« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

タイムマシンの原理その9

 2036年からやってきたジョン・タイターが乗ってきたタイムマシンは、カーのブラックホールを利用しているらしい。その原理について少しずつ解説していく。今回は、超ひも理論のブレーンワールド仮説について解説する。

超ひも理論
 物質の最小単位である素粒子を大きさ0の「点」として重力を計算すると、値が無限大になるなど矛盾が生じることがあるため、物質の最小単位を「ひも」と仮定して考え出された理論が超ひも理論である。ひもの長さは10の-33乗cm(プランク長さ)と非常に小さい。ひもの振動の違いによって、ひもが様々な種類の素粒子に見える。

自然界の四つの力
 自然界には四つの力が存在する。重力、電磁気力、強い力、弱い力の四つである。強い力とは、陽子と中性子を結びつける力で、電磁気力の100万倍ほども強いが、到達距離は10の-14乗cmと短い。弱い力とは、素粒子の崩壊を起こす力で、電磁気力よりはるかに小さく、到達距離も10の-16乗cmと短い。弱い力を分かりやすくいうと、素粒子を変化させる力である。たとえば、孤立した中性子は、約15分の寿命で、陽子と電子と反ニュートリノに変化する。これは弱い力によって起きている。
 現在、重力以外の三つの力は、理論的に統一された一つの力として説明できる。超ひも理論が完成すれば、重力も含めて、すべての力が統一的に説明できると期待されている。

10次元時空
 超ひも理論を矛盾なく構築するには、この世界が少なくとも10次元時空である必要がある。しかし、われわれが知覚できるのは、X軸,Y軸,Z軸と時間軸の4次元時空である。残りの6つの空間次元は、われわれが知覚できない「余剰次元」となっている。余剰次元のサイズは、10の-33乗cm程度にコンパクト化されていると考えられている。

ブレーンワールド仮説
 ひもには、ループ状に閉じたひもとループになっていない開いたひもがある。開いたひもの端はどうなっているのかと考えたときに、膜にくっついているのではないかという理論が出された。それがブレーンワールド仮説である。ブレーンは英語の「membrane(膜)」からきている。膜は、必ずしも2次元の平面ではなく、3次元の立体ブレーンも考えられる。
 開いたひもは、常に両端がブレーンにくっついているので、ブレーン上を滑るように移動する。ひもはすべての物質を構成する基本要素なので、すべての物質は膜に貼りついている。閉じたひもの一部は、ブレーンを飛び出して、高次元空間を伝わることができる。この閉じたひもは重力子である。
 われわれの世界がブレーンワールドに閉じ込められているとしたら、余剰次元が10の-33乗cm程度にコンパクト化されている必要はない。われわれはブレーンワールドの外の次元を知覚できないので、余剰次元はもっと大きくてもよい。
 重力子が3次元空間を伝わるとすると、重力の大きさは、距離の2乗に反比例して小さくなる。観測結果によると、実際に距離の2乗に反比例して小さくなっているので、観測できる範囲では、余剰次元の影響は現れていない。しかし、実験では0.1mm以下でも成り立つか確認されていない。したがって、余剰次元が0.1mm程度である可能性もある。余剰次元の大きさが0.1mmとすると、0.1mm以下に物体を接近させると距離の3乗に比例して重力が大きくなる。

Brane

タイムマシンの可能性
 従来の重力理論では、10の-24乗kgの質量を10の-51乗mまで圧縮しないとブラックホールにはならなかった。しかし、超ひも理論のブレーンワールド仮説が正しいとすると、物質が接近すると急激に重力が強くなるため、10の-18乗m程度でブラックホールが形成される。これは、2007年完成予定のCERNの大型加速器LHCで十分到達できるレベルである。
 人工ミニブラックホールを作ることができれば、その強力な重力場による時空のゆがみを利用して、タイムマシンを実現できる可能性がある。

次へ進む:タイムマシンの原理その10
前に戻る:タイムマシンの原理その8

| | コメント (1) | トラックバック (0)

足裏マッサージでやせる

 足裏マッサージをやっただけで、3ヶ月で7kg体重が減ったり、ウエストが6cm減ったり、中性脂肪が減ったりと、ダイエット効果があることが分かった。

足裏マッサージでエネルギー消費量が増大
 青竹踏みをやってからウォーキングすると、エネルギー消費量が約7割増加することが分かった。足裏を刺激すると足底筋がほぐされたことによって血流が良くなったと考えられる。
 足底筋が収縮することにより、外側足底静脈の血液がポンプのように押し出される。足底筋が凝り固まっていると、外側足底静脈の血液を押し出せなくなり血流が悪くなる。足底筋をほぐすことにより血流が良くなり、エネルギー消費量が高まる。現代人は平らな地面を歩くことが多いので、足底筋がほとんど使われず、凝り固まってしまう。

足裏ストレッチ
足モミモミ
 足底筋は、全ての足指のつけ根につながっている。指のつけ根をストレッチすることにより足底筋全体が動き、ほぐれる。
・親指と小指のつけ根を手で押さえる。
・ゆっくり折り曲げて伸ばす。
・左右10回ずつ行う。
足グーパー
 足グーパー行うことにより、足底筋を大きく動かす。
・青竹を用意し片足の土踏まずを乗せる。
・指のつけ根を上下に動かす。
・下げるときはグー、上げるときはパーにして、左右10回ずつ行う。
足モミモミと足グーパーを1日3回、身体を動かす前に行うと効果的である。

(2006年10月8日 あるある大事典Ⅱ)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

タイムマシンの原理その8

 2036年からやってきたジョン・タイターが乗ってきたタイムマシンは、カーのブラックホールを利用しているらしい。その原理について少しずつ解説していく。今回は、ミニブラックホールについて解説する。

ミニブラックホールによるタイムマシン
 前回までの説明で、カーのブラックホールが超極限状態になると、特異点がむき出しの状態になり、タイムトラベルが可能であることを示した。では、その超極限のカー物体が、この宇宙に存在するのだろうか。観測結果によると、各銀河の中心には、巨大なブラックホールが存在するらしいことが分かってきた。しかし、タイムトラベルするために、そのブラックホールの近くまで行くのは大変な仕事である。
 ミニブラックホールを人工的に作ることができれば、身近なところでタイムマシンを実現することができる。超ひも理論によると、2007年に完成予定のヨーロッパ原子核研究所(CERN)の大型加速器LHCを使えば、ミニブラックホールを作ることができると予想されている。
 ジョン・タイターは、「タイムトラベルの基礎がためは、CERN(ヨーロッパ原子核共同研究機関)で始まり、2034年にタイムマシン1号機が製造される」と言っている。2034年には、大型加速器を使わなくてもミニブラックホールを作れるようになっているのかもしれない。

ミニブラックホールの作り方
 ブラックホールを作るのに必ずしも大量の質量は必要ない。CERNの大型加速器LHCは、陽子を光速近くまで加速して正面衝突させることにより、10の-24乗kgに相当する質量を10の-19乗mという狭い領域に集中させることができる。
 従来の重力理論では、10の-24乗kgの質量を10の-51乗mまで圧縮しないとブラックホールにはならなかった。しかし、超ひも理論のブレーンワールド仮説が正しいとすると、物質が接近すると急激に重力が強くなるため、10の-18乗m程度でブラックホールが形成される。これは、大型加速器LHCで十分到達できるレベルである。大型加速器LHCでは、1秒に1個の割合でミニブラックホールを作ることができるという。

ブラックホールの蒸発
 ブラックホールは、なんでもかんでも飲み込んでしまう、とても恐ろしいものと考えられていた。しかし、スティーブン・ホーキング博士によると、ブラックホールは蒸発するという。
 量子力学ではエネルギーと時間は不確定性関係にあり、時空の微小な領域で粒子と反粒子の対生成・対消滅が絶えず起こっているとされる。ブラックホールの地平面の近傍でこのような粒子対が生成すると、それらが対消滅する前に、片方の粒子がブラックホールの地平面内に落ち込み、もう一方の反粒子が遠方へ逃げ去ることがある。この粒子の放出はブラックホールの地平面上で確率的に起こるため、ブラックホールが、ある温度の熱放射で光っているように見える。これをホーキング輻射と呼ぶ。このホーキング輻射によってブラックホールの質量が減少し、最後には蒸発してしまう。大型加速器LHCで作られるようなミニブラックホールであれば、一瞬のうちに蒸発してしまうと考えられる。

次へ進む:タイムマシンの原理その9
前に戻る:タイムマシンの原理その7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最新理論「ボディ・エンザイム」で若返り

 最近、アメリカで最新理論「ボディ・エンザイム」がブームになっている。ボディ・エンザイムでやせたり、太りにくくなったり、肌のくすみが取れてハリが出てきたり、肌や髪、ダイエットなど若返り効果が現れている。

ボディ・エンザイム
 ボディ・エンザイムとは、体内で働く酵素が作られやすい状態を目指す健康法のことである。人間のあらゆる生命活動に必要な酵素は、全ての代謝をスムーズにする触媒で、酵素が働かなければエネルギーを生み出すことはできない。人間が生命を維持していくためには必ず酵素が必要である。
 たとえば消化酵素は、胃や腸で食べ物を分解し、栄養素を体内に取り入れやすくする働きをする。また、全身の細胞が生まれ変わるために酵素の働きが必要である。また、体内の有害物質を解毒し排泄するためにも酵素が必要である。また、様々な外敵から体を守る免疫細胞の働きをサポートするためにも酵素が必要である。

腸の汚れで酵素が作られない
 ボディ・エンザイムは、体内が本来持っている酵素を維持し健康を促進する方法である。体内で働く酵素は自分自身で作り出せるはずである。しかし、腸にトラブルが発生すると、体内で十分な酵素を作り出すことができなくなる。腸が汚れている人ほど、酵素を作り出すことも使うこともできないということが分かってきた。体内で働く酵素は、約5000種類ある。そのうち約3000種類が腸で作られている。アミノ酸を材料に酵素が作られ全身へ分配される。しかし、ストレスや乱れた食生活によって腸内が汚れてしまうと、体内で働く半数以上の酵素が作り出せなくなる。

酵素不足の影響
 体内の酵素が不足すると、ダイエットしてもなかなかやせられなかったり、肌荒れが治りにくくなったり、体が疲れやすく疲れが抜けにくかったり、風邪が治りにくかったりと体に様々な障害を引き起こす。それにより、体の老化が促進されることになる。老化防止には、腸が作り出す酵素が必要不可欠である。

腸が汚れているために起きる症状
 腸が汚れているために起きる症状としては、腸の動きが鈍くなる便秘、腸の動きが過敏すぎる下痢、悪玉菌の繁殖によりガスが多く発生し、お腹が張るなどがある。現代人の多くの人が、腸が汚れている状態となっている。

一週間ボディ・エンザイム・プログラム
 一週間ボディ・エンザイム・プログラムによって、腸内をきれいにし、一年間効果を維持することができる。
1.基本メニュー(一週間通して行う)
 腸をリセットする。腸に良い菌を植え付け、腸が正常に働く環境を作るために、以下のことを行う。
 (1)プレーンヨーグルトを1日に250g摂る。
 (2)食物繊維を摂る。
 (3)腸下垂を改善する運動を行う。
2.特別メニュー1(1,2日目に行う)
 腸から悪いものを出す。腸が汚れていては意味がない。溜まっている便やガスを徹底的に出すために、以下のことを行う。
 (1)1日に2リットルの水をこまめに飲む。
 (2)オレイン酸を摂る。
 (3)Vのポーズを行う。
3.特別メニュー2(6,7日目に行う)
 腸内の良い菌を育てて増やす。
 (1)善玉菌のえさとなるオリゴ糖を摂る。
 (2)酵素を含む果物を摂る。
 (3)ひざ曲げ三角のポーズを行う。
4.プログラム中のルール
 (1)必ず毎日三食摂る
 (2)肉を食べるなら脂肪が少ないものを選ぶ
 (3)お酒はなるべく控える
 (4)間食はしない
これらを行うことにより、わずか一週間で腸の働きが復活する。

一週間プログラムの効果
 一週間プログラムを実行しただけで、下痢や便秘が解消したり、肌年齢が12歳若返ったり、ウエストが4~6cmダウンしたりと大きな効果が見られた。

食物繊維の摂り方
 食物繊維には、水溶性と不溶性がある。不溶性は、水分を吸収して膨らむ性質があるので、腸のぜん動運動が弱いときに摂ると、かえって便秘を引き起こすことがあるので注意が必要である。このプログラムでは、週の前半は水溶性を摂り、後半に不溶性を摂るようにする。水溶性の食物繊維を含む食材は、バナナ、わかめ、しいたけ、昆布などがある。不溶性の食物繊維を含む食材は、サツマイモ、ブロッコリー、インゲン、ごぼうなどがある。
 手軽に摂れるものとして寒天がある。寒天は、液体の状態のときは水溶性、固形の状態のときは不溶性となる性質を持っている。粉寒天をお茶などに溶かせば水溶性食物繊維となり、角寒天やトコロテンなどは不溶性食物繊維となる。寒天は1日4gが目安である。粉寒天は、1回の食事に付きティースプーンすりきり1杯(約1.3g)を厳守すること。

腸下垂を改善する運動
 腸が汚れてしまう原因の一つとして腸が下がってしまう腸下垂がある。腸下垂が起きる原因は、腸を支える腹筋や背筋などの筋肉が衰えて、腸を支えることができないことである。腸下垂を改善する運動として、ひねり三角ポーズと太陽を仰ぐポーズを行う。
ひねり三角ポーズ
・よつんばいの姿勢になり右足を一歩前に踏み出す
・右手をお尻の上に乗せ左手を右足の内側に近づける
・息を吸いながら身体を右へひねり右手を伸ばし30秒間キープする
・左右交互に2回繰り返す
 ひねり三角ポーズにより腸腰筋が鍛えられ、ぜん動運動が促進される。
Tripose1

Tripose2

Tripose3

太陽を仰ぐポーズ
・息を吸いながら両腕を上に伸ばし手を合わせる
・息を吐きながら両腕を下ろす
・これを1分間繰り返す
 太陽を仰ぐポーズは、ひねり三角ポーズの前後に行う。食後2時間以内を避け、朝晩に行うと良い。腸のぜん動運動を促すホルモン「モチリン」は、空腹時に分泌され、ぜん動運動を促進する。空腹時にこれらの運動を行うことにより、腸がより活発に動くようになる。
Sunpose1

Sunpose2

オレイン酸の摂り方
 オレイン酸は、腸のぜん動運動を促進する働きがある。オレイン酸を含む食材は、オリーブ油、ごま油、紅花油、オリーブの実、カシューナッツなどがある。オリーブ油なら1日大さじ1杯半を摂る。

Vのポーズ
・仰向けになって両手を頭の後ろで組み両足を曲げ額に近づける(尾骨が上がっていることを意識する)
・息を吐きながら片足を水平に伸ばし、同時に上体をひねる(足の指を開くとしっかり足が伸ばせる)
・この姿勢をゆっくりとした呼吸で左右交互に1分間繰り返す
Vのポーズで腹直筋(腸の上にある大きな筋肉)が収縮し、腸を圧迫してつまっている便が押し出される。
Vpose1

Vpose2

オリゴ糖の摂り方
 オリゴ糖を摂ることにより、善玉菌を腸に定着させ、腸内環境を改善できる。オリゴ糖が豊富に含まれている食材としてハチミツがある。1日ティースプーン1杯をヨーグルトにかけて摂ると良い。

酵素を含む果物の摂り方
 パイナップルやキウイなどには酵素が含まれているので、腸内の酵素の働きを助けてくれる。果物の酵素が腸の消化吸収を助けてくれ、腸の負担が軽減し、体内の酵素の無駄づかいを減らすことができる。果物は、酵素が壊れない生の状態で摂る必要がある。

ひざ曲げ三角のポーズ
・足を肩幅より大きく広げ、片方のつま先を外側に向ける
・息を吸いながら両腕を水平に上げひざを曲げる
・息を吐きながらひじをひざの上に乗せる
・息を吸いながら手を伸ばして30秒間キープする
・左右交互に3回ずつ繰り返す
ひざ曲げ三角のポーズにより腹筋と背筋を刺激し、腸下垂を改善し、ポッコリお腹が解消される。
Hizpose1

Hizpose2

Hizpose3

Hizpose4

(2006年10月1日 あるある大事典Ⅱ)

| | コメント (0) | トラックバック (11)

タイムマシンの原理その7

 2036年からやってきたジョン・タイターが乗ってきたタイムマシンは、カーのブラックホールを利用しているらしい。その原理について少しずつ解説していく。今回は、超極限のカー物体について解説する。

超極限のカー物体
 カーのブラックホールは、質量Mと角運動量Aの値だけでその特性が記述できる。MがAより大きい場合は、二つの一方通行の膜が存在する。Aが増大するにつれて二つの膜がしだいに接近し、A=Mのときに二つの膜は融合する。このように、ブラックホールの質量と角運動量が釣り合っている状態を超極限のカー・ブラックホールという。
 角運動量がさらに増大し質量を超えると、一方通行の膜は消失し、リング状特異点が露出する。このような状態になると、ブラックホールに突っ込まなくても正のCTL領域に入り、過去にさかのぼることができる。角運動量が質量を超えて特異点が露出した物体を「超極限のカー物体」(SEKO:Super-Extra Kerr Object)という。
 このように、露出した特異点を「裸の特異点」という。裸の特異点が存在すると、理論的に因果関係を予測することができなくなる。ロジャー・ペンローズは、自然界にはそんなものは存在しないだろうと考え、「宇宙検閲仮説」というものを提唱した。
Seko

裸の特異点
 通常、ブラックホールの特異点は、一方通行の膜(事象の地平面)によって囲まれており、われわれが特異点を直接観測することができない。したがって、特異点の影響をわれわれの宇宙は受けないので、因果関係が崩れることはない。しかし、裸の特異点が現れると、密度が無限大となる点の影響により、一般相対性理論が破綻し、理論的に因果関係を予測できなくなる。
 超極限のカー物体のペンローズ・ダイアグラムを下図に示す。カーのブラックホールで存在していたペーパードール・トポロジーは消え失せ、一対の正の時空間と負の時空間のみになり、リング状特異点により隔てられている。リング状特異点が露出することにより、時空全体がCTL領域となる。われわれの宇宙に超極限のカー物体が一個存在するだけで、時空全体が影響を受ける。つまり、いたるところに過去への入口が存在するかもしれないのである。
Penrose7

宇宙検閲仮説
 裸の特異点が存在すると、物理現象の因果関係が破綻するため、宇宙検閲仮説というものが考え出された。裸の特異点が存在しないように、宇宙自体が検閲し、禁止しているという仮説である。
 1992年にシャピーロとトイコルスキーによって示された、円盤状の塵の崩壊のシミュレーションでは、崩壊した軸上の少し外れた点において、曲率が無限大になり破綻した。このシミュレーションでは事象の地平面ができなかったので、裸の特異点が形成されたと考えられた。この結果は、宇宙検閲仮説が破れていると受け取れる。ホーキングは、キップ・ソーンと、「宇宙検閲仮説」は守られるかどうかで賭けをしていたが、このシミュレーション結果に対し、数年後、ホーキングが負けを認めた。したがって、裸の特異点が存在する可能性は高い。

次へ進む:タイムマシンの原理その8
前に戻る:タイムマシンの原理その6

<参考>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »