« 2007年5月 | トップページ | 2007年12月 »

日本のルーツは古代イスラエル?

 日本とイスラエルには、数多くの共通点がある。さらに、日本にソロモンの秘宝が隠されているという。

古代イスラエル王国
 紀元前1021年頃建国された古代イスラエル王国は、紀元前586年に滅亡した。古代イスラエル12支族のうち10支族がバビロンへ連れ去られた後、行方が分からなくなり、失われた十支族として世界史の謎となっている。失われた十支族はアジア各地に散っていったらしい。
 日本の古文書に、シルクロードから謎の大集団がやってきたことが記されている。それは日本に大きな影響を与えた秦氏である。失われた十支族の一部が、秦氏として日本にやってきたと考えられる。

日本とイスラエルの共通点
1.日本の文字とヘブル文字の共通点
 「コ」「ク」「フ」「レ」「ル」など、日本のカタカナ、ひらがなとヘブル文字の形、発音が似ているものがたくさんある。
Heburumoji_2

2.日本語とヘブライ語の共通点
 日本語とヘブライ語に共通する言葉が500以上ある。ヘブライ語で「カク」は、日本語で「書く」である。以下に例を示す。
 カク=書く
 トル=取る
 スム=住む
 ホレブ=滅ぶ
 ハラー=祓う
 ハケシュ=拍手

3.祇園祭とシオン祭の共通点
 祇園祭とシオン祭の共通点は、まず、祇園とシオンの発音が似ている点である。
 祇園祭の山鉾に描かれている絵は、バグダッド宮殿や砂漠を行くラクダやエジプトの風景や旧約聖書「創世記」第24章のイサクの嫁選びのシーンなどが描かれている。
 祇園祭は7月の1ヶ月間続くが、シオン祭も7月の1日からほぼ1ヶ月続く。山鉾巡行が行われる7月17日は、ノアの箱舟がアララト山にとどまった聖なる日である。
Yamahoko2

ソロモンの秘宝「失われたアーク」
 失われたアーク(契約の箱)は、三種の神器(十戒の石板、マナの壺、アロンの杖)が納められた移動式神殿であり、最も神聖なものであった。
 日本の神輿(みこし)のルーツは、失われたアークであると言われている。どちらも二本の棒で担ぎ、金で覆われており、移動式の神殿である。
 神輿を担ぐときの掛け声「エッサ」は、ヘブライ語で「運ぶ」という意味である。
Ark

「失われたアーク」の行方
 徳島県美馬市の倭大国魂(やまとおおくにたま)神社には、古代イスラエルのシンボル「メノラー」とそっくりの神紋が刻まれている。また、神明神社には、石を積み上げて造った神殿跡が残っている。
 その近くの剣山の鍾乳洞に「失われたアーク」が隠されているという。イスラエルの聖なる日である7月17日に剣山本宮祭が行われ、神輿を山頂に担ぎ上げるという風習が残っている。このことから、アークを剣山に担ぎ上げて鍾乳洞に隠したのではないかと考えられている。

 これ以外にも、伊勢神宮に「失われたアーク」が納められているといううわさもある。

2007年9月21日「新説!?みのもんたの日本ミステリー」テレビ東京

| | コメント (11) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年12月 »