« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

ジョン・タイターの予言

 2036年からやってきたジョン・タイターの予言が誇張して広まっているので整理してみた。的中した予言と的中しなかった予言と今後の予言が含まれる。

的中した予言
(1)タイムトラベルの実現
 「約1年後にはCERN(欧州原子核研究機構)でタイムトラベルの基礎研究が始まり、2034年にタイムマシンが完成する」(投稿日:2000.11.2)
 タイムマシンの完成は、まだ先であるが、CERNが2007年に完成する大型加速器で、ミニブラックホールを形成できる可能性を発表したことにより、タイムトラベルの基礎となる研究が開始された。

(2)IBM5100の隠された機能
 「私の世界線では、IBM5100はAPLやBASICが普及する前に書かれたIBMのプログラミング言語もすべて解読できるということが判明している」(投稿日:2001.2.2)
 ジョンが投稿するまで、この事実は公開されていなかった。IBM社の元エンジニアのボブ・ダブック氏がインタビューでこの事実を認めており、ジョンがこの情報をどこから入手したのか不思議がっていた。

(3)新ローマ教皇の誕生
 「ローマ教皇は交代したが、名前は知らない」(投稿日:2001.2.8)
 2005年4月2日にヨハネ・パウロ2世が死去し、2005年4月19日にベネディクト16世が新ローマ教皇となった。これは、ヨハネ・パウロ2世が80歳を越えていたことから誰でも予測できたと思われる。

(4)ペルー沿岸地震
 「ペルー地震を予言することもできるが、それだとその地震で死ぬはずの人が生き残り、生き残るはずの人が死ぬという事態が起こってしまう」(投稿日:2001.2.8)
 2001年6月23日、ペルー沿岸でマグニチュード7.9の地震により大きな被害が発生した。予言でないような言い方であるが、非常に近いタイミングで地震が発生している。

(5)中国の宇宙進出
 「中国は、もうすぐ有人宇宙船を周回軌道にのせるところまできているはずだ。そのうち実現しても不思議ではない」(投稿日:2001.2.19)
 2003年10月15日、中国は初の有人宇宙船「神舟5号」の打ち上げに成功した。あいまいな言い方であるが的中している。

(6)第2次湾岸戦争
 「現在イラクが核兵器を持っていることを知ってしまったら、あなたは驚くか? それとも、皆の尻をたたいて次の戦争に備えさせるためのたわごとに過ぎないと思うか?」(投稿日:2001.2.25)
 2003年3月19日、イラクが大量破壊兵器を隠しているという理由で米英連合軍がイラク空爆を開始した。その後、米調査団によって大量破壊兵器は存在しないと発表された。あいまいな言い方であるが、核兵器を理由に開戦したと解釈すると的中している。

(7)狂牛病の蔓延
 「はい、人は絶えず死んでいる。その多くはクロイツフェルト・ヤコブ病(狂牛病)によるものである。この病気がいかに甚大な被害をもたらすかぜひ訴えておきたい。2人の患者が、外科手術の器具でクロイツフェルト・ヤコブ病にかかり、コロラド州で死亡が確認されている」(投稿日:2001.3.24)
 ジョンはアメリカ国内にもクロイツフェルト・ヤコブ病が発生することを示唆している。当時、ヨーロッパを中心に狂牛病と変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の関係が確認されており、専門的なソースに当たれば入手できた情報ともいえる。

的中しなかった予言
(1)2000年問題
 ジョンの両親に、2000年問題のために発生する災害への備えとして引っ越すようにうながした。(1998.4.27)
 2000年問題は、ジョンがいた世界が経験したような大きな問題にはならなかった。ジョンは、このことに対して大きなショックを受けていた。

(2)アメリカ内戦勃発
 「アメリカでは2005年に内戦が始まる。その戦いは、断続的に激しくなったり収まったりしながら10年間続く」(投稿日:2000.11.7)
 まだ内戦は発生していない。ジョンが現れたことにより世界線のずれが発生しているのかもしれない。

未来の予言
(1)2008年 北京オリンピックの中止
 「多くの戦争の結果、2004年以降、公式なオリンピックは開かれていない。でも2040年に再開される見込みである」(投稿日:2001.1.29)

(2)西側諸国の情勢不安と中国の台頭
 「今後、西側諸国の情勢はきわめて不安定になり、中国に拡大する自信を与えてしまう。中国には今、結婚もせずに死にゆく覚悟ができている男性兵士が何百万人もいる。中国軍のヨーロッパへの攻撃は、統一ヨーロッパが集結し、ドイツから東側へと移動していったためである」(投稿日:2001.2.6)

(3)西側諸国の情勢不安から来る中東での大量破壊兵器使用
 「イスラエルへの西側の支持が揺らいだために、周辺のアラブ諸国は自信を持って攻撃を始める。防戦一方のイスラエルと攻撃を続けるアラブ諸国という構図に対する最後の手段が、大量破壊兵器の使用である」(投稿日:2000.12.13)

(4)2015年以前 日本、台湾、朝鮮の中国強制併合
 「日本、台湾、朝鮮半島はすべて、Nデーの前に強制併合された」(投稿日:2001.2.6)
 Nデーとは2015年のことか?

(5)2015年 第3次世界大戦
 「2015年に世界戦争が起こり、30億人近くの人が死んだ」(投稿日:2000.11.4)
 「2015年、ロシアがアメリカの主要都市に核攻撃を仕掛ける。中国やヨーロッパも攻撃を受ける。アメリカは反撃するが、アメリカの都市は破壊され、AFE(アメリカ連邦帝国)も崩壊して、田舎に住む私たちが勝利を手にする。ヨーロッパ連合と中国も破壊される」(投稿日:2000.11.7)
 「生物・化学兵器は使われた。洗脳兵器は使われなかったが、新しいタイプの非致死兵器が登場する。それは結局、致死性が極めて高いものだった」(投稿日:2000.11.25)

(6)中国軍に反撃するオーストラリア
 「オーストラリアは、戦争後はあまり協力的でも友好的でもなくなった。中国軍の侵攻に反撃し、ほとんどの都市が破壊されたらしい。アメリカとの貿易関係は続いている」(投稿日:2001.2.6)

(7)2020年 タイムトラベル反対派の抹殺
 「私の世界線では反対運動はあったが、彼らの目的は権力を保持して、人々を支配するということだった。われわれは、2020年までに、彼らのほとんどを抹殺した」(投稿日:2000.11.7)

詳細は下記書物を参照

「未来人ジョン・タイターの大予言」
2036年からのタイムトラベラー
Max mook


参考
2036年からのタイムトラベラー出現!!
2036年からのタイムトラベラー出現!!その2

| | コメント (96) | トラックバック (1)

野菜スープの驚きのダイエット効果

 タマネギ、キャベツ、カボチャ、人参の野菜スープに驚きのダイエット効果がある。4週間で体重が4.3kg減少し、腹囲が12.6cm減少した人もいた。特に、内臓脂肪減少効果が大きい。

野菜スープの栄養効果
 タマネギ、キャベツ、カボチャ、人参をそれぞれ50gずつをみじん切りにして800mlの水を足して20分間煮込む。それを濾して野菜スープを作る。残った野菜はカレーや味噌汁の具にして利用すればよい。
 4つの野菜にはファイトケミカルという肥満改善成分が豊富に含まれている。これは、厚い細胞壁で囲まれているが、加熱することにより細胞壁が壊れて外に出てくる。また、細胞間にあるペクチンという水溶性の食物繊維も溶けて、煮汁にたっぷり含まれる。
 生野菜は体内吸収率が5~20%であるのに対し、野菜スープは80%以上であるので、効果的に野菜の栄養成分を吸収することができる。
 野菜スープを摂ると、肝臓で脂肪燃焼酵素の分泌が促進され、脂肪の燃焼が活発に行われるようになる。特に、内臓脂肪の燃焼が促進され、内臓脂肪が減少する。

野菜スープのダイエット効果
 野菜スープを朝食前と午後3時に1杯ずつ飲むだけでよい。10日ほどで効果が現れはじめる。
 10人の方に試してみてもらったところ、10日後に体重が2.6kg減少し、お腹周りが4.9cm減少した人もいて、平均して体重が-1.05kg、腹囲が-2.87cmという驚くべき効果が現れた。総コレステロール値が232から150に減少し、悪玉コレステロールが160から137に減少した人もいた。肝機能の目安であるGTP値が43から25に減少した人もいた。
 逆に、ほとんど効果が出なかった人もいた。それは、炭水化物の摂り過ぎや甘いものの摂り過ぎが原因であった。また、アルコールの摂り過ぎもあまりよくない。肝機能が低下し、効果が出にくくなる。
 さらに4週間続けてもらったところ、体重が4.3kg減少し、腹囲が12.6cm減少した人もいた。体重はあまり減っていない人でも、内臓脂肪が大幅に減少していた。

(2007年1月4日 「思いっきりテレビ」日本テレビ)

| | コメント (0) | トラックバック (31)

