メタボリックシンドローム改善とデトックス効果の温泉入浴術

 メタボリックシンドロームに温泉の成分が効果があることが解明されつつある。また、身体に溜まった老廃物や毒素を排出するデトックス効果もあることが分かってきた。

硫黄泉でメタボリックシンドローム改善
 硫黄泉とは、1リットル中に硫黄成分を2mg以上含む温泉のことである。北海道の登別温泉や箱根の大涌谷温泉や鹿児島の霧島温泉などが有名で、全国に300ヶ所以上分布している。
 普通のお風呂につかった場合と硫黄泉につかった場合で比較すると、硫黄泉のほうが大幅に中性脂肪値や血糖値が減少した。温泉につかると、それに含まれている鉱物が皮膜を作るため保温効果が高くなり、血流量がアップする。そうすると、血液中の糖や中性脂肪がどんどん細胞に流れ、エネルギーとして消費されるため減少する。
 硫黄泉は、血管を拡張させる効果が高く、より血流が良くなって糖や中性脂肪を減らしてくれる。硫黄泉は、湯気を吸うことでも血行を良くする効果がある。このダブル効果で効率的に糖や中性脂肪を減らすことができる。
 3人の人に、1日3回ずつ2日間、硫黄泉につかってもらったところ、平均して中性脂肪が230から147に、血糖値が116から93に減少した。さらに、体脂肪量が1.7kg減った人もいた。

二酸化炭素泉でデトックス
 二酸化炭素泉とは、火山活動で発生した二酸化炭素ガスが溶け込んだ温泉で、群馬県の下仁田温泉、長野県の唐沢鉱泉、岐阜県の濁河(にごりご)温泉、兵庫県の吉川(よかわ)温泉、大分の長湯温泉などが有名である。全国に約15ヶ所分布している。
 デトックスができていないと、身体に老廃物や毒素が溜まり、細胞の働きが低下し、新陳代謝が悪くなり肌の老化が進んだり、代謝量が下がり太りやすい体質になる。
 二酸化炭素泉は、普通のお風呂に比べ、血液中の老廃物量の低下が大きいことが分かった。炭酸ガスは、末梢血管を刺激して老廃物を排出しやすくしてくれる。二酸化炭素のミクロの泡が体内に浸透し、抹消の毛細血管やリンパ管をマッサージするように刺激し、抹消レベルまで血流がアップする。全身から老廃物や毒素を排出されやすくしてくれる。
 二酸化炭素泉を飲むと、さらにデトックス効果がある。腸にある絨毛(じゅうもう)は毒素が溜まりやすい場所である。二酸化炭素泉を飲むと、炭酸ガスが胃腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動が活発になり、毒素が便と一緒に排出される。

(2006年12月24日 あるある大事典Ⅱ)

| | コメント (0) | トラックバック (18)

長寿遺伝子をONにして若返り

 現代人は、長寿遺伝子がOFFになっているため、老化が急速に進んでいる人が多い。長寿遺伝子をONにすることにより身体の老化を遅らせ、若々しい身体を保つことができる。

長寿遺伝子
 長寿遺伝子は、線虫で発見された。線虫の長寿遺伝子に変異を起こし、寿命を5倍伸ばすことに成功している。この長寿遺伝子は、人間の身体の中にもある。長寿遺伝子をONにすることにより、長生きすることができる。

長寿遺伝子をONにする方法
1.カロリー制限
 sir2という長寿遺伝子は、カロリーを控えることによりONになることが分かった。色々な動物でカロリーを控えると寿命が延びることが分かっていて、ミジンコは1.7倍、ラッコは1.4倍寿命が延びている。また、皮膚の若返りにも効果がある。さらに、脳も活性化される。
 長寿遺伝子をONにできる食材もある。ブドウの皮に入っているレスベラトロールというポリフェノールが長寿遺伝子をONにできる。また、ピーナッツの渋皮にも同じポリフェノールが含まれている。また、タマネギの外側の色の付いた皮にもケルセチンというポリフェノールが含まれていて、長寿遺伝子をONにできる。
2.運動
 AMPKという長寿遺伝子は、運動することによってONになることが分かった。運動すると筋肉が収縮し、長寿遺伝子が活性化する。日常的にできる運動を定期的に持続的にやると良い。

(2006年10月21日 日本テレビ「世界一受けたい授業」)

| | コメント (1) | トラックバック (8)

フィトケミカルで肌が若返る

 肌を若々しく保つためにセラミドが重要な働きをしている。4色のフィトケミカルを毎日摂ることにより肌のセラミドが増えて、肌年齢が10歳以上若返る。

セラミド
 セラミドは、表皮の角質細胞の周りにある細胞間脂質の主成分である。水分を挟み込んで閉じ込め、肌にうるおいを与えたり、クッションのような役割をしている。
 セラミドが不足すると、肌から水分がどんどんぬけ、細胞の列も乱れシワになる。
 セラミドにはバリア機能もあり、紫外線や異物から体内を守っている。セラミドが不足すると、紫外線が肌の奥に到達し、メラノサイトにダメージを与えて肌にシミができたりする。また、紫外線が真皮の弾力繊維にダメージを与えて肌のシワが増えたりする。

セラミド量のチェック方法
 セロテープを化粧をしていない状態で頬の一番高いところに貼り密着させる。3秒後ゆっくりとはがす。
セロテープに残った模様により3つのタイプに分かれる。
マス目状になるタイプ:サバンナ肌(正常)
所々薄くなっているタイプ:荒野肌(注意)
小さい穴ができるタイプ:砂漠肌(危険)

フィトケミカル
 肌を若々しく保つために、フィトケミカルの摂取が重要である。フィトは植物、ケミカルは化学物質という意味で、植物が自分自身を守るために持っている自己防衛成分である。ポリフェノールやβ-カロテンなどもフィトケミカルの一種である。フィトケミカルは、免疫力を高め、病気の予防に役立つ成分である。フィトケミカルは、第7の栄養素ともいわれている。
 フィトケミカルは7色に分類され、バランスよく摂取することにより、効果が発揮される。
黄のフィトケミカル
・アボガド        ・ウコン
・トウモロコシ      ・メロン
・バナナ         ・アーモンド
・レモン         ・玄米
・パイナップル     ・胚芽パン
・グレープフルーツ
緑のフィトケミカル
・緑茶          ・ニラ
・ホウレン草      ・アスパラガス
・小松菜         ・シソ
・チンゲンサイ      ・インゲン
・モロヘイヤ       ・オクラ
・春菊          ・レタス
・パセリ         ・枝豆
・ブロッコリー      ・青ネギ
赤のフィトケミカル
・トマト          ・唐辛子
・赤ピーマン       ・梅干
・イチゴ
オレンジのフィトケミカル
・オレンジ        ・柿
・パパイヤ        ・あんず
・カボチャ         ・ニンジン
・ミカン
紫のフィトケミカル
・レッドキャベツ     ・ナス
・ブドウ          ・サツマイモ
・ブルーベリー
白のフィトケミカル
・タマネギ        ・カリフラワー
・長ネギ         ・キャベツ
・ショウガ        ・白菜
・ニンニク         ・もやし
・ゴマ           ・ワサビ
・大豆           ・ヤマイモ
・レンコン         ・サトイモ
・タケノコ         ・ジャガイモ
・キノコ          ・リンゴ
・ダイコン
黒のフィトケミカル
・コンニャク        ・ゴボウ
・しらたき         ・ソバ
・黒豆           ・コーヒー
・小豆           ・紅茶
・ヒジキ          ・黒コショウ
・ワカメ

肌に良い4色のフィトケミカル
 緑、白、オレンジ、黒の4色のフィトケミカルが特に肌に良い。その中でも黒のフィトケミカルが重要である。黒のフィトケミカルの中でも、コンニャクを積極的に摂るようにすると良い。
 コンニャクには、セラミドの材料になる成分が豊富に含まれている。しかし、コンニャクだけでは不十分で、セラミドを無事に肌に届けるには、白、緑、オレンジが重要な働きをする。白の食材には、血流を促進し、セラミドを合成する成分を肌へ届ける働きをする。緑の食材は、その抗酸化物質が、セラミドの合成を邪魔する活性酸素を撃退してくれる。オレンジの食材の抗酸化物質は、表皮内で発生する活性酸素を撃退し、セラミドが無事に肌まで届くようにしてくれる。

4色のフィトケミカルの効果
 4色のフィトケミカルを4週間摂り続けたところ、肌年齢が10歳以上若返った。中には30歳肌年齢が若返った人もいる。

(2006年11月5日 あるある大事典Ⅱ)

| | コメント (0) | トラックバック (9)

最新理論「ボディ・エンザイム」で若返り

 最近、アメリカで最新理論「ボディ・エンザイム」がブームになっている。ボディ・エンザイムでやせたり、太りにくくなったり、肌のくすみが取れてハリが出てきたり、肌や髪、ダイエットなど若返り効果が現れている。

