« 2006年2月 | トップページ | 2006年5月 »

シイタケで美肌と健康

 シイタケに豊富に含まれるエルゴチオネインに驚異的な抗酸化作用があることが判り、アメリカで美肌と健康に良いと人気が高まっている。

エルゴチオネインの驚異的な抗酸化作用
 エルゴチオネインにビタミンEの7000倍の抗酸化作用があることが判明した。エルゴチオネインは、アミノ酸の一種で鶏レバーや小麦胚芽などに含まれていることが知られていた。ところが、シイタケには小麦胚芽の約40倍、鶏レバーの約15倍のエルゴチオネインが含まれていることが分かった。
 エルゴチオネインは、調理で加熱しても壊れない抗酸化物質であり、煮たり焼いたりしても抗酸化作用は変わらない。

(2006年4月24日 あるある大事典Ⅱ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きれいな腸は健康の源

 腸は第二の脳と言われるほど免疫機能の中枢が集まっている。腸内環境を整えることにより細菌やウィルスに対する抵抗力が高まり、病気になりにくく、また、病気やけがをしても治癒が早くなる。

腸の機能を低下させる要因
 偏食や不規則な生活を繰り返していると腸の機能が低下し、リンパ節の判断能力が低下する。また、腸内の悪玉菌が増えると、腸内の粘膜を傷つけボロボロの穴だらけにし、有害物質が侵入しやすくなる。それが、全身のIgE抗体を増やす結果となり、皮膚炎、鼻炎、花粉症などのアレルギーを引き起こす。
 健康な人でも1日に数千個のガン細胞が発生しているが、免疫機能が正常であれば、ガン細胞を発見して除去してくれる。ところが、免疫機能が低下していると、常に発生している微小ガン細胞を見逃す結果となり、大きなガンに成長することにもなりうる。

素早く腸内をきれいにするスムージーヨーグルト
 乳糖が主原料のスムージーヨーグルトは、摂取してから約3時間で効果が現れ、腸内の悪玉菌や老廃物を体外へ排出してくれる。腸壁にこびりついた老廃物を宿便という。宿便を取り除くことにより、免疫機能が働きやすくなる。また、身体に必要な栄養素と有害物質との選別が正常に行われ、ダイエット効果も得られる。身体に有害物質が溜まっているとやせにくい身体になる。有害物質を排出することによりやせやすい身体に改善することができる。

スムージーヨーグルト【問屋さん.net】

| | コメント (0) | トラックバック (2)

謎の生物「スカイフィッシュ」はモーションブラー現象か!?

 肉眼ではほとんど見ることができず、ビデオカメラでスロー再生しないと見ることができない謎の生物「スカイフィッシュ」は、実はモーションブラー現象だった可能性が高い。

スカイフィッシュ
 スカイフィッシュは、UMA(未確認生物)の一種。世界中で確認されていて、体長は60cm~2mと推定されている。棒状の体で、側面に帯状のヒレを持ち、空中を超高速(推定時速200km程度)で飛行する生物とされる。1995年、ビデオ編集者のホセ・エスカミーラが仕事中にビデオ映像をコマ送りすることによって発見した。
 メキシコ北部のゴロンドリナス洞窟で撮影されたスカイフィッシュ
Sukaifi4_2

ハエを使ってスカイフィッシュの撮影に成功
 大きな水槽にハエを入れて、1秒間に500枚撮影できるハイスピードカメラと通常のビデオカメラで撮影したところ、ハイスピードカメラでは1匹のハエとして撮影されたが、通常のビデオカメラでは棒状の体の両側に3回波打ったひれ状の物がついたスカイフィッシュと同様の物体が撮影された。これは、ビデオカメラのモーションブラー現象によるものである。
Skyfish

モーションブラー現象
 モーションブラー現象とは、対象物が高速で移動するとき、カメラなどがその形を捉えきれずに引き延ばしたように写る現象のことである。ビデオカメラは1/30秒で撮影しており、ハエは1秒間に約100回羽ばたいているので、1コマの間に3回波打った羽を持つ細長い物体に写ってしまう。
 スカイフィッシュは、昆虫などをビデオカメラで撮影したときにモーションブラー現象によって作り出された幻想である可能性が高い。

(2006年4月9日 特命リサーチ200X)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

わさびの若返り効果

 わさびの優れた若返り効果が注目され、アメリカで大ブームになっている。わさびに含まれるスルフィニルの強力なパワーで肌や肝機能を若返らせるという。

わさびで反射神経年齢が若返る
 わさびに含まれる辛味成分イソチオシアネートが味覚を刺激して脳の血流が向上し、脳細胞が活性化し脳の反応速度が向上する。また、イソチオシアネートは血小板の固まりを溶かし、血液の流れをサラサラにする効果もある。

わさびの強力な若返り効果
 老化の原因である活性酸素を除去する抗酸化物質には色々あるが、その中でも強力なものとしてゴマリグナンがある。わさびの抗酸化力は、ゴマに比べて1/5程度しかない。ところが、わさびに含まれるスルフィニルは、もともと人間が持っている抗酸化作用を高める働きがある。それにより、全身の抗酸化力がアップし、老化の原因である活性酸素を撃退してくれる。

スルフィニルが抗酸化物質GSTを活性化
 人間の体にはもともと抗酸化力をもつ物質が備わっている。その一つがGST(グルタチオン-S-トランスフェラーゼ)である。GSTは、1つ1つの細胞の核から生まれるため、全身に存在している。GSTは、活性酸素をはじめとする毒素が現れると発生し、活性酸素や毒素を無毒化し尿や汗とともに体外へ排出される。
 GSTは、加齢とともに働きにくくなり、活性酸素の除去能力が低下する。わさびを摂ると、スルフィニルが小腸から吸収され、およそ24時間体内を巡り続ける。スルフィニルが細胞にやって来ると、毒素と勘違いをしてGSTが発生する。活性酸素が発生する前にGSTが存在するため、活性酸素が発生しても、すぐにGSTが活性酸素を除去し、細胞が傷つけられるのを未然に防ぐことができる。肝臓では特に多くのGSTが発生し、活性酸素や有害ミネラルなどの毒素を無毒化している。
 スルフィニルは本わさびの細胞の中にブドウ糖と結合した形で存在している。本わさびをスルことで細胞が壊れ、別の細胞にあった分解酵素がスルフィニルとブドウ糖の結合を断ち切り、スルフィニルが外に出てくる。

わさびの効果的な摂り方
 スルフィニルは、本わさびにか含まれていない。チューブの場合は、本わさび入りと書かれたものが良い。効果が現れるには1日5g以上摂る必要がある。5gは小さじ一杯程度である。
 わさびのつんとくる辛味が苦手な場合は、熱を加えると辛味がなくなる。スルフィニルは熱に強いので、加熱しても問題ない。スープに混ぜたり、天ぷらに混ぜたりするとおいしくいただける。

(2006年3月26日 あるある大事典Ⅱ)

| | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年5月 »