死んで三日後に生き返る

 1976年、旧ソ連で、死んでから三日後に生き返るという衝撃的な事件が起きた。

世界的に有名な研究者ロドナイア
 彼の名はジョージ・ロドナイア(20歳)で、脳内物質の研究者として世界的にその名を知られていた。同じ研究所で働くニノと結婚し、子供もいた。そんな彼に、アメリカのエール大学から招待状が来た。しかし、ソ連政府は、渡米を許可しなかった。その理由は、彼の両親はイギリスから移住してきていたが、スパイ容疑でKGBに逮捕され、処刑されていたという経緯と、頭脳流出になるということからだった。

アメリカ政府からの招待
 そんなあるとき、彼は、アメリカの美術研究家ミリセント・キャンターの通訳を任された。彼は、キャンターにアメリカに行きたいと相談した。キャンターは、当時アメリカ国務長官ヘンリー・キッシンジャーに支援を依頼した。そして、アメリカ政府からロドナイアに招待状が送られてきた。
 ソ連政府は、アメリカ政府からの正式な招待状がある以上、ロドナイアの渡米を認めざるを得なかった。妻と子供は置いていくことにした。家族を置いていくことで、アメリカ行きの許可を出やすくさせた。渡米した後、しばらくしたら呼び寄せようと考えていた。

命を狙われ事故死
 出発当日、彼は命を狙われていた。タクシーを待つ彼を一台の車が突進してきて引いた。肋骨はすべて折れ、全身打撲で意識不明になった。すぐに病院に運ばれ、処置が施されたが、手遅れだった。1976年9月14日死亡宣告された。

死亡中の不思議な体験
 検死解剖まで遺体安置所で三日間冷蔵保管された。このとき彼は、不思議な体験をしていた。やわらかい光の中、いくつもの小さな光がシャボン玉のように浮かんでいた。さらに、幼い頃からの体験が走馬灯のように流れていった。写真でしか見たことのない両親に会い、処刑される瞬間を見た。死亡してから二日後、遺体安置所から意識が抜け出して、近所の友人の家に来ていた。そして、そこの赤ちゃんと話をした。赤ちゃんは、「おじちゃん、腕がいたいの」と言った。彼が腕を見ると、骨が折れているのが、はっきりと見えた。今度は、自宅へ向かった。そこには、絶望の淵に追いやられ、泣いている妻がいた。

三日後に生き返る
 死亡宣告から三日後、まさに死亡解剖されようとしていたそのとき、彼は目を開けた。すぐに緊急手術が行われ、手術から三日後、奇跡的に意識を取り戻した。死んでいたときの体験を話すと、妻は信じられない様子だったが、近所の赤ちゃんを病院で調べてもらうと確かに腕を骨折していた。赤ちゃんは、口では話すことはできないが、その霊は話すことができるのである。

聖職者になる
 ソ連崩壊の直前の1989年に、家族で渡米してキャンターと再開した。アメリカで脳内物質の研究を続けながら、自分に起きた不思議な体験を知ってもらいたいと聖職者として全米で講演を行った。「愛とは何か? 信仰とは何か? 希望とは何か? この経験でこれら3つが神の英知だと気づきました」と彼は語った。

(2008年5月21日 「世界仰天ニュース」日本テレビ)

| | コメント (11) | トラックバック (1)

霊魂の存在を証明する科学的実験

霊魂の存在を証明する科学的実験が、過去にいくつか行われている。霊魂は実際に存在し、死後の世界も存在するのである。

霊魂に重さはあるか?
 20世紀初頭、ドイツの医師団は死期が迫っている人を精密な体重計に横たえて、死亡直後に約35g体重が減ることを確認した。また、アメリカのマサチューセッツ州立大学病院長のマグドーガル教授は、数十人の患者の臨終時に体重を測定したが、その結果、体重減は34~37gであり、ドイツの医師団の結果とほぼ同一であった。もし、体の水分が蒸発したのであれば、体重減は緩やかに起きるはずであり、臨終の瞬間に35g軽くなったのは何か目に見えない物質が出ていったとしか考えられない。
 霊魂は、意思を持ったエネルギー体であり、エネルギーがあるということは相対性理論により質量もあるということである。霊魂は、目に見えず、この世の物質を簡単に通り抜けてしまうことから、陽子や電子とほとんど干渉しない中性微子のようなものであると思われる。中性微子は、宇宙から降り注いでいるが、地球でも簡単に通り抜けてしまう。

霊魂は写真に写るか?
 フランスの物理学者アンリー・バラディック博士は、息子が死亡する瞬間の写真を数十枚撮り、その中の一枚に息子の頭上に白いモヤが写っているのを発見した。一枚の写真だけで、それが霊魂であると結論づけるわけにはいかなかったが、もう一度そのようなチャンスが訪れた。妻の死である。臨終直後、妻の頭上に白いモヤ状の球体が浮かび上がり、球体はしばらくの間、ひも状のもので遺体と結び付けられていたが、次第にそのひもが細く伸び、死後30分後には、プツリと切れ、球体はゆるやかに上昇していくのが写真に写っていた。
 アメリカのセント・ジェームス病院のキルナー博士は、追試するために数百人の患者たちの臨終時に撮影、観察を行った。その結果、すべての患者の肉体から、死の直前に、ガス状の球体が浮かび上がり、死後、ひもが切り離され、上昇していくことが実証された。
 目に見えないものがなぜ写真に写るのかというと、目に見える可視光線よりも、もっと周波数の高い光線が放出されていると思われる。そのような光線がフィルムを感光させ、写真に写ると思われる。また、霊魂を見ることができる人は、そのような光線を見ることができる特殊な能力を持っていると思われる。

霊魂の手型や指紋を取る
 霊魂の手型や指紋を取るのに成功した人もいる。フランスのノーベル賞受賞者リシェ教授およびジェレー博士である。彼らは、小さいバケツを二つ用意して、一つに冷たい水、もう一つに熱いお湯を入れ、お湯のほうにパラフィンを浮かしておき、霊に手を交互に入れるように言う。そうすると、パラフィンの手袋ができる。その手型は、手を握りしめたものや両手の指を組み合わせたものや子供の手などがあった。その手型が人間の手によってできたものではないことを証明する一番の証拠は、手首の小さいものや、握りしめたものがあることである。このようなものは、パラフィンの手袋を壊さずに手を引き抜くことは不可能である。
 ボストンの外科医、クランドン博士夫人マージャリーは、死んだ兄のウォルター・ステッソンの指紋を取ることに成功した。その実験は、厳重な監視の下で行われ、歯科用ワックスに親指の指紋を取ることができた。その指紋は、彼の生前の指紋と一致した。
 霊魂は、この世の物質との相互作用が非常に弱く、何でも通り抜けてしまい、そのままではこの世の物質を動かしたり、人の目に見えるような形になることはできない。霊魂は、人の体から出るエクトプラズムという物質を用いて、この世の物質を動かしたり、人の前に姿を現したりすることができる。

tegata.JPG

(「超心霊世界の神秘」仁宮武夫著 日本文芸社)

| | コメント (236) | トラックバック (0)