« 臨死体験でタイムトラベル | トップページ | 四川大地震は予言されていた »

死んで三日後に生き返る

 1976年、旧ソ連で、死んでから三日後に生き返るという衝撃的な事件が起きた。

世界的に有名な研究者ロドナイア
 彼の名はジョージ・ロドナイア(20歳)で、脳内物質の研究者として世界的にその名を知られていた。同じ研究所で働くニノと結婚し、子供もいた。そんな彼に、アメリカのエール大学から招待状が来た。しかし、ソ連政府は、渡米を許可しなかった。その理由は、彼の両親はイギリスから移住してきていたが、スパイ容疑でKGBに逮捕され、処刑されていたという経緯と、頭脳流出になるということからだった。

アメリカ政府からの招待
 そんなあるとき、彼は、アメリカの美術研究家ミリセント・キャンターの通訳を任された。彼は、キャンターにアメリカに行きたいと相談した。キャンターは、当時アメリカ国務長官ヘンリー・キッシンジャーに支援を依頼した。そして、アメリカ政府からロドナイアに招待状が送られてきた。
 ソ連政府は、アメリカ政府からの正式な招待状がある以上、ロドナイアの渡米を認めざるを得なかった。妻と子供は置いていくことにした。家族を置いていくことで、アメリカ行きの許可を出やすくさせた。渡米した後、しばらくしたら呼び寄せようと考えていた。

命を狙われ事故死
 出発当日、彼は命を狙われていた。タクシーを待つ彼を一台の車が突進してきて引いた。肋骨はすべて折れ、全身打撲で意識不明になった。すぐに病院に運ばれ、処置が施されたが、手遅れだった。1976年9月14日死亡宣告された。

死亡中の不思議な体験
 検死解剖まで遺体安置所で三日間冷蔵保管された。このとき彼は、不思議な体験をしていた。やわらかい光の中、いくつもの小さな光がシャボン玉のように浮かんでいた。さらに、幼い頃からの体験が走馬灯のように流れていった。写真でしか見たことのない両親に会い、処刑される瞬間を見た。死亡してから二日後、遺体安置所から意識が抜け出して、近所の友人の家に来ていた。そして、そこの赤ちゃんと話をした。赤ちゃんは、「おじちゃん、腕がいたいの」と言った。彼が腕を見ると、骨が折れているのが、はっきりと見えた。今度は、自宅へ向かった。そこには、絶望の淵に追いやられ、泣いている妻がいた。

三日後に生き返る
 死亡宣告から三日後、まさに死亡解剖されようとしていたそのとき、彼は目を開けた。すぐに緊急手術が行われ、手術から三日後、奇跡的に意識を取り戻した。死んでいたときの体験を話すと、妻は信じられない様子だったが、近所の赤ちゃんを病院で調べてもらうと確かに腕を骨折していた。赤ちゃんは、口では話すことはできないが、その霊は話すことができるのである。

聖職者になる
 ソ連崩壊の直前の1989年に、家族で渡米してキャンターと再開した。アメリカで脳内物質の研究を続けながら、自分に起きた不思議な体験を知ってもらいたいと聖職者として全米で講演を行った。「愛とは何か? 信仰とは何か? 希望とは何か? この経験でこれら3つが神の英知だと気づきました」と彼は語った。

(2008年5月21日 「世界仰天ニュース」日本テレビ)

|

« 臨死体験でタイムトラベル | トップページ | 四川大地震は予言されていた »

コメント

この話は凄く面白かったな。
実際に、生命活動停止中に体外離脱で見た事が現実と一致していたという話が少なくはない。
時には、幽体離脱した人が写真に映ったり、霊視で目撃されたり、物質化して人の前に現れたりと言う実例も出されている。
欧州では、霊の物質化現象という研究結果があるみたいですね。
生きている人達がおこなった体外離脱は、ほとんど幻覚的なものが多いが、臨死体験の方の体外離脱だと、誰でも自由にいきたい処へ移動したり、過去・未来へ行ったりと出来るみたいですね、実際に見た事が現実と一致している方が多いみたいです。
死んでいる時の方がうまくコントロールできるのですかね?あくまで俺の意見です。

投稿: 心霊主義 | 2010/06/15 23:12

幽体離脱などと言う超常現象は脳内幻覚である事が証明されています。
医学書でも「幽霊は、脳内幻覚で説明できます」「宗教で言われている死後の霊魂は存在しません」と書いてあります。
これは、たまたま現実と一致した幽体離脱幻覚を見ていたのだろう。

投稿: 幽霊否定 | 2010/06/20 21:37

幽霊否定様
その通りだ、よく言った。
しかし、21世紀になった今でも心霊を信じている救いようのない馬鹿がいる事に呆れてます。
海外の多くでは、心霊現象、死後世界、幽霊の存在を科学研究しようとする低レベルな科学者がたくさんいます。

投稿: ゴメス | 2010/06/26 23:34

根拠もなく、完全否定するのは良くないよ。

投稿: | 2010/06/30 21:59

頭から盲信するのも良くない。
盲信者は自分に都合のいい情報だけをピックアップし、
不利な情報は無視する。
これはカルト教信者に共通する所でもある。

信じたいならば、まず否定する所から始めるべきであろう。

投稿: ドイチュ | 2010/09/05 16:58

>医学書でも「幽霊は、脳内幻覚で説明できます」
>「宗教で言われている死後の霊魂は存在しません」

どの医学書か気になるw

前者は問題ないが,だからといってすべての幽霊が脳内幻覚であるという証明もできない.後者にいたっては,それをどうやって証明したんだw

投稿: | 2011/02/17 08:48

日本にも死後30分後に蘇生した人ならいるね.
死にかけて蘇生っていう例はたくさんあるけど,この人は脳波も停止してたってところがポイント.

投稿: | 2011/02/17 09:09

馬鹿かお前
脳が停止したら夢や幻覚が見れる訳がないだろ。

仮に、脳が停止しても聴覚は、最後まで生きているので、周りの人達がかける声によっても幻覚や夢を見るのです。
また、その声によって目を覚ました時、本人は幻覚と相まって、死後の世界から帰ってきたかのような記憶になるという。
なぜなら、人間が夢を見ている時の、脳血流量を「PET(脳血流測定装置)」で測定すると、夢を見始めた瞬間から、後頭葉の血流量が増加することが判明しているから。
後頭葉は、視覚の役割を担っている部位である。
つまり、脳に血液が回らない状態では、幻覚や夢を見る事が出来ないのです。
これは脳科学の本に書いてあった記事です。

>死にかけて蘇生っていう例はたくさんあるけど,この人は脳波も停止してたってところがポイント.

それは嘘っぱちの情報だ。
なぜなら、人間が夢や幻覚を見るときには右脳に血流が回らないと意識が無くなるのですから。
よって、脳波が停止している間に夢を見たと言うのはデタラメである。
人間の本質は脳だから、その脳が停止すれば霊体と言う想念も消えます。
脳科学をもっと勉強しろ。
あの大槻教授ですら、臨死体験はインチキといってるのですよ。

投稿: 心霊否定 | 2011/02/17 20:49

え?とうとう宗教まで批判か
仏教も、神道も、イスラム教もいらないのかぁ
これで心霊否定さんは世界を敵に回したな

宗教の教えの中にも、いい教えだってあるでしょう。
悪いことばかりではないでしょう

投稿: 通りすがりゴメス | 2011/02/22 01:33

いやいや!
何か哲学的な解答が沢山!自分も以前は、あの世否定派?今もか?
しかしながら、見える者も又事実!
説明すると長く成るので書きませんが、見える者を説明出来ません!
また化学でも証明出来ません!
困ったもんだぁー

投稿: 緑フード | 2012/06/19 10:20

科学とは、人間が疑問を解き明かす為の一方法に
過ぎません。

つまり科学で証明できないからといって、
それを頭ごなしに否定するのはおかしいと思います。

投稿: 夢の国の国民 | 2013/04/16 20:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/41382094

この記事へのトラックバック一覧です: 死んで三日後に生き返る:

» インプラント調査 [インプラント調査]
インプラントにかかる費用は健康保険が適用されない自由診療のため、医療機関によってばらつきがありますが、上部構造を決めて一本のインプラントでおよそ30万〜50万前後が基準になってきます。 それはインプラント治療が自由診療の部類に入るためです。 [続きを読む]

受信: 2008/05/31 22:25

« 臨死体験でタイムトラベル | トップページ | 四川大地震は予言されていた »