ボディ・エンザイム
 ボディ・エンザイムとは、体内で働く酵素が作られやすい状態を目指す健康法のことである。人間のあらゆる生命活動に必要な酵素は、全ての代謝をスムーズにする触媒で、酵素が働かなければエネルギーを生み出すことはできない。人間が生命を維持していくためには必ず酵素が必要である。
 たとえば消化酵素は、胃や腸で食べ物を分解し、栄養素を体内に取り入れやすくする働きをする。また、全身の細胞が生まれ変わるために酵素の働きが必要である。また、体内の有害物質を解毒し排泄するためにも酵素が必要である。また、様々な外敵から体を守る免疫細胞の働きをサポートするためにも酵素が必要である。

腸の汚れで酵素が作られない
 ボディ・エンザイムは、体内が本来持っている酵素を維持し健康を促進する方法である。体内で働く酵素は自分自身で作り出せるはずである。しかし、腸にトラブルが発生すると、体内で十分な酵素を作り出すことができなくなる。腸が汚れている人ほど、酵素を作り出すことも使うこともできないということが分かってきた。体内で働く酵素は、約5000種類ある。そのうち約3000種類が腸で作られている。アミノ酸を材料に酵素が作られ全身へ分配される。しかし、ストレスや乱れた食生活によって腸内が汚れてしまうと、体内で働く半数以上の酵素が作り出せなくなる。

酵素不足の影響
 体内の酵素が不足すると、ダイエットしてもなかなかやせられなかったり、肌荒れが治りにくくなったり、体が疲れやすく疲れが抜けにくかったり、風邪が治りにくかったりと体に様々な障害を引き起こす。それにより、体の老化が促進されることになる。老化防止には、腸が作り出す酵素が必要不可欠である。

腸が汚れているために起きる症状
 腸が汚れているために起きる症状としては、腸の動きが鈍くなる便秘、腸の動きが過敏すぎる下痢、悪玉菌の繁殖によりガスが多く発生し、お腹が張るなどがある。現代人の多くの人が、腸が汚れている状態となっている。

一週間ボディ・エンザイム・プログラム
 一週間ボディ・エンザイム・プログラムによって、腸内をきれいにし、一年間効果を維持することができる。
1.基本メニュー(一週間通して行う)
 腸をリセットする。腸に良い菌を植え付け、腸が正常に働く環境を作るために、以下のことを行う。
 (1)プレーンヨーグルトを1日に250g摂る。
 (2)食物繊維を摂る。
 (3)腸下垂を改善する運動を行う。
2.特別メニュー1(1,2日目に行う)
 腸から悪いものを出す。腸が汚れていては意味がない。溜まっている便やガスを徹底的に出すために、以下のことを行う。
 (1)1日に2リットルの水をこまめに飲む。
 (2)オレイン酸を摂る。
 (3)Vのポーズを行う。
3.特別メニュー2(6,7日目に行う)
 腸内の良い菌を育てて増やす。
 (1)善玉菌のえさとなるオリゴ糖を摂る。
 (2)酵素を含む果物を摂る。
 (3)ひざ曲げ三角のポーズを行う。
4.プログラム中のルール
 (1)必ず毎日三食摂る
 (2)肉を食べるなら脂肪が少ないものを選ぶ
 (3)お酒はなるべく控える
 (4)間食はしない
これらを行うことにより、わずか一週間で腸の働きが復活する。

一週間プログラムの効果
 一週間プログラムを実行しただけで、下痢や便秘が解消したり、肌年齢が12歳若返ったり、ウエストが4~6cmダウンしたりと大きな効果が見られた。

食物繊維の摂り方
 食物繊維には、水溶性と不溶性がある。不溶性は、水分を吸収して膨らむ性質があるので、腸のぜん動運動が弱いときに摂ると、かえって便秘を引き起こすことがあるので注意が必要である。このプログラムでは、週の前半は水溶性を摂り、後半に不溶性を摂るようにする。水溶性の食物繊維を含む食材は、バナナ、わかめ、しいたけ、昆布などがある。不溶性の食物繊維を含む食材は、サツマイモ、ブロッコリー、インゲン、ごぼうなどがある。
 手軽に摂れるものとして寒天がある。寒天は、液体の状態のときは水溶性、固形の状態のときは不溶性となる性質を持っている。粉寒天をお茶などに溶かせば水溶性食物繊維となり、角寒天やトコロテンなどは不溶性食物繊維となる。寒天は1日4gが目安である。粉寒天は、1回の食事に付きティースプーンすりきり1杯(約1.3g)を厳守すること。

腸下垂を改善する運動
 腸が汚れてしまう原因の一つとして腸が下がってしまう腸下垂がある。腸下垂が起きる原因は、腸を支える腹筋や背筋などの筋肉が衰えて、腸を支えることができないことである。腸下垂を改善する運動として、ひねり三角ポーズと太陽を仰ぐポーズを行う。
ひねり三角ポーズ
・よつんばいの姿勢になり右足を一歩前に踏み出す
・右手をお尻の上に乗せ左手を右足の内側に近づける
・息を吸いながら身体を右へひねり右手を伸ばし30秒間キープする
・左右交互に2回繰り返す
 ひねり三角ポーズにより腸腰筋が鍛えられ、ぜん動運動が促進される。
Tripose1

Tripose2

Tripose3

太陽を仰ぐポーズ
・息を吸いながら両腕を上に伸ばし手を合わせる
・息を吐きながら両腕を下ろす
・これを1分間繰り返す
 太陽を仰ぐポーズは、ひねり三角ポーズの前後に行う。食後2時間以内を避け、朝晩に行うと良い。腸のぜん動運動を促すホルモン「モチリン」は、空腹時に分泌され、ぜん動運動を促進する。空腹時にこれらの運動を行うことにより、腸がより活発に動くようになる。
Sunpose1

Sunpose2

オレイン酸の摂り方
 オレイン酸は、腸のぜん動運動を促進する働きがある。オレイン酸を含む食材は、オリーブ油、ごま油、紅花油、オリーブの実、カシューナッツなどがある。オリーブ油なら1日大さじ1杯半を摂る。

Vのポーズ
・仰向けになって両手を頭の後ろで組み両足を曲げ額に近づける(尾骨が上がっていることを意識する)
・息を吐きながら片足を水平に伸ばし、同時に上体をひねる(足の指を開くとしっかり足が伸ばせる)
・この姿勢をゆっくりとした呼吸で左右交互に1分間繰り返す
Vのポーズで腹直筋(腸の上にある大きな筋肉)が収縮し、腸を圧迫してつまっている便が押し出される。
Vpose1

Vpose2

オリゴ糖の摂り方
 オリゴ糖を摂ることにより、善玉菌を腸に定着させ、腸内環境を改善できる。オリゴ糖が豊富に含まれている食材としてハチミツがある。1日ティースプーン1杯をヨーグルトにかけて摂ると良い。

酵素を含む果物の摂り方
 パイナップルやキウイなどには酵素が含まれているので、腸内の酵素の働きを助けてくれる。果物の酵素が腸の消化吸収を助けてくれ、腸の負担が軽減し、体内の酵素の無駄づかいを減らすことができる。果物は、酵素が壊れない生の状態で摂る必要がある。

ひざ曲げ三角のポーズ
・足を肩幅より大きく広げ、片方のつま先を外側に向ける
・息を吸いながら両腕を水平に上げひざを曲げる
・息を吐きながらひじをひざの上に乗せる
・息を吸いながら手を伸ばして30秒間キープする
・左右交互に3回ずつ繰り返す
ひざ曲げ三角のポーズにより腹筋と背筋を刺激し、腸下垂を改善し、ポッコリお腹が解消される。
Hizpose1

Hizpose2

Hizpose3

Hizpose4

(2006年10月1日 あるある大事典Ⅱ)

| | コメント (0) | トラックバック (11)

納豆で若返り

 納豆に含まれるポリアミンは、強力な若返り物質として世界中の研究者が注目している。

納豆に含まれる成分の主な効果
1.ナットウキナーゼ
  血栓を溶かす働きがある。
2.ビタミンK2
  カルシウムを使って骨を修復するのに欠かせない。
3.ムチン
  腸の消化や吸収を高める効果がある。
4.大豆イソフラボン
  女性ホルモンが不足したときにその代用として働く。
5.ポリアミン
  強力な若返り物質として世界中の研究者が注目している。

ポリアミンの働き
 ポリアミンは、あらゆる細胞の中にあって若さを保つ働きをしている。同じ日に咲いたバラでも、ポリアミンが多いほうは長く美しく咲いている。
 ポリアミンは、細胞分裂に深く関わっている。ポリアミンが不足すると細胞は分裂できなくなる。新しい細胞を作るための設計図となるDNAから細胞の情報をコピーするときに重要な働きをするのがポリアミンである。

ポリアミンで若返る理由
 細胞は、それ自体が生まれ変わる細胞周期が決まっている。肌は28日、筋肉は60日、骨は90日、胃腸は5日、心臓は22日、肝臓は60日で細胞が生まれ変わっている。ポリアミンが少ないと、細胞分裂ができず、細胞周期が過ぎた古い細胞が残ってしまう。ポリアミンが多いほど細胞分裂が活発に行われ、若さが保たれる。
 ポリアミンは、20歳を過ぎると体内で作られにくくなる。そのため、ポリアミンを多く含む食材を摂ることが重要である。

