« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

ブラジルの大予言者「ジュセリーノ」の驚愕の予言

 ブラジルの大予言者「ジュセリーノ」は、9.11同時多発テロや22万人が犠牲者となったスマトラ沖地震や阪神大震災やチェルノブイリ原発事故などを数年前から年月日まで特定して予言し、各国の関係機関に警告してきた。

予知夢による予言
 ジュセリーノは、9歳のときに初めて予知夢を見た。見知らぬ家族が事故に遭い、全員が亡くなるという夢だった。両親は取り合ってくれなかったが、それから4年後、その家族が本当に事故に遭い亡くなってしまった。
 夢の中で、彼は実際にその場にいる感じがするという。次に天の声がずっと聞こえているという。彼は、夢を見た後、忘れないように必ずメモを取っている。1973年から記録し、予言の総数は3万件に達している。的中率は90%以上という。

9.11同時多発テロの予言
 2001年9月11日にテロによるワールドトレードセンターの事件が起きることを6年前に予言し、マイアミ・ヘラルド国際編集部に正確な年月日まで記して手紙を出していた。国際編集部は、パニックが起きるので発表することはできないと返事を返していた。

阪神淡路大震災の予言
 1995年の神戸の大地震を4年前に予言し、91年から94年まで4回、日本の政府関係者に手紙を送り続けていた。

スマトラ島沖大地震の予言
 2004年のスマトラ島沖の大地震を予言し、インドネシア大使館に手紙を出していた。インドネシア大使館からは、調査するため本国に報告するという返事がきていた。

これからの予言
・2007年にはたくさんの大惨事が起きる。トルコ、ヨーロッパ、パキスタン、カシミールの近くで大きな地震が起き、フィリピンでは今までに見たこともないような強い台風が現れる。
・2008年9月13日、アジアのある国で100万人規模の被害者を出す地震と津波が発生する。
・地球温暖化が全世界の多くの国をあっという間に消滅させ、2039年には気温が63度に達する所もある。オランダ、日本、ニュージーランド、スリランカ、インドネシア、スラブ、モルディブなどが世界地図から姿を消す。

(2006年12月30日 「ビートたけしの嵐の大ゲンカ超常現象ファイル2006」テレビ朝日)

 2008年に関東大震災が起きるという別の人の予言もあるので、アジアのある国というのは日本のことかもしれない。阪神淡路大震災が6千人規模、スマトラ島沖大地震が22万人規模なので100万人規模というのは、かなりの大災害である。関東大震災は、いつ来てもおかしくない状態なので、大地震に備えておいたほうが良いでしょう。

関連記事:
今年日本で大地震?(ジュセリーノの予言)
史上最高の予言者ジュセリーノ

| | コメント (13) | トラックバック (4)

メタボリックシンドローム改善とデトックス効果の温泉入浴術

 メタボリックシンドロームに温泉の成分が効果があることが解明されつつある。また、身体に溜まった老廃物や毒素を排出するデトックス効果もあることが分かってきた。

硫黄泉でメタボリックシンドローム改善
 硫黄泉とは、1リットル中に硫黄成分を2mg以上含む温泉のことである。北海道の登別温泉や箱根の大涌谷温泉や鹿児島の霧島温泉などが有名で、全国に300ヶ所以上分布している。
 普通のお風呂につかった場合と硫黄泉につかった場合で比較すると、硫黄泉のほうが大幅に中性脂肪値や血糖値が減少した。温泉につかると、それに含まれている鉱物が皮膜を作るため保温効果が高くなり、血流量がアップする。そうすると、血液中の糖や中性脂肪がどんどん細胞に流れ、エネルギーとして消費されるため減少する。
 硫黄泉は、血管を拡張させる効果が高く、より血流が良くなって糖や中性脂肪を減らしてくれる。硫黄泉は、湯気を吸うことでも血行を良くする効果がある。このダブル効果で効率的に糖や中性脂肪を減らすことができる。
 3人の人に、1日3回ずつ2日間、硫黄泉につかってもらったところ、平均して中性脂肪が230から147に、血糖値が116から93に減少した。さらに、体脂肪量が1.7kg減った人もいた。

二酸化炭素泉でデトックス
 二酸化炭素泉とは、火山活動で発生した二酸化炭素ガスが溶け込んだ温泉で、群馬県の下仁田温泉、長野県の唐沢鉱泉、岐阜県の濁河(にごりご)温泉、兵庫県の吉川(よかわ)温泉、大分の長湯温泉などが有名である。全国に約15ヶ所分布している。
 デトックスができていないと、身体に老廃物や毒素が溜まり、細胞の働きが低下し、新陳代謝が悪くなり肌の老化が進んだり、代謝量が下がり太りやすい体質になる。
 二酸化炭素泉は、普通のお風呂に比べ、血液中の老廃物量の低下が大きいことが分かった。炭酸ガスは、末梢血管を刺激して老廃物を排出しやすくしてくれる。二酸化炭素のミクロの泡が体内に浸透し、抹消の毛細血管やリンパ管をマッサージするように刺激し、抹消レベルまで血流がアップする。全身から老廃物や毒素を排出されやすくしてくれる。
 二酸化炭素泉を飲むと、さらにデトックス効果がある。腸にある絨毛(じゅうもう)は毒素が溜まりやすい場所である。二酸化炭素泉を飲むと、炭酸ガスが胃腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動が活発になり、毒素が便と一緒に排出される。

(2006年12月24日 あるある大事典Ⅱ)

| | コメント (0) | トラックバック (18)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »