内臓脂肪の恐怖

 内臓脂肪が多い人は通常の人よりさまざまな病気にかかりやすい。特に、心疾患、痛風、胆石、糖尿病にかかりやすい。

内臓脂肪が引き起こす様々な病気
 内臓脂肪が多いと血液中の脂肪も多く、動脈硬化を引き起こし、心疾患になりやすい。また、内臓脂肪が多いと胆石ができやすい。胆石は脂肪の塊である。また、脂肪細胞から出てくる物質がインスリンの効き目を悪くし、糖尿病になりやすくなる。内臓脂肪が多い人は、以下のように、心疾患、痛風、胆石、糖尿病にかかる危険性が高くなる。
心疾患   2倍
痛風   2.5倍
胆石    3倍
糖尿病   5倍

メタボリックシンドローム
 メタボリックは代謝、シンドロームは症候群という意味で、メタボリックシンドロームは代謝異常症候群のことである。
メタボリックシンドロームの診断基準
1.へそ周りが男性で85cm以上、女性で90cm以上
2.下記3つのうち2つ以上該当する場合
・血圧が上130mmHg以上、下85mmHg以上
・血糖値が110mg/dl以上
・中性脂肪が150mg/dl以上またはHDLコレステロールが40mg/dl未満
 メタボリックシンドロームで怖いのは、動脈硬化を異常に促進し、糖尿病、脳卒中、心筋梗塞にかかる危険度が健常者より31.3倍高いことである。
 診断基準に該当しないやせている人でも内臓脂肪が多い人もいるので注意が必要である。

従来のダイエットの間違い
 りんごダイエットなどの単品ダイエットは、一時的には効果があるかもしれないが、必ずリバウンドして太ってしまう。
 炭水化物や油物を抜く偏食ダイエットは、ホルモンバランスが壊れたり肌がカサカサになったりして、どこかにしわ寄せがきて、身体に良くない。
 低インスリンダイエットは、インスリン分泌が少ない食材を選んで摂取することにより脂肪の蓄積を抑えるダイエットであるが、高血糖状態を作ることになり、身体にいいことではない。
 サウナや半身浴などの発汗ダイエットは、単なる脱水であり、やせることにはならない。

リバウンドの恐怖
 ダイエットをするとしばらくは体重が減っていくが、そのうち体重が減らない停滞期がやってくる。停滞期の期間は2週間から1ヶ月である。この停滞期を乗り切れば再び体重が減るようになる。正しいダイエットは、このように階段状に体重が減っていく。停滞期にあきらめてダイエットをやめると、元の体重よりも増えてしまう。これがリバウンドである。
 ダイエットをやめたときの体重の増え方は通常より早くなる。また、再びダイエットを始めると、体重の減り方は以前より遅くなる。これは、身体が危機状態だと判断して、よりエネルギーを蓄えようとするからである。ダイエットとリバウンドを繰り返すと、太りやすく、やせにくい身体になってしまう。

基礎代謝を上げることが効果的なダイエット
 人の身体は、何もしなくても、心臓などの臓器を動かしたり、体温を維持するためにエネルギーを消費している。これを基礎代謝という。特別な運動をしない主婦の場合、この基礎代謝が全エネルギー消費の7割を占めている。
 筋肉には、赤筋と白筋がある。赤筋は、持久力を生み出す筋肉でマラソン選手などに多い。白筋は、瞬発力を生み出す筋肉で短距離走選手などに多い。赤筋の多い人のほうが基礎代謝が高い。赤筋を鍛えることにより、基礎代謝を上げることができる。赤筋は、ゆっくりとした動きにより鍛えることができる。

基礎代謝を上げる方法
1.いすに浅く座る
 いすに座るときに浅く座って背もたれに寄りかからないようにする。このようにすることによって、背筋や首の筋肉や腹筋の赤筋が鍛えられる。
2.立っているときに片足だけつま先立ちする
 立っているときに片足だけつま先立ちし、疲れたら足をかえる。このようにすると、足の筋肉が鍛えられるだけでなく、バランスをとろうとして全身の筋肉が鍛えられる。

「わかさとこんき」の食材によるダイエット
わ:わかめ・・・ミネラルたっぷり
か:寒天・・・腸の働きを促進
さ:ささみ・・・たんぱく質が豊富
と:豆腐・・・コレステロールの吸収を抑える
こん:こんにゃく・・・カロリーゼロ
き:きのこ・・・ダイエットのイライラを抑える効果
これらの食材を摂ることにより効果的にダイエットできる。

(2006年12月25日 「主治医が見つかる診療所」テレビ朝日)

| | コメント (0) | トラックバック (22)

玄米の健康パワーとおいしい炊き方

 玄米は、栄養が豊富で優れた健康食であるが、臭いやパサパサ感で敬遠されがちだった。玄米にヨーグルトを混ぜて炊くことにより、白米と同じくらいおいしくなり、しかも消化吸収も良くなる。

玄米は栄養豊富
玄米には、食物繊維、ビタミン、ミネラルなど多くの栄養素が豊富に含まれている。
玄米1膳分の栄養素の比較
・食物繊維は白米の6倍・・・トコロテン3杯分
・ビタミンEは白米の14倍・・・アーモンド25粒
・ビタミンB1は白米の5倍・・・豚肉3枚
・ビタミンB6は白米の4倍・・・イワシ2尾
・ナイアシンは白米の5倍・・・ブリ半身
・鉄分は白米の3倍・・・レバー19g
・カリウムは白米の3倍・・・バナナ28g
・マグネシウムは白米の5倍・・・納豆1パック強

フィチン酸で血糖値と体脂肪率を改善
 玄米に含まれるフィチン酸は、腸の掃除屋と呼ばれている物質で、糖を吸着し排出されるため、食後の血糖値の上昇を抑えてくれる。
 水銀などの有害ミネラルは、脂肪分解酵素の活性を妨げる。フィチン酸は有害ミネラルも吸着し排出される働きがある。その結果、酵素の働きが良くなり、脂肪の分解が促進される。

イノシトールで肝機能と体脂肪率を改善
 玄米に含まれるイノシトールは、抗脂肪肝ビタミンといわれ、肝臓に溜まった脂肪を押し出し目詰まりを直すため、肝臓の機能を改善してくれる。また、イノシトールは、脂肪分解酵素により分解された脂肪が細胞に取り込まれるのを促進し、脂肪燃焼効率が上昇する。

ギャバで体脂肪率を改善
 玄米に含まれるギャバは、γ-アミノ酪酸の略称で、脳内の神経伝達物質の一つである。玄米には白米の3倍、発芽玄米には9倍のギャバが含まれている。体内に吸収されたギャバは、脳下垂体を刺激し成長ホルモンの分泌を促進する。この成長ホルモンが脂肪分解酵素を活性化し、体内に溜まった脂肪を使いやすい状態に分解してくれる。
 
フィチン酸・イノシトール・ギャバの相乗効果
 フィチン酸・イノシトール・ギャバの3つの成分の働きで、脂肪の燃焼を強力に促進してくれる。さらに、ギャバによって増えた成長ホルモンが細胞の新陳代謝を促進し、疲労感や肌水分量が改善される。玄米の豊富な栄養成分により、血糖値や中性脂肪が減少し、ダイエット効果も得られる。

玄米のおいしい炊き方
 玄米をおいしく炊くには、でんぷん分解酵素アミラーゼを活性化させる必要がある。アミラーゼは、弱酸性(pHが5程度)が一番良く働く領域である。ヨーグルトのpHは4.6程度なので、玄米にヨーグルトを混ぜて炊くとおいしく炊ける。ヨーグルトを混ぜて炊くとアミラーゼの活性度が、水だけで炊いた場合に比べて3.7倍に増加する。さらに、ヨーグルトの乳糖が玄米の臭いを吸着するため、いやな臭いがしなくなる。また、ぬかの膜が破けやすくなっているため消化吸収が良くなる。さらに、ヨーグルト水に玄米を1時間浸けると、ギャバの含有量が約2倍に増加する。
玄米を炊く手順
(1)玄米3合につき大さじ2杯のプレーンヨーグルトを入れよく混ぜる。ヨーグルトの固まりが残らないように注意する。
(2)30分~1時間浸け置きする。
(3)玄米モードで炊く。玄米モードが無い炊飯器の場合は、手で強く研いで表面に傷をつけて水が浸透しやすくし、2時間浸け置きしてから炊くようにする。

(2006年5月7日 あるある大事典Ⅱ)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

世界の医学界が注目!糖鎖のパワー!

 ガン、アレルギー、リウマチ、肝炎、心筋梗塞、脳卒中、高血圧、糖尿病、骨粗しょう症、肥満など200種類以上の病気を感知し対処するように機能する糖鎖の驚くべきパワーに世界の医学界が注目を集めている。

糖鎖とは
 細胞から毛のように伸びている糖の鎖を糖鎖という。糖鎖は、8種類の糖が色々な並び方をしており、細胞によってそれぞれ異なる。その並び方を認識して、相手とつながったり、相手を攻撃するように働いたりする。糖鎖の働きによって、細胞と細胞の結合が決められている。細菌やウィルスにも糖鎖があり、その糖鎖が人間の細胞の糖鎖を感知して、のどの部分で悪さをしたり、お腹の部分で悪さをしたりする。
 人間の体内には、細菌やウィルスの糖鎖を感知する監視細胞があり、監視細胞が感知すると、その情報を攻撃細胞に伝達し、攻撃細胞が細菌やウィルスを攻撃してやっつける。この糖鎖の働きが正常に働いていないと細菌やウィルスに侵され、様々な病気を引き起こす。
 年を取ると糖鎖が切れやすくなる。赤血球は糖鎖が切れると壊れてしまう。したがって、糖鎖を切れにくくすることも大事である。
 糖鎖が正常に働かなくなると、免疫力などが弱くなるだけでなく、免疫異常を引き起こし、特にアレルギー症状が強くなる。

tousa

糖鎖を作る
 糖鎖を作るには、糖質とCoQ10(コエンザイムQ10)が必要である。
 糖には200種類あるが、糖鎖はその中の8種類で作られている。食べ物から摂ることができる糖としてグルコース、マンノース、フコース、ガラクトース、キシロースの5種類がある。後の3種類は体の中で合成して作られる。
・グルコース(ブドウ糖)   穀類
・マンノース        コンニャク
・フコース         モズク
・ガラクトース       ヨーグルト
・キシロース        メープルシロップ
コンニャクは消化されにくいので良く噛んで食べたり、粉コンニャクを使ったりするとよい。モズクに含まれるフコースも吸収されにくい物質であるが、納豆と一緒に食べると納豆菌の働きにより吸収されやすくなる。ヨーグルトとメープルシロップは混ぜて食べるとよい。
 糖質を糖鎖の材料になりやすくさせるには、その食品を1週間に1~2回以上定期的に摂ることが大切である。グルコース以外の糖は、吸収されにくい物質であるが、それを吸収できるように働くのが腸の中の菌である。定期的によることにより、腸の中の環境が整えられて吸収されやすくなる。
 糖鎖を作るときに、補酵素であるCoQ10が必要である。CoQ10は、エネルギーを作り出すときに使われるが、CoQ10が不足すると糖鎖を作るほうに手が回らなくなる。したがって、CoQ10は多めに摂る必要がある。
 食品から摂ることが難しいN-アセチルグルコサミン、N-アセチルガラクトサミン、N-アセチルノイラミン酸の3種類の糖は体内で合成されるが、そのときにCoQ10が必要である。CoQ10の一日に必要な摂取量は60~100mgであり、食物からだけでは不十分である。サプリメントで補うしかない。サプリメントは、CoQ10が脂溶性なので、食後に摂ったほうが吸収率が高くなる。また、ビタミンE、EPA、DHAといっしょに摂ると吸収率が良くなる。

食品100g中のCoQ10量
イワシ   6.5mg
サバ    4.5mg
豚     4.1mg
牛     3.2mg
ピーナッツ 2.8mg

糖鎖の働きを良くする
 糖鎖の働きを良くするには、レクチンとビタミンA,C,Eが必要である。
 インゲン豆に多く含まれるレクチンは、糖鎖の働きを高め、免疫グロブリンを作って肺ガンや肺炎を防ぐ効果も高いことが判った。インゲン豆の中でも金時豆は、レクチンの量が多く、また、ポリフェノールの一種であるアントシアニンも含まれており効果を高めてくれる。レクチンは水溶性なので、汁物にして食べるのが良い。
 糖鎖を正常な働きにするには、抗酸化物質であるビタミンA,C,Eを摂ることが大事である。ビタミンA,C,Eを豊富に含む食材としてかぼちゃがある。

(2005年5月13日 おもいっきりテレビ)

【ビタミンEやEPA、DHAも配合された『カラダナビ CoQ10』】

カラダナビコエンザイムQ10【★☆★ケンコージョイ★☆★】

となりまちショッピングモール Store-mix.com

| | コメント (1) | トラックバック (0)

固まらない寒天に抗ガン作用の可能性

 寒天は、糖尿病、高コレステロール、肥満、高血圧の改善や予防に効果があることが分かってきた。また、「固まらない寒天」には、ガンを抑制する可能性もあることが分かってきた。

「固まらない寒天」とは
 寒天は、酸の強いレモン汁などと一緒に煮ると、冷めても固まらなくなる。これは、本来固める性質のある食物繊維の網目構造が酸によって分解され、短く切れてしまうことにより起こる。この成分は、食物繊維の働きを失って、腸から体内へ吸収されるようになる。この成分をガン細胞に加えたところ、細胞の核がバラバラに壊れて、ガンが抑制されることが分かった。現時点では試験管レベルであるが、将来的にはガン抑制効果が認められる可能性がある。
固まらない寒天によりガン細胞の核がバラバラになった様子
kantengn

「固まらない寒天」の作り方
材料
・水    2カップ
・粉寒天  4g
・レモン汁 大さじ2
・砂糖   大さじ2
作り方
1.アルミ以外の鍋にすべての材料を入れ、ひと混ぜしてから火をつける。
2.沸騰するまで木ベラで混ぜ続け、沸騰したら火を弱火にして3分間加熱する。
3.粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
冷蔵庫で約1週間保存できる。3分間加熱するのがポイントである。短すぎると固まってしまう。

サラダなどにトッピング
 野菜サラダやフルーツサラダなどにかけて食べるとさわやかな味になりおいしい。
イカ、きゅうり、パプリカにドレッシングと固まらない寒天をかけた例
kantensd

寒天入りジュース
 固まらない寒天をジュースなどに混ぜて飲むと手軽に寒天を摂ることができる。
固まらない寒天1/3、野菜ジュース1/3、豆乳1/3を混ぜたドリンク
kantenjc

関連記事
寒天の驚異のパワー!!血糖値・コレステロール値・血圧・体重・体脂肪率に効果

業務用粉寒天

業務用粉寒天 500g2袋セット:1341600x2【夢展望】

となりまちショッピングモール Store-mix.com

人気ブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

急増中の怖い糖尿病

 日本の糖尿病患者740万人、予備軍も含めると1620万人といわれ約6人に1人の割合、しかも急増している。糖尿病の一番の原因は肥満であるが、日本人は小太り程度でも糖尿病になりやすく、国民病ともいえる。

怖い糖尿病の合併症
 糖尿病は、放っておくとさまざまな合併症を引き起こし、失明したり、人工透析が必要になったり、脳梗塞や心筋梗塞により死に至ることもある非常に怖い病気である。糖尿病の三大合併症といわれているものが、網膜症、腎症、神経障害である。
網膜症
 網膜の細い血管がもろくなって眼底出血を起こす病気で、進行すると失明する。日本では成人の失明原因の第一位が糖尿病性網膜症で、年間3000人以上が失明している。
腎症
 腎臓で糸球体という部分の細い血管が硬くなり、血液の濾過機能が弱まる病気である。血糖値の高い状態が続くと腎臓の働きが悪くなり、透析が必要となる。糖尿病では腎不全で年間およそ6400人が新たに人工透析を受けている。
神経障害
 手足がしびれたりマヒしたり、尿の出方が弱くなったりいろいろな神経障害を引き起こす。
動脈硬化性疾患
 血糖値が高くなると血液がベトベトの状態になり、血管も硬くなり詰まりやすくなる。心筋梗塞は正常者に比べて約2倍、脳梗塞は正常者に比べて約3倍なりやすい。
感染症
 糖尿病になると体の抵抗力が落ちて、風邪、肺炎、膀胱炎、皮膚の化膿など感染症にかかりやすくなる。

糖尿病の予防
 糖尿病の原因は、肥満、食べ過ぎ、運動不足、ストレスであり、それらを解消することが糖尿病の予防となる。
 ダイエットによる肥満解消と血糖値を下げる効果のある食材としてゴーヤ(にがうり)がある。
 ゴーヤに含まれる成分であるポリペプタイドPが、インスリンと似た効果を持っている。糖尿病の治療薬は血糖値を下げすぎて低血糖になってしまうこともあるが、ゴーヤにはその心配がないことが近年わかってきている。
 また、ゴーヤに含まれる共役リノール酸は、脂肪の代謝だけを促進し、筋肉を落とさずダイエットできると注目を浴びている。共役リノール酸は、体脂肪の燃焼を促進するほか、ガンの予防や進行、動脈硬化(血管の老化)の抑制にも役立つので、腎病、心筋梗塞、網膜症などの、糖尿病の合併症にも効果がある。

ゴーヤの有効成分を効果的に摂ることができる発酵ゴーヤー茶

発酵ゴーヤー茶 30包セット【アイデア100選会】

L-カルニチンと共役リノール酸(ゴーヤー種子)のベストコンビが体脂肪を燃やし、ガルシニア・キトサンで無駄な脂肪が体につくのをガッチリガード

ハリー【悩み★ケア TAMAKO倶楽部】

| | コメント (0) | トラックバック (1)

寒天の驚異のパワー!!血糖値・コレステロール値・血圧・体重・体脂肪率に効果

 寒天は、血糖値・コレステロール値・血圧・体重・体脂肪率を減少させる驚きのパワーがあることが分かった。寒天で食事制限することなく、健康的にダイエットできる。

寒天について
 寒天の原料は、天草やオゴノリという海藻類である。それを加熱して溶かし、不純物を取り除いて固めたものがトコロテンで、トコロテンを乾燥させたものが寒天である。よく間違われやすいものとしてゼラチンがあるが、ゼラチンは動物性食品であり、植物性食品である寒天とは、まったく別物である。寒天は90℃以上で溶けて、40℃付近で急速に凝固する。

寒天の抜群の便秘解消効果
 寒天の81.2%は食物繊維であり、他の食品と比べても食物繊維が豊富に含まれている。
      食物繊維含有量
寒天     81.2%
ヒジキ    54.9%
干シイタケ  43.4%
アオノリ   38.6%
インゲン豆  19.7%
 食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がある。水溶性食物繊維は、腸内で善玉菌の栄養となり善玉菌を増やす。それによって、腸内環境を整えて排便を促す。不溶性食物繊維は、多量の水分を吸収したまま腸壁を刺激し、腸のぜん動運動を活発化し便の水分量を高めて軟らかくし、排泄させる働きがある。寒天は、水溶性の性質と不溶性の性質の両方を持っている。

寒天の摂取カロリー減少効果
 寒天はほとんどカロリーゼロの食材である。寒天の食物繊維は消化吸収されず、水分を保ったまま胃や腸をゆっくり移動するため、満腹感を与え摂取カロリーを抑えてくれる。

寒天で血糖値低下
 食物を摂ると糖質は胃から腸へすぐに移動し、腸内で一気に吸収される。食前に寒天を摂ると胃の中でゲル状になり、ゲル状の寒天が糖質を吸着し、糖質は胃から腸へゆっくりと移動する。その結果、体内への糖の吸収スピードが緩やかになり、急激な血糖値の上昇を抑え、脂肪が蓄積されにくくなる。

寒天でコレステロール値減少
 コレステロールが分解されると胆汁酸になる。寒天が胆汁酸を包み込んで体外へ排出してくれる。そのため、肝臓では足りなくなった胆汁酸を補充するため、コレステロールをどんどん分解して胆汁酸を作る。その結果、体内のコレステロール量が減少する。

寒天の脂肪燃焼効果
 まだ研究段階であるが、食物繊維に脂肪燃焼を高める効果があることが分かってきた。食物繊維は、腸内で発酵して短鎖脂肪酸を生成する。短鎖脂肪酸は、優先的にエネルギー源として使われる炭水化物の経路をストップする。そのため、体内で糖が足りなくなり、もう一つのエネルギー源として脂肪が燃やされる。寒天を摂ることにより、運動しなくても体脂肪が減少する。

寒天で基礎代謝アップ
 寒天はゲル状のまま腸に到達する。腸は寒天を押し出そうと大きくぜん動運動して腸が活発に動く。腸が活発に動いたときのエネルギー消費が基礎代謝を上げることにつながる。また、腸の周辺の筋力がアップし、基礎代謝が10~20%上昇する。それにより、冷え性解消効果もある。

寒天を2週間摂り続けた結果
 朝昼晩の毎食前に寒天1~1.5g(トコロテン1パック150g)を2週間摂り続けたところ、驚くべき結果が得られた。
 最も効果があった人で、体重が2.8kg減少、血圧が(87-148)から(82-128)に減少、総コレステロール値が258から196に減少、体脂肪率が2.2%減少、血糖値が111から82に減少した。

寒天の手軽な摂り方
1.トマト寒天
 角寒天1本をちぎり30分以上水につける。トマトジュース500mlを沸騰させ寒天を入れてよく溶かす。容器に移して冷蔵庫で冷やしてできあがり。
2.豆乳寒天
 トマトジュースの代わりに豆乳を使って同様に作る。
3.寒天ご飯
 米1合につき角寒天1/4を目安に水で戻した寒天を入れて炊く。寒天の保水効果でうまみがアップする。ただし、温かいうちに食べないとご飯が硬くなる。
4.寒天シチュー
 シチュー4人前に角寒天1/2を目安に入れる。寒天が溶けてとろみがアップする。
5.寒天味噌汁
 水で戻さずにちぎった寒天をお椀に入れて味噌汁をそそぐだけ。寒天が溶けてフカヒレのような食感になる。
6.寒天茶
 湯呑1杯のお茶に、粉寒天小さじすじきり1杯を入れてよく溶かす。

寒天は冷えて固まるときに約100倍の水分を吸収する性質があるため、摂り過ぎると脱水症状を起こす危険性があり注意が必要である。

アミノ酸配合の粉寒天

寒天BCAAアミノ酸パウダー【HIT-NET SHOP】

コラーゲン配合の粉寒天

話題のカンテン!ダイエット 粉寒天(コラーゲン配合)【感動通販 幸せ屋】

業務用粉寒天

業務用粉寒天 500g2袋セット:1341600x2【夢展望】

人気ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ベータ1.3Dグルカンで免疫力強化

ベータ1.3Dグルカンは、免疫細胞を直接刺激して活性を飛躍的に高めることができる。ガンやウィルス性肝炎や糖尿病などの難治性疾患を克服する方法として注目を集めている。

ベータ1.3Dグルカン
ベータ1.3Dグルカンは、パンの酵母から抽出した多糖体である。ベータ1.3Dグルカンが免疫強化に効果を発揮するためには、含有量と高純度と超微粒子であることが重要である。パンにもベータ1.3Dグルカンは含まれているが、きわめて微量のため免疫力を強化するまでには至らない。アガリクスやメシマコブなどのキノコ類にもベータ1.3Dグルカンと同様な働きを持つベータ1.6Dグルカンが含まれているが、やはり免疫力を強化するには含有量が足りない。純度は、食物繊維等を除いた炭水化物総量に占める割合が85%以上とされている。粒子の大きさは、小腸壁を通して吸収されるさめには5ミクロン以下が目安とされている。

免疫力強化
免疫細胞の中で重要な役割を持っているのは、免疫部隊の司令塔であるマクロファージである。体の中を24時間パトロールし、異物を捕食していく。ベータ1.3Dグルカンは、マクロファージを直接刺激し、ウイルスや細菌などの病原体に対抗する白血球を増やしたり、外敵を殺すための免疫応答物質(サイトカイン)を産生し、免疫力を強化する。

抗ガン剤の効果を高める
マウスによる実験で、抗ガン剤のモノクロナール抗体とベータ1.3Dグルカンを投与したところ、モノクロナール抗体のみ、またはベータ1.3Dグルカンのみの場合よりもガンに対する効果があることが明らかになった。また、抗ガン剤の副作用を軽減することも確認されている。ベータ1.3Dグルカンは、ガン細胞のアポトーシス(細胞が自殺すること)を促進することも確認されている。
大腸ガンが肝臓にも転移し医師からも見放された人が、ベータ1.3Dグルカンを飲み続けたところ、三ヵ月後には肝臓ガンが消え、さらに二ヵ月後には大腸ガンも消えたという人がいる。

糖尿病の改善に有効
細胞に糖を取り込む働きをするインスリンの働きを阻害する過酸化脂質などの有害物質をマクロファージが捕食してくれる。ベータ1.3Dグルカンは、マクロファージを活性化するので、インスリンの働きも回復する。
ベータ1.3Dグルカンを飲み続けたところ、わずか20日で300あった血糖値が半分以下になった人がいる。

ウィルス性肝炎に有効
マウスによる実験で、ベータ1.3Dグルカンを投与すると、肝臓壊死を防ぎ、免疫細胞の捕食活動を活性化し、生存率を高める効果があることが確認されている。
慢性肝炎と診断された人が、ベータ1.3Dグルカンを飲み続けたところ、一ヵ月後にはGOT,GPTが基準値以下に下がり、その後もそのまま安定し、半年後に医師から肝炎が完治したと診断されている。

ベータ1.3Dグルカンはこちら
Click Here!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

急増中の大腸ガン、便秘の人要注意

日本で急速に増えているガンが大腸ガンである。便秘の人は特に大腸ガンになりやすいので要注意である。

大腸ガン
大腸ガンによる死亡者数は、男性では肺ガン、胃ガン、肝臓ガンに次いで四位、女性では胃ガンに次いで二位である。近い将来、胃ガンを抜いて一位になるのではないかと予測されている。大腸ガンが急増している要因としては、食生活の欧米化である。動物性脂肪の摂取が増え、食物繊維の摂取が減ったことが大腸ガンの増加につながっている。それ以外に、アルコール、喫煙、肥満や運動不足、食品添加物なども影響している。
動物性脂肪を多くとると、脂肪の消化吸収のために胆嚢から多量の胆汁酸が分泌される。この胆汁酸が腸内で腐敗し、発ガン物質になると考えられている。日本人は、欧米人に比べて腸が長いので、発ガン物質が腸に留まる時間が長くなり、大腸ガンになる可能性が高くなる。便秘の人は特に危険である。

生きた酵母飲料で便秘解消
死んだ酵母(ビール酵母食品など)にもグルタチオンなどの抗酸化物質が含まれており、ある程度効果はあるが、生きた酵母飲料は免疫能力を高めるという点で非常に優れている。生きた酵母飲料を飲むことにより腸内環境を整え、便秘の解消だけでなく様々な改善効果が期待できる。たとえば、大腸ガン、胃ガン、アレルギー、膠原病、糖尿病、痛風、高脂血症などが改善される。
1.体内細菌のバランス改善
腸内の善玉菌を増やし腸内腐敗の改善と整腸作用による便秘の解消と大腸ガンの予防、ピロリ菌の感染予防や除菌による胃ガンの予防など。
2.免疫異常の改善
感染症やガンなどの免疫不全の改善、アレルギーの改善、膠原病などの自己免疫疾患の予防や改善など。
3.血液の状態を整える効果
貧血・多血症の改善、血糖値・尿酸値・コレステロール値の正常化、発ガン物質の元となる血中アンモニアの低下など。

生きた天然酵母飲料はこちら
Click Here!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フコイダンの驚くべきパワー!

 モズク・コンブなどのヌルヌル成分に含まれるフコイダンは、ガン、脳梗塞、糖尿病、高血圧、高脂血症、胃潰瘍、アレルギー、リウマチなどに効果があることが明らかになってきており、海外でも注目されている。

続きを読む "フコイダンの驚くべきパワー!"

| | コメント (0) | トラックバック (5)

酸性体質の恐怖!

 体内は、弱アルカリ性に保つようにいろいろな機能が備わっているが、それでも酸性物質が多すぎると処理が追いつかずに体に不調をきたす。そして、ついには糖尿病や痛風になることがある。

続きを読む "酸性体質の恐怖!"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