« 2011年3月 | トップページ | 2013年3月 »

フリーエネルギー装置実用化近し!!

 井出治氏が開発した超効率インバータ(デゴイチ)は400%近い効率が得られている。つまり、入力エネルギーの約4倍の出力エネルギーが取り出せるということである。出力の一部を入力に戻すことにより、永久機関も夢ではない。一家に一台、車に一台装備することによりエネルギー問題は解決する。第二次産業革命が起きるだろう。

NASAも注目の技術
 井出治氏は、ファラデーの逆起電力とは逆の「正の起電力」を発見し、1995年6月に米国物理学会の応用物理学ジャーナル誌上で発表した。それに興味を持ったNASAは、井出治氏に招待状を送り、1999年のNASA主催の磁気浮上技術国際会議に招待した。井出治氏はその場で研究発表し、多くの質問が寄せられたそうだ。

元になった技術
 井出治氏の技術は、1970年頃にエドウィン・V・グレイによって発明されたEMAモーター(参考:回転し続けるEMAモーター)が元になっている。EMAモーターは、火花放電とモーターとバッテリーを組み合わせた物で、永久に回転し続けるモーターである。しかし、それが世に出ては困る反対勢力により闇に葬られ、未だに実用化されていない。
 また、1900年頃にニコラ・テスラによって発明されたテスラ・コイル(参考:テスラ・コイルとエネルギー増大送信機)も元になっている。ニコラ・テスラは、巨大なテスラ・コイルを使って、地球上のどこでもエネルギーを取り出すことができる世界システムという壮大な構想を持っていた。しかし、それを理解できる者はなく、資金不足で実現できなかった。

超効率インバータの特許出願
 超効率インバータ技術は国内特許出願されている。特許公開番号は2012-023898である。図1は、超効率インバータの基本回路である。また、図2の(a)はMOSトランジスタの駆動波形、(b)はトランスの一次側入力電流波形、(c)はトランスの二次側電圧波形である。図3(a)は、MOSトランジスタの駆動パルスの間隔を短くしたときの波形、(b)はトランスの二次側に雪崩現象が発生して電圧波形が大きくなっていることを示している。これは、正の起電力の影響である。
 図4は、さらに効率を改善するために考案された回路である。E型コアを2個とI型コアを1個、間にエアギャップを隔てて配置されている。そして、コイルを直交に配置している。

図1
Idekihon
図2
Idehakei
図3
Idehakei2
図4
Idekakucho

正の起電力とは
 一般に知られているのは、ファラデーの逆起電力である。ファラデーの逆起電力は、コイルに電流を流すと、その電流の変化を妨げる方向に電圧が生じるというものである。正の起電力は、それとは逆方向に発生する電圧である。つまり、入力電流を増大する方向に電圧が生じる。従来のトランスやモーターでも正の起電力は発生していたが、ノイズ成分としてやっかい扱いされてきた。超効率インバータでは、それを有効利用している。

空間にはエネルギーが充満している
 真空は何もない空間ではなく、粒子と反粒子が対になって埋まっている空間と考えられている。いわゆる「ディラックの海」である。イギリスの物理学であるポール・ディラックは、1928年にシュレーディンガー方程式に相対性理論を取り入れた「ディラック方程式」を完成させた。ディラック方程式を解くと、マイナスのエネルギーを持つ電子が存在することになる。しかし、実際はマイナスのエネルギーを持つ電子は観測できないので、真空はマイナスのエネルギーを持つ電子で満たされた海になっているという「空孔理論」を提唱した。この中に、プラスのエネルギーを与えると、海の中の電子はプラスのエネルギーを持つ電子になって飛び出してくる。飛び出した場所には孔が開き、その孔は相対的に正のエネルギーを持ち、正の電荷を持つ粒子に見える。それは、電子の反粒子であり、陽電子と呼ばれる。
 場の量子論では、真空はいたるところで粒子と反粒子がペアで生成し、すぐに結合して消滅する現象が絶えず起こっていると考え、この状態を「真空のゆらぎ」と呼んでいる。図5に示すように、真空をミクロ的に見ると絶えずプラスのエネルギーになったり、マイナスのエネルギーになったりしているが、平均すると0エネルギー状態になっている。

図5
Random

空間からエネルギーを取り出す方法
 空間からエネルギーを取り出すには、図6に示すように、空間に振動を与え、空間が正のエネルギーに傾いたときだけエネルギーを抽出するようにすれば、正のエネルギーを取り出すことができる。
 空間に振動を与える方法として火花放電がある。EMAモーターは火花放電を利用して真空に振動を与えている。井出治氏も当初は火花放電を利用していたが、その後、インパルス電流による磁力線を利用するようになった。
 空間に振動を与えた後、空間が正に傾いたときだけエネルギーを抽出するには、空間の振動周波数に共振させる必要がある。井出治氏は、パルスの間隔を狭くしていくと雪崩現象が発生し、出力電圧が増大するといっている。最も出力が増大する周波数が存在するはずである。モレイ・コンバータ(参考:空間からエネルギーを取り出すモレイ・コンバータ)は、共振のみを利用して空間からエネルギーを取り出していた。

図6
Randwave

装置が冷たくなる不思議な現象
 通常のモーターであれば、回転し始めると発熱するはずであるが、EMAモーターも井出治氏の超効率インバータも稼働し始めると冷たくなるという不思議な現象が発生している。
 空間から正のエネルギーのみを取り出すと、周囲の空間は負のエネルギー状態となる。負のエネルギー状態というのは想像しにくいと思うが、正のエネルギー状態は周囲に熱を与えるのに対して、負のエネルギー状態は周囲から熱を奪う。したがって、装置が冷たくなるという現象が発生したのである。
 負のエネルギー状態は、すぐに周囲に拡散していくので、すぐに0エネルギー状態になる。したがって、空間からいくらでもエネルギーを取り出すことができる。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2013年3月 »