノイド
 フラボノイドは、植物に微量だけ含まれ、紫外線の害から植物を守っている。フラボノイドは、毛細血管を拡張し、血行を促進したり、脳の老化を防いだり、老化を促す老廃物を除去する働きがある。イチョウ葉エキスには、13種類のフラボノイドが含まれており、その中でもフラボノイドが重なった「二重分子フラボン」が特有の成分として6種類含まれている。その血液循環効果は、フラボノイドの3倍も高い。

イチョウ葉エキスのテルペン類
 イチョウ葉エキスには、ギンコライドとビロバライドというイチョウ葉にしかないテルペン類が含まれている。
 ギンコライドは、アレルギーの諸症状を改善するのに大変有効である。また、血管内皮細胞から放出される血小板活性化因子を抑制し、血栓ができるのを抑制する。
 ビロバライドは、記憶力を向上させる働きがある。ビロバライドをネズミに与えたところ、記憶との関連性が高いといわれる海馬領域のアミノ酸量が増大することが確認されている。

イチョウ葉エキスの血液サラサラ効果
 フラボノイドとテルペン類のどちらにも血液循環を良くする効果があるが、一緒に摂ることにより、さらに効果が高まる。毛細血管を広げ、血栓ができるのを防ぎ、赤血球の柔軟性を高め、血液をサラサラにする効果がある。フラボノイド類が24%、テルペン類が6%という比率が最も効果が高いことが確認されている。1日の摂取量の目安は100~150mgである。

イチョウ葉エキスの脳活性効果
 イチョウ葉エキスは、脳血管障害や脳血管障害型痴呆脳神経疾患に驚異的な治療効果を示すことが報告されている。その場合に脳の毛細血管の血流量が著しく増加することが認められており、活性酸素による脳細胞の破壊をイチョウ葉エキスが阻止していると考えられる。
 脳の記憶中枢の海馬においてアセチルコリンという神経伝達物質がある。イチョウ葉エキスは、アセチルコリンを増やしたり、脳細胞の中に取り込みやすくする作用があることが報告されている。

【ギンコービローバー30】

ギンコービローバー30【美美くらぶ】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »