« 契約の箱(アーク)発見!? | トップページ | 進化論は間違っていた(その2) »

日本人のルーツ

 DNAの研究が進み、日本人のルーツが明らかになりつつある。日本周辺の国々の人々に比べて、DNAのはっきりとした違いが見られる。その違いが私達の先祖、縄文人にあることが分かってきた。

縄文人と現代日本人のつながり
 縄文時代は、一万数千年前から二千数百年前まで続き、その後、弥生時代となる。現代の日本人は、縄文人と後に大陸から渡ってきた弥生人を先祖していると考えられてきました。1996年から1999年までの間、日中両国の研究者が、弥生人の骨と江蘇省で発掘された漢の初期の人骨を比較した。そして、江蘇省の人骨と弥生人の人骨のDNAの一部が一致した。ただ、古くからいた縄文人が今の私達にどんな影響を与えているのか、縄文人とはどんな人たちだったのか分かっていなかった。DNAの技術が高まり、縄文人と現代の日本人とのつながりが明らかになってきました。

日本人とアジア大陸の人々とはDNAが異なる
Vlcsnap00046
 静岡の国立遺伝学研究所の斎藤成也教授は、500人以上の日本人と、アジアの数千人のDNA解析を行った。DNAの特徴を元に、グラフに落とし込むと、アジアの大陸の人々は比較的分布がまとまるのに対して、日本人はそれと大きく分布が違うことが分かった。この違いは、沖縄の人たち、それからアイヌの人たちという順に大きいことが分かった。
 国立科学博物館の神澤秀明研究員は、縄文人の歯のDNAを分析したところ、日本人が分布する方向の先(アイヌ人の先)に縄文人のDNAが位置することが分かった。

縄文人のルーツ
Vlcsnap00048
 男性だけがもつY染色体の調査から縄文人のルーツが明らかになってきた。Y染色体は父親から息子へ受け継がれていく。その変化を調べると、その先祖をたどっていくことができる。世界中で調査が行われた結果、男性は古い先祖から次々に別れてきて、世界中には大きく分けて、AからTまで20のグループがあることが分かってきた。このうち、古いタイプは、人類の誕生の地と考えられているアフリカに多いA,B,Eである。日本人にも、古いタイプのDというタイプの人がいることが分かっている。

日本人のY染色体のタイプ
Vlcsnap00049
 徳島大学大学院医歯薬学研究部の佐藤陽一准教授は、二千人以上の日本人男性のY染色体を調査した。その半数は、中国人や韓国人の大多数を占めるOというタイプだったが、その次に多かったのがDで3割を占めていた。Dというタイプは、アジア大陸ではほとんど見られない。世界に2カ所、Dをもつ男性が多い地域が見つかっている。それは、チベットとインド洋のアンダマン諸島である。アジア大陸にもDというタイプが分布していたと思われるが、その後、Oというタイプがアジアを占めるようになり、取って代わられたと考えられる。日本やチベットやアンダマン諸島は、島国だったり、山に囲まれていたりしたため、他のグループとの交流が限られていて、現代でもかなり残っていると考えられる。

日本人は古代ユダヤ人と近い関係
 Dタイプは、アフリカ北部、地中海沿岸に分布するEタイプと非常に近い関係にある。DタイプとEタイプは共にYAPという特殊な塩基配列を持っている。そのため、YAP遺伝子ともよばれている。古代ユダヤ人もアフリカ北部、地中海沿岸に居住していたので、YAP遺伝子を持っていたと考えられる。日本人は、古代ユダヤ人と近い関係にある。

参考:2015年5月29日(金)NHKニュース「おはよう日本」

|

« 契約の箱(アーク)発見!? | トップページ | 進化論は間違っていた(その2) »

コメント

まだDNAの二重らせん構造も発見されていない頃にアイヌ人こそが本当の日本人だと見破っていた人がいる
それは出口王仁三郎という人で、木庭次守編の「新月の光〉―出口王仁三郎玉言集」その下巻の359頁にて、「アイヌ人は本当の日本人だ」と発言されていた事が記録されています

投稿: | 2015/12/04 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35018/62379668

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人のルーツ:

« 契約の箱(アーク)発見!? | トップページ | 進化論は間違っていた(その2) »