納豆にポリアミンが多く含まれる理由
 細胞分裂が盛んに行われているところにポリアミンが多く含まれている。納豆は、納豆菌が驚異的に細胞分裂することによりできる食物なので、ポリアミンが多く含まれている。納豆菌は、1パック(50g)中に約500億含まれている。納豆菌は、胃酸でやられることなく腸まで到達する。納豆菌は、腸まで到達すると腸内でも繁殖し、ポリアミンを増やす。ポリアミンは、分子量が小さいため体内に吸収されやすい。
 納豆には及ばないが、キノコ類、味噌、ブルーチーズ、漬物などにも含まれている。

ポリアミンを効率よく摂る方法
1.ひきわり納豆より大粒または小粒納豆のほうがよい
  ポリアミンは水溶性なので、皮が付いていないひきわり納豆は、製造段階で水に浸される時ポリアミンが溶け出してしまう量が多い。そのため、皮付きの大粒または小粒がよい。
2.納豆に卵を入れて食べたほうがよい
  たんぱく質は納豆菌の大好物なので、ポリアミンが増える。
3.納豆を50回以上かき混ぜてから食べる
  納豆菌は酸素がないと繁殖できない。したがって、よくかき混ぜて空気を含ませたほうがよい。
4.納豆を冷蔵庫から出してしばらく置いてから食べる
  納豆菌は10℃以下で繁殖力が衰える。冷蔵庫から出して30分置いておくとポリアミン量が約1.5倍に増加する。しょうゆの塩分は納豆菌の繁殖を止めてしまうので、食べる直前に加えたほうがよい。

(2006年7月30日 あるある大事典Ⅱ)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

DHAで脳が若返る

 脳の細胞膜が硬くなっていると、情報がスムーズに伝わらずに判断するのが遅くなったり、思い出せなくなったりする。脳の細胞膜を柔らかくするにはDHAを摂る必要がある。

DHAの役目
 DHA(ドコサヘキサエン酸)は、不飽和脂肪酸の一種で青魚などの脂に多く含まれる。DHAは、細胞膜を構成する物質であり、細胞膜の新陳代謝に欠かせない物質である。DHAは、脳の細胞膜へ優先的に取り込まれるという性質を持っている。細胞膜のDHAの量は、脳は10%~15%で、他は5%以下である。脳細胞のDHAの量が多いのは、栄養と老廃物の出入り以外に情報を伝達するという重要な役目を担っているためである。細胞膜が軟らかくなると神経伝達物質の受け渡しが非常にスムーズに行われるようになる。

DHAで記憶力アップ
 脳の記憶を司る部分は海馬と呼ばれているが、脳の平均DHA量が10%~15%なのに比べて、海馬の細胞膜は他の部分よりDHA量が多く、25%含まれている。DHAを3週間摂り続けたところ、記憶力が1.6倍向上したという実験結果がある。また、物忘れが減ったという報告もある。

DHAで視力・観察力がアップ
 DHAは、魚の目の裏に多く含まれている。人間の眼の網膜にもDHAが多く含まれている。網膜の機能が高まり、映像が正確に脳に伝わるようになり、視力や観察力がアップする。DHAを3週間摂り続けたところ、観察力が1.5倍向上したという実験結果がある。DHAを摂り続けた人に視力がアップしたという報告もある。

DHAで計算力・分析力・発想力がアップ
 DHA摂取の実験によると、特に記憶力、観察力の向上が著しいが、それ以外の計算力、分析力、発想力もアップしている。テストを行っているときの脳波を調べたところ、DHA摂取前に比べて、脳の広い範囲を使って考えるようになっていた。脳全体の機能が、DHAを摂ることにより向上している。

お勧めの魚
 DHAの量が一番多いのは、マグロのトロであるが、トロを毎日食べるわけにはいかないので、二番目に多いサバがお勧めである。サバには、DHAのほかにEPA(エイコサペンタエン酸)も多く含まれている。EPAは、血液をサラサラにする効果がある。さらに、DHAが少なくなっている身体にEPAが入ってくると、EPAがDHAに変換される。

(2006年5月28日 あるある大事典Ⅱ)

DHAで本当に頭がよくなる?

一粒あたりの含有量が多くお得です。
【脳を鍛える大人のDHA】【★Growup★コスメから雑貨まで人気アイテムが満載!】

DHAと一緒にEPAも摂れます。
DHAエパSuper32 DHAであなたの脳は若返る。魚嫌いの方にも簡単に毎日簡単に摂取できるのが魅力!【これこれ倶楽部】

| | コメント (1) | トラックバック (3)

ビタミンC不足で老化が4倍加速

 ビタミンCが不足していると老化が4倍加速する。サラダや果物やサプリメントでビタミンCを摂取していても、ビタミンC不足になっている人が意外に多い。それは、ビタミンCが非常に消費されやすい物質だからである。

ビタミンCの働き
 ビタミンCは活性酸素を除去する働きをしている。そのときに、ビタミンC自体も壊れてなくなってしまう。また、ビタミンCは、コラーゲンの合成に必要不可欠である。コラーゲンが不足すると身体の形を維持することができず、老化が非常に進行してしまう。
 コラーゲンは、体内で作られる繊維状の丈夫なタンパク質である。コラーゲンが不足すると、肌の弾力がなくなり、シワが多くなる。また、骨の90%はコラーゲンであり、コラーゲンが不足すると、骨がスカスカになりもろくなる。また、血管の弾力を維持しているのもコラーゲンであり、コラーゲンが不足すると、血管が老化して弾力性がなくなる。

ビタミンCが失われる原因
 ビタミンCは水溶性であるため、一度にたくさん摂っても余分なビタミンCはすぐに排出されてしまう。また、以下のような原因によってビタミンCが消費されて失われていく。
・イライラする(ストレスにより活性酸素が発生)
・眼をよく使う(光や酸素の刺激で活性酸素が発生)
・運動する(運動時に分泌されるアドレナリンの合成にビタミンCが使われる)
・ドキッとする(ストレスホルモンの合成にビタミンCが使われる)
・汗をかく(汗とともにビタミンCが流れ出る)
・タバコを吸う(タバコの有害物質除去にビタミンCが使われる)
・アルコールを飲む(肝臓でアルコールを分解する際にビタミンCが大量に使われる)

ビタミンCの効果的な摂り方
 昼間のストレスに備え、朝は必ず摂るようにする。また、コラーゲンを作るホルモンの合成は夜間行われるので、寝る前に摂るようにする。
 ビタミンCは、体内の貯蓄量が決まっているので、大量に摂取しても水溶性のため、すぐに排泄される。こまめに摂るようにした方が良い。

(2006年5月21日 あるある大事典Ⅱ)

| | コメント (1) | トラックバック (5)

玄米の健康パワーとおいしい炊き方

 玄米は、栄養が豊富で優れた健康食であるが、臭いやパサパサ感で敬遠されがちだった。玄米にヨーグルトを混ぜて炊くことにより、白米と同じくらいおいしくなり、しかも消化吸収も良くなる。

玄米は栄養豊富
玄米には、食物繊維、ビタミン、ミネラルなど多くの栄養素が豊富に含まれている。
玄米1膳分の栄養素の比較
・食物繊維は白米の6倍・・・トコロテン3杯分
・ビタミンEは白米の14倍・・・アーモンド25粒
・ビタミンB1は白米の5倍・・・豚肉3枚
・ビタミンB6は白米の4倍・・・イワシ2尾
・ナイアシンは白米の5倍・・・ブリ半身
・鉄分は白米の3倍・・・レバー19g
・カリウムは白米の3倍・・・バナナ28g
・マグネシウムは白米の5倍・・・納豆1パック強

フィチン酸で血糖値と体脂肪率を改善
 玄米に含まれるフィチン酸は、腸の掃除屋と呼ばれている物質で、糖を吸着し排出されるため、食後の血糖値の上昇を抑えてくれる。
 水銀などの有害ミネラルは、脂肪分解酵素の活性を妨げる。フィチン酸は有害ミネラルも吸着し排出される働きがある。その結果、酵素の働きが良くなり、脂肪の分解が促進される。

イノシトールで肝機能と体脂肪率を改善
 玄米に含まれるイノシトールは、抗脂肪肝ビタミンといわれ、肝臓に溜まった脂肪を押し出し目詰まりを直すため、肝臓の機能を改善してくれる。また、イノシトールは、脂肪分解酵素により分解された脂肪が細胞に取り込まれるのを促進し、脂肪燃焼効率が上昇する。

ギャバで体脂肪率を改善
 玄米に含まれるギャバは、γ-アミノ酪酸の略称で、脳内の神経伝達物質の一つである。玄米には白米の3倍、発芽玄米には9倍のギャバが含まれている。体内に吸収されたギャバは、脳下垂体を刺激し成長ホルモンの分泌を促進する。この成長ホルモンが脂肪分解酵素を活性化し、体内に溜まった脂肪を使いやすい状態に分解してくれる。
 
フィチン酸・イノシトール・ギャバの相乗効果
 フィチン酸・イノシトール・ギャバの3つの成分の働きで、脂肪の燃焼を強力に促進してくれる。さらに、ギャバによって増えた成長ホルモンが細胞の新陳代謝を促進し、疲労感や肌水分量が改善される。玄米の豊富な栄養成分により、血糖値や中性脂肪が減少し、ダイエット効果も得られる。

玄米のおいしい炊き方
 玄米をおいしく炊くには、でんぷん分解酵素アミラーゼを活性化させる必要がある。アミラーゼは、弱酸性(pHが5程度)が一番良く働く領域である。ヨーグルトのpHは4.6程度なので、玄米にヨーグルトを混ぜて炊くとおいしく炊ける。ヨーグルトを混ぜて炊くとアミラーゼの活性度が、水だけで炊いた場合に比べて3.7倍に増加する。さらに、ヨーグルトの乳糖が玄米の臭いを吸着するため、いやな臭いがしなくなる。また、ぬかの膜が破けやすくなっているため消化吸収が良くなる。さらに、ヨーグルト水に玄米を1時間浸けると、ギャバの含有量が約2倍に増加する。
玄米を炊く手順
(1)玄米3合につき大さじ2杯のプレーンヨーグルトを入れよく混ぜる。ヨーグルトの固まりが残らないように注意する。
(2)30分~1時間浸け置きする。
(3)玄米モードで炊く。玄米モードが無い炊飯器の場合は、手で強く研いで表面に傷をつけて水が浸透しやすくし、2時間浸け置きしてから炊くようにする。

(2006年5月7日 あるある大事典Ⅱ)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

わさびの若返り効果

 わさびの優れた若返り効果が注目され、アメリカで大ブームになっている。わさびに含まれるスルフィニルの強力なパワーで肌や肝機能を若返らせるという。

わさびで反射神経年齢が若返る
 わさびに含まれる辛味成分イソチオシアネートが味覚を刺激して脳の血流が向上し、脳細胞が活性化し脳の反応速度が向上する。また、イソチオシアネートは血小板の固まりを溶かし、血液の流れをサラサラにする効果もある。

わさびの強力な若返り効果
 老化の原因である活性酸素を除去する抗酸化物質には色々あるが、その中でも強力なものとしてゴマリグナンがある。わさびの抗酸化力は、ゴマに比べて1/5程度しかない。ところが、わさびに含まれるスルフィニルは、もともと人間が持っている抗酸化作用を高める働きがある。それにより、全身の抗酸化力がアップし、老化の原因である活性酸素を撃退してくれる。

スルフィニルが抗酸化物質GSTを活性化
 人間の体にはもともと抗酸化力をもつ物質が備わっている。その一つがGST(グルタチオン-S-トランスフェラーゼ)である。GSTは、1つ1つの細胞の核から生まれるため、全身に存在している。GSTは、活性酸素をはじめとする毒素が現れると発生し、活性酸素や毒素を無毒化し尿や汗とともに体外へ排出される。
 GSTは、加齢とともに働きにくくなり、活性酸素の除去能力が低下する。わさびを摂ると、スルフィニルが小腸から吸収され、およそ24時間体内を巡り続ける。スルフィニルが細胞にやって来ると、毒素と勘違いをしてGSTが発生する。活性酸素が発生する前にGSTが存在するため、活性酸素が発生しても、すぐにGSTが活性酸素を除去し、細胞が傷つけられるのを未然に防ぐことができる。肝臓では特に多くのGSTが発生し、活性酸素や有害ミネラルなどの毒素を無毒化している。
 スルフィニルは本わさびの細胞の中にブドウ糖と結合した形で存在している。本わさびをスルことで細胞が壊れ、別の細胞にあった分解酵素がスルフィニルとブドウ糖の結合を断ち切り、スルフィニルが外に出てくる。

わさびの効果的な摂り方
 スルフィニルは、本わさびにか含まれていない。チューブの場合は、本わさび入りと書かれたものが良い。効果が現れるには1日5g以上摂る必要がある。5gは小さじ一杯程度である。
 わさびのつんとくる辛味が苦手な場合は、熱を加えると辛味がなくなる。スルフィニルは熱に強いので、加熱しても問題ない。スープに混ぜたり、天ぷらに混ぜたりするとおいしくいただける。

(2006年3月26日 あるある大事典Ⅱ)

| | コメント (3) | トラックバック (2)

ゴマの驚異の若返り効果

 世界中の医学会がゴマに注目し、様々な健康効果が明らかになってきた。ゴマに含まれる抗酸化物質「ゴマリグナン」に驚くべき若返り効果があることが判った。

ゴマリグナン
ゴマリグナンとは、
・セサミン
・セサモール
・セサモリン
・セサモリノール
・セサミノール
・ピノレジノール
の6種類の抗酸化物質の集合体である。

