« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

IH調理器の恐怖

 強力な電磁場によって鍋を温め調理するIH調理器、「火を使わないから安心」といううたい文句で急激に普及しているが、本当に安全なのだろうか。調理中に、頭痛、めまい、吐き気などを訴える人もいる。

電磁波の人体への影響
 電磁波の人体への影響については、様々な研究報告が行われている。そのひとつが、米国立ガン研究所のマーサ・リネット博士らのグループが15歳以下の小児白血病患者638人と健康な子供620人について調査したもので、2ミリガウスで1.24倍、3ミリガウスで1.39倍、5ミリガウスで3.28倍発症率が高いというものである。また、ガン細胞に電磁波を照射したところ、16倍早く増殖したという報告もある。
 私たちの体の中では、絶えず微小ガン細胞が発生しており、免疫細胞の働きにより微小ガン細胞が大きくなる前に除去されている。このバランスが保たれていればガンになることはないが、絶えず電磁波の影響を受けていると、このバランスが崩れることになる。電磁波により微小ガン細胞の増殖が早くなり、免疫細胞の働きを上回るとガンの発症となる。

現代社会に溢れている電磁波
 電磁波の影響は、距離の二乗に反比例して減少する。2ミリガウス以下が安全圏だとすると、IH調理器から1.5~2m離れる必要がある。そんなに離れたら調理できるはずがない。電磁波を出している機器はIH調理器だけではない。電子レンジからも強力な電磁波が出ており、1.5m以上はなれる必要がある。テレビのブラウン管や蛍光灯も1.5m以上離れたほうがよい。体に密着させる電気毛布は最悪である。電気毛布を使っていたところ、腫瘍が7つもできたという人もいる。
 頭に密着して使用する携帯電話は最悪である。携帯電話を長時間使っていると、頭痛がしたり耳の後ろが熱くなると訴える人が多い。携帯電話の急激な普及により、今後、脳腫瘍や脳障害の患者が増えるかもしれない。

送電線・変電所の電磁波の影響
 送電線や変電所からも強力な電磁波が出ている。以下のような話がある。
 大阪門真市の関西電力古川変電所近くの磁場強度は50から100mg。過去13年間の調査で白血病が大阪市平均の160倍にもなっているということ。また、同じ門真市の保育園の中庭で手に持った蛍光燈が光り、それを某写真週刊誌が記事にしようとしたところ圧力がかかって没になってしまった。そして、近所のトタン葺の風呂場は、電気がぴりぴりして風呂に入れないと関西電力に申し出たところ、屋根からアースを何本もとってやっと入れるようになった。(http://www.soulcamp.biz/denji/ogino.htmlより)


「検証IH調理器と電磁波被害 」
そして、オール電化と環境・未来・経済性について

著者:懸樋哲夫 /ガウスネット・電磁波問題全国ネットワーク
出版社:三五館
サイズ:単行本/61p
発行年月:2005年11月

| | コメント (3) | トラックバック (1)

体質別夏バテ解消法

 人には熱体質と寒体質がある。汗をかきやすい人は熱体質、汗をかきにくい人は寒体質である。体質によって、夏バテの解消法が異なる。

熱体質
 熱体質と寒体質では体の熱のこもり方が違う。熱体質の人は、たまった熱を放出できない。また、体が熱く睡眠不足になりやすく、疲れやすい。たまった熱を放出しようと代謝が高まり、エネルギーを使う。そのため、常に体は活動している状態となり、疲れやすくなってしまう。

寒体質
 寒体質の人は、クーラーの効いた部屋に行って体が冷えても熱を作れない。脂肪の燃焼効率が悪く、太りやすい。体が冷えると小腸の働きが低下し、消化酵素の分泌も低下する。そのため、食欲不振となり、下痢や便秘になりやすい。

熱体質と寒体質の水分量の違い
 熱体質と寒体質では、体内の水分量が違う。熱体質は体内の水分量が少なく、寒体質は体内の水分量が多い。体内の水分は、体温を下げる冷却水の働きがある。体内の水分量が少ないと上昇した体温を十分下げることができない。水分量が多すぎると体温を十分に上げることができない。

熱体質が水分不足になる原因
 熱体質の人は、水分が汗となって出ていく量が多いので、同じ量の水分を摂っても水分が不足しがちになる。それは、血液中の塩分濃度が高いためである。血液中の塩分濃度が高いと、細胞の水分が血管内に流れ込む。血液中の水分が多くなると尿や汗として排出され、水分不足となる。

寒体質が水分過多になる原因
 寒体質の人は、血管と細胞の間の水の行き来を調節しているアルブミンが減少している。アルブミンが減少すると、血液中の水分が細胞にしみこみやすい。そのため、水分過多になりやすい。

熱体質の夏バテ解消法
 熱体質の夏バテを解消する食材として枝豆がある。枝豆は、カリウム含有量が100g中0.59gで、カリウムが豊富に含まれている。カリウムは余分な塩分を排出する働きがある。カリウムは、血液中の塩分濃度を低く保ち、水分のバランスを保ってくれる。枝豆は、ゆでるより蒸したほうがカリウムが溶け出さないので、効果的に摂取できる。それ以外に、熱体質に効果のある食材として、トマト、スイカ、ナスなどがある。

寒体質の夏バテ解消法
 寒体質の夏バテを解消する食材としてとうもろこしがある。とうもろこしは、ロイシン含有量が100g中0.34gで、ロイシンが豊富に含まれている。ロイシンは、体が水分をため込むのを防ぐ働きがある。ロイシンを摂ることで、肝臓で作られるアルブミンが増加し、細胞への余分な水分の入り込みを防いでくれる。それ以外に、寒体質に効果のある食材として、ネギ、ニンニク、ショウガなどがある。

(2006年7月23日 あるある大事典Ⅱ)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

プール熱大流行、過去最大!!

 プール熱の患者が急増している。過去10年で最も多かった2004年に比べて約1.7倍に増加している。
 プールに入らなくても発症することがあり、39度前後の高熱や目の充血、のどの炎症などが3~5日続き、夏風邪と間違いやすい。高熱が続いたら、プール熱を疑い、病院に行くようにしましょう。
 ウイルスの種類によっては、脳炎、肝炎など深刻な症状になることもある。
 予防としては、
1.プール前後のシャワーや洗眼の徹底
2.タオル共有の禁止
3.食前や排便後の手洗い

参考:「プール熱」異常発生の兆候!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »