« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

脳にいい食材「サトイモ」

 サトイモのぬめり成分に含まれるガラクタンは、脳の神経細胞の材料になる。ガラクタンが、脳の神経細胞を作り、脳を元気に働きやすくする。

サトイモの効果的な食べ方
 サトイモのぬめりを取らないことが重要である。まず、サトイモの皮をむかないで下ゆでする。こうすると、ぬめりを残したまま簡単に皮をむくことができる。これを他の野菜と一緒にコトコト煮込み、クリームシチューにすると、とろみがついてコクが出る。同じようにしてグラタンにしても良い。

(2005年10月23日 あるある大事典Ⅱ)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

チョコレートで高血圧予防

 最近の研究により、チョコレートに血圧低下作用があることが判明し、全米中で話題になった。

カカオポリフェノール
 高血圧患者20名にチョコレートを15日間食べ続けてもらったところ、最高血圧が135.5mmHgから123.6mmHgへ、最低血圧が88.0mmHgから79.6mmHgへ改善された。チョコレートに含まれるカカオポリフェノールが血管の拡張を助け、血圧を低下させる。血管を拡張させる物質はNO(一酸化窒素)であるが、カカオポリフェノールは、NOを働きやすくさせる作用がある。

チョコレートの摂り方
 チョコレートのカカオ含有量が60%以上のものをカロリーバランスを計算しながら1日に30~120g摂取すると良い。ただし、牛乳と一緒に摂取すると、乳脂肪がポリフェノールの吸収を阻害するため、本来の作用が低下する。ミルクチョコレートも同様である。

(2005年10月23日 あるある大事典Ⅱ)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

現代人は眼の老化が加速!

 現代人は、若くても視力が良くても眼の重要な機能が衰えている人が急増している。眼の老化は徐々に進行してしまうため、本人が自覚したときにはかなり進行してしまい、機能回復が手遅れになることが多い。眼の老化は、近くがぼやける老眼以外に、周辺視野が狭くなったり、暗視力が低下したりする。

眼の周辺視野老化診断
1.白い紙の真ん中に黒い点を書き、指3本・2本・1本間隔で左右に3つずつ直径1cm位の円を書く。
2.こぶし2つ分の高さに眼を近づけて両手にペンを持つ。
3.中心点から視線を外さず、左右同時に円の中にペン先を入れていく。
すべての円の中にペン先を入れることができたら正常。1つでも外れたら眼の周辺視野が50代以上に衰えている可能性がある。
eyetest


周辺視野が狭くなる原因
 眼に入った光は網膜で像を結ぶが、50代から網膜の老化が加速し、視界の端の細胞から働きが低下し、鮮明に映像化できなくなる。若い人でも周辺視野が狭くなっている人は、中性脂肪値や血糖値が高い人が多い。中性脂肪値や血糖値の高い人は、血液がドロドロで、血液の流れが悪くなり、網膜の細胞が栄養不足になり、周辺視野の能力が衰える。網膜の細胞は、常に映像化するために働いているので、血液中の栄養を大量に必要とする。網膜は、視界の端ほど細胞の数が少ないため、視界の端から衰えていく。

周辺視野の復活法
 網膜への血液は、首の内頚動脈を通り、眼の裏側から運ばれている。したがって、首の血流を良くすることがポイントである。内頚動脈はあご骨近くを通るので、あごを良く動かすことにより血流が良くなる。
1.40℃のホットタオルで10分間首全体を包み込む。
2.「あるある」と発声し、30回あごを大きく動かす。

眼の暗視力の老化
 眼は、暗い所では瞳孔が広がり、より多くの光を取り込むようにしている。瞳孔を開閉している虹彩筋は、50代頃から衰え、瞳孔を大きく開けられなくなる。現代人は、暗い所で過ごす時間が少ないため、若くして虹彩筋が老化している人が急増している。