内臓脂肪の恐怖

 内臓脂肪が多い人は通常の人よりさまざまな病気にかかりやすい。特に、心疾患、痛風、胆石、糖尿病にかかりやすい。

内臓脂肪が引き起こす様々な病気
 内臓脂肪が多いと血液中の脂肪も多く、動脈硬化を引き起こし、心疾患になりやすい。また、内臓脂肪が多いと胆石ができやすい。胆石は脂肪の塊である。また、脂肪細胞から出てくる物質がインスリンの効き目を悪くし、糖尿病になりやすくなる。内臓脂肪が多い人は、以下のように、心疾患、痛風、胆石、糖尿病にかかる危険性が高くなる。
心疾患   2倍
痛風   2.5倍
胆石    3倍
糖尿病   5倍

メタボリックシンドローム
 メタボリックは代謝、シンドロームは症候群という意味で、メタボリックシンドロームは代謝異常症候群のことである。
メタボリックシンドロームの診断基準
1.へそ周りが男性で85cm以上、女性で90cm以上
2.下記3つのうち2つ以上該当する場合
・血圧が上130mmHg以上、下85mmHg以上
・血糖値が110mg/dl以上
・中性脂肪が150mg/dl以上またはHDLコレステロールが40mg/dl未満
 メタボリックシンドロームで怖いのは、動脈硬化を異常に促進し、糖尿病、脳卒中、心筋梗塞にかかる危険度が健常者より31.3倍高いことである。
 診断基準に該当しないやせている人でも内臓脂肪が多い人もいるので注意が必要である。

従来のダイエットの間違い
 りんごダイエットなどの単品ダイエットは、一時的には効果があるかもしれないが、必ずリバウンドして太ってしまう。
 炭水化物や油物を抜く偏食ダイエットは、ホルモンバランスが壊れたり肌がカサカサになったりして、どこかにしわ寄せがきて、身体に良くない。
 低インスリンダイエットは、インスリン分泌が少ない食材を選んで摂取することにより脂肪の蓄積を抑えるダイエットであるが、高血糖状態を作ることになり、身体にいいことではない。
 サウナや半身浴などの発汗ダイエットは、単なる脱水であり、やせることにはならない。

リバウンドの恐怖
 ダイエットをするとしばらくは体重が減っていくが、そのうち体重が減らない停滞期がやってくる。停滞期の期間は2週間から1ヶ月である。この停滞期を乗り切れば再び体重が減るようになる。正しいダイエットは、このように階段状に体重が減っていく。停滞期にあきらめてダイエットをやめると、元の体重よりも増えてしまう。これがリバウンドである。
 ダイエットをやめたときの体重の増え方は通常より早くなる。また、再びダイエットを始めると、体重の減り方は以前より遅くなる。これは、身体が危機状態だと判断して、よりエネルギーを蓄えようとするからである。ダイエットとリバウンドを繰り返すと、太りやすく、やせにくい身体になってしまう。

基礎代謝を上げることが効果的なダイエット
 人の身体は、何もしなくても、心臓などの臓器を動かしたり、体温を維持するためにエネルギーを消費している。これを基礎代謝という。特別な運動をしない主婦の場合、この基礎代謝が全エネルギー消費の7割を占めている。
 筋肉には、赤筋と白筋がある。赤筋は、持久力を生み出す筋肉でマラソン選手などに多い。白筋は、瞬発力を生み出す筋肉で短距離走選手などに多い。赤筋の多い人のほうが基礎代謝が高い。赤筋を鍛えることにより、基礎代謝を上げることができる。赤筋は、ゆっくりとした動きにより鍛えることができる。

基礎代謝を上げる方法
1.いすに浅く座る
 いすに座るときに浅く座って背もたれに寄りかからないようにする。このようにすることによって、背筋や首の筋肉や腹筋の赤筋が鍛えられる。
2.立っているときに片足だけつま先立ちする
 立っているときに片足だけつま先立ちし、疲れたら足をかえる。このようにすると、足の筋肉が鍛えられるだけでなく、バランスをとろうとして全身の筋肉が鍛えられる。

「わかさとこんき」の食材によるダイエット
わ:わかめ・・・ミネラルたっぷり
か:寒天・・・腸の働きを促進
さ:ささみ・・・たんぱく質が豊富
と:豆腐・・・コレステロールの吸収を抑える
こん:こんにゃく・・・カロリーゼロ
き:きのこ・・・ダイエットのイライラを抑える効果
これらの食材を摂ることにより効果的にダイエットできる。

(2006年12月25日 「主治医が見つかる診療所」テレビ朝日)

| | コメント (0) | トラックバック (22)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »