« タイムマシンの原理その5 | トップページ | タイムマシンの原理その7 »

タイムマシンの原理その6

 2036年からやってきたジョン・タイターが乗ってきたタイムマシンは、カーのブラックホールを利用しているらしい。その原理について少しずつ解説していく。今回は、カー=ニューマンのブラックホールについて解説する。

カー=ニューマンのブラックホール
 ロイ・カーが回転するブラックホールの解を発表してから2,3年後、ピッツバーグのエズラ・ニューマンとその同僚が、電荷を持ち回転するブラックホールの解を発表した。カー=ニューマンのブラックホールのペンローズ・ダイアグラムを下図に示す。正のCTL領域が追加された形となっている。リング状特異点を通り抜けなくても、正のCTL領域に到達できるので、過去にさかのぼることができる。
Penrose6

正のCTL領域
 リング状特異点の内側には、正のCTL領域つまり正の閉じた時間の環が存在する。カーのブラックホールには正のCTL領域は存在せず、負のCTL領域しか存在しなかった。しかも、負のCTL領域に行くにはリング状特異点の中心を通り抜ける必要があった。下図にカー=ニューマンのブラックホールのイメージ図を示す。リング状特異点に到達するまでに一方通行の膜が二つ存在する。リング状特異点の内側領域に正のCTL領域が存在する。リング状特異点の中心を通り抜けると負のCTL領域となり、さらに進むとそこは負の時空領域となっている。正の時空領域に戻り、一方通行の膜を二つ抜けて出てくると、そこは別の宇宙となっている。
Kerrnew_1

タイムトラベルの可能性
 カー=ニューマンのブラックホールは、リング状特異点の中心を通り抜けなくても正のCTL領域に到達できるので、そこで回転軸と反対方向に回転すると、その回った回数に応じて過去にさかのぼることができる。ただし、一方通行の膜が存在するので、元の宇宙に戻ることはできず、別の宇宙へ行ってしまう。その別の宇宙は、われわれの宇宙の離れた領域かもしれないし、パラレルワールドになっていて、われわれの宇宙とそっくりの宇宙かもしれない。

次へ進む:タイムマシンの原理その7
前に戻る:タイムマシンの原理その5

|

« タイムマシンの原理その5 | トップページ | タイムマシンの原理その7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/12079836

この記事へのトラックバック一覧です: タイムマシンの原理その6:

» 秘密神社 [秘密神社]
この神社に、お参りすれば、健康にご利益。                               目次エレベーター(手動式) [一階] 総合ショッピングモール。                        エレベーターで [地下一階] 医学論、環境論で、このブログのメインとなっております。  下へ降りる!... [続きを読む]

受信: 2006/09/30 17:58

« タイムマシンの原理その5 | トップページ | タイムマシンの原理その7 »