暗視力の復活法
1.壁などの明るいところを10秒見つめる。
2.眼を開けたまま両手で眼を覆い10秒間視野を暗くする。
これを10回繰り返し、1日3セット行う。

(2005年10月23日 あるある大事典Ⅱ)

| | コメント (1) | トラックバック (5)

脂肪を燃やすダイエット新理論

 アメリカで新理論の有酸素運動が大ブームになっている。従来は20分以上有酸素運動を続けないと効果がないと言われていた。新理論の有酸素運動は、1日3分で効果があり、従来の3倍以上の脂肪燃焼効果が期待できる。1年半で75kg(140kg→65kg)やせた人や16ヶ月で53kg(120kg→67kg)やせた人がいる。

有酸素運動のダイエット効果
 有酸素運動は、まず血液中の脂肪が燃焼し、そのまま続けると体温が上がり、脂肪分解酵素リパーゼが活性化し、脂肪細胞に溜まった脂肪を分解し、血中に流し出して燃えやすい状態にしてくれる。リパーゼが活性化するまでに約20分かかる。したがって、体脂肪を効率よく燃焼するには20分以上の有酸素運動が必要とされていた。

有酸素運動の新理論
 有酸素運動の新理論とは、有酸素運動に無酸素運動を組み込んだことである。無酸素運動とは、瞬間的に強い力を必要とする運動で、筋力トレーニングや100m走などである。無酸素運動のときに使われるエネルギーは、糖質(グリコーゲン)で、酸素は不要である。
 無酸素運動を取り入れたことで、脂肪燃焼効果を高める3つのスイッチが作動する。
1.心拍数を急速アップ
 まず、無酸素運動を行うことで短時間で心拍数が上昇する。これによって通常の有酸素運動よりも3倍以上も脂肪燃焼効果が高まる。脂肪燃焼効果が高い理想の心拍ゾーンは、平常時より60%~80%増加したところである。心拍数の上昇で血流がアップし酸素の供給量が増加し、脂肪燃焼に必要な酸素が大量に運搬されることになる。この酸素が脂肪を効果的に燃やしてくれる。
2.毛細血管の血流アップ
 無酸素運動を行うと毛細血管の血流が良くなる。これによって身体の隅々まで酸素が行き届き、より脂肪が燃えやすくなる。さらに、無酸素運動を継続的に行えば、筋肉量も増加し、基礎代謝が上昇して脂肪が燃えやすい身体になる。
3.体温を急速に上昇
 無酸素運動で体温が上昇し、脂肪分解酵素リパーゼが活性化する。リパーゼは、体温が0.5℃~1℃上昇すると活発に働き出す性質がある。リパーゼは、脂肪細胞を分解して脂肪を血中へ送り出す。

新有酸素運動の方法
 新有酸素運動は、無酸素運動と有酸素運動を30秒ずつ繰り返し、3分間行う。30秒以上全力で無酸素運動を行うと疲労物質の乳酸が限界まで溜まってしまい、筋肉がそれ以上動かなくなる。乳酸発生の限界値まで最速32秒である。乳酸が溜まる前に有酸素運動に切り替えて乳酸を分解していく。新有酸素運動は、疲れが溜まりにくい運動である。
【無酸素運動(バンザイスクワット)】
1.直立して手を真っ直ぐ上に伸ばす
2.しゃがんで床に手をつける
3.腕に体重をかけて身体を後ろにまっすぐ伸ばす(腕立て伏せの姿勢)
4.しゃがんだ体勢に戻り再び身体を上に伸ばす
これを30秒間繰り返す。
【有酸素運動】
軽く飛び跳ねるようにその場でジョギングする。
これを30秒間繰り返す。
 無酸素運動30秒、有酸素運動30秒を3セット、1日3分間行うだけでよい。1日の仕事を始める前に3分間の新有酸素運動を行ったほうが、効率よく脂肪を燃焼させることができる。新有酸素運動により、毛細血管の血流が良くなり、酸素が細部まで送られ、さらに脂肪分解酵素リパーゼも活性化しており、脂肪を燃焼しやすい身体に変化しているので、その後も引き続き身体を動かすことによって、脂肪が効果的に燃焼する。