老化の原因
 ミトコンドリアの中でエネルギーを作り出すときに酸素が使われるが、その副産物として活性酸素も作り出される。その活性酸素が細胞を傷つけ、老化の原因の一つとなっている。活性酸素が最も多く発生するのは肝臓であり、全体の約7割が発生している。肝臓内では体内物質のほぼ全ての合成・分解が行われており、そのときに活性酸素が発生している。本来肝臓には酵素SODという防衛手段が備えられており、活性酸素を除去し、肝臓を守っている。しかし、このSOD活性は加齢と共に減少し、肝臓の防衛能力が低下する。さらに、現代人は、タバコ、お酒、高脂肪食、ストレスなど活性酸素を増加させる要因が多く、肝機能は加速度的に低下する。肝臓は全身の細胞に栄養を配り、細胞から出た老廃物を回収して処理する。肝機能が低下すると身体に老廃物が溜まるために、疲労物質の蓄積による疲労感や肌荒れ、運動しても痩せない身体になり、全身の老化が進んでいくことになる。老化を引き起こす大きな要因は、肝機能低下である。

ゴマリグナンの働き
 老化を防止するには抗酸化物質を食べ物から摂取することが必要である。しかし、抗酸化物質にはそれぞれ役割がある。
水溶性抗酸化物質として、
・カテキン
・アントシアニン
・ビタミンC
がある。脂溶性抗酸化物質として、
ビタミンE
βカロテン
ゴマリグナン
がある。水溶性抗酸化物質は、血管内の活性酸素を除去する働きをするが、細胞膜が脂質でできているので細胞内に入りにくい。脂溶性抗酸化物質のビタミンEとβカロテンは、血管内の活性酸素を除去し、さらに細胞内に入り込むことができるが、血管内でほとんど使われてしまって細胞内に到達したときは、かなり弱体化している。ところが、ゴマリグナンは血管内では姿を変えていて活性酸素は攻撃せず、無傷のまま肝臓の細胞内に入ることができる。ゴマリグナンは肝臓内で100%の力を発揮する。つまり、ゴマリグナンは肝臓内で直接働く唯一の抗酸化物質である。

ゴマの効果
・肝機能改善
 ゴマリグナンにより肝臓内の活性酸素が除去されて肝機能が改善される。
・美肌効果
 ゴマを摂ることにより肝機能がアップし、全身の老廃物が回収されて新陳代謝が促進されるため、美肌効果が現れる。3週間ゴマを摂り続けたところ、肌水分年齢が90歳から24歳に、肌油分年齢が90歳から24歳に、肌弾力年齢が90歳から50歳に大幅に改善された人がいる。
・ダイエット効果
 3週間、大さじ1~2杯のゴマを摂り続けたところ、体重が4.1kg減った人や体脂肪率が1.8%減少した人など、ダイエット効果が得られた。
 ゴマリグナンには、肝臓で脂肪の分解を促進し、脂肪を燃焼しやすくする働きがある。消化吸収された脂肪酸は肝臓に運ばれて、β酸化酵素により分解され、ミトコンドリアに取り込まれて燃焼しエネルギーとなる。ところが、β酸化酵素も加齢と共に量が低下し、脂肪酸がミトコンドリアに入りにくくなり、血液中に脂肪があふれ、高脂血症や高コレステロール血症になり、肝臓の細胞の外側に溜まれば脂肪肝になる。歳を取ると痩せにくくなるのは、β酸化酵素の減少が原因の一つである。ゴマリグナンは、β酸化酵素と同じ働きをするため、脂肪が燃えやすくなる。

効果的なゴマの摂り方
 ゴマには、黒、白、金の三種類あるが、ゴマリグナンの量に大きな違いはない。生ゴマは、ゴマの表皮が硬く消化が悪いためほとんど吸収されない。炒りゴマは、ゴマリグナンの一部が変化し、生ゴマに比べて約12倍抗酸化力がアップする。すりゴマは、すって表皮を細かく壊すことで消化が良くなる。炒っただけのゴマに比べて、炒ってすったゴマは、約3倍ゴマリグナンの消化吸収が良くなる。ゴマをペースト状になるまですり、調味料に混ぜて使うと、さらに消化吸収が良くなる。
 炒ってすったゴマやペースト状ゴマを毎日大さじ1~2さじ摂ることをお勧めする。炒るときは、200度くらいの高温で5秒くらい4~5粒跳ねたらOKである。

(2005年8月21日 あるある大事典Ⅱ)

【【胡麻粥】ゴマのゴマリグナン・セサミンパワー!胡麻と寒天で食物繊維たっぷりダイエット!】

胡麻と寒天で食物繊維たっぷりダイエット!セサミン・ビタミンEでアンチエイジング【胡麻粥】【ビューティリタ】


となりまちショッピングモール Store-mix.com

| | コメント (1) | トラックバック (2)