現代人は眼の老化が加速!

 現代人は、若くても視力が良くても眼の重要な機能が衰えている人が急増している。眼の老化は徐々に進行してしまうため、本人が自覚したときにはかなり進行してしまい、機能回復が手遅れになることが多い。眼の老化は、近くがぼやける老眼以外に、周辺視野が狭くなったり、暗視力が低下したりする。

眼の周辺視野老化診断
1.白い紙の真ん中に黒い点を書き、指3本・2本・1本間隔で左右に3つずつ直径1cm位の円を書く。
2.こぶし2つ分の高さに眼を近づけて両手にペンを持つ。
3.中心点から視線を外さず、左右同時に円の中にペン先を入れていく。
すべての円の中にペン先を入れることができたら正常。1つでも外れたら眼の周辺視野が50代以上に衰えている可能性がある。
eyetest


周辺視野が狭くなる原因
 眼に入った光は網膜で像を結ぶが、50代から網膜の老化が加速し、視界の端の細胞から働きが低下し、鮮明に映像化できなくなる。若い人でも周辺視野が狭くなっている人は、中性脂肪値や血糖値が高い人が多い。中性脂肪値や血糖値の高い人は、血液がドロドロで、血液の流れが悪くなり、網膜の細胞が栄養不足になり、周辺視野の能力が衰える。網膜の細胞は、常に映像化するために働いているので、血液中の栄養を大量に必要とする。網膜は、視界の端ほど細胞の数が少ないため、視界の端から衰えていく。

周辺視野の復活法
 網膜への血液は、首の内頚動脈を通り、眼の裏側から運ばれている。したがって、首の血流を良くすることがポイントである。内頚動脈はあご骨近くを通るので、あごを良く動かすことにより血流が良くなる。
1.40℃のホットタオルで10分間首全体を包み込む。
2.「あるある」と発声し、30回あごを大きく動かす。

眼の暗視力の老化
 眼は、暗い所では瞳孔が広がり、より多くの光を取り込むようにしている。瞳孔を開閉している虹彩筋は、50代頃から衰え、瞳孔を大きく開けられなくなる。現代人は、暗い所で過ごす時間が少ないため、若くして虹彩筋が老化している人が急増している。

暗視力の復活法
1.壁などの明るいところを10秒見つめる。
2.眼を開けたまま両手で眼を覆い10秒間視野を暗くする。
これを10回繰り返し、1日3セット行う。

(2005年10月23日 あるある大事典Ⅱ)

| | コメント (1) | トラックバック (5)

ほうれん草で目の視力低下予防

ほうれん草に豊富に含まれるルテインは、紫外線などで発生する活性酸素を減らし、水晶体が傷つくのを防いでくれる。ほうれん草の摂取によって白内障のリスクが約35%低下することが分かった。ルテインの1日の摂取量の目安は6mgである。

ルテインの含有量(100g中)
ほうれん草  10.2mg
ブロッコリー  1.9mg
レタス     1.8mg
グリーンピース 1.7mg
芽キャベツ   1.3mg

【美しく・健康な目のために♪●1日3粒で目に必要なルテインをしっかり摂取できちゃいます!●目の疲れを取るアントシアニンもたっぷり配合!!】

【ルテイン&アントシアニン】8月上旬より順次出荷予定となっております♪【★Growup★コスメから雑貨まで人気アイテムが満載!】

| | コメント (0) | トラックバック (1)

強力な抗酸化力で体を守るアスタキサンチン

魚のサケなどに多く含まれるアスタキサンチンは強力な抗酸化力があり、あらゆる病気の源である活性酸素を除去し体を守ってくれる。

アスタキサンチン
アスタキサンチンは、もともと「ヘマトコッカス」という海中の微細な藻に含まれている。それを食べたプランクトンや甲殻類や魚類などをサケが食べて、体内にアスタキサンチンが蓄えられる。アスタキサンチンは赤い色をしているため、サケの身は紅色になっている。アスタキサンチンの抗酸化力は非常に強力で、ビタミンEの500~1000倍、β-カロテンの40倍である。1日に最低2~3mg、できれば4~6mg摂るのが望ましい。

アスタキサンチンを多く含む食材(100g当り)
サケ   1.7~2.6mg
イクラ  0.8~1.0mg
甘エビ  0.8~1.0mg
カニコ  2.0~3.0mg

アスタキサンチンで脳梗塞や心筋梗塞を予防
動脈硬化は、悪玉コレステロール(LDL)が活性酸素によって酸化されることにより促進される。動脈硬化により血管が詰まりやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞になる。アスタキサンチンの強力な抗酸化力でLDLの酸化を防ぎ、動脈硬化を防ぐことができる。

アスタキサンチンでガンを予防
アスタキサンチンは、ガンの発生や転移を抑える効果があることが、多くの動物実験で明らかにされている。ガン細胞の発生には、活性酸素が深くかかわっている。その活性酸素を除去することによりガンの発生や転移を抑えることができる。

脳まで届くアスタキサンチン
脳には、有害な物質を入れないための「血液脳関門」という防御システムがある。抗酸化物質のうち血液脳関門を通ることができるのは、アスタキサンチンだけである。脳の酸化を防ぎ、痴呆などを予防・改善する物質として注目されている。

視力を回復するアスタキサンチン
目の網膜にも「血液網膜関門」という防御システムがあるが、アスタキサンチンは通り抜けることができる。アスタキサンチンは、眼精疲労や白内障を抑制する効果がある。
紫外線などが作る活性酸素や老化の影響で目の網膜の機能が衰えると、明るさや暗さに順応しにくくなる。そのため、夕方になると目がショボショボしたり、視界がかすんだりしてくる。アスタキサンチンは、目の網膜にも届くため、網膜の活性酸素を除去し視力を回復する効果がある。
アスタキサンチンは、視力を調節する毛様体筋にも作用し、目の調節力を改善する効果もある。

糖尿病に効果のあるアスタキサンチン
糖尿病は、膵臓から出るインスリン(細胞に糖を取り込むホルモン)の量や作用が不足する病気である。活性酸素は、膵臓にダメージを与えインスリンの出方や効き方を悪くする。アスタキサンチンは、強力な抗酸化力により膵臓のダメージを抑え、糖尿病の発症・悪化を防いでくれる。
糖尿病が進行すると「糖尿病性腎症」を併発する。腎臓の機能が衰え、ひどくなると、人工的に血液をろ過する「透析療法」を定期的に受けなければならなくなる。アスタキサンチンは、糖尿病性腎症にも効果があることが確認されている。

日焼けやシミに効果があるアスタキサンチン
アスタキサンチンは、紫外線がつくる活性酸素を除去し、メラニン色素の生成を抑制してくれる。メラニン色素の生成を抑えてくれるので、シミを消す効果もあり、美肌作りに効果がある。

アスタキサンチンはこちら
Click Here!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

現代人を襲う視力低下

 現代人は、様々な原因により視力低下を起こしている。その原因と対策について紹介する。

若年老眼
 老眼は、通常45歳くらいから現れる症状であるが、最近、30代で老眼になる人が増えている。その原因は、目の使いすぎと運動不足である。同じところを見続けていると、目のレンズを調節する毛様体筋が硬くなり、レンズの調節がスムーズにできなくなる。また、運動不足により血の巡りが悪くなると、毛様体筋への血液循環が低下して動きが鈍くなり、近いところに焦点を合わせられなくなる。
 対策としては、同じところを見続けないでときどき目を休めることと、目の周りを温めて血行を良くすることである。

夕方近視
 夕方になると視力が低下するのは、疲れ目である。現代人は、パソコンや携帯電話でメールをする時間が長くなっており、目が疲れやすい。また、メールするときの目のまばたきの回数が少なくなっている。意識してまばたきをするようにすると、目の緊張をほぐし、目が疲れにくくなる。
 目が疲れたときは、目の周りを温かいタオルで温めると良い。目の周りを温めると、ドライアイの最大の原因であるマイボーム腺のつまりが解消され、涙の層が回復する。また、血液の循環を良くし、目の周りの筋肉の緊張をほぐしてくれる。
 上目使いは、目に力が入り、目が疲れやすい。パソコンのモニタは、目線より10度下になるようにする。

コンタクトレンズによる目の障害
 コンタクトレンズを付けたままうたた寝すると角膜に傷がつく。通常は、コンタクトレンズと角膜の間に涙の層ができて、角膜を保護してくれるが、うたた寝をすると、涙の層がなくなり、コンタクトレンズが角膜にくっつき角膜を傷つけてしまう。これを点状表層角膜症という。通常は、2日程度で傷は治るが、続けていると更に悪化させ、失明することもある。
 コンタクトレンズには、目に見えない薄い蛋白質の幕が付着している。これをしっかり洗浄しないと、角膜を傷つけ、角膜が白くにごったりして病気になる可能性がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酸欠人間が体調不良を引き起こす!

 血液中の酸素濃度が減ると、脳の働きが悪くなったり、日中眠くなったり、視力が低下したり、脂肪の燃焼が悪くなったりする。酸欠人間は、普通の人よりやせにくい。

続きを読む "酸欠人間が体調不良を引き起こす!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1日10分の視力回復訓練法の結果報告

 以前に紹介した1日10分の視力回復訓練法を自分でも試してみた(1日10分の訓練で視力が回復する)。その途中結果を報告する。当初、左0.02、右0.07とかなり悪い状態だった。眼筋統合訓練法とトランプによる脳内視力回復訓練を毎日5分ずつ行った。下のグラフがその結果である。少しずつであるが、視力が回復してきている。

shiryoku1.jpg

 脳内視力が低下すると、利き目しか使わないようになり、視幅もだんだん狭くなっていく。トランプによる脳内視力回復訓練を行うと、脳内視力がアップし、視幅も広くなる。脳内視力をアップする方法として、ランダムドットステレオグラムも注目されている。このステレオグラムを眺めていると、両方の目を統合的に使い、脳内で立体像を構成するので、脳内視力がアップする。当ホームページにもアップしてあるので眺めてみてください。少し寄り目にして(交差法)、下のほうにある黒四角が三つに見えるようにすると図形が浮き出て見えます。(ステレオグラム)
下は平行法で作成されたステレオグラムの作品のホームページがあります。平行法の作品は、遠くを眺めるような感じで見ていると浮き出て見えるようになります。平行法の作品を交差法で見るとへこんで見えます。平行法の作品のもうひとつの見方は、作品に目をできるだけ近づけて、視線はそのままの状態でゆっくりと目を離していきます。じっと見ていると浮き出て見えるようになります。
KONDO's Stereogram Workshop

| | コメント (1) | トラックバック (1)

1日10分の訓練で視力が回復する

視力には脳内視力と眼球視力がある。両方を鍛えることにより、近視・乱視・老眼は必ず回復する。

続きを読む "1日10分の訓練で視力が回復する"

| | コメント (17) | トラックバック (0)