(2005年10月16日 あるある大事典Ⅱ)

| | コメント (1) | トラックバック (7)

奇跡の水、小クラスター水

 水は通常、複数の分子が結合してクラスターを形成している。このクラスターが小さいほど浸透力と溶解力が強く、水分が体の隅々まで行き渡り、老廃物を溶かして体外へ排出してくれる。その結果、新陳代謝が活発になり、体の免疫力も強化されるので、健康に良い水とされており、活力水、活性水、πウォーター、ナノクラスター水など様々な商品が開発されている。

水のクラスターとは
 水は水素分子2個と酸素分子1個で1つの水分子を構成している。しかし、実際の水は、1個の水分子が自由に動き回っているわけではなく、最小でも5個から12個の単位でまとまって行動している。この集団のことをクラスターと呼んでいる。このクラスターが小さいほど浸透力と溶解力が強く、体の隅々まで行き渡るので、健康に良い水とされている。
 水のクラスターを小さくする方法として、強力な磁石を利用する方法、遠赤外線を利用する方法、二価三価鉄塩(Fe2、Fe3、Cl5)を利用する方法などがある。

小クラスター水の効果
1.鮮度保持力
 実験室の室温やその他同条件の中で、活力水に10分間浸したみかんと、水道水に浸したみかんの75日後の様子を比較してみると、活力水に浸したものは抗菌性が増し、また水分とともに食品成分を内に閉じ込めるため鮮度保持期間が長くなる。
mikansendo

2.保水力・保湿力
 別の物質と結合した場合、水道水と比べ水分蒸発速度が遅い。食品の水分率を保持するため、野菜・果実等が変質しにくく、みずみずしさが長続きする。

3.発芽・発育力
 かいわれ大根の発芽状態を比較してみたところ、活力水を使用して育てたものの方が数多く発芽し、発育も優れていた。
kaiware

4.浸透・抽出力
 昆布だしの抽出状態を比較すると、活力水を利用した方が、短時間でだしが抽出されており、その量も2倍以上であることが確認された。また、だし材料が30~50%削減できることも確かめられた。

5.溶解力
 黒砂糖を加熱溶解後放置すると、活力水の方は結晶化せず溶解力に優れていることが判った。また味をみると、水道水の方は甘みにくどさが感じられたが、活力水は味がマイルドだった。

6.防錆力
 鉄管に活力水を循環させたものと、水道水を循環させたものでは、前者の鉄管の方が、錆の出が明らかに少ないことが判った。これは、あらゆる病気の源である活性酸素の発生を抑え、病気の予防につながる。

「シャカシャカ」がお勧め
 小クラスター水である活力水を作れる「シャカシャカ」は、手軽に活力水を作れ、半永久的に使えるので経済的です。

魔法のシャカシャカ活水マイボトル【ホホエミネットショップ】

| | コメント (0) | トラックバック (3)

オレンジの皮でダイエット

 みかんやオレンジなどの柑橘類の皮の部分には、渋味成分の「シネフリン」が豊富に含まれている。最近の研究により、このシネフリンに脂肪分解に関わるアドレナリンを働きやすくし痩せやすい体に改善してくれるダイエット効果があることが分かった。特に、まだ熟していない青い皮の方が完熟している皮より4~5倍(227mg/g)のシネフリンを含んでいる。
 青いオレンジを皮ごと2ヶ月間食べ続けてもらったところ、総コレステロールが352から172に、中性脂肪が285から145に大幅に改善され、ドロドロ血がサラサラ血に改善したそうである。また、2年間で20kg(72kgから52kg)のダイエットに成功した人もいる。
 皮の部分は渋味が強いので、ヨーグルトに混ぜてジュースにして飲むと良い。

(2005年10月2日 あるある大事典Ⅱ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »