« タイムマシン実用化近し!! | トップページ | タイムマシンの特許が公開 »

フリーエネルギー装置実用化近し!!

 井出治氏が開発した超効率インバータ(デゴイチ)は400%近い効率が得られている。つまり、入力エネルギーの約4倍の出力エネルギーが取り出せるということである。出力の一部を入力に戻すことにより、永久機関も夢ではない。一家に一台、車に一台装備することによりエネルギー問題は解決する。第二次産業革命が起きるだろう。

NASAも注目の技術
 井出治氏は、ファラデーの逆起電力とは逆の「正の起電力」を発見し、1995年6月に米国物理学会の応用物理学ジャーナル誌上で発表した。それに興味を持ったNASAは、井出治氏に招待状を送り、1999年のNASA主催の磁気浮上技術国際会議に招待した。井出治氏はその場で研究発表し、多くの質問が寄せられたそうだ。

元になった技術
 井出治氏の技術は、1970年頃にエドウィン・V・グレイによって発明されたEMAモーター(参考:回転し続けるEMAモーター)が元になっている。EMAモーターは、火花放電とモーターとバッテリーを組み合わせた物で、永久に回転し続けるモーターである。しかし、それが世に出ては困る反対勢力により闇に葬られ、未だに実用化されていない。
 また、1900年頃にニコラ・テスラによって発明されたテスラ・コイル(参考:テスラ・コイルとエネルギー増大送信機)も元になっている。ニコラ・テスラは、巨大なテスラ・コイルを使って、地球上のどこでもエネルギーを取り出すことができる世界システムという壮大な構想を持っていた。しかし、それを理解できる者はなく、資金不足で実現できなかった。

超効率インバータの特許出願
 超効率インバータ技術は国内特許出願されている。特許公開番号は2012-023898である。図1は、超効率インバータの基本回路である。また、図2の(a)はMOSトランジスタの駆動波形、(b)はトランスの一次側入力電流波形、(c)はトランスの二次側電圧波形である。図3(a)は、MOSトランジスタの駆動パルスの間隔を短くしたときの波形、(b)はトランスの二次側に雪崩現象が発生して電圧波形が大きくなっていることを示している。これは、正の起電力の影響である。
 図4は、さらに効率を改善するために考案された回路である。E型コアを2個とI型コアを1個、間にエアギャップを隔てて配置されている。そして、コイルを直交に配置している。

図1
Idekihon
図2
Idehakei
図3
Idehakei2
図4
Idekakucho

正の起電力とは
 一般に知られているのは、ファラデーの逆起電力である。ファラデーの逆起電力は、コイルに電流を流すと、その電流の変化を妨げる方向に電圧が生じるというものである。正の起電力は、それとは逆方向に発生する電圧である。つまり、入力電流を増大する方向に電圧が生じる。従来のトランスやモーターでも正の起電力は発生していたが、ノイズ成分としてやっかい扱いされてきた。超効率インバータでは、それを有効利用している。

空間にはエネルギーが充満している
 真空は何もない空間ではなく、粒子と反粒子が対になって埋まっている空間と考えられている。いわゆる「ディラックの海」である。イギリスの物理学であるポール・ディラックは、1928年にシュレーディンガー方程式に相対性理論を取り入れた「ディラック方程式」を完成させた。ディラック方程式を解くと、マイナスのエネルギーを持つ電子が存在することになる。しかし、実際はマイナスのエネルギーを持つ電子は観測できないので、真空はマイナスのエネルギーを持つ電子で満たされた海になっているという「空孔理論」を提唱した。この中に、プラスのエネルギーを与えると、海の中の電子はプラスのエネルギーを持つ電子になって飛び出してくる。飛び出した場所には孔が開き、その孔は相対的に正のエネルギーを持ち、正の電荷を持つ粒子に見える。それは、電子の反粒子であり、陽電子と呼ばれる。
 場の量子論では、真空はいたるところで粒子と反粒子がペアで生成し、すぐに結合して消滅する現象が絶えず起こっていると考え、この状態を「真空のゆらぎ」と呼んでいる。図5に示すように、真空をミクロ的に見ると絶えずプラスのエネルギーになったり、マイナスのエネルギーになったりしているが、平均すると0エネルギー状態になっている。

図5
Random

空間からエネルギーを取り出す方法
 空間からエネルギーを取り出すには、図6に示すように、空間に振動を与え、空間が正のエネルギーに傾いたときだけエネルギーを抽出するようにすれば、正のエネルギーを取り出すことができる。
 空間に振動を与える方法として火花放電がある。EMAモーターは火花放電を利用して真空に振動を与えている。井出治氏も当初は火花放電を利用していたが、その後、インパルス電流による磁力線を利用するようになった。
 空間に振動を与えた後、空間が正に傾いたときだけエネルギーを抽出するには、空間の振動周波数に共振させる必要がある。井出治氏は、パルスの間隔を狭くしていくと雪崩現象が発生し、出力電圧が増大するといっている。最も出力が増大する周波数が存在するはずである。モレイ・コンバータ(参考:空間からエネルギーを取り出すモレイ・コンバータ)は、共振のみを利用して空間からエネルギーを取り出していた。

図6
Randwave

装置が冷たくなる不思議な現象
 通常のモーターであれば、回転し始めると発熱するはずであるが、EMAモーターも井出治氏の超効率インバータも稼働し始めると冷たくなるという不思議な現象が発生している。
 空間から正のエネルギーのみを取り出すと、周囲の空間は負のエネルギー状態となる。負のエネルギー状態というのは想像しにくいと思うが、正のエネルギー状態は周囲に熱を与えるのに対して、負のエネルギー状態は周囲から熱を奪う。したがって、装置が冷たくなるという現象が発生したのである。
 負のエネルギー状態は、すぐに周囲に拡散していくので、すぐに0エネルギー状態になる。したがって、空間からいくらでもエネルギーを取り出すことができる。

|

« タイムマシン実用化近し!! | トップページ | タイムマシンの特許が公開 »

コメント

あなたのBloggerが好きで、あなたの更新の文章を期待します

投稿: 伊藤 | 2012/09/13 10:17

早く、ミドリ十字の井出修さんのフリーエネルギーの技術が世の中に出てくる事を期待しています。このような研究をしていると闇の組織の刺客に注意しないと。井出さん注意して下さい。

投稿: しなちゃん | 2012/12/12 10:36

はぁってめぇ何言ってんだこらぁっ
フリーエネルギーなんか存在しねぇんだよ、常識だぞ。
そんなものが本当にあったら物理法則に反するだろ?
これが事実なら、ノーベル賞受賞でテレビでも大センセーションになってるぞ。
根拠は一つでも見つければそれで解明なのだ。

投稿: ゴメス | 2012/12/13 20:59

しなちゃん・・・
あなたこそ・・・今の時代に・・・
ちょっと無知なんじゃないですか?
・KESHE財団
・ニコラテスラ
・ハチソン効果
・フォトンベルト

最低でもこのあたりの情報を理解したうえで
そういう言動をとりましょう。

テレビで大センセーションって・・・・
今のメディア 政府がどういう状態がわかってていってるのですか?

世の中しらないほうがいいこともあるのです

でも、世界人類のための勇気ある発表に対して
てめえ!よばわりの卑下には
正直 かわいそうな人・・・
とおもってしまいます。

投稿: おいおい | 2013/06/04 01:19

ゴメス・・
あなたこそ・・・今の時代に・・・
ちょっと無知なんじゃないですか?
・KESHE財団
・ニコラテスラ
・ハチソン効果
・フォトンベルト

最低でもこのあたりの情報を理解したうえで
そういう言動をとりましょう。

テレビで大センセーションって・・・・
今のメディア 政府がどういう状態がわかってていってるのですか?

世の中しらないほうがいいこともあるのです

でも、世界人類のための勇気ある発表に対して
てめえ!よばわりの卑下には
正直 かわいそうな人・・・
とおもってしまいます。

投稿: おいおい | 2013/06/04 01:20

自分で自転車を漕いで発電し、その電力で炊飯器を起動させながら飯を食って、自転車を漕ぎ続ける。

誰かが自転車を漕ぎ続けてないと、電力がストップしてしまうので、交代制で自転車を漕ぎ続ける。

そうすれば発電機を作る必要もない。奴隷制度が認められた古代社会ならば、奴隷の所有者はそのような作業にかかわる必要もない。

まさに大量生産、大量消費を目指す中国共産党の体制がこの自転車操業型現代奴隷制度なのである。

投稿: | 2013/12/06 04:39

何でどう発電しようと、スマホでエロ画像を見てオナニーしているような奴らは日本から去って、中国に行け。

日本の男なら、中国を叩きのめせ。

中国もロシアも占領したジンギスカンの軍団ですら、神風で沈めた大和の国よ、今こそ立ち上がるのだ。

投稿: | 2013/12/06 04:44

素晴らしい技術と思います。
早く世の中に出ることを期待しております。
私も、磁力だけで回転するモーターを日々考えております。
尚、趣味で磁気発電装置を作ってしまった
ホームページhttp://www7.ocn.ne.jp/~sato4862/ のsatoさんは、すでに実用しているとの事、是非拝見したいものです。
皆で世界のエネルギーをフリーエネルギーに変えていきたいものです。

投稿: 盛岡F | 2014/01/09 16:41

・KESHE財団
・フォトンベルト
これらはインチキだけどな

投稿: | 2014/04/22 18:59

動作すると温度が下がるのはエントロピーが増大するのでなく減少するのかな?
負のエントロピーということでしょうね。
このエントロピーの増大がフリーエネルギーや永久機関の発想の妨げになっているのは事実。
しかし、時空間への何らかの電磁的刺激(スパイク電圧電流等)によってエントロピー増大の破れ、エネルギー保存則の破れが局所的に発生するのであろうとも推察できる。
EMAモーターや井出治氏のインバータは実験実証できているのは事実であるから、似非科学とは言えない。
従って、正統派?と言われる科学者は謙虚にその事実を受け入れ、研究するべきではないかと思うが、この間違った世の中、一歩でもその領域に足を踏み入れると似非科学(色もの物理学者)のレッテルを張られるのだから始末にを得ない。
全人類にとって最高の科学や技術は何時になったら日の目を見ることができるのだろう。
まあ、国際石油メジャーや世界金融資本など白人が牛耳っているこの構図を崩さない限り、かなり難しいのではないかと思い、悲しい限りである。


投稿: しんのすけ | 2014/09/17 18:47

さて記事から3年経過したが実用化はまだかいのう?

投稿: | 2015/04/27 02:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/54278394

この記事へのトラックバック一覧です: フリーエネルギー装置実用化近し!!:

« タイムマシン実用化近し!! | トップページ | タイムマシンの特許が公開 »